5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

フリッツ・ライナー

1 :名無しの笛の踊り:2007/07/09(月) 01:42:36 ID:ncM9u6Je
名指揮者フリッツ・ライナーのスレです。


□■□フリッツ・ライナー□■□
http://music.2ch.net/classical/kako/1001/10016/1001603430.html
フリッツ・ライナー
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1074093336/

2 :名無しの笛の踊り:2007/07/09(月) 01:47:06 ID:oYQuy2cb
     ____
   /__.))ノヽ
   .|ミ.l _  ._ i.)  
  (^'ミ/.´・ .〈・ リ    ライナーには わしが育てられた
  .しi   r、_) |  
    |  `ニニ' /   
   ノ `ー―i


3 :名無しの笛の踊り:2007/07/09(月) 03:03:08 ID:YI/Dmef/
お、久々のライナースレだ。

4 :名無しの笛の踊り:2007/07/09(月) 13:28:27 ID:UJpjl4im
自分にとってのハンガリー出身指揮者四天王は、
ライナー・フリッチャイ・セル・ショルティ
である。

5 :名無しの笛の踊り:2007/07/09(月) 20:14:32 ID:wmePsbZ/
ちょっと山村總に似てる。

6 :名無しの笛の踊り:2007/07/09(月) 20:20:22 ID:loQi5Mgm
>>4
シカゴのライナー
クリーヴランドのセル
フィラデルフィアのオーマンディ
ミネアポリスのドラティ

フリッチャイもケンカ別れしなければヒューストンで花咲かせてたかも知れない

7 :名無しの笛の踊り:2007/07/10(火) 15:29:15 ID:tlpuyF1x
>>5
古いね〜。でも確かに似てる。

8 :名無しの笛の踊り:2007/07/20(金) 23:20:14 ID:GBbe3WG0
ルービンシュタインと入れたラフマニノフの2番、ハードボイルド
なラフマニノフの極致。

9 :名無しの笛の踊り:2007/07/20(金) 23:59:10 ID:gqWX8r9h
ルービンスタインは
ライナーとはあとブラームスの1番があるだけで
喧嘩別れしたんだよな。


10 :名無しの笛の踊り:2007/07/21(土) 00:07:10 ID:7gqXtrux
ハンガリー人は血の気が多いんだろうな。民族的に。

11 :名無しの笛の踊り:2007/07/21(土) 14:21:12 ID:Hbh5G9RC
ずっとライナーの気性が問題で喧嘩になったのだと思っていたが、
カルショーの自伝を読んだら、 ルービンシュタインが相当困った
じいさんだったらしいことがわかった。

12 :名無しの笛の踊り:2007/07/23(月) 22:17:07 ID:uh+9sx+y
ライナーは天才

13 :名無しの笛の踊り:2007/07/25(水) 02:43:01 ID:fkNSR5JH
       ∧∧
      (*゚ー゚)  保守だお
     〜(,,_ノ


14 :名無しの笛の踊り:2007/07/25(水) 23:02:27 ID:rJilvQQg
クライバーンのベトやブラームスでのライナーも素晴らしい。

15 :名無しの笛の踊り:2007/08/03(金) 23:13:42 ID:XjQBulAd
落ちるのも時間の問題か・・・

16 :名無しの笛の踊り:2007/08/05(日) 17:21:21 ID:NJEEghrD
ミュンシュ、セル、オーマンディと同時代の指揮者のなか
でライナーが来日しなかったのは残念。



17 :名無しの笛の踊り:2007/08/15(水) 17:36:28 ID:79aqpSjI
残念

18 :名無しの笛の踊り:2007/08/20(月) 00:45:06 ID:h6SSevna


19 :名無しの笛の踊り:2007/08/21(火) 04:30:03 ID:YDIpvNae
ここの9月6日の日記でライナー盤が絶賛されていた。
http://www5d.biglobe.ne.jp/~albireo/nikki27.htm

20 :名無しの笛の踊り:2007/08/21(火) 05:44:04 ID:Ogus78gk
>>19
クリックするな!危険!

21 :名無しの笛の踊り:2007/08/21(火) 08:21:49 ID:IDwa4In1
また、エロサイト?

22 :名無しの笛の踊り:2007/08/21(火) 12:51:14 ID:KwEoiPeZ
ライナーにめがねを付ければ、サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ。

23 :名無しの笛の踊り:2007/08/21(火) 22:27:48 ID:udFzHD+w
>>19
太字箇所がことごとくツマラン、、、悲しい。

24 :名無しの笛の踊り:2007/08/28(火) 12:26:04 ID:J/0vbnVz
ライナーのベト全(バラだけど)いいよ。

25 :名無しの笛の踊り:2007/08/30(木) 23:41:01 ID:4RYYAkvP
>>24
反応なしか。湿気たスレやのう。

26 :名無しの笛の踊り:2007/08/31(金) 02:15:02 ID:rGAC/Ffx
糞演だからなぁ…

27 :名無しの笛の踊り:2007/08/31(金) 11:55:13 ID:vh5Yh7k4
腕の筋力が弱く最小の動きに留めていた指揮者
フリ・ツライナー

28 :名無しの笛の踊り:2007/08/31(金) 18:53:45 ID:2fYbhfPp
>>26
そんなことはない

>>25
24にどう反応しろっちゅーんじゃゴルァ

29 :名無しの笛の踊り:2007/08/31(金) 23:54:38 ID:22P1mR6/
>>28
ステレオは15679だけだよね。モノラルだけど38は名演だよね
24は正規あったっけ?ピッツバーグだっけ?
と反応すればいいのかな?

30 :名無しの笛の踊り:2007/09/01(土) 00:01:51 ID:nK5c+EAa
>>29
わからん・・・

何か書くにしたってこっちが書くってだけで反応にはならんよね
どれをいいと言っているのか、実質的にわからないし
わかったところで何とも言いようがないというか・・・
まあ2ちゃんねるのレスは大半がそういうものだけど

31 :名無しの笛の踊り:2007/09/01(土) 01:06:43 ID:AJdC3FNm
べト2はDVD
ttp://www.hmv.co.jp/product/detail/1854290

べト4はArlecchinoレーベルの「The art of Fritz Reiner vol7」
ハイドン104とカップリングのライヴ録音。
入手しづらい、たま〜にユニオンで見かける。

2,4ともにシカゴ響、あとは正規盤でそろえればシカゴでべト全完成。
めんどくせー

32 :名無しの笛の踊り:2007/09/02(日) 17:46:08 ID:RZdTjn43
悲劇的序曲が最高

33 :名無しの笛の踊り:2007/09/14(金) 21:08:25 ID:JD+CqqZB


34 :名無しの笛の踊り:2007/09/16(日) 12:04:10 ID:2BqV1qzS
家庭交響曲のCD買った。
カップリングが組曲「町人貴族」
こんな珍しい曲もやってたんだな。


35 :名無しの笛の踊り:2007/09/16(日) 12:13:23 ID:dpa0XZxi ?2BP(100)
>>34
実は2曲抜けてるんだけどね<町人貴族組曲
なんでだろ(理由がわからん)?
チャイコの1812年も一部カットしてるし

36 :名無しの笛の踊り:2007/09/17(月) 10:34:26 ID:fzRMKFUm
>>35
その町人貴族の収録時間が30:13だから
LP片面に入れるために7曲版にしたのかもね


37 :34:2007/09/17(月) 11:53:23 ID:GD3hZEAd
5曲目と9曲目がないですね。
ライナーノーツにも書いてあった。
この曲はケンペ/ドレスデンのやつも
持ってるけど気が付かなかったですw

38 :名無しの笛の踊り:2007/09/23(日) 15:22:58 ID:XD5+1/F9


39 :名無しの笛の踊り:2007/09/24(月) 14:37:34 ID:3NiOYn5T


40 :Oge:2007/09/29(土) 20:34:23 ID:om5nS+CJ
R・シュトラウスの「ドン・キホーテ」CSOとの盤を聴きました。素晴らしいですね。楷書の演奏ですが、完璧なアンサンブルが実に気持ちいい。

41 :名無しの笛の踊り:2007/09/29(土) 20:40:31 ID:/a8l4qxT
昔から定評のなるライナー指揮のツァラは、以前聞いたときは、ショルティなど
ライナー以後の指揮者の演奏に比べ、冒頭の音の音量が大きいのが
気になったが、あれは当時の録音技術もしくは録音当時の一般家庭の再生装置の
限界に合わせて、大きめにしたのだろうか、もしくはライナーの解釈は
実演でも同じだったのだろうか。

42 :名無しの笛の踊り:2007/10/19(金) 00:32:30 ID:N32gR2BK


43 :名無しの笛の踊り:2007/10/20(土) 01:09:59 ID:790mGBWk


44 :名無しの笛の踊り:2007/10/27(土) 21:37:38 ID:5x0hn6ld


45 :名無しの笛の踊り:2007/10/27(土) 21:45:29 ID:pQwXaZ//
この人の指揮する、ドン・ジョヴァンニの序曲が好きだ

46 :名無しの笛の踊り:2007/11/04(日) 02:11:17 ID:AFW+bJSD
NYPとのブラ2再発希望。

47 :名無しの笛の踊り:2007/11/05(月) 00:45:26 ID:oRQOPU/8


48 :名無しの笛の踊り:2007/11/17(土) 16:55:21 ID:bpPAu3uW
犬でライナーのSACDが安売りしているから
何枚か買ってみるよ!

49 :名無しの笛の踊り:2007/11/22(木) 17:28:21 ID:njoY/z2B
>>1
スレタイに工夫がない。

50 :373:2007/12/04(火) 20:37:27 ID:SfdU20+Y
過去スレで随分、盛り上がったんだけどねえ

熱烈すぎたかねえ

空っ風が吹いてらァ…



51 :373:2007/12/04(火) 20:44:59 ID:SfdU20+Y

シスコで入れたリング・ライブがあると

裏情報を得てから早12星霜。

いまやいずこに眠るやら。



52 :名無しの笛の踊り:2007/12/08(土) 09:03:39 ID:WwHp5DL8
シカゴを振ったエレクトラとサロメの抜粋アルバムですが、
七つのベールの踊りだけどうきいてもモノラルです。変ですね。

53 :名無しの笛の踊り:2007/12/10(月) 08:30:07 ID:OoqZd7no
SACD盤はステレオだが

54 :カール:2007/12/12(水) 23:16:20 ID:+QBLjAsB
新年になったら
ウィンナー・ワルツ(他)集を
きくんだ


55 :名無しの笛の踊り:2007/12/16(日) 21:20:51 ID:Vz8JWavI
同様に、
ライナーのワルツ集で新年を迎えるのが
オレ流

56 :名無しの笛の踊り:2007/12/16(日) 23:55:23 ID:wP7hzWgC
>>54 >>55特に狂気(まるでラ・ヴァルスか何かみたいだ)のような
「雷鳴と電光」の爆演萌え

57 :名無しの笛の踊り:2007/12/18(火) 19:57:09 ID:A7SQr/pw
ライナーが好きな人は他のハンガリー指揮者も好きなことが多いらしい。

58 :名無しの笛の踊り:2007/12/18(火) 22:50:48 ID:seW1vm1z
俺はショルティ好きじゃないよ。

59 :名無しの笛の踊り:2007/12/18(火) 23:25:56 ID:UktAmQmf
俺は好きだなショルティ。曲によるけど

60 :名無しの笛の踊り:2007/12/19(水) 00:28:39 ID:EihCoBn2
コバケンは嫌いだよ

61 :名無しの笛の踊り:2007/12/20(木) 03:44:13 ID:ubIhAiZk
>>57
確かにライナーもセルも好きです

62 :名無しの笛の踊り:2007/12/21(金) 06:35:12 ID:/4dyYyLi
ショルティは駄目だな、特にカルショウと離れた後は。
タイプはライナーとは違うがフリッチャイはいい。

63 :名無しの笛の踊り:2007/12/21(金) 08:10:37 ID:f8AK/ew3
直ぐ脇のスレッドで、チャルダーシュを語っていますが。。。
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/classical/1198071782/l50


64 :名無しの笛の踊り:2007/12/22(土) 05:19:58 ID:a5Oh99KT
ショルティ、セル、オーマンディ、ケルテス、ドラティ…

確かにみんな好きだ。ドホナーニってハンガリー系だったっけ?

65 :名無しの笛の踊り:2007/12/22(土) 13:59:42 ID:hXRrY326
>>64
祖父が、ハンガリーの作曲家エルンスト・フォン・ドホナーニ。
ですが、指揮者クリストフ自身は、ベルリンの生まれです。
奥さんは名歌手アンナ・シーリャ。

俺は>>62のフリッチャイも好きね。
クララ・ハスキルと入れたモツのPコンもいい。

66 :名無しの笛の踊り:2007/12/22(土) 14:02:51 ID:hXRrY326
×アンナ・シーリャ
○アニヤ・シリヤ(シーリャ)

67 :名無しの笛の踊り:2007/12/23(日) 01:26:51 ID:zcrWBaJ9
>>57
ライナー・セルの時代は、ハンガリーと言っても
ハプスブルク家の領土だったのでは?
すると2人によるVPOとの競演のもつ、特別な意味合いが理解できる。
ともかく2人とも、他の指揮者が実現しにくいような、
VPOと、しっとりとした親密感あふれる名演を残している。

68 :67:2007/12/23(日) 01:30:58 ID:zcrWBaJ9
>>67は日本語が変になった。
思いを巡らすと、>>54->>56のウィンナー・ワルツのあの
水で潤うような情緒も、彼の出自が関わっているのかも知れないなあ


69 :名無しの笛の踊り:2007/12/23(日) 08:35:22 ID:m/fBcwtj
>>67
ライナーもセルもハプスブルグ圏の伝統っぽさと、
現代的な知性と、個性が合わさった感じはある。

70 :名無しの笛の踊り:2007/12/23(日) 12:09:08 ID:Cem0WUVo
>>69
いかにも、ライナーやセルが、ウィーン的な洗練、あるいはハイドンの交響曲で
聴かせる水も滴るエレガンス(美麗さ+高雅+知性)は、ハンガリー出身の後輩の誰もが
表現しえなかったところだね。

セルはライナーに比べて、ユーモアとアイロニーの感覚を持っているし、
ライナーはライブなんかでは、トスカニーニに向こうを張る、
情熱や生真面目さ・野性的な苛烈さを発揮するね



71 :名無しの笛の踊り:2007/12/23(日) 13:35:52 ID:xqQfCBH4
ドラティ、ライナー、ショルティはブダペストのリスト音楽院で教育うけてるけど、
セルは音楽教育をウィーン音楽院でうけて、ドイツでキャリアをスタートさせてる。
そういわれればセルのフレージングのみ他の三人と若干印象がちがうんで
これがウィーンでの音楽教育の賜物なのかなあとも思うけど。
オケの響きのバランスにたいするセンスのよさとトレーナーとしての
力量の高さについては全員に当てはまりますな。


72 :70:2007/12/23(日) 13:48:44 ID:n1sew3mk
>>71
なるほど。セルがあまりハンガリーの土臭さが無く
垢抜けしてるのは、そういうことだよね。
セルは、神童ピアニストとして早くにウィーンに移住したよね。

トレーナーとしての真摯さを、ショルティは
リスト音楽院で仕込まれたとは、こないだのレコ芸の特集にありましたね

73 :名無しの笛の踊り:2007/12/23(日) 15:15:02 ID:m/fBcwtj
それにしても、クライバーンはピークは短かったけど、
ライナーやコンドラシンのバックアップを受けつつ協奏曲が演奏ができ
案外録音に恵まれているような。
クライバーンの、大味ではあるけれど、真摯な持ち味と
ライナーやコンドラシンという大人な指揮者のコンビネーションがなかなか良いw

74 :名無しの笛の踊り:2007/12/30(日) 15:23:47 ID:aqeWxQiO


75 :名無しの笛の踊り:2008/01/07(月) 20:07:36 ID:c0s4lunr
>>73>>71
ライナーもセルも、後進の独奏者に対しては
桶メンに対するほど、厳しく当たらなかったように見えますね



76 :名無しの笛の踊り:2008/01/07(月) 21:40:45 ID:kmcrEN/k
二人とも頼もしい伴奏者だ

77 :名無しの笛の踊り:2008/01/07(月) 21:40:56 ID:yOhD6Rlp
ライナーのブラ4最高

78 :名無しの笛の踊り:2008/01/08(火) 20:51:23 ID:FaPUGwcX
>>76
たしかに近年、ソリストを活かすことの出来る
優れた腕の指揮者が絶えたなあ。。。
トレーナーとしての凄腕は、伴奏者の凄腕になるかもな

…とは言い切れないか。トスカニーニ翁、コンチェルトで
必ずしも成功してないもんな


79 :名無しの笛の踊り:2008/01/12(土) 23:59:48 ID:YMiX6mKC
今年の1曲目は、
R・コルサコフ「シェエラザード」でした。
ライナー盤以上の演奏に出逢っていないよ。
ほんとシンドバッドの船が、大海原に乗り出す、
波濤のうねりに身体ごと運ばれ、砕ける波しぶきを顔面に受けるような
そんな気分になって、心地よい陶酔感の夢物語だ・・・


80 :名無しの笛の踊り:2008/01/13(日) 13:05:53 ID:5PqIdnLO
頼もしすぎてソリスト喰うのも多かったけどなバランス的に悪い意味で

81 :名無しの笛の踊り:2008/01/13(日) 15:09:18 ID:SPQv8uro
チャイコくるみ割り花のワルツ
編曲している
シカゴ響のハープのおっさんが凄い
http://jp.youtube.com/watch?v=mgaS9CZ7KsQ

82 :名無しの笛の踊り:2008/01/13(日) 15:42:56 ID:p2ldn06P
>>81
グッジョブ!ありがとう。クラネットも見事だね


83 :名無しの笛の踊り:2008/01/13(日) 16:04:38 ID:7F6DDmUo
>>81
ハープ協奏曲wwwwwwwwww

84 :名無しの笛の踊り:2008/01/13(日) 17:07:22 ID:50L54/ZH
neilsmit667 (3 か月前)
Ah. Philip Farkas on 1st Horn !!

85 :名無しの笛の踊り:2008/01/13(日) 17:58:27 ID:KWjLXUEM
>>81
ライナーの身振りが案外大きいのでビックリした。
まだ心臓に不安のない頃だったのかな・・ (?)

86 :名無しの笛の踊り:2008/01/13(日) 23:57:38 ID:F72OuYmQ
>>81
この愛想の無いバイオリンのスタッカート弾きがイイんだよなあ

ちなみにこれ見て「バレンボイムのニムロッド」から「威風堂々
自演映像」ときて「バニラムードの威風堂々」でずっこけた…

87 :名無しの笛の踊り:2008/01/14(月) 03:22:30 ID:xow31AER
いい意味での馬鹿演奏だなwww

88 :名無しの笛の踊り:2008/01/14(月) 15:10:32 ID:huQeg78f
http://jp.youtube.com/watch?v=hHUHFLnRNwM
チェロの首席を弾くヤーノシュ・シュタルケルがハッキリ確認できる!!

89 :ウシウシ:2008/01/14(月) 15:58:15 ID:2mzHvR++
>>88
2分37秒付近で映る、あの、お侍のように清潔にそり上げた額は…www
ここでもライナーのタクトは、ビュンビュン宙を斬っているね

それにしても、
このCSOのヘンデルの、呆れるほどの見事さといったら!
そもそもライナーは、向かうところ敵無しのバロック振りなんだな!!



90 :名無しの笛の踊り:2008/01/16(水) 12:13:56 ID:25BnYqY4
>>89>>85
ね、フリ・ツラクナイナー、て感じ>>27


91 :名無しの笛の踊り:2008/01/16(水) 21:49:59 ID:eO7qja/j
>>41
当時の一般家庭の再生装置の狭いダイナミックレンジ再現性能に合わせて、
レコーディングエンジニアが弱音の音量を上げたから。

このことは二十年くらい前のレコ芸の名曲迷盤コーナーのツァラ特集の回でも
指摘されていた。

92 :名無しの笛の踊り:2008/01/17(木) 22:01:09 ID:SaqwO2/t
>>91
なるほど(ポン!と拳で掌を叩く)。これから、ライナーのスタジオ録音、
いや彼だけでなく昔のオケの録音は気をつけて、脳内補正しながら聴くよ。

例えば、SACDなんかでは、修正されるものなのだろうか?



93 :名無しの笛の踊り:2008/01/20(日) 02:25:03 ID:X49bMG0X
VPOと入れた、
ブラームス・ハンガリー舞曲集。
ドヴォルジャーク・スラヴ舞曲集。

とくに後者、ハ短調(第10番)。これほど嫋嫋として雨の滴に濡れそぼった演奏を知らない…。
melodramaのようですらあります

あとに続く躍動的な長調ですら、琴線をつよく弾かれる心地して、いたたまれなくなる。

クラウスでも、フルヴェンでも、我が身に起こらなんだ現象です



94 :名無しの笛の踊り:2008/01/24(木) 00:12:50 ID:SPrIvEcR
ライナー&シカゴ響の「悲愴」ものすごくいいね。
テンポ、歌わせ方、ダイナミクス、すべて気に入った!
シカゴ響がまたうまい。超名演だと思う。

95 :名無しの笛の踊り:2008/02/01(金) 14:25:25 ID:gzK7RGqR
さすがハーセス!

96 :名無しの笛の踊り:2008/02/03(日) 23:01:12 ID:HyT6skHe
多分にもれず野球小僧だったオレは、
ライナーを初めて聴いて(ベト5)、
名は体を表わすとはこのこと(綴りは違うものの)と、膝を打ったものだった。


97 :名無しの笛の踊り:2008/02/06(水) 23:18:43 ID:5lz7csaZ
RGCのライナー盤とヘリオドールのフリッチャイ盤を組合で見つけて
悦に入ってたのもハルカ昔の話し
一番速いのと一番遅いのだぜってw

98 :名無しの笛の踊り:2008/02/07(木) 19:23:38 ID:nMOHeoeZ ?2BP(101)
>>97
実はSONY(CBS)のセルの方が速かったりするw

99 :名無しの笛の踊り:2008/02/11(月) 15:20:29 ID:fLlW+7Su
ライナーノートより

ルービンシュタインとの「ピアノ協奏曲第2番」のレコードが大変好評だったので、
RCAは「第3番」の方も録音を計画し、実際にセッションまで組んだ。
この曲は演奏会で取り上げる予定がなかったので、録音のために特別にリハーサルを行うことになった。
第1楽章に入ってしばらくしてから、ルービンシュタインは大きなミスをした。
「第2番」と違って「第3番」は、ルービンシュタインのレパートリーではなかったのである。
ライナーはオーケストラを止めて、指示を与え少し前から演奏させた。

ルービンシュタインは同じ箇所に来ると、もう一度同じミスをした。

ライナーは、今度は何も言わずに、もう一度繰り返させた。
明らかに気が立っていたルービンシュタインは、やはり同じ所でもっと派手にミスをしてしまった。

ライナーは指揮棒を置き、オーケストラに向かって、
「ピアニストが練習をするので、20分間休憩します。」と言った。

むっとしたルービンシュタインは顔を上げて、
「あなたのオーケストラはミスをしないのですか?」と尋ねた。

ライナーは一言、
「しません。」

ルービンシュタインは立ち上がって無言のままステージを去り、二度と戻って来なかった。
そして、ライナーが指揮をするなら、CSOからの出演依頼も断ってしまった程である。
RCAにはラフマニノフの「第3番」の冒頭15分のテープだけが残されていると言う。

100 :名無しの笛の踊り:2008/02/12(火) 07:00:06 ID:rtIxdtyN
100

101 :名無しの笛の踊り:2008/02/12(火) 07:10:33 ID:FIjHGVFd
>>99
ライナーには、ルービンよりホロの方が合いそうだな。
ルービンにはワルターとかの方が合いそう。

102 :名無しの笛の踊り:2008/02/12(火) 16:41:12 ID:xg+hPnR4
一流同士が組むと時として難しいことが起こるよね。
その点、好んで共演した若いクライバーンとの共演は楽だったんだろなと。


103 :名無しの笛の踊り:2008/02/14(木) 20:38:27 ID:Nw7V/8a8


104 :名無しの笛の踊り:2008/02/18(月) 14:51:40 ID:hUpCO6U1
>ライナーは一言、
>「しません。」

いかにも言いそうだからワロタww

105 :名無しの笛の踊り:2008/02/19(火) 01:08:22 ID:w6c+EA+U
クライバーン、昔、徹子の部屋に出たよね


106 :名無しの笛の踊り:2008/02/19(火) 13:05:54 ID:Bv2uyOP9
>>81 しっかり大きく腕を振ってる。
両腕を上げるときはラジオ体操がダブった。
曲の最後で指揮棒をピシッとおしりのとこまで振り下ろす。
決めポーズがかっこいい。

107 :名無しの笛の踊り:2008/02/24(日) 00:56:28 ID:rWBn92qx
ライナーって、同時代の名指揮者に比べて、
ライブ音源、少なくね?


108 :名無しの笛の踊り:2008/02/29(金) 12:30:07 ID:+A/WP3FV
あれだけの音質でスタジオ録音が残ってれば
今さらモノラルのライブとか出ても、誰も買わんだろ。
芸風的にもライブで持ち味が出るとかそういうタイプじゃないし。

109 :名無しの笛の踊り:2008/03/01(土) 03:31:53 ID:+FeVjy59
ワーグナーのライヴ盤持ってるけどスゴいよ
心臓がやばくなってる頃だけど

110 :名無しの笛の踊り:2008/03/01(土) 11:06:39 ID:eiNS2jIq
いつの間にか 第九が廃盤になっている。

111 :名無しの笛の踊り:2008/03/01(土) 12:26:39 ID:8GuGHtaJ
>>108
いやいやどうして!
ライナーは>>108>>109が言う通り、また上のユウツベで見られる通り、
ライヴではスタジオ録音とは別な、即興性に溢れた迫力ある
演奏を聞かせるよ



112 :名無しの笛の踊り:2008/03/02(日) 02:17:10 ID:+L8hTJ/l
第九はライナーのベートーベン中最高傑作なのでぜひ復活キボンヌ

この人はオペラが素晴らしい。協奏曲もそうだがとにかく伴奏上手な人。だから
スタジオ録音よりオペラのライヴ盤の方が遥かに面白ス
スタジオ録音してない曲目のライヴ盤をもっと聴いてみたいな
もっとライヴ盤出てもいいのにね。なおこの人はシカゴ時代より
ピッツバーグ時代の方がリズムが切れていて面白ス

113 :名無しの笛の踊り:2008/03/08(土) 12:08:33 ID:otiXNH2x
>>112
数種(俺は3種しってる)残されてる、
ビゼー「カルメン」なんて、この曲の最高質の演奏ですな



114 :名無しの笛の踊り:2008/03/08(土) 13:25:37 ID:xpbbtdKa
プロコフィエフの交響曲5番の録音ってもう手に入らないの?

115 :名無しの笛の踊り:2008/03/14(金) 19:12:23 ID:fOnV7aA2
きっとまた出る。
出るまで待とう不如帰。

116 :名無しの笛の踊り:2008/03/18(火) 22:00:31 ID:6ZHQI/ns


117 :名無しの笛の踊り:2008/03/20(木) 10:35:10 ID:yG8CAYwj
春分の日の朝、

ライナー指揮NPO「ブラ交2(ライヴ)」

を聴く




118 :名無しの笛の踊り:2008/03/20(木) 12:03:08 ID:DWiI85fZ
>>117
それ廃盤ですよね。
欲しいんだが。

119 :名無しの笛の踊り:2008/03/31(月) 23:07:37 ID:5F32qKno
復刻の予定が、こうも無いと、会話が弾まないなあ


120 :名無しの笛の踊り:2008/04/03(木) 09:13:29 ID:kfzIA3Px
>>118
今後はクラシック・レコード(広義。CD・次世代メディア含む)業界も、生き残るために、
商品の売り方自体を考え直していく必要があるね。
スタジオ録音ばかりに気をとられるのは、もはや時代に合わない。
こういうライヴの名演こそしっかりカタログに残して欲しい。


ライナー指揮、メルヒオール朗読「ピーターと狼」
なる珍盤を犬サイトで発見した!





121 :名無しの笛の踊り:2008/04/05(土) 12:13:08 ID:phku0G9W
うす桃色の花が舞う、はなだの空に…

エレクトラの機体!
インゲ・ボルクがキャプテンだ



122 :名無しの笛の踊り:2008/04/18(金) 22:14:23 ID:WDn0BEAv
ライナーのオーバーアクションが面白い
http://jp.youtube.com/watch?v=kFaq9kTlcaY

123 :名無しの笛の踊り:2008/04/20(日) 06:21:12 ID:7F+opOO9
ライナーのブラ3、4が気に入ってます。
ブラ1とブラ2の録音の有無と有る場合の入手方法を教えていただければ思います。

124 :117:2008/04/20(日) 08:47:52 ID:rra8gvn6
>>123
2番はCDになっているけど、>>118の指摘通り、廃盤です
(今は亡きフランス・アルレッキーノ社のARL131)。

ライヴ(1960/03/12)録音で、曲が終わる前に興奮したNYの聴衆が、音をかき消す勢いで拍手しています。
(カップリングは1946年2月、ピッツバーグSYとのハンガリアン舞曲8曲ライヴ演奏)

ぜひ復刻されてみんなに聴いてほしい。
今のところ、ヤフオクにも出てないみたい。



125 :名無しの笛の踊り:2008/04/20(日) 20:55:05 ID:7F+opOO9
サンクス。

ベトの方も3,5,7,9とあるのですが、4,6(通常盤),8の録音の有無と入手方法も教えていただければと思います。

126 :名無しの笛の踊り:2008/04/21(月) 08:55:23 ID:iSMRoB15
http://www1.nisiq.net/~ke-sato/classic/reiner/reiner_main.htm
ここのサイトが詳しそうですよ。

127 :名無しの笛の踊り:2008/04/21(月) 19:32:34 ID:Qew4ZcIy
>>126
ワオ。すごいディスコグラフィー!
労作だなあ。頭下がるワ



128 :名無しの笛の踊り:2008/04/21(月) 23:23:41 ID:eMmjPukq
重ねてありがとう。

でも、入手困難なものも多そう・・・時間をかけて中古屋さんを歩くしかないか。

129 :名無しの笛の踊り:2008/04/22(火) 00:23:50 ID:NGxBxYQz
>>128
うん。手に入るといいね。
再販には暫く時間を要しそうではあるな。

俺も>>126のリストには面食らった。聴いてみたい録音が目白押しだ



130 :名無しの笛の踊り:2008/04/22(火) 17:55:01 ID:DlwmPY6i
こんにちわ。自分にとっての最高の一枚はハイドン「時計」。確か晩年の
演奏だったと思うけど、澄み切った境地みたいな演奏。ハイドン聴いてこ
んなに感動したことないなあ。

131 :名無しの笛の踊り:2008/04/28(月) 22:12:24 ID:TsdPlvWh
ハイドンもいいが、
このモーツァルトもいい。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1226362
ライナーの演奏ではバルトークやベートーヴェンのような引き締まった立派なものが特に高く評価されているが、
このような落ち着き、味わい深さを感じさせてくれるものもいいですね。

132 :名無しの笛の踊り:2008/04/29(火) 00:32:05 ID:M3X3jicG
>>131>>132
全くその通りだよね。
彼のベトや、バルトークや、ビゼーからは、
容易にハイドンやモーツァルトを演繹できない。
音楽の明快な輪郭を見せがらの、あの、滋味深さは、
他にそう類を見ない。
つくづくも
個性の際立った音楽家だ――一見その真逆のように見えて。

そこに惹かれてならない。



133 :132:2008/04/29(火) 10:10:53 ID:M3X3jicG
↑自分にレスを循環させてもた…
>>130>>131


134 :名無しの笛の踊り:2008/05/05(月) 20:06:24 ID:B2JI5q3e
英雄の生涯聴いたけど、この曲がこんなに美しいとは知らなかった。
特にヴァイオリンソロが絶品。

135 :名無しの笛の踊り:2008/05/08(木) 23:41:54 ID:+htTL4nK


136 :名無しの笛の踊り:2008/05/10(土) 01:56:50 ID:AZZDMQoV
>>134
54年3月のステレオ最初期の録音だけど
超優秀な音質で実にスリリングに聴こえてくるよね

137 :名無しの笛の踊り:2008/05/10(土) 12:44:43 ID:PEWI9zyN
50年代はCBSよりRCAの黄金時代ですね。
優秀なステレオ録音、ライナーCSO、ミュンシュBSO、
ハイフェッツ、ルービンシュタイン等々。

138 :名無しの笛の踊り:2008/05/11(日) 21:22:01 ID:XQhGrSid
ベト7を振るライナー(モノクロ)
http://jp.youtube.com/watch?v=2MhzvayEVp0

なんでこんな振りっぷりから、こんな重厚な音楽が生まれるんだ!


139 :138:2008/05/11(日) 21:30:01 ID:XQhGrSid
>>136-137 スタジオ録音の素晴らしさは言うに及ばないが、
↑の映像を見てつくづく、ライナーのライブ音源・ライブ映像が
もっと発掘されるべきだと思う。
>>112

例によって、シュタルケルが映ってる。


140 :名無しの笛の踊り:2008/05/17(土) 14:49:14 ID:4abs7p/P
ライナーのベト5ほど素晴らしい音楽はないと思う。
真に充実した希有の演奏だ。

141 :名無しの笛の踊り:2008/05/30(金) 23:33:37 ID:0W7vl2VX
ライナーの大地の歌ってどう?

142 :名無しの笛の踊り:2008/05/31(土) 16:56:46 ID:BKNz35dO ?2BP(102)
>>141
某氏が失敗だとかいうカキコをしてるわりには出来はいいかも
4番とセットで買ってみるのもいいかな

143 :名無しの笛の踊り:2008/06/01(日) 23:35:55 ID:daHgFqM6
ライナーってコダーイは録音してないの?

144 :名無しの笛の踊り:2008/06/01(日) 23:52:44 ID:fPPRtVeN
してないはず。

145 :名無しの笛の踊り:2008/06/02(月) 00:05:32 ID:kooA6WQ0
>144
「ガランタ舞曲」をCBSにピッツバーグ響と、自主製作でシカゴともCDがありますよ。


146 :名無しの笛の踊り:2008/06/02(月) 00:09:26 ID:PYKeNrmV
おぉ、ガランタ舞曲は名曲ですよね!
中ではショルティ&LPO盤が最強でしたけど

147 :名無しの笛の踊り:2008/06/02(月) 01:25:05 ID:wg1e4qZz

ライナーのコダーイは「孔雀変奏曲」を
NYPと録音しています。
60年3月12日の録音です。

148 :名無しの笛の踊り:2008/06/02(月) 16:43:10 ID:tnlnGy9w
>>143さん、
>>126を見よ


149 :名無しの笛の踊り:2008/06/21(土) 00:31:12 ID:S0V6DJRQ


150 :名無しの笛の踊り:2008/06/27(金) 19:03:59 ID:mxGBs3+o
G・セルは続々と録音が発掘されて
新譜が発売されてるのに、ライナーは全然出てこない。

シカゴだけにマフィア絡みなの?

ライブ音源は沢山眠ってそうな希ガスるが


151 :名無しの笛の踊り:2008/06/27(金) 19:35:25 ID:PRyut3uo
>>150
>シカゴだけにマフィア絡みなの?

ちょwwwwwww


152 :名無しの笛の踊り:2008/06/28(土) 14:49:40 ID:SVnp3qXS
>>150
セルとライナーはファン層がけっこうかぶっているから(勿論そうでない人もいるだろうが)
セルのが需要があるということは、ライナーも出せばそれなりに買う人いそうなのにね。

153 :名無しの笛の踊り:2008/07/19(土) 04:18:58 ID:0rRJF0hf
>>152
最近のG・セルのプレスは、彼の貴重なライヴ音源の出版だ。
それを聴くと、セル独特の個性が際立つ。
確かにセルとライナーは、生きた時代も出身した文化圏も重なるけど、
2人がどんなに違った芸術家か、それが
セルのライヴ盤から伺える。



154 :名無しの笛の踊り:2008/07/30(水) 21:26:38 ID:ZH3Hhn3x
漢ならセルよりライナーだろ。

155 :名無しの笛の踊り:2008/07/30(水) 22:51:10 ID:0E7ykPk1
どっちもいい

156 :名無しの笛の踊り:2008/08/01(金) 01:53:02 ID:rcfbLR8p
アレクサンドル・ネフスキーなんて色物も録音してたんだな。
凄げー名演じゃないか!(ただしテキスト英訳…でもそんなの関係ねぇ)

157 :名無しの笛の踊り:2008/08/01(金) 20:53:11 ID:PYbej/zk
>>156
アレクサンドル・ネフスキーが色物?そうかな。
HMVで調べたら、こういった指揮者の録音が注文可能。

アンチェル、ストコフスキ、ロジンスキ、アバド、オーマンディ
ゲルギエフ、デュトワ、ムーティ、マズア、スヴェトラーノフ、
プレヴィン、ヤルヴィ、スラトキン、クーセヴィツキー・・・

むしろ録音してない指揮者が珍しいくらい。
昔も今も非常によく録音されてる。
イロモノ扱いはどうかと思うな。

158 :名無しの笛の踊り:2008/08/09(土) 13:17:26 ID:3iO02NR1
バッハ「ブランデンブルク協」(1949)
でチェンバロ使ってる。
奏法も古臭くなくて、現代の新録音聴くように、生き生きして新鮮だ



159 :名無しの笛の踊り:2008/08/09(土) 13:19:17 ID:HQ3pkU9A
>>158
ソロは誰ですか?

160 :158:2008/08/09(土) 13:36:25 ID:3iO02NR1
>>159
Sylvia Marlowe
って書いてあります。

シカゴかどこかの桶女?
そもそも演奏メンバーすら有志だし



161 :158:2008/08/09(土) 14:25:28 ID:3iO02NR1
>>159
Sylvia Marloweって書いてある。
シカゴかどこかの桶女?

そもそも演奏メンバーすら有志の集まりだしね



162 :名無しの笛の踊り:2008/08/09(土) 14:49:19 ID:HQ3pkU9A
>>160-161
ソリストだね。ランドフスカの弟子で当時話題だったようだ
http://www.soundfountain.org/rem/remmarlowe.html

163 :名無しの笛の踊り:2008/08/11(月) 11:09:12 ID:gsHB9rlf
>>162 VGJ(ベリーグッジョブ)!
NY生まれで、18歳の時、ジュリアードとパリ・エコール・ノルマルの奨学金を得て、
後者を選び、ナディア・ブーランジェに4年間、教わったそうだ。

ワンダ・ランドフスカのリサイタルに衝撃を受けて(教えは受けなかった?)、
ハープシコードに目覚めた、と書いてあるね



164 :名無しの笛の踊り:2008/08/21(木) 01:43:48 ID:utHYcQTc
>>158 でも、
アンドレイ・チャイコフスキーと組んだ
・モツのP協KV503(25番)
・バッハP協(5番)
は、なんか乗ってこないなぁ。道理ですぐカタログから姿を消す

165 :名無しの笛の踊り:2008/08/21(木) 10:37:14 ID:h+TCTmig
>>164
ピアニストに知名度が乏しいしね。
海外ではどうか知らない。

166 :名無しの笛の踊り:2008/08/21(木) 14:17:58 ID:Li4QMrIl
>>165
A・チャイコフスキーは、グレン・グールドと同時代人で
彼に激しい対抗心を燃やしてた。「ピアノ演奏では負けるが、作曲なら勝てる」と。
ハイドンのソナタ、ゴールドベルク変奏曲を持っているが、
後者は自然な感情の流れが実現されていて、俺は好きだ。

悲しいことに若死にした。
長生きしたら、もっと大成したと思う。

167 :名無しの笛の踊り:2008/08/21(木) 17:41:51 ID:ETaROMPs
マーラー『大地の歌』をベルティーニ盤とヨッフム盤と同様に
ライナー盤も(最近になってだが)愛聴している。そんなおれは変?

168 :名無しの笛の踊り:2008/08/21(木) 17:47:50 ID:37FuFTnF
全然。オレなんか愛聴はオーマンディ盤w(でもイイのだ、ホント)

169 :名無しの笛の踊り:2008/08/21(木) 21:58:14 ID:Edj37BN+
パンティ・ライナーいいよね

170 :名無しの笛の踊り:2008/08/21(木) 23:58:55 ID:utHYcQTc
センター・ライナーは不運だね

171 :名無しの笛の踊り:2008/08/22(金) 00:05:26 ID:DWR0eQTq
通勤ライナー 便利だよ

172 :名無しの笛の踊り:2008/09/08(月) 00:46:50 ID:Ap52JlgR
マジャル語名Reiner Frigyes(レイネル・フリジェシュ)、
英語名Frederick Martin Reiner(フレデリック・マーティン・ライナー)。

…だそうで。とすると、「フリッツ」はドイツ語名かな

173 :名無しの笛の踊り:2008/09/10(水) 02:15:47 ID:G3BJBuok
>>172
故国ハンガリーを出てドレスデン国立歌劇場時代に名前をFritzにしたのでは・・・
(あくまで推測だが)

174 :名無しの笛の踊り:2008/09/13(土) 18:41:05 ID:jNQ+GO/0
ライナーの最後の録音(1963年)となったハイドンの交響曲第95盤・第101番「時計」のオーケストラは、
単に「交響楽団」とだけクレジットされた「覆面オーケストラ」であった。
その実態はメトロポリタン歌劇場管弦楽団、ニューヨーク・フィル、ピッツバーグ交響楽団、シカゴ交響楽団等からの選抜メンバーで構成された臨時編成オーケストラである。
(wikipedia)

どうりで深い味わいにあふれた演奏だわ。


175 :名無しの笛の踊り:2008/09/30(火) 18:33:06 ID:TSIFlMBs
>>173
そうだろうね

176 :名無しの笛の踊り:2008/10/04(土) 00:00:08 ID:f7LEgZq6
VPOとのハンガリー舞曲スラブ舞曲買った。
これ50年前の収録なのに無茶苦茶音いいね。
まあ実際の生演奏って絶対にこんな音しないけどw

177 :名無しの笛の踊り:2008/10/04(土) 08:44:21 ID:hBcAzAyn ?2BP(150)
>>176
同時期のヴェルレクは録音がちょっとあれだけどorz
怒りの日の大太鼓の音がつぶれてる

1956年録音のR.シュトラウスの方はそれなりの音質かな
(なぜかほぼ同時期に同じデッカにクナがPCOと入れたR.シュトラウスの録音がw)

178 :名無しの笛の踊り:2008/10/04(土) 12:00:32 ID:RPw301jw
リヒャルトはもう少しオケが指揮者に付いていけてたらねぇ・・・。

179 :名無しの笛の踊り:2008/10/04(土) 12:15:58 ID:f7LEgZq6
ティルは初出LPがECSとあるんだけど、もしかして
擬似ステ音源なんですかね? だとしたらEMIの
フルベンのやつとかに比べたら凄くよく出来た擬似ステ
だとは思うけど、やっぱ雰囲気すこし変だし。


180 :名無しの笛の踊り:2008/10/04(土) 14:24:29 ID:hBcAzAyn ?2BP(150)
>>179
ECSシリーズはオリジナルステレオのもあるからちょっとややこしい
クナのブル5とかアンセルメのアンタールとかは疑似ステだったけどw

181 :名無しの笛の踊り:2008/10/15(水) 21:30:38 ID:DO6eYCB5
よく歌い踊るモツの第39番シンフォニー(テレビ放送)
http://jp.youtube.com/watch?v=vhMcZlzdCbU

憧れに満ちたこの演奏を聴くと、スタジオ録音でのライナーとまるで異なった印象を抱く。
ライナーもまた、旧きよきウィーンの空気を胸いっぱいに吸い込んだ男だったことに気付く。
優雅さ、けだるさ、アンニュイ。

182 :名無しの笛の踊り:2008/11/05(水) 12:55:32 ID:dhF4+0LW
チョイ前の新譜。
プロコフィエフ「ピーターと狼」。
管弦楽=天下のNBC交響楽団、
ナレーション=不世出のヘルデン・テノールのメルヒオール。

これがぶったまげの演奏。こんなの聴いたことがない。一瞬、別の曲かと思うくらい。
メルヒオールのシェイクスピア劇かと思わせるような熱演がいい。
身を任せるに足る安定した発声は、聴く者ドラマに引きずり込む力に溢れている。

そして、オーケストラ。
録音の1949年といえば、大将トスカニーニがばりばり進軍していたさなかで、
オケの推進力も、トスカニーニ流がみなぎっている。指揮者をトスカニーニと勘違いしてるんじゃないか、って感じ。
ドラマの彫り込みは、ロマン派オペラのそれのよう(トスカニーニの「魔笛」を思い浮かべてもらうといいかも)。
アンサンブルの緊密さは、作品を「ある兵士の物語」のような簡潔さに到らせてもいる。

これまで、ロジェヴィン盤を愛聴してきたけど、
異色ながらこのライナー盤は、癖になる。


183 :名無しの笛の踊り:2008/11/16(日) 09:21:57 ID:z3csW5OW
>>181
見ました。いや凄いね、この指揮は。

184 :名無しの笛の踊り:2008/11/16(日) 13:54:30 ID:59fYgoVp
アルト・ラプソディ(1951)
の存在を知って即ポチった。ライナーのブラームスは得難い世界があるからね。

独唱はマリアン・アンダーソン。
トスカニーニやモントゥといったオペラの名匠に愛されたアンダーソンは、ライナー/RCAヴィクター響の万全のサポートを得て、
いつにもなく、のびのびと、気持ちよさげに、
甘美で柔和な、その"100年に一つの美声"(トスカニーニ)を惜しみもなく披露する。

オケの冒頭の入り。他の人がやらないほどの
細心で濃やかな木質のアンサンブルを聞かせる。
ライナーはアンダーソンの声に聞き惚れている。オケの団員もみんな全身を耳にして聞き惚れている(そのうちオケが止まっちゃうんじゃないかって心配なほど)

ここまで優しいライナーの表情とジェストは、他では(数少ない彼のオペラ・ライブ盤でも)聴けない。
涙うかんできちまった、不覚にも。
アンダーソンには俺からっきし弱いや。

アフリカ系アメリカ人待望の、褐色の肌の合衆国大統領誕生の記念にカキコ。



185 :名無しの笛の踊り:2008/11/16(日) 23:07:27 ID:zRGXfazS
>>181
ライナーも無論だがリンク先のモントゥーのワーグナーが超絶名演だな・・・


186 :名無しの笛の踊り:2008/11/17(月) 01:56:02 ID:lJnG4jMI
ライナー・モントゥーどっちも好き男が来ましたよー
わお、マジすごっ>>185


187 :名無しの笛の踊り:2008/11/19(水) 17:18:13 ID:je/L5G9f
ライナーの指揮は痛快でいいな

188 :名無しの笛の踊り:2008/11/27(木) 00:47:46 ID:gP+zKXyl
ライナーの新世界にはがっかりした
速過ぎる

189 :名無しの笛の踊り:2008/11/27(木) 12:52:32 ID:znhlJU4n
まあ、曲によってはそういうこともあるよね
悲劇的序曲なんかその速過ぎる感じがかえって最高

190 :名無しの笛の踊り:2008/11/27(木) 21:55:27 ID:8kKpZx1w
ヨハン・シュトラウスUとかのワルツ集は結構ゆったり目だけどな。初めて聴いた時、
おいおいライナー指揮とかホントかよって驚くほど優雅で繊細だ。

191 :名無しの笛の踊り:2008/11/28(金) 09:45:07 ID:egYlsE4s
>>190
ワルツ集いいよね。リズムがねばっこくてイイ。宝石ワルツ最高や。

ローマの松&噴水,海のやつを買おうかどうか迷ってる。
特に海が聴いてみたいが……怖い気もしてて。
聴いたことある人,感想教えて!

192 :188:2008/11/30(日) 11:04:29 ID:A591Y6Bx
フォローのつもりじゃないけど
ルービン先生+ライナー先生のラフマニノフP2は素晴し過ぎなので
SACD化して下さい

193 :名無しの笛の踊り:2008/11/30(日) 11:53:16 ID:3JAJx5WL
ライナー好きの方々は、他の指揮者では誰が好きですか?

194 :名無しの笛の踊り:2008/11/30(日) 14:24:03 ID:2/CHeXcG ?2BP(150)
>>193
結構好きな指揮者多いなぁ・・・
ライナーと同じような傾向の人もいればまったく逆のタイプもいる
(挙げだしたらきりがなくなるのであえて書かないけどw)

195 :名無しの笛の踊り:2008/12/01(月) 09:46:12 ID:EnixUNpz
C.ドホナーニかな。大きく分けると同系統だけど(即物系),
細かく分けると,熱い演奏のライナーとは間逆のクール系。

バルトークのオケコンで聴き比べると,一興趣がある。

セルの時のクリーヴランド管も良いけど,
ドホ時代のクリ管のアンサンブルの精度はものすごい。
そこにセルと同じくユーロのパヒュームが漂う。

196 :名無しの笛の踊り:2008/12/01(月) 11:26:55 ID:Agg1XxHC
ま、ライナー時代のシカゴの録音=全盛期プレイメイツのゴージャス美、
セル時代のクリーヴランド=アジアン・ビューティの清楚美か。そういう
聴き分けしてっかな、俺は。共に美人という共通項はあるが。
ところでドホナーニ時代は本当に凄いと思うんだが、あれでもプロにいわせると、
結構荒れた演奏を録音して、ってのもあるらしい。素人には判らないが。

197 :193:2008/12/01(月) 11:58:52 ID:c+WE+p5x
>>194
そうおっしゃらずに初心者の私に同傾向の人、何人か教えてくださいませ

>>195-196
ドホナーニのCDは1枚も持ってなかったです
ちょっとググッてみます

198 :名無しの笛の踊り:2008/12/01(月) 12:35:01 ID:EnixUNpz
>>196
>全盛期プレイメイツのゴージャス美

ワロタ。でもこれ,ショルティ+シカゴのほうがピッタリくる肝。
自分はなんとなく,ライナー=日本の武士,セル=西洋の騎士,と思ってる。

>あれでもプロにいわせると、 結構荒れた演奏を録音して、ってのもあるらしい。

そうかあ。ワシもよくワカランw 
よくワカランが,オケコンの5楽章冒頭の弦のパッセージが全部聴こえるのは,
ドホナーニ先生だけなんだよなあ。

でもいまでもライナーの演奏は大好きだけどね。ライナーとドホで決まりかな。

>>197
ドホ先生はほとんど廃盤だらけだし,初心ならあまり薦めないかな。
何をライナーに求めてるかによると思うけど,

新即物的な解釈とオケの精緻さ,なら,ハイティンク+コンセルトヘボウ管
スピード感なら,カラヤン+フィルハーモニア管
一見客観的に見えて実は熱い魂のほとばしりなら,クレンペラー+フィルハーモニア管

まあ,曲にもよると思うけどね……。

ライナー好きな人は,セル,オーマンディ,フリッチャイ,
ドラティ,ケルテス,ショルティ,らが好きな人,多いと思うけど,
誰か語ってほしいなあ。

199 :193:2008/12/01(月) 12:47:08 ID:c+WE+p5x
>>198
なんていうか、統率の取れた緊張感のある演奏が好きです
あげられた人たちでいうとセル、フリッチャイは好みでした
あと、ムラヴィンも好きです

200 :名無しの笛の踊り:2008/12/01(月) 18:16:56 ID:EnixUNpz
あくまで個人的見解,と前置きしたうえで,
ライナーとムラヴィンって芸風似てるようでかなり違うんじゃないかと思ったり。
なんつうか,ムラヴィンの演奏って,リズム造形が,平面的な感じがするんだよね。
ライナーは,テンポ速くても,立体的な感覚が失われてないから,好きだなあ,と。

でも,>>199の言ってるのが,一般的なイメージ,という気もする。
だから,他の人(ライナー好き)がムラヴィンをどう思ってるのか,聞いてみたい。

201 :名無しの笛の踊り:2008/12/01(月) 18:34:26 ID:pw5WWjmw ?2BP(150)
>>197
同じ傾向だとトスカニーニ、セル、ショルティあたりかなぁ

202 :名無しの笛の踊り:2008/12/01(月) 22:37:05 ID:Wvt9vNy6
フリッチャイは晩年は芸風が一変するからなあ(悲愴・エロイカ・ヴェルレクとか)。
これまで挙がっている傾向から考えて、フランス系だとパレーとかもそんな感じかな。
特にMercuryでの録音が。

「統率の取れた緊張感」というとそれ系の元祖・トスカニーニは聴いてほしいなあ。
代表作というのなら手兵ではないがフィルハーモニア管とのブラームス全集ライヴ。
ただしトスカニーニはイタリア人らしいテンペラメントが加わるのがライナーと若干違う。

ハンガリー出身のライナー似として挙がっているのが、セル、フリッチャイ、ドラティ、
ショルティ、オーマンディ、ケルテスとみなハンガリー出身だというのは面白い一致。

203 :名無しの笛の踊り:2008/12/02(火) 00:33:55 ID:YBJ5r/ns
>>198
>自分はなんとなく,ライナー=日本の武士,セル=西洋の騎士,と思ってる。

ショルティーは、モンゴルの騎馬民族て感じ

204 :名無しの笛の踊り:2008/12/02(火) 07:35:16 ID:54ncurrQ
ライナーって、音楽が切れていて、締まっていて、それでいて堂々としている。

この堂々としているところが、他の指揮者にあまりないんだよなあ。

205 :193:2008/12/02(火) 08:24:45 ID:sCWhnsaV
みなさんありがとうございました
トスカニーニ、セル、ショルティあたりが共通してお勧めされているようなので
色々調べて、今後のCD購入の参考にさせていただきます

206 :名無しの笛の踊り:2008/12/02(火) 10:03:10 ID:2Wu6eLZ8
>>202
パレーとは渋いね。でも言われてみると確かに,リズム感に優れてて,言い得て妙。

>セル、フリッチャイ、ドラティ、ショルティ、オーマンディ、ケルテス

みんなリズム感が良いんだよね。小手先のアンサンブルとかテンポとかじゃなく,
芯からのリズムで貫かれてるというか……まあ演奏にもよるけど,往々にして,
そういう傾向がある気がする。

とすると,意外とみんな好きそうなのが,C.クライバー,あるんじゃないかと思ったり。
緊張感と統率感,といった感じじゃないけど,躍動感と推進力は,ハンガリー系に匹敵
するものがあるような気がしたりしなかったり。

>>203
>ショルティーは、モンゴルの騎馬民族て感じ

warota。獰猛,だよね。

207 :名無しの笛の踊り:2008/12/06(土) 04:22:43 ID:6Bh/9+d0


208 :名無しの笛の踊り:2008/12/09(火) 08:41:27 ID:oD2ACW8Z
>>203
そりゃ、マジャール人は、モンゴル人と同系だからね。
でも、ライナーはゲルマン系? 

209 :名無しの笛の踊り:2008/12/14(日) 23:55:44 ID:pUCOGpoh
,へ-☆ヘ
ミ ^▽^ミ
c(,_uuノ

210 :名無しの笛の踊り:2008/12/17(水) 11:28:30 ID:Bc2zoNWM
age

211 :名無しの笛の踊り:2008/12/30(火) 23:13:03 ID:Sd01zqwd
ライナーのシェエラザードの風格は特別。

212 :名無しの笛の踊り:2008/12/30(火) 23:44:27 ID:eWHQ3jSy
>>211
たしかに。
俺が知るなかで最高の高貴さと風格とスケールだ

213 :名無しの笛の踊り:2008/12/31(水) 09:52:22 ID:aE2oyLqF
ショルティの躍動感とクレンペラーの壮大さを兼ね備えた希有な指揮者

214 :名無しの笛の踊り:2009/01/01(木) 10:21:22 ID:foOFHjy2
今年もライナーのウィンナ・ワルツで年明けしますた

215 :名無しの笛の踊り:2009/01/10(土) 00:18:00 ID:K3CJ6QXn


216 :名無しの笛の踊り:2009/01/12(月) 22:24:51 ID:zv/wTo6U
代ゼミ2009年度用私立大学入試難易ランキング表 《法・経済・経営・商系》
(2008年11月18日)更新 / [教科数

68 慶應法B[2]
67 慶應経済[2]
66 早稲田政治経済 早稲田法 慶應商[2] 慶應総合政策[2]
65 上智法 早稲田商
64 上智経済 中央法 早稲田教育(社会科学専攻) 同志社法
63 早稲田社会科学 立命法A  ICU教養[1]
62 立教経営 同志社政策個別
61 青山国際政経A (国際政治) 学習院法 学習院経済 中央商 明治法 明治商 明治政治経済 立教経済 立教法 同志社経済個別 同志社商フレA 同志社商フレB
60 青山学院国際政経A(国際経済)法政法 明治経営 立命政策科学A 関大法個別 関大政策 関学法A 関学商A 中央総合政策(政策科)
◎ 役員になりやすい大学・学部…ベスト100「プレジデント」2008.10.13号
01位:東大法948人
02位:慶應経922人
03位:慶應法677
04位:早大商523人
05位:中央法517人
06位:早大法514人
07位:慶應商491人
08位:早政経484人
09位:東大経471人
10位:京大法424人
11位:中央商310人
12位:早理工293人
13位:京大経424人
14位:東大工256人
15位:明治商248人


217 :名無しの笛の踊り:2009/01/12(月) 23:44:56 ID:u5DHMCpQ
>>211

俺もシェエラザード大好きだ。
出だしからグッとつかまれる。


218 :名無しの笛の踊り:2009/01/18(日) 00:41:01 ID:TCk3WoI0
>>93
ドボスラ10番!
全く同意!!



219 :名無しの笛の踊り:2009/01/25(日) 23:54:52 ID:6EyO/zo3
うんうん

220 :名無しの笛の踊り:2009/02/08(日) 21:16:28 ID:Hx5CPlKv
living stereoって音いいね?

221 :名無しの笛の踊り:2009/02/08(日) 23:53:33 ID:lJJFxyGT
LPはもっといいぞ。
復刻もかなり出てるが、高い。

222 :名無しの笛の踊り:2009/02/18(水) 01:08:32 ID:vTSLDEMQ
LPヲタ

223 :名無しの笛の踊り:2009/02/21(土) 09:58:30 ID:2pJbxhnG
ディジタルでなく
LPでライナーか…
考えたことなかったな…
いつかオーディオセット買って試してみたい。

久々に「海」聴いた。
ライナーの「海」は、
沖でぶつかる波濤が馬のギャロップに聞こえたよ
騎場民族文化圏の出身のせいか。

224 :名無しの笛の踊り:2009/02/22(日) 05:29:08 ID:x0XzPq2K
living stereoSACDってもしかして
LPの全てを出し切ったわけではなくまだ氷山の一角?

225 :名無しの笛の踊り:2009/02/22(日) 07:45:05 ID:8sh23HLG ?2BP(280)
>>224
まだ全部じゃないようです
通常のリビングステレオCDのみとかそれすら出てないのもある
(ブラ3とかはまだだったような)

226 :名無しの笛の踊り:2009/03/05(木) 17:05:36 ID:Ul3Lgpha
>>182
そのCD!
「ピーターと狼」ライヴ、いいんだよね。プロコの簡潔で的を得ていて、しかもロシアのエキゾチックな雰囲気が、嫌味なく滲み出てる。
カップリングされたタコ6の味わいも格別。
珍品ながら、ライナーの懐深さが存分に発揮されたアルバムだね



227 :名無しの笛の踊り:2009/03/14(土) 12:26:01 ID:wmRaKxPB
そうだね

228 :名無しの笛の踊り:2009/04/05(日) 22:12:14 ID:uKJYL8Rn
名ほしゅ 野村克也

229 :名無しの笛の踊り:2009/04/12(日) 21:07:49 ID:iM27DXVs
ライヴ集だって
http://www.hmv.co.jp/product/detail/3577541

230 :名無しの笛の踊り:2009/04/12(日) 23:03:31 ID:AePlMd2I
>>229
CD1だけは昔M&Aから出てたのを持ってるけど
(表記はシンフォニー・オヴ・ジ・エアーになってる)
割と録音状態も良くて演奏もよかった

231 :名無しの笛の踊り:2009/04/12(日) 23:39:19 ID:rFDGZr3m
おお、いい企画!
と言いながらも、必死で集めたコレクションと一部重なって、買うか買うまいか迷う。

ボックス買いは今の財布の状況からすれば、あまり嬉しくない総額…

ブラームスや、CD6の小品だけでも、買う価値はありそうだけど。



232 :名無しの笛の踊り:2009/04/13(月) 07:22:46 ID:6/gMzZoD
CD1にあるドビュッシー「小組曲」は、歴史的名演と呼べるほど。
他のライナー指揮のドビュッシーに聞かれない、
地中海的おおらかさ、伸びやかさ、牧歌的雰囲気にあふれて、明るい絵画を眺めるような心地よさにひたれます。



233 :名無しの笛の踊り:2009/04/18(土) 11:04:10 ID:gHxDkuZs
4月30日発売予定で入手困難とはこれいかに

234 :名無しの笛の踊り:2009/04/26(日) 08:37:21 ID:XFd506xj
>>233 未入荷で在庫ない、発送不可。よって入手困難
…ってことっしょ?


235 :名無しの笛の踊り:2009/05/03(日) 21:15:35 ID:ZK83WU6Y
なるぽど。

236 :名無しの笛の踊り:2009/05/15(金) 04:13:00 ID:F7nk8E1n
新世界を XRCD と SACD で聞き比べたところ、音が消えていく際の余韻の美しさなどではXRCDの方が良かった。
以外な感じがしたが、XRCDは高いので、なかなか手がでない。それにあまり売っていない。

237 :名無しの笛の踊り:2009/05/15(金) 22:12:16 ID:nNVulYZJ
>>229
ブラ2・ライヴをこそ入れるべきだなあ
あれほどの演奏聴いたことない。みんなに聴いてほしい


238 :名無しの笛の踊り:2009/06/03(水) 01:50:54 ID:fPgo55El
ギレリスとの、ブラームス p協 2番、買って聴いてます。50年前の筈なのに、恐ろしくいい録音で驚愕しました。演奏は、楷書風でカッチリしてますな。


239 :名無しの笛の踊り:2009/06/03(水) 19:24:26 ID:uki4fBkK
何と言っても、1812年。
激しく、締まってる。大砲抜きでは
抜群ではないかなあ。






240 :名無しの笛の踊り:2009/06/04(木) 21:54:03 ID:ziQC2lQE
ウィーンフィルとの「ハンガリー舞曲」と「スラブ舞曲」は絶品。何度聞いていも
ため息が出るほど軽妙で洒脱な演奏。オケの技術とニュアンスも最高!ほかに
ベートーベンの「運命」を持っているが、トスカニーニの歯切れの良さとワルター
の端整な美しさを兼ねたような名演。

241 :名無しの笛の踊り:2009/07/16(木) 07:56:38 ID:DoUH2oTF
ワルターって端正かな?

242 :名無しの笛の踊り:2009/07/17(金) 00:27:01 ID:dOvIMtUI
>>241
さあねェ?

243 :名無しの笛の踊り:2009/07/19(日) 00:36:07 ID:FM0uGrx2
シカゴとのベト7動画
http://www.youtube.com/watch?v=2MhzvayEVp0

244 :名無しの笛の踊り:2009/07/28(火) 00:16:50 ID:R6Z3x+nT
サンクス

245 :名無しの笛の踊り:2009/07/31(金) 15:39:33 ID:RsooZAT6
先日、プロコの「キージェ中尉」、ストラヴィンスキーの「うぐいうすの歌」のSHM−CD 買ってきました。じっくり聴くのが楽しみです!

246 :名無しの笛の踊り:2009/08/19(水) 17:18:06 ID:CHA+Jj56
同じシカゴでもショルティの振るのはむなしく聴こえ、
ライナーが振ると音楽がいっぱい詰まって聴こえる
どうしてこんなに違うのだろう?
匹敵するのはセルくらいな気がするが、セルはトーンがちょっと甘すぎる
今の指揮者ではティーレマンに期待

247 :名無しの笛の踊り:2009/08/19(水) 21:34:49 ID:96UJdy6t
>>246
分かるような気がします。ショルティの棒には力みがあるように思うが、ライナーのそれは、最小限度の動きに制御されており、似て非なるものと思います。いかがでしょう?

248 :名無しの笛の踊り:2009/08/19(水) 21:44:59 ID:SiiNZVBR
>>247
そうですね。
映像を見ると、指揮をする手の動きは最小限度。
しかし出てくる音楽は必要にして十分。しかも音楽に味わいがある。
この芸域にはライナー以外到達できなった感がある。
ショルティなど足元にも。

249 :名無しの笛の踊り:2009/08/19(水) 22:45:19 ID:i30/Zswk
ショルティやなくて今の指揮者みんな力んでるゃん


250 :名無しの笛の踊り:2009/08/20(木) 00:03:12 ID:96UJdy6t
>>249
それはそうですね。ただ、Solti の場合、あのピンピン跳ねるアウフ・タクトは個性的でした。あんなに音の輪郭を要求せんでもいいのになぁ、と思ったものです。シカゴ響にとっては、あれがよかったんですかね?

251 :名無しの笛の踊り:2009/09/01(火) 03:30:07 ID:YwXv1G46
横レス、スマソ。

ライナー指揮のヴェル・レク、
シカゴ・ライヴ盤なんての見付けたが
3850円だかで手が出なかった。

聴いた人、レポ頼んますm(_ _)m


252 :名無しの笛の踊り:2009/09/01(火) 04:22:43 ID:YwXv1G46
連投になるけど――
ライナーの「くるみ割り人形」。

こんな貴族的な香気をまとった「くるみ割り」はないな。
かの有名なイギリスでのブラ4、
ウィーンでのウィンナー・ワルツ集やハンガリー舞曲集・スラヴ舞曲集
におけるライナーの指揮ぶりを思い出させる。

「くるみ割り」って言うと、通常は、
クリスマス恒例の家族向けバレエ公演なり
その時期の豪華な舞台なりを伴った、
浮き立った雰囲気の演奏が多いし、じっさいそれでいいのだと思うけど、
ライナーに振らせると全体にヴィスコンティ的な19世紀末的・貴族的頽廃の空気を帯びてきて、
馬蹄型劇場のサロンのの壁布のサテンの色合いも渋くて濃い。

そこが聴き込めば聴き込むほどに深みを覚えて、
今後もそう何人も、かかる精神性を備えた音楽家・指揮者は
この世に登場すまい、と思わせる、そんな演奏だ


253 :名無しの笛の踊り:2009/09/01(火) 04:46:50 ID:MVQcoG81
だからどうしたの?

254 :名無しの笛の踊り:2009/09/02(水) 23:41:22 ID:iGbFpvie
暑い夏はライナーの「海」(ドビュッシー)が最高だ。
ひんやりする音作り。録音も実に生々しい。

255 :名無しの笛の踊り:2009/09/28(月) 19:54:47 ID:b4KVfycA
     ____
   /__.))ノヽ
   .|ミ.l _  ._ i.)  
  (^'ミ/.´・ .〈・ リ    ライナーは神じゃ。
  .しi   r、_) |  
    |  `ニニ' /   
   ノ `ー―i



256 :名無しの笛の踊り:2009/09/28(月) 19:58:07 ID:4vKe+P9w
↑よく見るけどこの人誰?

257 :名無しの笛の踊り:2009/09/28(月) 20:22:49 ID:ffEhAKnh
>>256
1001

258 :名無しの笛の踊り:2009/10/04(日) 01:21:04 ID:iYTJ12dV
グリンカのルスランとリュドミラ序曲。
王者の風格とすばらしい芳醇さ。
ムラヴィンスキーのこけおどし演奏を名盤と思ってる馬鹿なムラヲタに聴かせたい。
本当の巨匠とはライナーのような指揮者のことだ。

259 :名無しの笛の踊り:2009/10/13(火) 08:59:16 ID:bvgD6+OB
ライナーって
ビゼー『カルメン』、めっちゃ好きだね。

いま出てるのは、
スタジオ1、MET2、ナポリ1の
計4種になるの?



260 :名無しの笛の踊り:2009/10/22(木) 20:04:36 ID:Jn/Pgw14
>>257
ワロスw

261 :名無しの笛の踊り:2009/11/03(火) 21:43:23 ID:usPJsHBC
>>258
オレは村瓶鋤を屑だとは思わないが、
『展覧会の絵』とカップリングされている、
チャイコやボロディンやリムスキーの小品群の演奏は
ネ申だと思う。

カバレフスキーなぞ、圧巻で舌を巻く。
こんな見事なアンサンブルが人類に可能なんだと分かるだけで、
明日生きる勇気がまた湧いてくるよ


262 :名無しの笛の踊り:2009/11/04(水) 22:13:20 ID:bVAlEY8D
戦時中のライナーって、
うっとりするほど優雅で色彩豊かでしなやかなんですよね

それが戦後、一変する。
これはセルの歩みと軌を一にします。

そういう時代の要請があった、ってことでしょうね。
特にアメリカ合衆国で。シカゴなら輪をかけて!


263 :名無しの笛の踊り:2009/11/07(土) 09:55:01 ID:fjIRqRzu
モノラル時代のものじゃいくら色彩豊かと言われてもかなり脳内補正しないとなあ。
セルもそうだけどステレオでもっとオペラ録音して欲しかった。ライナーのエレクトラとか
サロメとか考えるだけでぞくっとするじゃないか。

264 :名無しの笛の踊り:2009/11/07(土) 22:31:34 ID:dQofA+sx
どんな経緯で、ライナーはオペラをそんなに入れなかったのかなぁ

やっぱりキャスティングの面倒臭さとか、
完璧主義が過ぎて歌手を集め難かったとか、
なのかな?


265 :名無しの笛の踊り:2009/11/08(日) 00:29:03 ID:0qb7MxoK
途中で消しゴムを使いたくなるからでしょう・・・。

266 :名無しの笛の踊り:2009/11/09(月) 19:05:23 ID:Guz8tbSK
ウインナワルツ集が気に入ってるんだけど
小太鼓の小気味よさが素敵
だけどアメリカのオケのやるウインナワルツってどうなの?
ウインナワルツに詳しい方 教えて

267 :名無しの笛の踊り:2009/11/09(月) 23:00:06 ID:hfPuFqiM
>>266
シュヴァルツコップが無人島に持ってくレコードに選んだ

268 :名無しの笛の踊り:2009/11/10(火) 06:15:39 ID:bzXEDAEo
シュワちゃん EMI専属じゃなかったの?そんなこと言えるのかな?

俺が無人島に行くならシュワちゃんのオペレッタアリア集だねw


269 :名無しの笛の踊り:2009/11/10(火) 22:31:25 ID:sy6Ap04h
それら2枚とも持って行きまひょ!


270 :名無しの笛の踊り:2009/11/13(金) 10:59:50 ID:WFfhCBoV
フリッツ・ライナーの演奏にR.シュトラウスの交響詩を聴いたのがきっかけで興味を持ち始めました。
R.シュトラウス以外で、これは聴いておけな一枚を教えてください。

271 :名無しの笛の踊り:2009/11/13(金) 12:42:25 ID:UhR3VSX6
>>270
1枚となると…自分の個人的趣味を尊重して…
『田園交響曲』か、ハイドンの交響曲第88番かなあ…って、2枚になってるがなw

272 :名無しの笛の踊り:2009/11/13(金) 21:02:13 ID:Nza6Gitu
270です
レスに感謝です。
ベートーヴェンにハイドンですか

R.シュトラウスの上手い指揮者は総じてオペラも名演を残しているイメージありますけど
ライナーもそうでしょうか?もしそうなら、お勧めのオペラも教えてくださるとうれしいです。

273 :名無しの笛の踊り:2009/11/17(火) 04:26:35 ID:CvlFiK/h
>>266
戦前はもとより戦中戦後は、移住してきたばかりのヨーロッパ人が多かったばかりだからね、
戦争絡みだとユダヤ系だったり反ファシズム(トスカニーニを筆頭に)だったりしただけで
ヨーロッパ本土の人間と変わらないだろうな。

セルやライナーは言わば"ウィーン育ち"だから、
彼らのウィンナーワルツは生粋だといって過言でないと思う。
2人ともヨーロッパに残っても大成功したはずなのは
間違いなかろうしね。


274 :名無しの笛の踊り:2009/11/17(火) 09:57:00 ID:cUGtslTD
小澤征爾のニューイヤーコンサート
自分たちで雇ったとはいえ
ウイーンフィルは戸惑っただろうなw

275 :名無しの笛の踊り:2009/11/17(火) 23:18:01 ID:XcJXd7n0
>>272
オペラじゃないけどウィーンフィルと録音したヴェルディのレクィエム
驚愕のスローテンポで腰が抜けます

276 :名無しの笛の踊り:2009/11/23(月) 22:07:43 ID:NUOa3y5C
>>270
>>271のチョイスは嘘でないけど、通すぎるw
上の方のレスをひと通り見直すか、
以下↓親切な方々が挙げてくれます
どうぞ!w


277 :名無しの笛の踊り:2009/11/23(月) 22:30:07 ID:5OVRt7vk
>>270
ライナーならドヴォのスラブ舞曲集はぜひ聴いておいてほしい

278 :名無しの笛の踊り:2009/11/23(月) 22:42:56 ID:kfI67lWc
ライナーっていうと、すぐに思い浮かぶのは、バルトークの「弦打チェレ」。

尋常じゃない緊張感とシャープな演奏。これを聴くと他の演奏が緩く感じて仕方ない。

279 :名無しの笛の踊り:2009/11/23(月) 23:52:12 ID:0MlANsCP
演奏が緊迫して見事なのはわかるが、あんまりシャキッ!としすぎて
吹奏楽部の演奏みたい。

弟子のレナードの濃厚な指揮は師匠を反面教師としたのだろうか?

でも、ハンガリー舞曲集のCDが欲しい。でも絶版?

アマゾンで中古品は売ってるみたいだけどクレジットでしか買えない
から

280 :名無しの笛の踊り:2009/11/24(火) 01:05:32 ID:PnRbqa4j
                      ,.ィ''" ̄ ̄;;;;;;;;;; ̄`ヽ、
                    ,.ィ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`、
                  ,.イ;;;;;;;r'',;;;;;;;ィ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ
                  ,';;;;;;;;;オ;;;;;;r'',i;;;;;;;;;;;;;イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',
                 l;;;i';;;;へ ̄  ̄`‐''´,ル;;;;lj;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
                 /;;;l;;;/7`i    -===ー`リj;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}
              _,,.-'";;;;;;∨{::./    / ̄`t /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}
          ,ゎ    ̄~7;;;;;/ `'     {:::::::リ 〉;;;;;;ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;リ
          f f゙    _/+'~{   _    `ー'' .イ;;.ィ';;;;;;;;.ィ;;;;;;;;;;;l!
         { .:{     ~´  !`.、 _      //;;;;;;/`t;;;;;;;;;;;{
        _| l!       ∨ `、丶     ,,/,,.イ''、_,ィリ、;;;;iヾj
       ,.ク''ニ>-`ヽ、        `ー-- ャ '" ~ :{ \/レ' \i
     r"〈ヽ--ク  |          /リj   mタ''" ̄`i
      〉、 .} Y   |      _,,..ィ''  ∧rタ''"     |
     \_ヤ-'´'.,_   |   ,イ"リ  /    /       :|
       ~!、_ ¨ :|  ,イ|./  il   /        .y'l.
         ̄ア'  l / /    :|  ,.イ       ,.ィ''" j \
        ,,..ィ'   〉'  :|     レ'      /   ./.  `、

常月まとい (さよなら絶望先生)


281 :名無しの笛の踊り:2009/11/24(火) 01:31:21 ID:VBlgYPOg
そやそうやろけど
加えて

ベト3、5、7、9
は押さえとき。

ブラームス4番
同じくギレリスとのピアノ協奏曲
ハイフェッツとのヴァイオリン協奏曲

そのハイフェッツと組んだ
チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲

リムスキー=コルサコフ「シェヘラザード」

ムソルグスキー『展覧会の絵』

ドビュッシー、ラヴェル

リヒャルト=シュトラウスは全部聴いたか

オペラなら
ビゼー『カルメン』
リヒャルト=シュトラウス『薔薇の騎士』『サロメ』『エレクトラ』

辺りは比較的入手容易かな


282 :名無しの笛の踊り:2009/11/24(火) 01:36:31 ID:OzcKOTZ3
ライナーのオリジナル・ジャケット・コレクション全集が出るまでまつ
オーマンディやセルが先にリリースされそうだが早く出してくれんかね

283 :名無しの笛の踊り:2009/11/24(火) 12:36:22 ID:8Fj+b6qI
あー、いずれ必ず出るだろうね。

俺は、ザ・ライナー・サウンド、つうアルバムが一番好き。
内容もジャケもコンセプトもこれがライナー最高のアルバムだと思う。

ちなみに、吉祥寺のディスクユニオンには、このアルバムが飾られていた。
たぶん、今でもそうじゃないか。

284 :名無しの笛の踊り:2009/11/24(火) 19:45:34 ID:+Mcc+SBV
>>281
あの奇跡の録音ベト1が抜けとるぜよ。
ああいうのを完全に演奏できるからライナーが
ライナーたる所以なんじゃね。
あの録音、あと50年は至高の価値持つ。



285 :名無しの笛の踊り:2009/11/24(火) 20:03:14 ID:z+LfT281 ?2BP(345)
>>284
昔1&6のカップリングで出てましたね
田園もすごい演奏だけど

286 :名無しの笛の踊り:2009/11/24(火) 22:12:24 ID:VBlgYPOg
>>283 どんなプログラム?


287 :名無しの笛の踊り:2009/11/24(火) 22:57:55 ID:8Fj+b6qI
>>286
つ http://www.hmv.co.jp/product/detail/936369


288 :名無しの笛の踊り:2009/11/24(火) 23:25:15 ID:bs6XKYDO
ライナーのCD、CD創世期からバラバラ買ってるから、統一感まるでなしorz
大概のは持ってるんだけど、全集出たら買うぜよ
実は、ベト1&6は持ってなかったりするし…(LP時代に聞いてるけど)
モノラルだけどエロイカなんか、すごい気に入ってるんだけど、話題に乗らんね

289 :名無しの笛の踊り:2009/11/27(金) 00:45:33 ID:V+AMRUlQ
>>288
ベートーヴェンは3番とソニーから出てた2番が最高だった
5・7番はピンとこなかった
9番は普通
1・6番は未聴
4・8番は存在しない?

290 :名無しの笛の踊り:2009/11/29(日) 17:32:55 ID:NPfz/tj8
>>279>あんまりシャキッ!としすぎて

たぶん聴いた録音がごく一部なので
そういう印象に固まってしまうのですよ。

CSOでもハイドン、ブラームス、チャイコ、
あるいはCSO以外での客演を聴くと
その印象が「群盲象を撫で」た結果に近いことが分かります。

291 :名無しの笛の踊り:2009/12/17(木) 23:54:58 ID:dFtqNZy1
そうですね。

292 :名無しの笛の踊り:2009/12/18(金) 23:53:14 ID:BRFlQzOE
CSOの音色が良い。初期盤の味のある音で聴くとさらに良い

293 :名無しの笛の踊り:2010/02/18(木) 21:50:56 ID:umxNZAdX
胴衣。
我々クラオタは気付いてるデジ録の弊害。
これを超えた、将来のポスト・デジ録の時代の到来を望む。


294 :名無しの笛の踊り:2010/02/18(木) 22:27:52 ID:PyFlw40d
アーノンクールがライナーやセルといったハンガリー系の指揮者(オーマンディを除く!)が
アメリカのオケを上手いが没個性なものにしてしまった
なんて語ってたな


295 :名無しの笛の踊り:2010/02/28(日) 03:53:23 ID:UWNoSOVD
オケを下手で個性的にする人だからそれでいいんじゃないの。

296 :名無しの笛の踊り:2010/03/06(土) 13:58:09 ID:6jjra40z
初めてシカゴ響とのウィンナワルツ聴いたよ(中古LP)
B面の出来がとても良いな(気質・生涯・薔薇)
シンバルとバスドラの箇所で常にシンバルを抜くのは見識か?


297 :名無しの笛の踊り:2010/03/07(日) 22:29:21 ID:UVgDiItk
見識?

298 :名無しの笛の踊り:2010/03/16(火) 19:31:53 ID:96A1Or+K
ただの好み?

299 :名無しの笛の踊り:2010/03/16(火) 23:55:09 ID:3+T9rT7U
識見?

300 :名無しの笛の踊り:2010/04/22(木) 19:43:32 ID:4pK4ztCK
『死と変容』、よくね?録音は別として。
モノの旧録も、ウィーンpoとのステレオも。


301 :名無しの笛の踊り:2010/04/27(火) 08:09:21 ID:ug+bhxGF
     ____
   /__.))ノヽ
   .|ミ.l _  ._ i.)  
  (^'ミ/.´・ .〈・ リ   おおわが師
  .しi   r、_) |  
    |  `ニニ' /   
   ノ `ー―i

302 :名無しの笛の踊り:2010/06/01(火) 19:19:24 ID:qC906otb
>>300
ウィーンもいいけど、シカゴと録音遺してほしかったな〜

303 :名無しの笛の踊り:2010/06/02(水) 11:24:15 ID:8NCobuX6
リビングステレオの紙ジャケ60枚組が出るけど、ライナーシカゴはほとんど入っているのかな?

304 :名無しの笛の踊り:2010/06/02(水) 13:35:13 ID:iabUQ+oI
http://www.hmv.co.jp/news/article/1006010081/

これか。むっちゃダブるんだけど。

305 :名無しの笛の踊り:2010/06/03(木) 15:17:00 ID:g3xNEKeJ
>>304

聴きたいと思ったヤツは全部持ってるなw

一体今まで金いくら消費したんだろうorz

306 :名無しの笛の踊り:2010/06/03(木) 16:31:35 ID:MbYaO3c2
ライナー・ファンには、基本ライブラリーだもんな。
持ってなきゃモグリと言われてもおかしくないレベル。


307 :名無しの笛の踊り:2010/06/03(木) 17:06:13 ID:Z36ozpMD
ベト1と田園のカップリングをまた出して欲しい。
できれば、CSOでベートーベン全集を出して欲しい。
録音はあるはずだ。

308 :名無しの笛の踊り:2010/06/03(木) 17:52:36 ID:JInfTy1k
馬鹿は死んでも馬鹿のまま

309 :名無しの笛の踊り:2010/06/05(土) 12:07:12 ID:GGJigFmL
>>307
シカゴとの2番ってあるの?

310 :名無しの笛の踊り:2010/06/05(土) 12:17:33 ID:QgQwFo8v
ピッツバーグsoとはあったな。

311 :名無しの笛の踊り:2010/06/17(木) 22:14:22 ID:1jnTrGk9
>>310
ピッツバーグとのSP入れてもCSOの全集に
ならねーじゃん。

放送録音が残ってるのか?

312 :名無しの笛の踊り:2010/06/17(木) 22:44:28 ID:LTGa/6rJ
海賊盤がありまんねん

313 :名無しの笛の踊り:2010/06/17(木) 23:08:38 ID:wxtP1AuO
どこかのスレで海賊あわせて何とか全集ラインナップにしようってやってたな

314 :名無しの笛の踊り:2010/07/20(火) 22:15:53 ID:PEOKGLCM
『セルスレッドやけど』とかいう新手の荒らしが出回ってるけど、
ライナーとセルとの違いはどの辺にあると思う?

意外とRCAとCBSの録り方の違いがそのまま演奏の印象だったりして、
なんて思う今日この頃。

315 :名無しの笛の踊り:2010/07/23(金) 03:35:34 ID:VXy/fakf
ゆるぎない構築感 VS 徹底した緻密なアンサンブル
どちらをより重視するか。

316 :名無しの笛の踊り:2010/07/23(金) 04:38:01 ID:0WQawk5e
シカゴ響との第9(ベト)なんか聴いてると、ショルティの先輩なんだな、と痛感するよ。



74 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)