5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

生演奏と録音はどちらが偉いのか

1 :名無しの笛の踊り:2010/03/29(月) 14:19:42 ID:IhSwdfAb
前々から疑問なのだが演奏会に行った人はなぜそれを自慢気に話すのか?
実演で良い演奏にあたるかどうかなんて博打みたいなものじゃないのか?
世間的に有名または偉い演奏家を生で聴く事の意義って何なの?

反対にCDやレコードのコレクターはなぜそんなに数を自慢したがるのか?
レアもののレコードなど他の人と喜びを共有できないものに何の価値を見いだしてるのか?
本当は音楽よりも集める事自体に意義を感じてるんじゃないの?


はたして生演奏と録音はどちらが偉いのか?
何故こんなクソスレてたるのか?などと言わずに教えてくれ

2 :名無しの笛の踊り:2010/03/29(月) 14:23:28 ID:GqrFRjcv
>>1
あなたは何でクラシックを楽しんでいるの?

3 :名無しの笛の踊り:2010/03/29(月) 14:24:25 ID:i2J1REe4
>>1
イカとタコはどちらが偉い?

4 :名無しの笛の踊り:2010/03/29(月) 14:44:17 ID:IhSwdfAb
>>2
私は実演2:録音8くらいの割合で楽しんでます。
実演はよほど好きな演奏家でもチケットに1万以上は出しません。
CDもほとんどがメジャーレーベルで(グラモフォン、EMI、SONY他)
広く浅くというよりは好きな作曲家を中心に買いあさってる状態です。



5 :名無しの笛の踊り:2010/03/29(月) 15:09:43 ID:SSOBhLKS
好きなときに止めて別用ができる。
割れセンばりぼり言わせて食っても叱られない。
好きなだけアンコール、いまいちなときはスキップも。

金を取った上、上記の如き行動を制限させられるナマ演奏ってのは
やっぱり偉いんと違いますか。

6 :名無しの笛の踊り:2010/03/29(月) 15:22:08 ID:kOn9fuaB
白黒ショーとエロビデオだと
どちらがエラいですか?

7 :名無しの笛の踊り:2010/03/29(月) 15:23:03 ID:1wglVtp/
ここでいう「偉い」というのは、
「より価値がある」「より意義がある」「より重みがある」「より重要である」
といった意味だろうか。

8 :名無しの笛の踊り:2010/03/29(月) 15:29:21 ID:1XhB9jk+
やっぱり自宅で生演奏かな

9 :名無しの笛の踊り:2010/03/29(月) 15:40:20 ID:UGVYGjQ7
>>4
一万以下で聞ける演奏家ってw。
お里が知れるな。

10 :名無しの笛の踊り:2010/03/29(月) 15:42:12 ID:GqrFRjcv
>>9
金額で価値を決める奴w

11 :名無しの笛の踊り:2010/03/29(月) 15:46:31 ID:IhSwdfAb
>>7
そうです。できれば白黒つけたいので
できるだけ多くの方のご意見を聞かせて頂きたいと思ってます。

12 :名無しの笛の踊り:2010/03/29(月) 16:10:45 ID:b63Mbnqg
何が起こるか分からないってのはいいね。
人生のひとときを共有している感じでさ。
願わくばともに過ごせたことを喜びとしたいものだが。

13 :名無しの笛の踊り:2010/03/29(月) 17:04:14 ID:UGVYGjQ7
>>10
ばーか。
クラシック業界はランキングとチケット価格は比例する。
メジャーレーベルでCD出してる「有名演奏家」なんか
一万円でチケット買えるの、誰が居る?

14 :名無しの笛の踊り:2010/03/29(月) 17:12:26 ID:GqrFRjcv
>>13
金額とランキングと所属レーベルでしか価値を決められない奴www
あとは何かな?

15 :名無しの笛の踊り:2010/03/29(月) 17:14:30 ID:SqvB9cGn
芸としては生演奏の方が上
娯楽としては録音の方が上

16 :名無しの笛の踊り:2010/03/29(月) 17:22:30 ID:oLO2t48R
生では奏者の名が上がるほど高値が付けられる
CDでは値段が下がるほど奏者の名は広く知られる

どちらが真の意味で偉いのかは知らんが

17 :名無しの笛の踊り:2010/03/29(月) 17:36:37 ID:IhSwdfAb
演奏家が同じという前提で
その夜限りの神が降りてきたかのような1回限りの究極のライブと
スタジオで練りに練って造り上げた録音のどちらの価値がある?
聴く人の趣味でしかない?

18 :名無しの笛の踊り:2010/03/29(月) 17:43:19 ID:UbC+GTn0
>>3
この板で「タコ」などと書かれると、
蛸のことなのかショスタコーヴィチのことなのか分からなくて
パニックを起こす人が多数出てくるのではないでしょうか。
以後、気をつけてください。

19 :名無しの笛の踊り:2010/03/29(月) 17:56:10 ID:oXPVvMCS
1回1回を見れば、生演奏だろうと録音だろうと、名演(だと自分が感じる演奏)に価値がある。

まぁ録音の方が名演が多いとは思うけどね。生演奏聴くのが博打なのは承知の上。
でもたまーにあるんだよなぁ。

20 :名無しの笛の踊り:2010/03/29(月) 18:41:42 ID:i2J1REe4
>>18
じゃ、そのばやい「イカ」とは?

21 :名無しの笛の踊り:2010/03/29(月) 18:45:08 ID:NDhFPuVm
子供「天皇と大統領どっちがえらいの?」

22 :名無しの笛の踊り:2010/03/29(月) 18:51:15 ID:UGVYGjQ7
>>14
>金額とランキングと所属レーベルでしか価値を決められない奴
ってのは、
ID: IhSwdfAb
のこと。
おれは好きなら金額関係なくチケット買って聞きに行くし、
レーベル関係なくCD買うしな。
見当違いなレスをいつまでも尾けて喜んでろ。

23 :名無しの笛の踊り:2010/03/29(月) 19:38:03 ID:hKCejIVB
演奏会=外れが多すぎるし、高い
CD=作りこみすぎで、波乱もない


ということで、俺は、その中間である放送・ネットラジオ・海賊盤が最高ではないかと思う。
放送はタダでナマ体験が出来るし、海賊盤はそのエッセンスをいつでも聴けるのだから。

24 :名無しの笛の踊り:2010/03/29(月) 19:45:59 ID:UbC+GTn0
>>20
そこは「烏賊」一択ですね。

25 :名無しの笛の踊り:2010/03/29(月) 20:18:11 ID:SHPvQaxf
生のほうがいいよ。
録音は生聞くための予習

26 :名無しの笛の踊り:2010/03/29(月) 22:39:08 ID:ysvlAEt1
おもしろいな。俺も前々から生を聴きに行ったやつが
偉そうにしてるのが気に食わなかった一人。
誰々っていう指揮者がどこどこのオケを何何の定期でどうたらとかアホかと。
往々にして「海外まで追っかけてるぜ〜」って自慢にしか聞こえん。
暇で金のある奴はそういうことに情熱を傾けられるんだろうが
そういう奴に限って作品そのものについては何も分かってないことが多い。

27 :名無しの笛の踊り:2010/03/29(月) 22:43:15 ID:UGVYGjQ7
貧乏人の僻みですね。判りました。

28 :名無しの笛の踊り:2010/03/29(月) 22:47:13 ID:ysvlAEt1
ちげえよwおめえ俺がCD何枚持ってっと思ってんだよ?あ??
500枚はあるかんね。貧乏じゃねえっつうの。分かったか

29 :名無しの笛の踊り:2010/03/29(月) 23:09:04 ID:wK5DJzRw
グールドこそ至高のピアニスト



つまり録音の方が偉大

30 :名無しの笛の踊り:2010/03/29(月) 23:14:38 ID:SHPvQaxf
>>28
俺は日本の演奏家でも生がいいと思うよ。

31 :名無しの笛の踊り:2010/03/29(月) 23:25:15 ID:ysvlAEt1
俺も生の良さはもちろん分かるんだけど、
実演至上主義みたいなのが許せないだけ。
CDしか聴いてないような奴を見下してるような物言いっていうのかな
評論家かぶれのミーハーにしか見えない奴っているじゃん。
日本の演奏家でいいと思うんだよ。むしろ地元の演奏家を応援してるほうが
よほど健全というか、音楽と好い付き合い方できてると思う。

好きな作品は好きな演奏家で聴きたいか
好きな作品を良い演奏してる演奏家は好きになるか
このパターンと
好きな演奏家がレパートリーとしてる作品で
その作曲家に目覚めたってパターンがあると思う。

32 :名無しの笛の踊り:2010/03/29(月) 23:26:34 ID:wK5DJzRw
グールドは演奏会から手を引いたが、それによってより聴き手と密になれた

よって録音の勝ち、そしてグールドは俺の童貞師匠

33 :名無しの笛の踊り:2010/03/29(月) 23:31:11 ID:SHPvQaxf
ピアノはまだ録音の弊害受けづらいからな。
オケだと録音はどうやっても限界あるよ。


34 :名無しの笛の踊り:2010/03/30(火) 01:09:58 ID:ytMp15B2
むう
俺は基本的にナマがイチバン主義なんだけど痒いとこに手が届く録音も捨て難い
曲の印象を刷新するような音がCDで聞けるとうれしくなるもんね
もちろんナマでそういう演奏が聞けたときのよろこびは他に変え難いのではあるが
そうそう滅多に出会えるもんではない

35 :名無しの笛の踊り:2010/03/30(火) 01:46:43 ID:MCqFcBbA
う〜ん、どっちがいいというより、自分はそれぞれ別のものを求めてるかな。


36 :名無しの笛の踊り:2010/03/30(火) 01:58:00 ID:uTWpQsDL
生だとタバコは吸えないしコーヒーも休憩でしか飲めないから、金を
かけたオーディオシステムで自宅鑑賞だな。

37 :名無しの笛の踊り:2010/03/30(火) 08:00:54 ID:GZ5BjBg5
生録してくればおk

38 :名無しの笛の踊り:2010/03/30(火) 08:22:28 ID:93XMVMFi
基本的に、この二択は愚問であると言えよう。

39 :名無しの笛の踊り:2010/03/30(火) 08:54:02 ID:biLhbCzm
録音をずっと聴き続けていると音楽を「消費」しているような気がしてくる
生演奏で音楽している姿を見ると改めて感動する
そうだ こうやって音楽ってのは創り出されてくるんだよな
人間が演奏して人間が聴くんだよな。
(この人こんなカオして弾いてんだななどと思ったりもするわけだが)
ま、ナマ演奏にしても録音にしても、演奏家って偉いよな。

40 :名無しの笛の踊り:2010/03/30(火) 09:21:24 ID:1mtvJf8L
ナマばっかりというのは危険ではないですか?
やっぱり装着した方が安全だと思います。

41 :名無しの笛の踊り:2010/03/30(火) 09:21:28 ID:cXGtsIL/
浜通り地方の農家にクラシック生演奏などと言われても・・・

42 :名無しの笛の踊り:2010/03/30(火) 10:16:26 ID:QPppoqbR
なにこの中二病スレ

43 :名無しの笛の踊り:2010/03/30(火) 10:36:24 ID:1AKMksK0
若い頃は金はなかったけど時間はあったから安いコンサートに行きまくってたな。
たまーに海外のオケとかを聴きに行って贅沢気分を味わってた。
そのころはCDのBOXセットとかに異常に憧れてたよ。
当時の俺が今のネットで音楽聴き放題、廉価BOX大放出の現代にタイムスリップしたら
狂喜乱舞で失禁するだろうな。
それに比べるとコンサートの高値だけは相変わらずな気がする。

44 :名無しの笛の踊り:2010/03/30(火) 13:46:46 ID:MCqFcBbA
視覚も音楽のうちだよね。


45 :名無しの笛の踊り:2010/03/30(火) 14:37:41 ID:2ju3OLjz
@山田花子とセックスする
Aほしのあきとセックスする
B山田花子のビデオでオナる
Cほしのあきのビデオでオナる    …この中でどれがいいか、だな

普通は A>@>C>B か A>C>@>B だろうけど
もちろん違う意見があってもおかしくないわな

46 :名無しの笛の踊り:2010/03/30(火) 14:40:24 ID:p/krX2Jy
偉さで言ったらBが一番偉いと思うw

47 :名無しの笛の踊り:2010/03/30(火) 20:21:13 ID:FEicYPak
A>C>>>>>>>(越えられない壁)>>>>>>B>@

48 :名無しの笛の踊り:2010/03/30(火) 21:06:54 ID:L87rZF/+
ほしのあきがセックスしてくれるなら創価学会でも余裕で入信するよ。

49 :名無しの笛の踊り:2010/03/31(水) 00:42:26 ID:srOX0ilf
C>B>A>@だろ、常識的に考えて・・・

50 :名無しの笛の踊り:2010/03/31(水) 14:53:03 ID:AyclHZpi
生身の女が怖い道程さんですね、わかります

51 :名無しの笛の踊り:2010/03/31(水) 14:58:54 ID:3v9yOSj3
いいかわるいかとかじゃなくて、偉いのはどっち?でしょ

52 :名無しの笛の踊り:2010/03/31(水) 15:12:39 ID:/Lu2ol9B
そう偉いのはどっちかということ。つまり偉くないものは偉くないんだから
偉そうにしてはならないということ。

俺の経験上は実演>録音といった感じか。
ただし稀に「実演を録音したレア盤」というカテゴリーが
実演よりも上になることもある。

逆にこれだけ録音技術が発達した現代で
一部だけ全く分からないように録り直したり、つぎはぎしたりして
究極の再現芸術といえる録音はないのだろうか?

53 :名無しの笛の踊り:2010/03/31(水) 15:37:49 ID:Vk2kdxEy
クルト・マズア指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の演奏で
ベートーヴェン交響曲第7番の生演奏を聞きたいとふと思ったんだけど、
明後日あたり御蔵島までちょっくら来てくれんかね

54 :名無しの笛の踊り:2010/03/31(水) 16:12:57 ID:AyclHZpi
ビル・ゲイツさんのご希望なら伺います
明後日はちょっと無理ですが

55 :名無しの笛の踊り:2010/03/31(水) 16:39:57 ID:On2Z5Pqq
>>52
盛りを過ぎたオペラスターがもう出せなくなった高音を
次世代を担う若手が舞台裏で出す、またはそのようにした録音
というのは昔からある
フラグスタートのイゾルデ役でもビーチャム指揮盤とか
カラヤンスレ、グールドスレとかでも聞いてみたらいいと思う

究極の録音なら富田勲のドビュッシーsnowflakes are dancingではないか

56 :名無しの笛の踊り:2010/03/31(水) 17:25:16 ID:5fb9m0R9
録音で指揮真似 これが最強だね
アドレナリンでまくりww

57 :名無しの笛の踊り:2010/03/31(水) 21:42:07 ID:CV0yELqk
どっちも好きだけど、田舎に住んでいる私にとって
生のオーケストラ鑑賞は一大行事。
生演奏ってチケット選ぶところから楽しいよね。
チケット選んで、演奏会の日までわくわくして、
当日パンフを読んで、球形にコーヒーを飲んで、
帰りの電車でチラシの束を読んで・・・
もちろん演奏も楽しんでいるけど、生は遠足のようなものなのです。

58 :名無しの笛の踊り:2010/03/31(水) 22:03:43 ID:sO0SuSQL
生楽器音楽は生でしか味わえないの。
名店のラーメンもそこに行かないと味わえない。
そこのスープを濃縮還元して麺を凍結乾燥しても、
名店のラーメンにはならない。別のもの。
旨い店より、カップラーメンの方がおいしい、というのは受け手の方がおかしい。
ただし、不味いラーメン<名店のカップラーメン の場合はある。


59 :名無しの笛の踊り:2010/03/31(水) 23:58:03 ID:z1rpOFy9
>>55
グールドのゴールドベルク再録音こそ人類至高の録音
これに勝る生演奏なし

よって録音の勝ち

60 :名無しの笛の踊り:2010/04/01(木) 00:12:10 ID:FEp6S5W1
グールドは、録音至上主義者の特徴がよく出ている。
テクニックに重きを置きすぎていて、バッハの本質を完全に見失っている。
あれにはまってるのは、カップラーメンやスナック菓子にはまってるのと一緒。

61 :名無しの笛の踊り:2010/04/01(木) 00:37:35 ID:k+LtIuLs
お前ごときがグールド批判でバッハの本質だって?
お前はリヒテルやカラヤン、バーンスタイン、ストラヴィンスキーよりも音楽的素養に溢れてんの?

62 :名無しの笛の踊り:2010/04/01(木) 00:43:06 ID:RCAEPmZu
>>56
ナマ演奏会で指揮真似してるひとごくごくたまに見かけるけど…
女のひとでそれやってるの見たときはびびった
夢遊病みたいにして手振ってた
気持ちイイんだろうなあ

63 :名無しの笛の踊り:2010/04/01(木) 04:49:07 ID:7+SckPNi
俺はコンサートに年100回以上行くようになって、CDを聴く機会は減った。
単に慣れの問題で、音楽は実演で聴くのが当たり前という生活パターンに
なってしまうと、自然にCDを聴こうとする意欲も減ってきて
何の違和感も感じない。
逆に、何故みんなそんなに名演奏・名録音に
こだわるのかが分からなくなった。
名演奏ばかりではないというのは音楽の本質の一部だと思うようになった。

64 :名無しの笛の踊り:2010/04/01(木) 05:46:05 ID:Wb10vS/5
> 名演奏ばかりではないというのは音楽の本質の一部だと思うようになった。

ここが核心。全打席ホームランが出るわけではない。
人間の表現にはバイオリズムがある。
特に女性は起伏が大きい。
ただ経験上、音楽で大ホームランを打つのは女性の方。
音楽を理解する力が優れている。

65 :1:2010/04/01(木) 10:41:32 ID:FlrowdIY
>実演で良い演奏にあたるかどうかなんて博打みたいなものじゃないのか?

1は生演奏の音を知らないんだね。CDじゃ、あの生音は再現できないよ。
別に名演に当たらなくたって、普通に生演奏は美しいからそれだけで楽しいよ。

66 :名無しの笛の踊り:2010/04/01(木) 10:41:53 ID:J9gN+GOL
ヅカの一公演に何十回と通っているファンによると
贔屓と同じ空気を吸っていると思うだけで幸せなのだそうだ。

67 :名無しの笛の踊り:2010/04/01(木) 12:07:37 ID:146qe7mv
>普通に生演奏は美しいからそれだけで楽しいよ。

聞き手がここまで鈍感だと演奏家は楽だろうな

68 :名無しの笛の踊り:2010/04/01(木) 21:14:28 ID:awOVt1n5
>>65
生音と良い演奏は関係ないのでは?
音が良いと駄演も1割増に聴こえるってこと?

69 :名無しの笛の踊り:2010/04/01(木) 22:22:02 ID:Kpu53ZRi
>音が良いと駄演も1割増に聴こえるってこと?

全然次元の違う話をしていると思う。

70 :名無しの笛の踊り:2010/04/01(木) 22:29:27 ID:7fN8yqir
録音の方が音が綺麗な事が多い気がする
だけど演奏してる姿が見たいから生演奏も捨てがたい

71 :名無しの笛の踊り:2010/04/01(木) 22:49:04 ID:yE+HEuqV
マイクもスピーカも不完全なものだよ
特に打楽器と弦楽器は生演奏の音の再現は不可能だと思う

72 :名無しの笛の踊り:2010/04/01(木) 22:54:50 ID:NMSMmoIG
録音を聴くだけより、つべやニコ動なんかのほうが生音をイメージしやすかったりする
美音を出す人は、動作も美しいからな

73 :名無しの笛の踊り:2010/04/02(金) 00:28:28 ID:9yBERqkb
生演奏の会場にいると、音楽に対する入り込み方がCD聴くのとぜんぜん違う。

演奏している呼吸が共有されるというか、音楽の展開、たとえばガツンと来る瞬間や
ふっと力が抜ける瞬間が直前にわかって意表をつかれることがない。
逆にちょっとしたミスもすぐにわかる。

理由はよくわからないが、聞こえている音から感知している情報量が
良くも悪くもまったく違うように感じる。

74 :名無しの笛の踊り:2010/04/04(日) 10:13:47 ID:wj44qQot
演奏の仕上がりはセッション録音が上、音質を聴きたければ生演奏以外無し。
手を振りながら音楽聴く人は、録音の方が良い演奏の指揮ができる。でも、なんで手を振るのか心理が判らん!

75 :名無しの笛の踊り:2010/04/04(日) 14:38:58 ID:DZouyixV
どちらが良いのか?ならわかるが、どちらが偉いのか?と言われても・・・

76 :名無しの笛の踊り:2010/04/04(日) 14:56:13 ID:NJgKivfh
>>1はとにかく自慢する理由が知りたいらしいい

77 :名無しの笛の踊り:2010/04/04(日) 15:03:50 ID:NK+FQrlA
体験の希少性では生が勝るがもちろんそれだけでは意味がないことは言うまでもない

78 :名無しの笛の踊り:2010/04/04(日) 15:09:02 ID:H06Ed/tn
舶来生オタとオーオタは根は一緒。
見栄のはりかたが違うだけ

79 :名無しの笛の踊り:2010/04/04(日) 17:40:22 ID:NDkPaW6+
生演奏なんてまあすぐに忘れるよ。俺はチェリの生聞きましたっつってもその日の印象なんかその後聞いた
CDで上書きされてる。自分が行った演奏会がCDになったのもあるが、果たして当日こういう聞こえ方をしたのか、
確かめる術もない。

80 :名無しの笛の踊り:2010/04/04(日) 19:38:27 ID:ATSQ6AQU
素晴らしい演奏会の場合は美味い上質な酒のようなもの。
すぐに消えてなくなるが、その響きの豊かさは録音の比じゃない。
あの空間も必要。

81 :名無しの笛の踊り:2010/04/04(日) 19:50:05 ID:dP6U2FaZ
生は三次元
CDは虹かな

82 :名無しの笛の踊り:2010/04/04(日) 19:56:38 ID:H06Ed/tn
いい生演奏の響きは耳に残るでしょ
それがあるから録音の脳内補正ができる。
音楽的になにをしたいかは、生は視覚的にも聴覚的にも情報量が違うからね

まあ録音はありがたい存在ではあるけど

83 :名無しの笛の踊り:2010/04/04(日) 21:54:37 ID:NxSLaDtk
まあ、音楽ってのは、音そのものを残す事が目的ではないしね。
生でも録音でも、心を動かされれば、それが音楽の目的だからなあ。
そういう意味では、宗教の教祖の説法に似ている。

84 :名無しの笛の踊り:2010/04/05(月) 01:18:11 ID:pRBIJidb
所詮、記憶でしか語れない音楽ならば、記録されたものがあるのは有利ではある
だが録音には一番肝心なものが入ってないから、聴けばいつも興醒めして語る気を失う
しかし、やや間を置いてから録音が唯一の手掛かりと知るので、記憶をそのように補正すると
もう何も気にならなくなる
(でも絶対これは違うと心のどこかで言ってるけどね)

85 :名無しの笛の踊り:2010/04/05(月) 21:18:41 ID:v4jQgeDZ
どっちも偉い

86 :名無しの笛の踊り:2010/04/06(火) 15:08:55 ID:Q1TWTmDv
>>1
凄く面白い問題提起をしてくれた。

自分は、基本的にクラシックは実演>録音だけど、
生演奏で聴きたい曲を、好きな指揮者&好きなオケの生演奏で聴けるとは限らないからな。

クラシック以外は、録音>生かな。曲を選べないからね。
音響の悪い糞ホールで感激してる客を観てると、クラシックの聴衆は耳が肥えていると思った。

チラシ裏スマソ

87 :HH‐47 ◆H6mBY5rVQU :2010/04/09(金) 01:20:56 ID:j9EZZGRS
「同じ空間にいる」って事が大事なんですね。「生演奏」ってのは…。

ほんの数m先に指揮者や奏者達がいて、おなじ空気を吸いながら、今まさに音楽がつくられてゆく。
時にオーケストラの音がどんどん熱気を帯び、迫真の演奏になったり、「一期一会」なんですね。


録音再生は、これはこれでまた違う感動ですね。

事実、生音よりも美しい「音」を私は日々聴いておりますし、どなたかが言われた通り、「好きな時に好きな曲を今は亡き伝説のマエストロの演奏で」聴けるのですから。

違うのですよ。「どちらが」では、いけません。

88 :名無しの笛の踊り:2010/04/09(金) 02:32:45 ID:YySQDqDo
いやそれでも白黒つけよう
それがこのスレの使命

89 :名無しの笛の踊り:2010/04/09(金) 10:26:15 ID:cCPNr5MV
>>88
じゃ、アナタに全面的に任せるから、つけてみて。

90 :HH‐47 ◆H6mBY5rVQU :2010/04/09(金) 10:40:54 ID:j9EZZGRS
↑ユーモアのセンスのある方ですね。気持ちはよく分かりま。
誤解を覚悟で申しますと、生演奏派は録音を缶詰め音楽と言って一段下に見る傾向がなきにしもあらず、ですね。恐らく再生装置の性能や住環境(これは致命的な差を生みます)も含め、「1人で真剣に音楽そのものと対峙する」経験がややもすると不足してるのかもしれません。

また一方、生演奏重視派は、音は二の次で、あの演奏会独特の「非日常の時間」を大切にしているのかもしれません。

とは言っても、事実、ホールや席次第で、さらに演奏者のその日の体調や気分で、席をたちたくなる場合もありますよね。それでも確率は低いですが、まさに「一期一会」の演奏に出会うこともある訳です。

私は年に10回ほど生演奏に出かけますが、「一期一会の生演奏」は数年に一回ですかね。

でも生演奏の雰囲気はそれなりに楽しんでます。

そうと割り切れば、「両方」楽しめると思うのですが…

91 :名無しの笛の踊り:2010/04/09(金) 18:01:39 ID:B0G7cAxW
年に10回だと数年に一度しか出会えない一期一会ナマ体験が、年に100回
出掛けると、年に数回はそういう希有な体験に出会える。本格的なナマ派
はハイエナのごとく感動体験を求めて、ホールや劇場を徘徊するんだ。
他のみんなにも感動を分かち合いたいから、話すんだけど、場合によって
は偉そうに聞こえちゃうのかも知れない。気分良く高揚して喋ってるから、
仕方がないよね。悪気は全くないから、少し偉そうでも、許してちょっ。

92 :名無しの笛の踊り:2010/04/09(金) 23:36:20 ID:59OVag87
グールドの演奏が聴けない時点で生演奏など糞

93 :名無しの笛の踊り:2010/04/09(金) 23:38:38 ID:cCPNr5MV
フルヴェンもワルターもトスカニーニもな。

94 :名無しの笛の踊り:2010/04/12(月) 13:50:29 ID:Ymryvryf
>90
「生演奏重視派は、音は二の次」ってバカじゃないの?
音が最優先だから生演奏聴くんだよ。

95 :名無しの笛の踊り:2010/04/12(月) 13:54:46 ID:CD8BDaFy
ラファのいうことですから、バカ丸出しです
オーディオ自慢でもしたいのでしょう

96 :名無しの笛の踊り:2010/04/12(月) 14:49:38 ID:bdozmWiq
演奏会は楽しいと思うけど。
音楽だけじゃなくってそこの雰囲気が。

97 :名無しの笛の踊り:2010/04/12(月) 15:52:43 ID:qrdrG04n
ビールとセックスと音楽はナマに限るっ!

98 :名無しの笛の踊り:2010/04/12(月) 16:40:21 ID:b20uyJns
音を重視するなら録音にかぎる。これ常識

99 :名無しの笛の踊り:2010/04/12(月) 18:18:23 ID:VxNKdolV
>>98
そうだな
生演奏なんて録音にできるだけ近づく程度のレベル

100 :名無しの笛の踊り:2010/04/12(月) 22:00:06 ID:Boq1NPWg
100

101 :名無しの笛の踊り:2010/04/12(月) 22:08:55 ID:wg55/oRq
実際、しばらくCDばかり聞いていて実演に行くと、音もくすんでるしこっちに飛んでこないし
でフラストレーションが溜まる。CDでは世界の一流オケばかり聞いている性もあるだろうが
それだけではないと思う。

102 :名無しの笛の踊り:2010/04/12(月) 22:15:40 ID:CD8BDaFy
録音最高だよ。
もうアコースティックなものなんかいらない。
シンセサイザーが制する時代だよ。
機械は完璧だよ

103 :名無しの笛の踊り:2010/04/12(月) 22:43:32 ID:d55xEONT
そうかな?CDでは生演奏の打楽器の迫力を全くと言っていいほど再現できてないと思うけどね。
あとCDとの違いを痛感するのは声楽。日本には声楽を毛嫌いする人が多いけど
あれは絶対CDでしか聴かない人が多いからだと思う。

104 :名無しの笛の踊り:2010/04/13(火) 00:13:38 ID:Vrwz0RMs
CDの音のほうがいいと言う人は、単に耳がCDに聴き馴染んでいるだけ。

105 :ナノフレア ◆H6mBY5rVQU :2010/04/13(火) 01:30:16 ID:Dg4oAcxb
103さん。
拙宅では、コントラバスが「ざ・ざ・ざー」と床を這ってきますし、ティンパニは7〜8m後方から恐ろしい程の風圧を伴い迫ってきますよ。

CDですが、トランスポートだけでも「エソ・P0」にしてみただけで、「こんな音までCD(SACDではありません)に入っていたのか!」と驚くと思います。

私自身は「5年に1回あるかないかの前5列中央で聴く迫真の実演〉アナログ初期〉リンデマン820で聴くSACD〉エソSZ1で聴くCD〉普通の実演」ですが。

普通の実演は、あの雰囲気が好きですね。指揮者や奏者と同じ空間と時間を共有し「音楽がこの瞬間に生まれている」という感覚が。


106 :名無しの笛の踊り:2010/04/13(火) 01:32:33 ID:HKKi7F6t
以下オーディオ厨が多数登場してスレが腐るに5万ペリカ

107 :名無しの笛の踊り:2010/04/13(火) 07:55:02 ID:t97JSoFo
>>104
全面的に同意。オンマイクで収録した硬い音に慣れきっているから
「音楽はそういうもの」という激しい勘違いをしてるんだと思う。

>>105
単に音量がでかいからそういう風に聴こえるだけだよ。生の迫力はスピーカでは再現不可能。
オーディオバカはスピーカの不完全さが全くわかってないと思う。

108 :名無しの笛の踊り:2010/04/13(火) 09:02:24 ID:9KiWqR0y
完全な演奏→録音
不完全な演奏→コンサート

109 :名無しの笛の踊り:2010/04/13(火) 09:08:41 ID:py7tvtKS
そりゃ録り直しをしてるからね。ライブ録音でも編集でミスタッチを全部カットしてるし。ノーミスなのはそうだが。
ノーミスだから完全な演奏か?といったらそれも間違ってると思うな。

110 :名無しの笛の踊り:2010/04/13(火) 09:12:57 ID:9KiWqR0y
テイク2がないから失敗を恐れて無難な演奏しか出来ないコンサート

111 :名無しの笛の踊り:2010/04/13(火) 09:16:17 ID:py7tvtKS
無難な演奏しか出来ない?それは中途半端で中身のない偏見だね。

112 :名無しの笛の踊り:2010/04/13(火) 10:01:42 ID:GNs6GIKA
セッション録音はテイク2があるという甘えから外面を整えただけの腑抜けた演奏になることもある。

113 :名無しの笛の踊り:2010/04/13(火) 10:04:28 ID:ApT6s/eQ
録音に使う音を生で聴くのが一番偉そう

114 :名無しの笛の踊り:2010/04/13(火) 11:58:26 ID:Wy2aaxAN
107。

この手の手合いは容赦しません。

あなた、オーディオルームをオリジナルオートグラフ用に設計し、補強床+スピーカー台をオートグラフ用に特注し、角材+インシュレーターで3点支持/
マランツ#7+マッキン275(アナログカートリッジ・オルトフォンSPUマイスター/イケダ9R)/オクターブHP500SEI+マッキンMC2000(CDP・リンデマン820)/VIOLA SOLO+LEGCYで、
ケルテス+VPOの新世界、クナのタンホイダー序曲、クレモナの栄光、シェリングのバッハ無伴奏をLP初期盤、SACD、CDで聴いたことあるかな?

話はそれから…


115 :名無しの笛の踊り:2010/04/13(火) 12:00:16 ID:ANdQcOMZ
>>114
はいはい
変態オーオタが登場だね。
なんつうか「ケルテスの新世界」という曲があがってる時点で終わってるw

116 :名無しの笛の踊り:2010/04/13(火) 13:08:22 ID:2B6+jVnO
>114
大昔の、ナローな歪みっぽい音が好きなお年寄りと見た。

117 :名無しの笛の踊り:2010/04/13(火) 13:13:13 ID:bnQzVnNB
オーオタ自体否定せんけどいまどき真空管アンプにタンノイかよw

118 :名無しの笛の踊り:2010/04/13(火) 13:17:14 ID:Ye+qBwMg
サッカーで言うと実物のメッシとプレステのメッシどっちが偉い?みたいなもんかw

119 :名無しの笛の踊り:2010/04/13(火) 13:23:13 ID:WiGGl4dY
ケルテスって誰?

120 :名無しの笛の踊り:2010/04/13(火) 13:50:05 ID:vFcAWFgy
いつもS席で聞けるんだったら生もいいんだけどね

「A席とれたからコンサート行こうや」とさそわれて会場に行くと壁際だったりする。
まわりでどこぞのおばはんが煎餅食ってたりしてた日にゃ・・・

121 :名無しの笛の踊り:2010/04/13(火) 14:07:27 ID:Wy2aaxAN
V.P.O.でさえオートグラフの再生音が勝りまよ。

お解りですか?

122 :名無しの笛の踊り:2010/04/13(火) 14:28:03 ID:Wy2aaxAN
まー、「生の音がいいという手合い」は、所詮音は二の次で、演奏会独特の「非日常の時間」を楽しんでるのに過ぎませんからね・・・


123 :名無しの笛の踊り:2010/04/13(火) 15:42:33 ID:Wy2aaxAN
「耳は音波にの受容体にすぎず、脳で音と認識する」ことは、お解りですか?

124 :名無しの笛の踊り:2010/04/13(火) 16:11:30 ID:vFcAWFgy
な〜んちゃって

125 :名無しの笛の踊り:2010/04/13(火) 18:39:56 ID:bm0pCZ+G
>>122
スピーカの再現力の不完全性を知らずにオーディオ集めやってるなら真剣に考え直したほうがいいよ。

126 :名無しの笛の踊り:2010/04/13(火) 19:19:44 ID:KJ6mQoJW
ラファは何聴いてもムダ

127 :名無しの笛の踊り:2010/04/13(火) 23:19:22 ID:TQll3Jgk
>>45>>78でおk
>>90の「1人で真剣に音楽そのものと対峙する」経験がややもすると不足
なぞ、愚の骨頂

128 :名無しの笛の踊り:2010/04/13(火) 23:36:37 ID:rlaixoJr
>生演奏と録音はどちらが偉いのか
こんなのは主観の問題でしょ。
ただ主観を磨かないと。
ラファなんてのは望遠鏡を逆さから覗いて見えたものを大げさに書き込んでるだけ。
主観と呼べるものですらない。

129 :ナノフレア ◆H6mBY5rVQU :2010/04/14(水) 01:06:44 ID:sbg3cH7c
生派の方は1人でホールにゆくのですか?
連れ合いの方がいて、制約された時間にホールに移動して、周りにむさ苦しい客が居たりしても「音楽」に集中できるのですか?
私には無理ですね。

私はモーツァルトを聴こうとする時、世俗との一切を絶ちます。
アンプに火を入れ、待つこと1時間、弦楽器の音、ピアノの音と「その日のスピーカーの機嫌」を確認し(だめなら、ここで止めます)、「どうぞ…」と言われたら、出てくる最初の1音に全神経を集中させます。
あとは………

すべてが脳裏から消え、モーツァルトに身を任せます。

他にはあり得ない音の流れ、精妙極まるリズムの多様性、まさに「涙が追いつけぬ疾走する哀しみ」を体験するのです。

そう、体験するんです、モーツァルトは。

「モーツァルトを思い出すことなど出来ぬ」とは、そういう事なのです。



130 :名無しの笛の踊り:2010/04/14(水) 01:25:11 ID:wo43zjf0
ナノフレアってwww

131 :名無しの笛の踊り:2010/04/14(水) 02:06:33 ID:PUCRBw5F
>>129
>私には無理ですね。

じゃさ、あなたの好きなようにすればよくない?
ここのだれも止めませんよ。

>まー、「生の音がいいという手合い」は、所詮音は二の次で、演奏会独特の「非日常の時間」を楽しんでるのに過ぎませんからね・・・
勝手にそう思ってたらいいと思うよ。

132 :ナノフレア ◆H6mBY5rVQU :2010/04/14(水) 02:53:19 ID:sbg3cH7c
131。

おそらく聴き方が違うのでしょう。
良い悪いではないですね。

私は「指揮者や奏者と同じ空間を共有し、はらはらしながら楽譜に命が吹き込まれる時間」を実演では堪能します。

1人、自分の愛する再生装置を介してモーツァルトを体験する時は、心を無にして『絶対』と向き合います。

過去に席をしばらく立てないほど感動した実演も数度、体験してはおりますが。
これは私の人生の宝物です。


133 :名無しの笛の踊り:2010/04/14(水) 11:48:20 ID:fgZ9Bn64
よって録音の勝ち

134 :名無しの笛の踊り:2010/04/14(水) 11:52:51 ID:oHRsfo5c
音質は生の圧勝

135 :名無しの笛の踊り:2010/04/14(水) 11:56:11 ID:fgZ9Bn64
音だけね
演者、演奏のレベルは録音が圧倒的

136 :名無しの笛の踊り:2010/04/14(水) 12:19:31 ID:CkmlrmBf
録音の方が良いと言う奴らは、単に録音を聴く機会が
圧倒的に多いからそう言うだけ。
金と暇が腐るほどあって、1年365日コンサートを聴ける身分だったら
誰でも実演の方がいいと言うに決まっている。
金と暇があれば変わってしまうような意見は聞き流すことだ。

137 :名無しの笛の踊り:2010/04/14(水) 12:23:15 ID:fgZ9Bn64
金と暇があったとしても過去の名演を生で聴くことはできない
金と暇があったら過去の名演を良い録音で聴くことはできる

よって録音の勝ち


138 :名無しの笛の踊り:2010/04/14(水) 12:33:11 ID:MKnZedf+
>>136に全面的に同意
>>137は貧乏人の僻みw

139 :名無しの笛の踊り:2010/04/14(水) 12:48:03 ID:fgZ9Bn64
反論ができないから「僻み」で片付けざるをえないんだな
録音派の勝利決定か

140 :名無しの笛の踊り:2010/04/14(水) 13:08:06 ID:pqIbGd0x
>>136
そうとも限らないよ。>>1にも書かれてる通り実演は博打みたいなもん。
外れの方が多い。俺はそれで行かなくなった口。
良い音と演奏は分けて考えないと実演厨になっちゃう。
音の悪い名盤なんていくらでもあるし、それを聴いて得られる感動は偽物じゃない。

141 :名無しの笛の踊り:2010/04/14(水) 13:19:34 ID:6uVAE11c
録音の演奏に感動するか?
音楽そのものには感動するけど、演奏には脳内補正かけてるわ


142 :名無しの笛の踊り:2010/04/14(水) 13:27:35 ID:pqIbGd0x
ずいぶん冷静だなw脳内補正かけてるかどうかなんて
考えたこともないわ。その脳内補正って言葉には科学的根拠でもあるのかね?

143 :名無しの笛の踊り:2010/04/14(水) 13:31:54 ID:CkmlrmBf
名演ヲタは録音の方が良いと言うだろうね。
音楽ヲタは実演の方が良いと言うね。

144 :名無しの笛の踊り:2010/04/14(水) 13:37:43 ID:6uVAE11c
>>142
楽器の生のいい音のイメージってないか?

145 :名無しの笛の踊り:2010/04/14(水) 13:39:53 ID:LH3y35CZ
俺ははっきりいって脳内補正する習慣がついている。
これは本当はこれくらいの強弱の差なのかな、とか
生ではこう聞こえるんだろうなとか、

生を聞きなれてる人とか、演奏する人はたぶん同じだと思うんだが、
どうだろう。


146 :名無しの笛の踊り:2010/04/14(水) 13:41:43 ID:pqIbGd0x
イメージはイメージでしかないじゃん。仮に補正かけられたとして
アマティやストラディヴァリに補正かけるっていうならまだしも
漠然としたイメージに補正かけることに何の意味が?
「生音=良い音」っていう前提をまずやめてくんないかな。
録音に感動したって別にいいだろ。俺の自由じゃんって思う。
演奏の善し悪しの要素は音だけじゃないと思うけどなあ〜

147 :名無しの笛の踊り:2010/04/14(水) 13:44:13 ID:fgZ9Bn64
目の前で演奏してるだけで糞味噌で勝手に感動してくれる阿呆がいるから
演者はさぞかし楽だろうな

148 :名無しの笛の踊り:2010/04/14(水) 13:52:37 ID:LH3y35CZ
>>147
確かにそういうことが言えるから、職業的コンサートオーケーストラが乱立することになる。
しかし、冷静に優れた生演奏だけを許そうとするならば、大半が成り立たない。
世の中から生オケが消えると、また
「下手でもいいから生聞きたい」、「市民に生演奏を」
という動きが出るだろうな。
いたちごっこだ。

149 :名無しの笛の踊り:2010/04/14(水) 13:53:05 ID:6uVAE11c
録音は物理的にどうしても平板な音になるからしかたないだろ。オケなんかは特に
低音をより増強したり、ミキシングしたりしてききばえよくすることは可能だけど
別にいい音なんてのは日本人のプロの音でいいんだよ。
音もそうだけど、それより細かなニュアンスはわからんよな
動画のほうが視覚でまだ補正しやすかったりする。

かといって聴くのは圧倒的に録音だけどな。
実演は本当はどんな音楽が鳴ってるのかが楽しみなんだわ。


150 :名無しの笛の踊り:2010/04/14(水) 14:03:41 ID:74XVSpkn
いつもいつもCDで名演名盤を聴いているからどうにもそちらに慣れがちだけど
実際生演奏の方がいろんな意味で楽しいからなぁ

本当はそんな名演を生で聴けるのが一番いいんだろうが
そういうわけにもいかず

151 :名無しの笛の踊り:2010/04/14(水) 14:04:27 ID:fgZ9Bn64
というわけで生演奏の勝利決定

152 :名無しの笛の踊り:2010/04/14(水) 14:33:02 ID:rU7gDxWX
勝敗ではなく、どちらが偉いかを問うてるみたいだが

153 :名無しの笛の踊り:2010/04/14(水) 14:35:51 ID:MKnZedf+
どっちもバカが正解w

154 :名無しの笛の踊り:2010/04/14(水) 14:37:11 ID:UxlKxjNq
んなら、いつでもどこでも生演奏を実現してくれ

155 :名無しの笛の踊り:2010/04/14(水) 15:31:17 ID:6uVAE11c
オケでいうと、別に海外に限らず(実は海外はかなりあたり外れあるな)、
日本のオケでも下野+読とかチョン+東フィルとか当たりが多い組み合わせはあるよ

156 :名無しの笛の踊り:2010/04/14(水) 15:50:43 ID:4Tr3AeK9
下野?そんな言うほど上手いとは思わないな。

157 :名無しの笛の踊り:2010/04/14(水) 15:56:13 ID:6uVAE11c
まあ好みはあるよね。ところでここで言われる名盤ってどんなの?
宇野推薦とか?

158 :名無しの笛の踊り:2010/04/14(水) 18:00:17 ID:f/hAnGcY
透明人間になって空を飛べたら指揮者の頭上にある宙吊りマイクあたりの位置で
ナマオケ聞きたいぜ。ド偉い音がするんだろうな。ちなみに今は地下鉄でiPodで
大音量でモスクワ放送響聞いてるけどいやいやこれもなかなかいいもんっすよw

159 :名無しの笛の踊り:2010/04/14(水) 20:06:48 ID:MLvq1jST
>はらはらしながら楽譜に命が吹き込まれる時間
>はらはらしながら楽譜に命が吹き込まれる時間
>はらはらしながら楽譜に命が吹き込まれる時間
楽譜盲のくせに何を生意気なwwwwwww
ダメだ、超ウケる(爆)




160 :名無しの笛の踊り:2010/04/14(水) 22:55:11 ID:u816M9eX
>>1
録音は所詮加工が入ってるから、言いすぎかもしれないけど偽者の音楽。
実演では聞こえない音がきちんと聞こえるように修正されたり、
各パートのバランスなども調整されて発売になるのがCDだったりする。
でも、作曲者は実演を想定して作曲しているのだから、本来他のパートで
消されてしまうような音が聞こえるように、あとから調整するのは
いかがなものか、と個人的には思ってる。
曲本来の姿が、少し変わってしまうのではないだろうか?

161 :名無しの笛の踊り:2010/04/14(水) 23:06:21 ID:ypYxCpGF
たしかにそういう側面あるよね。
またマイク&スピーカーの物理的な限界から
どうしても再現できない音というのも多数存在する。

162 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 00:02:29 ID:aXArrSUy
ベト五(運命)の冒頭の主題にクラリネットが入ってたり、モルダウの有名なテーマにオーボエが入っているのは、
よほど意識しないと、録音ではわからないんじゃない?

163 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 00:23:25 ID:cxGczWMv
録音する時にコンプレッサーが掛かっていたりして
音のダイナミックレンジが変わってるのに、録音の方が
いいというヤツは音楽が判っているとは思えないね。

164 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 00:58:09 ID:FHqP1Iq5
生演奏派の方がオーディオオタクのような言い分になって
録音派の方が音楽オタクの言い分になってる逆転現象

165 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 07:56:32 ID:aXArrSUy
そういうことじゃあないよ。作曲家が意図したオーケストレーションというのがあるんだよ。


166 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 09:30:37 ID:b5iPk9Kb
例えば、弦楽器の位置。
流行の対抗配置など、生演奏だとヴィオラの位置、チェロの位置で
立体的な音として聞こえてきたりというのがあるけど、録音だと
そういうのを再現するのは難しいんじゃないかな。

167 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 09:48:32 ID:OdYGE7OX
コンサート生演奏はライブに行くというイベント。
普段の生活の中では録音。
現代の庶民にとっては、それがふつうだと思ってたけど。

168 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 09:54:05 ID:Bl+3q0AC
生演奏派 天然マグロが旨いと思っている。
録音派  養殖マグロが旨いと思っている。

169 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 10:30:55 ID:w5NXHTHh
生演奏派は生の音こそ「本物」って錯覚してるみたいだけど
耳で感じてるのは音波という波形でしかないわけ。
その音波を発してるのは楽器だろうがスピーカーだろうが
音波型が同じであれば、耳で受け止めてる情報は全く同じなんだよ。
それを倍音がどうとか、CDではカットされてるとか
さもありそうな都市伝説を信じてありもしない「本物」を崇めてる。滑稽だね。
情報自体は全く同じ。そのことを科学的かつ冷静に認識してる人は
利便性やコストパフォーマンスでCDを選ぶよ。


170 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 10:56:45 ID:cE5Ioj+L
>>168
生は水揚げのあった現地で、録音は市場経由で店で食うみたいなもんだろ

171 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 10:59:26 ID:UWKd4oxd
>>169
>その音波を発してるのは楽器だろうがスピーカーだろうが
>音波型が同じであれば、耳で受け止めてる情報は全く同じなんだよ。
うわー。
トンデモが登場したぞ。
じゃあ、安物のヘッドホンでも超高級オーディオでも同じってことに
なるよなあ。
ま、出来の悪い釣りだろうが。

172 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 11:09:58 ID:RgB4GDM0
生演奏は、屁をこきたくなっても我慢しなければならないからね。
ほかはいいんだけどね。
肛門がつらいよね。

173 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 12:01:21 ID:aXArrSUy
プロオケがある都市はうらやましいな。東京から転勤してつくづく思う。


174 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 12:16:08 ID:Z5at89VF
生身の女とセックスするか、
奇跡の一枚のヌード写真を見ながらオナニーするかの選択だなw
確かにどちらにも変えがたい利点はある。
だが、俺はどんなにめんどくさくても生身の女に一票。

175 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 12:36:43 ID:w5NXHTHh
>>171
とんでもじゃないよ。勘違いしているようだけど
生音だろうが録音だろうが関係ないって話してるんだよ。
理屈の上では同じ波形なら同じ音なの。
倍音が含まれ〜っていうのはただの都市伝説で科学的根拠はなにもない。
耳で感知できない=脳で認識できない だから無いのと同じ。
安物ヘッドホンと超高級オーディオが違うように聴こえるのは同じ波形じゃないからだろ。
話がぜんぜん違う。


176 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 12:40:11 ID:aXArrSUy
録音は音が平板じゃん

177 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 12:42:35 ID:kXUv1E0s
>理屈の上では同じ波形なら同じ音なの。

え?w
コンプレッサー使って電気的補正しまくりのサウンドと
生音が同じ波形だって?w

178 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 12:47:30 ID:w5NXHTHh
分かんね奴だなうすらハゲが。俺がいいたいのは
生音=本物 録音=偽物 て概念がそもそも間違いってことだよ。
ちなみにコンプレッサーも音を圧縮変形させてるって考えてるみたいだけど
上下をカットしてるだけ。耳に届く音そのものは変わらないの。
我々が認知できる範囲ではの話だけどね。
ちゃんとこまかく説明してあげなきゃ駄目なのかな〜
俺これでも一応プロなんだが・・

179 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 12:48:50 ID:kXUv1E0s
>コンプレッサーも音を圧縮変形させてるって考えてるみたいだけど上下をカットしてるだけ

アホかw
そんなことを録音技師に話したら、怒り出すか腹抱えて笑うかのどっちかだなw

180 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 12:50:27 ID:cE5Ioj+L
最終的に同じように鼓膜を震わせたら同じ音だわな
でも倍音はすべて可聴域外だと思い込んでる人が行っても説得力無いぞ

181 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 13:11:46 ID:mNp58FFb
プロ(爆笑)

182 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 13:15:03 ID:PDnflrbL
録音派の方がまともだな

183 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 13:17:29 ID:HTdDuL/u
釣りじゃなかったのか

184 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 13:34:42 ID:7JwSkXcb
生音と録音と同じ波形だって?

今はマイクもスピーカーもそんなに完璧な性能になっているのか!!
スピーカーの高調波歪などを現代科学は克服したのだな。
知らなかった。
買い替えなきゃな。




185 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 13:37:29 ID:w9GJoPHP
>>184
誰もそんな話はしていない
同じ波形を再現できれば、それはどんな手段であっても同じ音だって言ってるだけ

186 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 13:45:10 ID:mNp58FFb
再現できねぇからニセモノなんだろ?
まぁどっちみちニセモノだけどw

187 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 13:52:02 ID:w5NXHTHh
本物とかw偽物とかっw
じゃあお前はお前自身であって本物なんだろうけど
それは何に対して本物なんだよっw

楽器を脳に突き刺して聴いてるワケじゃあるまいし。
空気を介している以上、すべて同じなの。
本物も偽物もないの!わかる?

188 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 13:57:09 ID:aXArrSUy
プロってなんのプロ?

189 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 13:58:29 ID:9jNErXih
>>187
186じゃないが、わかるわけないぜ。


同じ波形だったら、というのが大前提だろ?

マイク、スピーカーなど周辺機器が完璧でないかぎりそれが無理。
似た音にしかならない。

190 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 13:59:31 ID:mNp58FFb
本物偽物言いだしたのは>>169なんだがw

191 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 14:00:09 ID:kXUv1E0s
そもそも録音している段階で波形に電気的補正がかかってるんだから、
周辺機器がいくらよくても生音と全く同じ波形を作るのは無理。

192 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 14:21:54 ID:b5iPk9Kb
生でオケを聴いた直後に、同一指揮者、同一オケ、同一曲のCD聴いて
同じように聞こえたら、それは耳が変なんじゃないか?
どう考えても、音の厚みが違いすぎる。
最初の第1音からして厚みが違う。

193 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 14:27:22 ID:6+UtFwiR
少なくとも声楽は生に勝るものなし
2流のテノールでも生ならコレッリの録音より感動できる

194 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 14:37:20 ID:UWKd4oxd
自称プロのキチガイが何か騒いでるが、コンプレッサーが
どういうものか判っていない時点で、ただのキチガイで
あることが判明。
生音と同じ波形なんかマイク〜録音系統〜再生系統〜スピーカーを
通して再現出来るはずがない。
ID: w5NXHTHh
は即刻入院しろ。

195 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 14:55:37 ID:w5NXHTHh
だから何?生音を再現できないから劣るってこと?
アナタ何時代の人ですか?もしかして録音=コピーって考えてる人?
プロの現場でそんなこと言うアホいないけどな、マジで・・
あと楽器の音が聴こえないだの厚みがどうとか
録音でもどうにでもなりますから。ボリュームを上げればいいだけ。
素人相手にかみ砕いて説明してやってるつもりが
馬鹿が揚げ足取りみたいに、疲れんぜまったく。

196 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 15:09:49 ID:w5NXHTHh
出口が何個だろうが人間の耳は2つしかない。
そこで受け取った「音」をどう情報処理するかって話よ。
>>194みたいなメカキチには分からないだろうけどね。
だから俺が言いたいのは実演・生音云々でなく
極論を言えばどんな名演だろうが受け取る側次第だってこと。
なのに実演原理主義者のキチガイ共は
録音は生音のコピーであり劣るとか言いやがる。
何言ってんのって感じ。マジで死ねよ。
生音しか聴けなかった時代と現代社会とじゃ全然違う。
録音が劣るものではないし、録音を前提に創ってるものは
実演より勝ることもある。分かれよ!

197 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 15:11:41 ID:mNp58FFb
( ;^ω^)

198 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 15:22:02 ID:UWKd4oxd
はい。どんどんキチガイに磨きがかかってきましたね!
なんのプロだから判らないが……。
あ、キチガイのプロか!

199 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 15:38:18 ID:w5NXHTHh
キチガイのプロとか、君もクラシック聴く人間なら
もう少しまともな煽りができないのかね?
みんな君の幼稚な書き込みにドン引きだよ。
さっきから何一つまともな意見出してないじゃない。
君はどう思ってるのさ、実演と録音どっちが偉いと思ってるの?

200 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 15:42:39 ID:6+UtFwiR
偉いか偉くないかで言うなら、クラシックへの貢献は実演のほうが大きい
どんな名曲だって認知されたのは生演奏のほうだからな
勿論録音がなかったら現在のクラシック界はないだろうが、実演には及ばん

というか同列に論じたらカラヤンやセルやストコフスキーがかわいそうだ

201 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 15:44:56 ID:UWKd4oxd
>>199
おれは実演に勝るものはないと思ってるよ。
しかし実演はその場限りのもの。
過去の名演に触れるには、録音しかない。
その意味で、録音の価値や恩恵は大いにあると思うが、
キミのような「録音マンセー」をを見ると、頭の構造は大丈夫かと
思ってしまう。
それにキミは、コンプレッサーについて理解出来ていないようだし、
音響関係のプロであるとはとても思えない。


202 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 15:54:04 ID:w5NXHTHh
>>201
おっぱい

203 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 15:57:43 ID:PDnflrbL
録音の方が偉いことが判明したか

204 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 16:43:29 ID:UWKd4oxd
ID: w5NXHTHh
って、頭の悪いヒッキーか、出来の悪い学生か、
学校で専門知識を勉強しないまま三流の現場に出て
出来の悪い先輩や師匠にこき使われてる「プロ」なんだろうな。
可哀想だが、知識がないことは如何ともしがたいね。

205 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 16:50:31 ID:Xn/u/RFO
おっぱいが気になるな

206 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 16:57:42 ID:mNp58FFb
おっぱいのプロなのかもしれないね

207 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 17:28:50 ID:e8I4E+PM
予想通り、録音派にキチが何匹も現われたなwwおもしれえww

208 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 18:28:23 ID:b5iPk9Kb
まあ、人それぞれだから。
俺は、生演奏が基本だとは思ってる。
例えば、仮にベルリンに住んでいて、毎回ベルリンフィルの定期を
聴きに行ける環境とお金があれば、たぶんそうしてる。
それができないからこそ、CDやデジタルコンサートホール等で
我慢している、という感じかな。

209 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 18:41:57 ID:aXArrSUy
オーディオのwikiを読んだら噴いた。
ここに出てくるような人のことが書かれてる

210 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 19:10:44 ID:OdYGE7OX
>>174 で結論出てるじゃない

ナマはいろいろリスクが大きいからなぁ…

211 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 19:30:20 ID:k0JLsIQu
生でしか味わえないものは他に代え難いくらいに大きい。
録音ではそれはない。

212 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 19:37:59 ID:Ouul0V7i
昼間から大盛り上がりだったな

213 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 19:43:17 ID:Wm17HB59
録音もリスクはあるだろ。
宇野をはじめとしたやつらにだいぶだまされたよ
今はダウンロードができるから、だいぶ損を回避できるが


214 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 20:06:44 ID:Oa4LO8Lk
ソープ嬢か、テレビ越しのAV女優か、の違いと似ている。

演奏の場合は、どちらも聴覚のみであり、しかも「聴く」という受身の
行為のみなので、女ほどの違いは無い。

AV女優は質の高い女性を安価に好きなときに好きなだけ楽しめる。しかし、
(以下は言うまでもなかろう)

215 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 20:44:55 ID:qKMBn88q
生に勝るものナシ!

216 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 21:04:22 ID:DALimXdM
自分が聴きたくてコンサートに行き、
自分が聞きたくてCDを買うんだろ?
誰と争っているんだろうか?

217 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 21:41:40 ID:aXArrSUy
>>1
>実演で良い演奏にあたるかどうかなんて博打みたいなものじゃないのか?


そこまで確率低くないよ。うまく言ってない場合でもみてりゃ理由わかるし。
アマチュアじゃあるまいし。
ただし、VPOが音をよく外したり、バランスを崩すのは楽器の特性や変わったボウイングのせいででよくあることだから、あんまり気にするな
一流どころはここ以外あんまり外れないだろ
日本のオケは実力把握しとけばいいんじゃないの?


218 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 22:05:14 ID:nkSeGOeP
純粋に音だけを比較しても、2つ (あるいは5-6個) のスピーカーから音が
出ている状況と、リアルの楽器が至近距離で演奏されている状況では大違い。

耳の位置が少し動いた時の聞こえ方の変化がすごくあるんだよな。

ステレオを聴いている時に耳をベストポジションから1cmも動かさずに
固定し続けるなんてできないから、奥行きとか音場感は生演奏の足元にも
及ばない。

219 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 22:10:35 ID:PDnflrbL
音質
生演奏>>>>録音

演奏の質
録音>>>>>生演奏

 

220 :名無しの笛の踊り:2010/04/15(木) 22:32:32 ID:aXArrSUy
演奏の質というのは、技術的な傷?
それは結構微妙な問題だよ

221 :名無しの笛の踊り:2010/04/16(金) 09:38:38 ID:s4Th4dLA
ヤンソンスなどは「ライヴに優るものなし」「ライヴの熱気を
そのまま伝えたい」という考えで、録音もほとんどライヴ収録だよね。
現に、コンセルトヘボウやバイエルンの自主制作ものはライヴだし。
やっぱり、ライヴに行くのがベストで、できないから録音で我慢する
という構図なんじゃないかな。

222 :名無しの笛の踊り:2010/04/16(金) 09:46:10 ID:t/gq9xgT
サヴァリッシュは現代は録音技術が発達しているので、一流と三流の区別が
つきにくいので、生演奏を聞いたほうがいいと語っていた。

223 :名無しの笛の踊り:2010/04/16(金) 09:48:02 ID:Mt0Dc6p5
録音には「パッケージされた(冷凍保存された)」いいところもある。
その意味で、セッション録音の方がミスも編集されて
永久保存されるべき価値がある。
ライブ録音は、その公演の「記録」と考えるべきではないの?

224 :名無しの笛の踊り:2010/04/16(金) 11:25:47 ID:pANP9x5p
1960年代の技術で録音と生演奏の「すり替え実験」
が成功していることから、
音質
生演奏>>>>録音
ではなく、音質については
生演奏=録音 なのだろう。

http://www.suginokai.net/sakuhin/45-45.pdf

225 :名無しの笛の踊り:2010/04/16(金) 11:30:17 ID:mlRgHhWC
サバみたいな奇をてらわずていねいな演奏する人は、録音じゃわかりにくいかも。
考えてみりゃ、評論家があげる名盤というのは、非常に特徴のある演奏だゃな。


226 :名無しの笛の踊り:2010/04/16(金) 12:15:48 ID:Mt0Dc6p5
>>224
そんなクソ古い話を今ごろ持ち出されてもなあ。
生演奏=録音
なんて言うヤツは、生演奏を聴いた事がないんだろう。

227 :名無しの笛の踊り:2010/04/16(金) 12:41:19 ID:f5s986uz
終演後スピーカーに向かって拍手するやつはいないだろ。

ようは演奏家と聴衆が時間と空間を共有できるところに生演奏の価値がある
のであって音質だの演奏の質だのにこだわるうちはまだまだだな。

ホールの席によっても音質なんて変わるし、第一演奏家は自分の音が客席で
実際どんな音で聴こえてるかなんて、永遠にわからない。

演奏家にしてみても、そこに座っているのが萌え系の美少女が、気合の
入った中年クラヲタ男性か、はたまた柔和な雰囲気の老夫婦か、でずいぶん
と内容が違ってくるものだ。その日の天気で楽器の音色だってずいぶん
変わる!

もしかしたらいつになく燃え上がったマエストロの導きによって、満員の
聴衆が固唾を呑むような超名演になるかもしれないし、消化試合のごとく
無難な演奏にまとめられてしまうかもしれない。

ま、これも実演の醍醐味ではないかね。

228 :名無しの笛の踊り:2010/04/16(金) 12:47:36 ID:JLoY3+SD
俺はCDでも感動したら小さく拍手してるよ。
家族に気を遣いながら小さくね・・

229 :名無しの笛の踊り:2010/04/16(金) 15:09:02 ID:mlRgHhWC
自分たちの演奏が客席でどのように聴こえるか、という欲求はいまだ満たされたことないなw
うちの先生も言ってた


230 :名無しの笛の踊り:2010/04/16(金) 20:55:19 ID:oj4YUQ63
やっぱり弱音部を大きくして、強音部を小さくして、
残響過剰でなくって、一つ一つの楽器がくっきりと聴こえてくる録音がいいね。
で、ミスの無い演奏。録音の時に生じたミスはちゃんと編集で直しておいて欲しい。
そういう録音を大事に一生聴いていきたいね。
生演奏とおんなじようなCDはゴメンだ。

231 :名無しの笛の踊り:2010/04/17(土) 01:29:39 ID:5lls7nwW
生演奏だと、1回しかないということもあって集中力が違う気がする。
個人的には生で聴きたいが、さすがにいつもそうは言ってられないから録音も楽しむ。

基本的に別種のもので、どちらがいいとか優劣はない気がするなぁ…。

232 :名無しの笛の踊り:2010/04/17(土) 18:35:31 ID:2o/Qiwwy
偉いかどうか知らんが、俺は生が好き♪

233 :名無しの笛の踊り:2010/04/17(土) 18:40:16 ID:MdU4Cv20
タンノイっていい音するの?

234 :名無しの笛の踊り:2010/04/17(土) 18:52:49 ID:3jXvjlmn
演奏している姿が見えるという視覚的な要素も
無視はできないと思います。
音楽って音だけじゃない気がします。

235 :名無しの笛の踊り:2010/04/17(土) 19:02:31 ID:2o/Qiwwy
>233
巷では、タンナイと言われてます。

236 :名無しの笛の踊り:2010/04/17(土) 19:03:07 ID:MdU4Cv20
そりゃ例えば指揮者は、視覚で音楽つくりますもんね

237 :名無しの笛の踊り:2010/04/17(土) 19:37:17 ID:tnqxklSq
とにかくいろんな曲を聴きたい片山杜秀タイプなら録音派。
少しの有名曲を徹底的に掘り下げたい許光俊タイプなら実演派になるんだろうな。

俺は前者。ただし、お抱えの奏者、歌手、ありとあらゆる楽譜が手元にあれば、
実演派に転じるだろう。
「今日はフレンニコフの交響曲第2番が聴きたいのう」
「おおせのままに」
「今のアレグロのところはもう少し速く、かつ表情をきつげにやってくれぬか」「おおせのままに」

うん、絶対実演派になるなw

238 :名無しの笛の踊り:2010/04/17(土) 20:36:59 ID:MdU4Cv20
片山とか許とか勘弁してくれよ

239 :名無しの笛の踊り:2010/04/17(土) 23:36:05 ID:n7eAdy2x
やっぱり録音が偉いな


240 :名無しの笛の踊り:2010/04/18(日) 02:18:58 ID:/BdUsIaR
リマスターで音が変わってしまうのが「録音」だぜ。
操作でどうにでもなるのが録音。

241 :名無しの笛の踊り:2010/04/18(日) 06:37:55 ID:gTtsu7B+
録音と実演で得られるものは別モノです

242 :名無しの笛の踊り:2010/04/18(日) 10:31:15 ID:z6VdiBid
演奏が無いと録音できない
よって演奏のが偉い

243 :名無しの笛の踊り:2010/04/18(日) 11:14:47 ID:2JQkwjox

    / ̄ ̄ヽ
   / (●) ..(●   議論が過熱してきたようです
   |   'ー=‐' i     また面白くなって来ました
    >     く
 _/ ,/⌒)、,ヽ_
   ヽ、_/~ヽ、__)  \


244 :名無しの笛の踊り:2010/04/18(日) 15:06:25 ID:RsquyTPD
>少しの有名曲を徹底的に掘り下げたい許光俊タイプ


いつ掘り下げたっけ?宇野よりひどい感想文書いてるだけだろ

245 :ナノフレア ◆H6mBY5rVQU :2010/04/18(日) 15:25:31 ID:JkGcxBmQ
「どちらが偉いか」の意味がいまひとつ不明ですが、クラシックにしろポップスにしろ、「録音再生」という現象がなかったとしたら、音楽をまともに聴く機会はコンサートやサロンだけということになりますね。
つまり、私はモーツァルトの魔笛をLP.CDで1000回は聴いてますから(生は「ウィーン国立歌劇場日本公演」を含めて3回)、当時の皇帝や聴衆より遥かに多く聴いてることになります。
これが何を意味するか?一考の価値はあります。


生音を再生できるか?
ということになると、仮に生音の波形というものがあったとして、「マイクがどこまで正確に拾えるか」でしょうね。その方面は素人ですから、解説していただけたらと。
拾えないとしたら「入ってない」ものはどうやったところで再生できませんから、「スピーカーからは生音は出ない」ことになります。

私は両方楽しんでますけどね。



246 :名無しの笛の踊り:2010/04/18(日) 21:31:42 ID:HuAVNggC
実演は音質だけで語れないものがたくさんある
音の善し悪しだけで両者は判断できない

247 :名無しの笛の踊り:2010/04/19(月) 00:43:59 ID:w1YPslL1
オペラの録音なんて、実演では有り得ない歌とオケのバランスになってたりする。
録音ばかり聴いていて実演を聴くと、こんなに声量ないの?(逆の場合もあるが…)って事が多い。
よって、古いライブ録音の客席で録った海賊盤みたいなものが、一番実演に近い…

そうして聴くと古い時代の歌い手のなんとバケモノみたいな歌声の多いこと!


248 :名無しの笛の踊り:2010/04/19(月) 13:44:45 ID:EXEfSU8f
オペラはもう生の圧勝さね。
比べるまでもない。

249 :名無しの笛の踊り:2010/04/19(月) 14:00:31 ID:VoRKGZt3
オペラに限らず声楽全般だな。人間の歌声はマイク・スピーカでは再現不可能だと思う。
ソプラノ歌手を「キンキン声」って批判する人多いけど、そういう人は生演奏を聴いたことない人だと思うね。

250 :名無しの笛の踊り:2010/04/19(月) 14:03:20 ID:HNOUHLKj
DG CONCERTSについて調べてて見つけたんだが
このブログの記事がこのスレの趣旨に合っていておもしろかった。
ttp://tiki-s.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/dg_concerts.html

251 :名無しの笛の踊り:2010/04/19(月) 14:53:08 ID:LlS8wYde
録音で聞くと歌手の声の大きさはほとんど同じに調整してあるけど、
マイクを通さない生の声では一人一人の声量が違うのがはっきりわかる。

だが、

生のオペラを聞きたいと望んでも、東京は150キロも先なので、思ったときに聞けない。

252 :名無しの笛の踊り:2010/04/19(月) 14:56:43 ID:LlS8wYde
人口二万人の田舎町にオペラハウスが建つのなら結構なのだが、それは望むべくもない。

253 :名無しの笛の踊り:2010/04/20(火) 01:44:07 ID:8YV6N3sq
つまり録音の方が偉大ってことだな

254 :名無しの笛の踊り:2010/04/20(火) 12:41:05 ID:nR0VVMoy
一番偉いのはこの俺だ。お前ら全員最低。

255 :名無しの笛の踊り:2010/04/20(火) 19:35:21 ID:K/Q2YWYu
ははーっ。

256 :名無しの笛の踊り:2010/04/20(火) 20:21:25 ID:o6Vl4YrT
>>248
同意。

室内楽はわざわざ出かけていく気がしない。

あと、シンフォニーでもモーツァルトやベートーヴェンがメインの場合あまり
コンサートで聴きたいと思わない。



257 :名無しの笛の踊り:2010/04/20(火) 20:58:04 ID:jRwiXCtK
室内楽の録音は眠くなるわ

258 :名無しの笛の踊り:2010/04/20(火) 22:57:35 ID:NM8+j20X
ヴァイオリンソナタのCDって、ヴァイオリンばっかり目立ってしまって
ピアノが何やってるのかほとんどわからないようなバランスの録音が多いんだよな。
主役はあくまでもヴァイオリンだから、当然といえば当然なんだけどねぇ。
生だとピアノが消えるなんてことがないから、細かいニュアンスがわかって楽しいよ。

259 :名無しの笛の踊り:2010/04/20(火) 23:20:08 ID:jRwiXCtK
やっぱ息づかいや弓づかいが伝わってこないとな。
録音好きは音量でかくして聴くんでしょ?
室内楽の繊細な魅力が壊れないか?


260 :名無しの笛の踊り:2010/04/20(火) 23:51:47 ID:8YV6N3sq
お前らが安っぽい再生機しか使ってないからじゃね?w

261 :名無しの笛の踊り:2010/04/21(水) 00:05:25 ID:jK9oWROD
いい再生機でも残念な思いをするんだよ
オーヲタとは聴きどころが違うんだろうね

262 :名無しの笛の踊り:2010/04/21(水) 13:35:49 ID:Yibt9WIa
831 名前: 名無しの笛の踊り Mail: sage 投稿日: 2010/04/21(水) 10:20:03 ID: g0SwV7k6
ルイジのR.シュトラウスのCD出始めた頃は
「SKDの音こんな薄っぺらになっちゃったの?」
とルイジのせいだと憎悪したものだが
来日してみれば全然そんなことはなくて安心。
と同時に録音スタッフに殺意が湧いたものだ。

だから、録音は生演奏には及ばない。

263 :名無しの笛の踊り:2010/04/21(水) 20:53:09 ID:ubhC65rA
録音は代替品です

264 :名無しの笛の踊り:2010/04/21(水) 22:03:40 ID:VWqHJbh6
じゃ、毎日フルオーケストラの生演奏を聞いているのか

265 :名無しの笛の踊り:2010/04/21(水) 22:46:52 ID:H8UNbkE8
グールドの至高の演奏が聴けないコンサートホールに何の魅力がある?
ただいつものレパートリーを演奏して、それがいまいちでも変わらぬ拍手を送るだけ
マヌケな集まり

266 :名無しの笛の踊り:2010/04/21(水) 23:02:24 ID:Yibt9WIa
>>265
そういうのを「幼稚園児のへ理屈」と言う。

267 :名無しの笛の踊り:2010/04/21(水) 23:08:03 ID:H8UNbkE8
創造力の尽くした録音>>超えられない価値>>ルーティーンワークの生演奏
録音の方が偉い

268 :名無しの笛の踊り:2010/04/21(水) 23:13:56 ID:8F2yPfdo
セッション録音なんてルーティーンワークの極地じゃないかw

269 :名無しの笛の踊り:2010/04/21(水) 23:27:57 ID:H8UNbkE8
結局生演奏なんて「雰囲気」を楽しむだけのもん
しかも横の客の咳一つでもろくも崩れ去る程度のもん
録音はひとりだけの空間で何度も吟味が出来る
録音の方が偉いな

270 :名無しの笛の踊り:2010/04/21(水) 23:57:57 ID:8F2yPfdo
「セキが一つでもあったら駄目」ってw
おまえはセッション録音しか聴かないのか?w

271 :名無しの笛の踊り:2010/04/21(水) 23:59:07 ID:8F2yPfdo
セッション録音なんて「やっつけ仕事」な演奏も少なからずあるのに?w

272 :名無しの笛の踊り:2010/04/22(木) 10:31:19 ID:mE5nNIVL
>>269
グールドの演奏なんて「あやしい鼻歌」で全部ぶち壊し

273 :名無しの笛の踊り:2010/04/22(木) 16:10:10 ID:mTR1QwZ4
生演奏の奇跡
生演奏に顕現する神

演奏家にもよるし、同じ演奏家でも調子次第
でもこれを一度経験すると、録音と実演を
比べるなんてことはできなくなる

274 :名無しの笛の踊り:2010/04/22(木) 18:02:11 ID:z7WBiOD4
でたでたwそういうのを上から目線っていうんだよ

275 :名無しの笛の踊り:2010/04/22(木) 18:09:57 ID:uRUwROTA
自分が下にいるだけなのに
上から目線って言う奴いるよねw

276 :名無しの笛の踊り:2010/04/22(木) 19:11:17 ID:8gVg1HMh
273のどのへんが「上から目線」なのか理解出来ない。

277 :名無しの笛の踊り:2010/04/23(金) 00:26:08 ID:Mj+u9wl1
>>273
単なる「勘違い」


278 :名無しの笛の踊り:2010/04/23(金) 09:04:14 ID:FK6ylX+n
おれは、273のような経験がある。
それを「勘違い」と言われても別に構わないが、あの体験で、
「実演命」と思うようになった。
そういう実演に巡り合えていない人は、不幸だなあと思う。

279 :ZR080139.ppp.dion.ne.jp:2010/04/23(金) 11:44:10 ID:2ueQX3UP
278に同意。息が止まるというか、時間の経過を忘れるというかね・・・
実演のすごい演奏は、本当にすごいよ。会場が一体になって大興奮するあの感覚はLP・CDを
書斎で聴いていたら絶対に味わえないものがある。

280 :名無しの笛の踊り:2010/04/23(金) 16:43:13 ID:bwoPvGV6
人によると思うけど
273みたいな経験して感動したひとは
一生の心の宝になって
それがその後の人生を支え続けます
そうなると「神に出会えた経験」として
語るようになります
勘違い、妄想、錯覚と言われても
自分はそれを信じて生きることができます

281 :名無しの笛の踊り:2010/04/23(金) 16:54:05 ID:kc21BS9j
しかしライブ録音には、あきらかにオケも聴衆も息を殺して
ソロに聴き入っていると感じるものもある。
ふと気付くと、てめーもスピーカーをガン見してたりw

そういう録音が「いい録音」なら、生演奏のが偉いんでね?

282 :名無しの笛の踊り:2010/04/23(金) 17:02:13 ID:QCjWhFYq
>>277
勘違いでもなんでもいいんだよ
幸せになれる勘違いなら大歓迎

283 :名無しの笛の踊り:2010/04/23(金) 17:11:29 ID:nTj/RYkP
勘違いが無くて生きていけるのは相当な精神力の持ち主

284 :名無しの笛の踊り:2010/04/23(金) 17:58:37 ID:bwoPvGV6
「芸術の使命は、その背後に神を示すことである」という言葉
(ヘッセだって教わったんだが、自分では未確認)

これを実体験できるのが生演奏
(単にこのごろ流行りの「神だ」ではなく)

285 :名無しの笛の踊り:2010/04/24(土) 00:03:02 ID:Mj+u9wl1
勘違いを必死に肯定的に捉えてw

「生演奏」を「録音」に置き換えてもまったく同じ理屈になるな

286 :名無しの笛の踊り:2010/04/24(土) 00:07:31 ID:0+Gw5AbN
ならないんだよな
これが
あの『一体感』は体験した人にしかわからんよ

287 :名無しの笛の踊り:2010/04/24(土) 00:13:21 ID:wYbcJCjB
自分が行ったコンサートを特別なものだと思いたいから
必死で記憶をすり替えてるんだなw
実際はふつーの演奏
録音は何度も演奏をし直せ、一番良かったものを収録できる
生演奏は出来損ないでも観客(バカ)が勘違いしてくれるww

288 :名無しの笛の踊り:2010/04/24(土) 00:23:43 ID:0+Gw5AbN
本当に良いコンサートにめぐり合ってないんだろうね
録音でもミスタッチや雑音混入いくらでもあるのにな。

289 :名無しの笛の踊り:2010/04/24(土) 00:29:24 ID:wYbcJCjB
そういうお前は「本当に良い録音」にめぐり合ってないんだろうね。w

290 :名無しの笛の踊り:2010/04/24(土) 00:29:59 ID:0+Gw5AbN
名演と名高い録音ならいくらでも聴いてるが。

291 :名無しの笛の踊り:2010/04/24(土) 00:30:44 ID:0+Gw5AbN
ライブの名演は録音の名演とは全く異質の体験があるんだよ。これは実際にその場に居た人にしかわからん。

292 :名無しの笛の踊り:2010/04/24(土) 00:33:13 ID:F097N3vV
まあたしかに日本公演を聞いていてそれがベストな演奏ってのはあまりないかもな。
俺が聞いた中ではクーベリックの最後の来日などは前年のプラハでの演奏よりも
出来が良かったみたいだが、たいていのものは本拠地での演奏に劣る。

どっちにせよ生演奏はこんなもんじゃないとかCD聞いてる人に言うのも
あんまり趣味が良くないよね。相手と共有できない体験をひけらかしてるだけだから。
そりゃラトルとかサロネンとか生きてる演奏家ならウダウダ言ってないで生聞きに行けやとは思うが。

293 :名無しの笛の踊り:2010/04/24(土) 00:37:31 ID:wYbcJCjB
個人の体験でいうなら、俺も生演奏なんか何度も経験してる。
しかしいろんな角度から吟味ができる録音と
一度だけでどんどん記憶から消えていく生演奏じゃ、音楽に関われる深度が違う。

294 :名無しの笛の踊り:2010/04/24(土) 01:26:39 ID:ssIRTNob
>>293
君がそう思うならいいじゃん。誰も止めないよ。
でも君のように考えない人が多いと思うよ。
俺は記憶からなかなか消えない演奏も結構ある。
何度聞いても印象に残りにくい録音もある。

一期一会という思いで聞いた過去の巨匠たち、
その瞬間の深度は凄いものだった。

でも君が違うのならそれでいい。
人それぞれでいい。

295 :名無しの笛の踊り:2010/04/24(土) 08:51:45 ID:sWdjsH83
ここまで必死だと、生演奏をあまり聴けない立場の人が
自分のアイデンティティ守るために頑張ってる、と邪推されても仕方ないぞ

あるいは釣りか

296 :名無しの笛の踊り:2010/04/24(土) 10:09:02 ID:ssIRTNob
必死?ふーん



297 :名無しの笛の踊り:2010/04/24(土) 10:45:21 ID:sWdjsH83
だって普通に考えて生演奏のほうが何倍もいいじゃん
コンサートホールに神が下りてくる瞬間(この形容陳腐だけど)って、確かにあると思うぜ

298 :名無しの笛の踊り:2010/04/25(日) 05:56:41 ID:aUtbHG9O
絵画の実物と絵画集の違いほどのものがありますよ
実演と録音は

299 :名無しの笛の踊り:2010/04/25(日) 08:14:40 ID:bWHMz4Jl
>>268,271
お前らのおかげで、ライヴ録音を積極的に聴く気になってきた。
セッション録音=何度も録り直した完璧な録音 というイメージをもっていたので。
客が入っているライヴの方が、集中している可能性もあるよな。

300 :名無しの笛の踊り:2010/04/25(日) 08:54:00 ID:jU/MVvRU
298の喩えがすべてを表現しきっているな。

301 :名無しの笛の踊り:2010/04/25(日) 09:56:00 ID:gGDNe+eg
そうだね。絵画も写真で見ても十分感動できる。でも実物を見た感動は全く異質。
音楽も同じで上手い演奏家の実演は録音された名演とは全く異質な体験があるよ。
好きな演奏家で存命な人がいるなら、一度でも行くべきだと思うな。

302 :名無しの笛の踊り:2010/04/25(日) 09:59:18 ID:5RDaCkbv
一度も修正せずに一気に書いた絵にロクなものはなだそうだが。

303 :K138107.ppp.dion.ne.jp:2010/04/25(日) 10:07:31 ID:gGDNe+eg
実物に見られる「傷み」や「シミ」が絵画の価値をさげるとかおもってるわけ?
音楽の実演に見られる「タッチミス」はそういうたぐいのものでしかないよ。

304 :名無しの笛の踊り:2010/04/25(日) 10:34:57 ID:t+1bhExl
>>301 さんの最終行に大賛成 そして
その演奏家の絶好調時に当たれば
それこそ大当たり
一生(と言ってもいいほど)忘れられない
体験になる

305 :名無しの笛の踊り:2010/04/25(日) 11:26:26 ID:jU/MVvRU
>>303
君は不幸な人間だね。
実演の粗捜しで「タッチミス」か。
そんなことより得られるモノははるかに大きいのだが、
君には理解出来ないようだね。

306 :名無しの笛の踊り:2010/04/25(日) 12:00:02 ID:uHrWiopX
どれみふぁワンダーランドでやってたが、東北新幹線の到着時のメロディが
録音なのにタッチミスがそのままだとかw

307 :名無しの笛の踊り:2010/04/25(日) 13:34:39 ID:hgq+xjue
2ちゃんの実演聴いた感想のレスって、ミスの話が実に多いよなw


308 :名無しの笛の踊り:2010/04/25(日) 14:08:30 ID:rcN8nX7l
305は303を誤読してない?

309 :名無しの笛の踊り:2010/04/25(日) 14:52:15 ID:0b9auZWD
安価ミスだろ、きっと

310 :名無しの笛の踊り:2010/04/25(日) 14:53:27 ID:yeNNWdDJ
普通ミスタッチって言うんだけどねw

311 :名無しの笛の踊り:2010/04/25(日) 21:09:38 ID:jU/MVvRU
303が「タッチミス」と書いたから。

312 :名無しの笛の踊り:2010/04/26(月) 10:57:55 ID:fDx6gKSS
タッチミスって卑猥な響きだよな

313 :名無しの笛の踊り:2010/04/26(月) 12:36:08 ID:LFxwNnDn
全面的にどっちがという訳ではないけど
ほぼ結論は出たかんじですかね・・・

314 :名無しの笛の踊り:2010/04/26(月) 15:41:13 ID:fDx6gKSS
いや、まだ結論出すには早いぞ。
実演至上主義者たちはどういうCDを持ってるか気になる。
実演について散々偉そうに語っといて
持ってるCDはカラヤン、クライバー程度だと
そいつの基準する危ういもになる。
現実にはそこまでオーバーな奴はいないと思うが
近しいやつは実は多いのでは?

315 :名無しの笛の踊り:2010/04/26(月) 15:49:24 ID:W4LEcNQf
>>314
それが有効なパンチだと思ってるところに、お前の限界があるな。
そろそろ外に出て、ホールで音楽を聞いてみろ。

316 :名無しの笛の踊り:2010/04/26(月) 15:49:53 ID:Cs6nCouC
カラヤン・クライバーを無意味に馬鹿にする人のほうがどうかしてる。
そういう君は何を聴いてるやら?
このスレにグールドヲタが粘着してたがお前もそうか?w

317 :名無しの笛の踊り:2010/04/26(月) 15:57:02 ID:JXzRkMiz
>>315
きっと日頃実演を聴けない環境にいる人なんだよ、>>314は。
そうじゃなきゃ耳がないか

318 :名無しの笛の踊り:2010/04/26(月) 16:10:49 ID:fDx6gKSS
カラヤン、クライバーはたとえ話だろ
もっと極端な話をすれば普段CDは全く聴かないけど
国内オケの生演奏だけ聴いてるって奴もいるかもしれないじゃないか。
実演厨の中には下手な演奏がデフォになってる奴もいるかもしれないってこと。

319 :名無しの笛の踊り:2010/04/26(月) 16:12:49 ID:Cs6nCouC
今度は国内オケを無意味に嗤うかw
外国のオケならどこでも上手いとか思ってるんじゃね?w

320 :名無しの笛の踊り:2010/04/26(月) 16:15:15 ID:fDx6gKSS
ただの言葉尻をつかまえてるだけじゃんw
じゃあ言い方変えるけど録音の方がクオリティの高い演奏に出会える確率が高いのでは?

321 :名無しの笛の踊り:2010/04/26(月) 16:18:15 ID:Cs6nCouC
>クオリティの高い演奏に出会える確率が高いのでは?

はいダウト
下手なやつは録音だろうが実演だろうが下手
上手いやつは録音よりも実演のほうがクオリティーがうえのことが多い

322 :名無しの笛の踊り:2010/04/26(月) 16:18:46 ID:W4LEcNQf
>>320
出た!
バカの一つ覚え
『クオリティの高い演奏』


323 :名無しの笛の踊り:2010/04/26(月) 16:19:46 ID:JXzRkMiz
というか、二つを同列に比較してる時点で駄目だろ
実演で出会える感動は、>>320の言う「クオリティ」とやらとは次元が違うんだって

324 :名無しの笛の踊り:2010/04/26(月) 16:26:39 ID:fDx6gKSS
なんかお前らの言ってることを読んでると気の毒になってくるよ。
なにかっちゃうわごとのように感動が違うとか大丈夫か?
ほとんど宗教じゃねえか。教えられなくたって演奏会には何百回と行ってる。
その上でどっちが偉いかってスレの趣旨にそってフッてるだけだろうが

325 :名無しの笛の踊り:2010/04/26(月) 16:28:25 ID:Cs6nCouC
>演奏会には何百回と行ってる

さっきから読んでたらホールにそれだけ通ってる人の台詞とは思えんがw

326 :名無しの笛の踊り:2010/04/26(月) 16:34:29 ID:fDx6gKSS
クオリティに触れられたくないのは
実演だと必ずと言っていいほどミスがあるからなのでは?
そのことには目をつむって感動がどうとか
お前らの言い方だと演奏の出来不出来とは関係なく
生ならなんでもいいって言ってるようにきこえるが?


327 :名無しの笛の踊り:2010/04/26(月) 16:49:59 ID:2xwPDi0t
>>326
多少不揃い箇所があっても、多少ホルンが音はずそうが、
音楽の流れ、印象にはあまり影響が無い場合がある。
致命的な音はずしや崩壊があっても、その部分以外充分感動的に終始する場合もある。

何百回もコンサートに行ってりゃそれくらいは知ってるわな?
部分的に悪いと全体が悪いとしか思えない聞き方しかできないのなら仕方ないが。

328 :名無しの笛の踊り:2010/04/26(月) 17:01:16 ID:W4LEcNQf
ID: fDx6gKSS
って、少しでもミスがあると、その演奏は全否定されるべき存在だと
認識するバカコンピューターみたいな知能の持ち主なんだな。
327がすべて書いてくれているが、生演奏には、多少のミスを
覆い隠すものもある。
もちろん、ダメダメなときもあるが、そういうのをひっくるめた
魅力が生にはあるんだよ。

ミスがまったくない演奏なんかあり得ない。
だから録音では編集する。それはそれでいい。
でも、家でオーディオから再生される音とホールの生の音を
比べるなんて発想自体がナンセンス。

329 :名無しの笛の踊り:2010/04/26(月) 17:34:58 ID:mInA4PjD
>>カラヤン、クライバー程度

とても気になる。
もっと程度の高い演奏の指揮者を是非教えてくれっ!

330 :名無しの笛の踊り:2010/04/26(月) 17:36:02 ID:fDx6gKSS
>比べるなんて発想自体がナンセンス。
だったらなんでこのスレにいるんだっつうの。馬鹿か。
もうその言い回しは結構。あとくだらない言葉尻掴むのもいい加減にしろ。

まあ上にもあるけどそもそも感動が勘違いなら
それは実演でも録音でもどっちでもいいワケだよ。
俺個人の考えとしても正直どっちだっていい。
それを実演だと違うとか怪しいことぬかすから
ちょっと待ったと言いたくなるワケだよ。
さっきから音の話ばっかじゃねえか。
音以外の要素もあんだろがよ。この腐れ実演原理主義者共が

331 :名無しの笛の踊り:2010/04/26(月) 18:20:28 ID:W4LEcNQf
>>330
>だったらなんでこのスレにいるんだっつうの。馬鹿か。
>もうその言い回しは結構。あとくだらない言葉尻掴むのもいい加減にしろ。
お前みたいな馬鹿を揶揄うためにいるんだよ。
判ったか、バカ。

332 :名無しの笛の踊り:2010/04/26(月) 18:23:33 ID:W4LEcNQf
で、
ID: fDx6gKSS
の考える「音以外の要素」ってなんだ?
ここにはそれも書き尽くされてるがな。
お前は過去ログ読めないんじゃないのか?


333 :名無しの笛の踊り:2010/04/26(月) 19:44:58 ID:JO/yl/xq
> この腐れ実演原理主義者共が

これがこいつの本音。
それとクラシックに対する限界だな。

334 :名無しの笛の踊り:2010/04/26(月) 20:45:31 ID:ZsPGla48
カイザーが、ある演奏家を理解するためには実演と録音の両方を
聴いていなくてはならない、みたいなことを書いてました
(『ベートーヴェン32のソナタと演奏家たち』)。
でも最終的にどっちを取るかとなれば実演ですね。
はずれもあるけど大当たりに出会うとね・・・

335 :名無しの笛の踊り:2010/04/26(月) 20:47:51 ID:ijlvaXT9
音楽は、外れを引くのも音楽のうち。
全部が全部当たりではない。
これも自然の摂理。

録音は毎回同じ。
カップラーメンと有名ラーメン屋のラーメンの関係。
本物は、毎回味が違う。

336 :名無しの笛の踊り:2010/04/26(月) 21:45:59 ID:QWHJ8es9
>カラヤン、クライバー程度



世界屈指の名指揮者だった人たちけど?


337 :名無しの笛の踊り:2010/04/26(月) 21:49:44 ID:bzMW32rK
カラヤンとクライバーを貶めるなんてかわいそうな耳だなw
好き嫌いは別にして

338 :名無しの笛の踊り:2010/04/26(月) 21:52:21 ID:QWHJ8es9
ラファじゃねえの?録音録音わめいてるの

339 :名無しの笛の踊り:2010/04/27(火) 00:34:05 ID:QXMmWoSv
>>337
確かに可哀相だが、カッコつけてるだけだと思う。

340 :名無しの笛の踊り:2010/04/27(火) 00:50:47 ID:Lbp3qHjk
日が変わってIDも変わったから、また「煽りクン」は活躍するかな。
今日はどんなキャラで来るのかな?

341 :名無しの笛の踊り:2010/04/27(火) 14:39:46 ID:2tVpHbXw
俺は>>314さんじゃないけど、同意見だな。
実演厨は言葉尻捕まえて絡んでるだけで反論になってない。
録音と実演の何が違うのか科学的根拠を示せる奴はここには一人としていない。

342 :名無しの笛の踊り:2010/04/27(火) 14:48:01 ID:2tVpHbXw
なんか実演アルカイダの連中の意見は宗教じみてて気持ち悪いんだよね。
空気が違うとかさ、感動がどうとか、どうでもよくね?
なにかっちゃ音のことしか言わない。音キチガイ。
CDやレコードをコレクションするお金がありません、
良いオーディオを揃えられませんって素直に言えばいいのにねw

343 :名無しの笛の踊り:2010/04/27(火) 14:50:54 ID:Mo/DaHQi
そうですね。
生身のいい女とDVDで見るいい女、
何が違うか科学的根拠なんて難しいんで、
DVDで充分ですね。

>>341
君の場合

344 :名無しの笛の踊り:2010/04/27(火) 14:57:38 ID:PZ6HqNLy
ID: 2tVpHbXw
そうやって翻る意図は?
君が外の世界が恐くて部屋から出られずに、家族にだけデカい態度で
暮らしている反映か?



345 :名無しの笛の踊り:2010/04/27(火) 15:27:56 ID:2tVpHbXw
昨日から黙って聞いてりゃいい気になりやがって。
お前らなんか生なら何万でも出す生演マゾヒストのお布施野郎じゃねえか。
チケット高いと思わないの?へえ〜お金にはかえられない何かがあるんだ?
それはきっと君たちの心には一生の宝物として残るんだね。良かったね。
バーカ!おっぱい!

346 :名無しの笛の踊り:2010/04/27(火) 15:36:15 ID:PVrXcD+N
やはりこのスレ粘着のおっぱい男202だったか。
お疲れ様。

347 :名無しの笛の踊り:2010/04/27(火) 16:22:27 ID:PZ6HqNLy
つーか、構ってちゃんだったのか。
哀れなヤツ。

348 :名無しの笛の踊り:2010/04/27(火) 17:17:56 ID:1zU6wrIj
科学的根拠って・・・?
科学は「こうなっている」は示すけど
「なぜそうなっている、なぜそれがある」かは
言わない。なんでも科学で説明されれば
納得するんでしょうかね・・・?
地球上のことで科学が説明していることって
どれくらいあるんでしょうかね?

349 :名無しの笛の踊り:2010/04/27(火) 17:26:00 ID:2tVpHbXw
お前らの精神論は聞き飽きたつってんだよ。
実演聴くのがそんなにステータスなわけ?実に馬鹿だなあ。
道行く女子を捕まえて言ってごらんよ。
「デュトワ指揮フィラデルフィア管弦楽団のコンサートに行くんだ」てね。
みんなふ〜んだよ。そんなもんだよ。
目を覚ませ。いったいいくらお布施したんだ。
田舎の父さん母さんに何か送ってやれ。な?
もういいだろ。

350 :名無しの笛の踊り:2010/04/27(火) 17:34:33 ID:AV/OlHC7
>>349

こっちはみんなもういいとおもうけど、
おまいはいいのか?
この際、全部出しちまったほうがいいぞ。

351 :名無しの笛の踊り:2010/04/27(火) 17:36:12 ID:2tVpHbXw
まあ10歩譲ってどっちが偉いとかどっちが優れてるとかの話はもういいや。
ところで実演を良しと思ってる人たちに聞きたいのだが
実演を聴いて感動したとして、後には何が残るの?
煽りとかではなく教えてほしい。
何万も払って行く価値があるのかどうか
ぶっちゃけた話どう思ってるの?

352 :名無しの笛の踊り:2010/04/27(火) 17:48:47 ID:AV/OlHC7
>実演を聴いて感動したとして、後には何が残るの?

深い感銘が後々まで残るよ。

>何万も払って行く価値があるのかどうか

基本的にはみんな価値を認めてるとは思うけど、
コストパフォーマンスは必ずある。
BPO,VPOあたりはかなり高いので、
評判のいい指揮者(好みのCDの指揮者がいいが)で、
そう高くないオケをを選べ。

日本のオケでも当たりは結構あると思うぜ。

353 :名無しの笛の踊り:2010/04/27(火) 17:55:31 ID:PZ6HqNLy
ID: 2tVpHbXw
おっぱい君は、もう撤退したんじゃなかったのか。
いいかげん、往生際が悪いぞ。

で、351にマジに答えると、高いコンサートでも安いコンサートでも、
どれも「一期一会」なんだよ。
安くてもいいコンサートにあたると、とても幸せな気持ちになるし。
日本のオケは、だいたい、レベルが高い。東欧のしょぼいところより
ずっといい演奏をする。
おれは超一流の来日公演はいかないが(オペラは行くが)。


354 :名無しの笛の踊り:2010/04/27(火) 18:38:15 ID:rw60pYwV
いいオーディオで宇野なんかが推薦するCD聞いてるんだろ?
煽ってる奴は。

カラヤンやクライバーをおとすくらいだから。

金と時間の無駄じゃんw

355 :名無しの笛の踊り:2010/04/27(火) 18:43:13 ID:rw60pYwV
素晴らしいオーディオで、朝比奈やクナ、バックハウスなんかを真剣に聴き入る様子を想像するだけで笑える

356 :名無しの笛の踊り:2010/04/27(火) 19:16:08 ID:oDmQmYU8
録音でもあるかもしれませんが(私はいまのところありませんが)
人生を変えるような、一生忘れらないような、人生を支えられる
ような、人生は生きるに値するものだと本当に思えるような、
そういう感動を実演でもらったことがあります。毎日をそれに
支えられています。

357 :名無しの笛の踊り:2010/04/27(火) 21:18:30 ID:wFhrQhNN
>実演を聴いて感動したとして、後には何が残るの?
感動も知らない奴に(ry

358 :名無しの笛の踊り:2010/04/28(水) 00:16:47 ID:VXKqCBTp
生演奏でしか得られない音楽体験ってあるよな。

359 :名無しの笛の踊り:2010/04/28(水) 01:45:46 ID:tcabdpNq
上にあったけど

絵の実物と絵画集の違い 

           だな

360 :名無しの笛の踊り:2010/04/28(水) 06:08:16 ID:pCPeR5HA
>>359
絵画の場合は、過去の作品の現物を見ることができるから、同意できるんだけど、
音楽の場合は、過去の演奏そのものを聴くことはできないから、録音に頼るしかないかと。

361 :名無しの笛の踊り:2010/04/28(水) 07:10:14 ID:5aBIaom1
絵画はコピーできるんだよ。
筆遣いがどうのとかいうのは、現代音楽の演奏と同じで、古典作品とは関係ないところ。
モナリザとモナリザのコピーは、金銭に置き換えた価値は天文学的金額とゼロの違いがあるが、
絵画の中身は同じ。見る人に与える影響は同じ。
ルーブルの中の額縁で見ても、自宅の壁にかけてあっても同じもの。

音楽はコピーできない。これは自明だと思う。時間を媒介にしてるので、保存できない。
料理も一回食べたら、吐いて戻すことはできないのと同じ。生でないといけない。
基本的に録音も、ライブ録音が最も音楽を殺さずに保存できる。

362 :名無しの笛の踊り:2010/04/28(水) 07:15:19 ID:otUhF6HB
イミフ↓
筆遣いがどうのとかいうのは、現代音楽の演奏と同じで、古典作品とは関係ないところ。

間違い↓
絵画の中身は同じ。見る人に与える影響は同じ。
ルーブルの中の額縁で見ても、自宅の壁にかけてあっても同じもの。
基本的に録音も、ライブ録音が最も音楽を殺さずに保存できる。


363 :名無しの笛の踊り:2010/04/28(水) 07:54:39 ID:yiO7KhGd
>>361「ゲルニカ」や「睡蓮」実物大でコピーしてみようね
あ、釣られたか…

364 :名無しの笛の踊り:2010/04/28(水) 09:33:50 ID:gAWXQocw
↑輪呂田www

365 :名無しの笛の踊り:2010/04/28(水) 09:40:21 ID:cspl/2Cs
>>361 本物とコピで見るひとに与える影響は同じ
   モナリザクラスの作品でも

でかい釣り針だな。
だが、こんなかなしい憐れむべき主張がこれまでにあっただろうか。
一読して目から水があふれてきた・・・

366 :名無しの笛の踊り:2010/04/28(水) 10:39:13 ID:cXF8fgQv
録音は実演ではありえない変なバランスの音が多いよ。
オケでは弦楽器とユニゾンで入ってるはずの木管が消えてたり、室内楽でも伴奏やってる楽器が
何やってるかわからなくなってたりな。生で聴いて「発見」することも実は多いんだよね。

367 :名無しの笛の踊り:2010/04/28(水) 11:30:50 ID:8TpL49Ly
ライブは録音条件が悪いので、音漏らしが付きもの。セッションは録音用にセッティングできるので、まし。

368 :名無しの笛の踊り:2010/04/28(水) 12:09:38 ID:g/nii4S9
セッションでも特定のパートの音が消えるなんてのはしょっちゅうだよ。

369 :名無しの笛の踊り:2010/04/28(水) 13:12:48 ID:jYZsMd2t
録音じゃ実演ほどの感動は得られない。もしくは感動の質が違う。
これは録音、実演そのものについて言われてるわけで
みんなが同じ知識&経験をもってるとは限らないから
結局一概に比較はできないよな。
例えば昨日今日クラシックを聴き始めた奴が実演を聴いて感動したっていうのと
録音しか聴いたことのないクラ歴50年の奴が聴いて感動したっていうのとでは
意味が違うと思うんだが。それ言い出したらキリないか。

370 :名無しの笛の踊り:2010/04/28(水) 16:57:13 ID:RLcch0ZH
>>351

>何万も払って行く価値があるのかどうか

何万ってどういうコンサートだよw
オペラならともかく普通のオケの定期演奏会程度では何万もしないぞw

371 :名無しの笛の踊り:2010/04/28(水) 17:01:06 ID:aEhue+5W
351様がおっしゃるのは、外国の超一流オケの来日公演の
S席っていうお話なのでありましょう。

372 :名無しの笛の踊り:2010/04/28(水) 17:02:24 ID:cspl/2Cs
最低50歳にもなった人
クラ聞き続けて50年にもなる人が感動できる演奏といったら
相当異色の名演だと思います。
もしかしたら昨日今日クラシックを聴き始めた人が同じ演奏を聴いても
感動しないかもしれませんね。何コレとか言って

373 :名無しの笛の踊り:2010/04/28(水) 17:22:40 ID:zpXwFeLw
「感動」ということばによって意図しているものが
書く人によって違うような気がします。(悪いけど)
単に「すごいっ!」を「感動」という人と、一生心に
残って消えずにその人の人生を支え続けるような「感動」と。
どっちが上・下と言うのではありませんが、ちょっと違う
ことがらを暗闇で手探りで探し合っているような議論かな・・・
読んでてとてもおもしろいしためになるんですが・・


374 :名無しの笛の踊り:2010/04/28(水) 17:27:08 ID:1zivc70r
>>372
評論家ご推薦の古い巨匠のこってりした盤ばかり聴いてるから、ちょっとでも違うことされると嫌になって、ミスばっかりが耳につくのなw


375 :名無しの笛の踊り:2010/04/28(水) 17:29:06 ID:jYZsMd2t
みんな経験値がバラバラなのに
主観で語ろうとするから混乱するのでは。
単純な比較だったらアンケートでもいいわけだし
圧倒的に生演がいいって声が多いってことは
実演>録音でFAでいいんじゃね

376 :名無しの笛の踊り:2010/04/28(水) 17:31:57 ID:/ZuX4Iqx
>>374

俺それ10代に陥ったよ。今おもうと恥ずかしい限り。

377 :名無しの笛の踊り:2010/04/28(水) 17:33:29 ID:1zivc70r
素直に作品にふれる、作品を知る意図なら、録音はありがたいけど、
名盤はこれだ、これしかないという風潮が聞き手を洗脳し、実演の感動を薄くしてると思う。
クラシックに絶対的な演奏の回答をもとめたら、その時点でクラシックじゃないんだよ

378 :名無しの笛の踊り:2010/04/28(水) 17:44:54 ID:1zivc70r
基礎的なことを含め、作曲家の意図にそぐわない演奏は駄演と言うのはいいと思うけどね


379 :361:2010/04/28(水) 18:55:42 ID:bGX2ZFPQ
>>361 本物とコピで見るひとに与える影響は同じ

絵は、画像データだけでは決まらないことの裏返しなんだよ。
ルーブルの額縁に入った絵と、チラシの裏にコピーしたものは、
仮に同じ画像データだったとしても、受け取る側の印象は大きく異なる。
これは、絵が絵だけでは決定されない相対性を意味している。
「すごい」と思うことが重要であって、画像データだけ見ても、
本物であると思っている場合と、コピーだと思ってる時の気持ちは変わってくる。

音楽や料理は、すごいかすごくないかは、鑑賞者の味覚や音楽性で決定される。
一流シェフが作ろうが、母親が作ろうが関係なく、旨ければいい。
この際に、保存食や保存音楽が生・天然物よりも劣っているのは、
証明できない自明であって、ダビンチ作であることが重要であるモナリザの絵とは全く意味が違う。
もしダビンチ作じゃなかったら、もしくはそうでないことが分かったら、あれは単なる婦人画にすぎない。

380 :名無しの笛の踊り:2010/04/28(水) 19:51:47 ID:1zivc70r
芸術は各分野の独自性が強くあるから、なんでもかんでも一緒くたにしないでね

381 :名無しの笛の踊り:2010/04/28(水) 20:02:20 ID:IpGtEd4j
要するにアレでしょ

生演奏=蟹
録音=かにかま

まぁそりゃ蟹のほうがいいよねってこった

382 :名無しの笛の踊り:2010/04/28(水) 20:16:32 ID:OJq6aOD0
油絵=修正だらけのスタジオ録音
墨絵=一発勝負のライブ演奏

薄暗いルーブル美術館で見たモナリザには何の
感動も沸かなかった。
レプリカのモナリザを明るいところでじっくり
鑑賞するほうが、絵から受ける感銘が大きい。

ルーブルのモナリザ=ライブ演奏
レプリカのモナリザ=録音演奏

383 :名無しの笛の踊り:2010/04/28(水) 21:35:45 ID:1zivc70r
ちなみにハナサキガニとカニカマの食感は非常によく似ている

384 :名無しの笛の踊り:2010/04/28(水) 22:00:33 ID:bGX2ZFPQ
絵は主観なんだよ。作者の主張。ある意味文学と同じ。
その本当の中身は作者しか分からないし、価値は相対。

音楽、特にクラシック音楽は客観性、普遍性をもつ。
録音は生の一部を表現できるが、捻じ曲げることも多い。
ただし、不味い生より、旨い録音の方が勝る。

385 :名無しの笛の踊り:2010/04/28(水) 22:05:30 ID:UbRTKxFo
バク厨曝しage

386 :名無しの笛の踊り:2010/04/28(水) 22:34:49 ID:OJq6aOD0
録音演奏をカニカマにたとえるのはおかしい。
録音は超一流の演奏家の演奏。
カニが一切入っていないカニカマとは違う。
(カニエキスは入っている?)
たとえるなら長期保存が可能なカニ缶。
風味が少なく食感も多少悪くなっている
かも知れないが本物のカニを詰め込んで
ある。

387 :名無しの笛の踊り:2010/04/28(水) 22:44:56 ID:bGX2ZFPQ
カニ缶は、保存料、抗酸化剤、濃い味付けなどを避けることは難しい。
これを何とかうまくやると、カニの一番大事な部分をある程度届けられる。
ポイントは、カニの本質的な部分を分かってる業者が、その良さを消さずに処方を決めること。
これにより、安くてみんなが楽しめるカニを表現できる。

388 :名無しの笛の踊り:2010/04/28(水) 22:59:57 ID:1zivc70r
カニをほじる作業と演奏会に出かけることが似てるかもしれない


389 :名無しの笛の踊り:2010/04/29(木) 00:30:25 ID:ayJ4xJ3g
映画館でみる映画 vs DVDでみる映画 と似てるかな?
どっちも楽しめるのが一番という点で
そういう意味ではカニ缶もカニカマも楽しめるのがイイってことだねw
でも無果汁のジュースと100%のジュースだと無果汁のはあまり楽しめないわ…

390 :名無しの笛の踊り:2010/04/29(木) 00:55:33 ID:dn2DrIxK
グリガニでもミズガニでもベニズワイでも、ズワイの蟹缶よりうまい。
そういうことだろ

391 :名無しの笛の踊り:2010/05/01(土) 10:57:30 ID:nXFVkiMj
確率は低いけど本当にいいのに当たった時のCDとライヴを
比べるなんていうのは無意味なほどライブは凄い
同じ演奏家のでも、その曲のCDをしばらく聴かなくなっちゃうこともある
(ゲルギLSOのプロコなんかそうだった)
まぁ、\1000かそこらで手軽に繰り返し聴けるCDは少し目的が
違うような気がするけど・・・

でもアスパラは缶詰の方が好きだな

392 :名無しの笛の踊り:2010/05/01(土) 13:36:19 ID:dlsvLCzp
生演奏で目の前が真っ赤になるほど最強音に震撼したのは2回だった

○1983.10.15 .スベトラ・ソ国立響の革命4楽章でのアーラ・マムイコ女史の銅鑼
○1981.11.06 .カラヤン・BPOのブラ1 4楽章のコーダ コラールの金管

393 :名無しの笛の踊り:2010/05/02(日) 14:43:19 ID:kRe/A4rI
>最強音に震撼
音の強さ、大きさが一番大事なのね、

394 :名無しの笛の踊り:2010/05/02(日) 15:19:38 ID:IoT07EVy
大ボリュームならラジカセでいいじゃん。風呂場において

395 :名無しの笛の踊り:2010/05/02(日) 15:50:56 ID:qPtthIqj
ライヴを聴きなれている人にはすぐ判ると思うが楽器の音色
というのは音量に応じて変化をする
大きな音ならそれなりに荒々しい音がするがラジカセ等音響機器は
耳をつんざくような大音響の「ささやき声」も作り出すことができてしまう
便利と感じるか不自然と感じるかは聴き手次第

等とマジレスをしてしまった


396 :名無しの笛の踊り:2010/05/02(日) 23:52:03 ID:kO/8qhyE
どちらが偉いかなんてのはどうでもいいことだけど、
どちらに価値があるのか、という話ならば、生演奏になる。

誰がかが一期一会と書いているように、生演奏というものはその日、その場でしか聴けないものであり、
簡単に聴けるものに比べれば、価値があると言えるのではないかな?

特にオペラや声楽に関して言えば、これはもう人間は機械ではないのだから、
その場での指揮者とのやり取りや、緊張感といったものは、二度と聴けないと思えばこそ価値が高い。
だから生演奏の方が偉い、とも言えなくもないと思うが、どうかな?

397 :名無しの笛の踊り:2010/05/03(月) 11:54:16 ID:/ESVbuVz
生は客の反応が演奏に影響することもある。それによってCDでは味わえないすごい音が出ることもある。
やっぱり音楽は生でしょ。

398 :名無しの笛の踊り:2010/05/03(月) 17:28:38 ID:RFRwPoyl
>生演奏と録音はどちらが偉いのか

そんなもん生に決まっているじゃん!
缶ビールと生ビールどっちが旨い?っていうのよりはっきりしてるじゃん。


399 :名無しの笛の踊り:2010/05/03(月) 17:52:48 ID:RFiYcKsx
生演奏が良いって言ってる人は自分で言ってることの矛盾に気づいてないことが多いんだよ。
音楽とスポーツは別物だが例えばトラック競技で毎回条件が違う
(ハードコートだったりグラスコートだったり、右回りだったり左回りだったり)
そういうことはあり得ない。
なのに生演奏が良いという人は毎回違った方がいいと言いながら
演奏の善し悪しを同じ観点から論じようとする。まったくの馬鹿である。

400 :名無しの笛の踊り:2010/05/03(月) 17:59:03 ID:BZh35sx1
まあ、ポップスなんかは録音のために作られた様な曲が多い音楽なのだから、スピーカーやヘッドホンで聴くことに違和感はない。
むしろライブは口パクだったりするわけで、パフォーマンスとかビジュアル面に重点が置かれるし、聴衆(観客と言うべきか)もそれを期待しているのであって、
殊にに音質については録音が特に劣るということはない場合が多い。

一方、クラシックは蓄音機は疎か拡声器が発明される以前からあるものなので、当然、聴衆の面前で楽器を演奏して観賞してもらうために作られている。
録音に価値がないとは言わないが、飽くまで観賞の補足的なものという域から抜け出るものではないのは自明。

401 :名無しの笛の踊り:2010/05/03(月) 18:23:44 ID:Z5Yqseag
生演奏を機械を通してスピーカーで聴く場合と
完ぺきな録音・再生装置が存在したとしての生と録音の比較

をしてみてほしいなあ

402 :名無しの笛の踊り:2010/05/03(月) 18:48:44 ID:V9AcY9dR
>競技で毎回条件が違う
>(ハードコートだったりグラスコートだったり、右回りだったり左回りだったり)
>そういうことはあり得ない。
おまえスポーツも分かってないじゃん

403 :名無しの笛の踊り:2010/05/03(月) 18:52:17 ID:RFiYcKsx
>>402
はあ?一応現役のアスリートなんだが?

404 :名無しの笛の踊り:2010/05/03(月) 19:38:00 ID:j/z8jf/P
>なのに生演奏が良いという人は毎回違った方がいいと言いながら
>演奏の善し悪しを同じ観点から論じようとする。まったくの馬鹿である。

生は毎回違う音がする。
しかし、演奏の良し悪しが存在する。
これが貴重な、再生不可能な本物の音楽。

スポーツと同じで、毎回うまくいくとは限らない。
打率10割にはならない。

ごくたまに、奇跡が起きる。
ただし、奇跡に価値があるわけではない。これを勘違いしてはいけない。
普段の何気ないヒット一本が重要だ。

演奏家が命をかけて楽曲に取り組んだ本番の力を一回限り味あうしかない。
聞きなおしはできない。聞く方の集中力が非常に大事。

405 :名無しの笛の踊り:2010/05/03(月) 19:57:15 ID:ik7+c/iS
>>404 バク厨さんもたまには、ほんの少しまともなことを言うんだなw
>生演奏が良いという人は毎回違った方がいいと言いながら
>演奏の善し悪しを同じ観点から論じようとする。まったくの馬鹿である。
観点を決めねば演奏の評価は決めようがあるまい。
フィギュアスケートやスキーの検定などどうしてるのさ?
>毎回違った方がいいと言いながら
「毎回違った方がいい」とまでは言わないが、
いろいろな演奏に巡り会うのを楽しみにするのはあたりまえだろ。


406 :名無しの笛の踊り:2010/05/03(月) 22:03:43 ID:zoR6UqIT
>>403
「現役のアスリート」って馬鹿なの?

407 :名無しの笛の踊り:2010/05/03(月) 22:24:15 ID:j/z8jf/P
>フィギュアスケートやスキーの検定などどうしてるのさ?
フィギュアやスキーとは違って、
音楽の良し悪しを評価するための物差は唯一、人間の感情しかない。
直接的ではあるものの、非常に評価しづらく、変な客観性を持ち出される要因でもある。

毎回違うことと、良し悪しは直接的に関係しない。
ただ、生は毎回違うこと、毎回違うことが良い音楽と一体であることも我々は肌で知っている。

録音で優れた演奏が聞けることも知っている。
録音と生はどちらがよいか?生の方がよいと思ってるが、決して証明はできない。

408 :名無しの笛の踊り:2010/05/03(月) 22:33:40 ID:7a6ZcSc3
バク厨に何を言ってもムダだけどwwwwww
>音楽の良し悪しを評価するための物差は唯一、人間の感情しかない。
お前さんはそれでいいけど、絶対視なさるなよ。ちょっと,言い切りすぎですぜ。
音楽は情感だけじゃなくて,知性にも裏打ちされているんだぜ。
調子に乗りなさるな。ちょっとばかりファインプレー気味のコメできたからってよ。

409 :名無しの笛の踊り:2010/05/04(火) 13:36:40 ID:hnItHZXf
妬くなよ、ほっとけや

410 :名無しの笛の踊り:2010/05/04(火) 13:45:34 ID:WYJV17od
>妬くなよ
かわいいなあwwwwww

411 :名無しの笛の踊り:2010/05/04(火) 13:58:35 ID:h0oG7Fi+
生演奏の問題点
・評価は記憶に頼るために細かい確認に不向き
・幅広く第三者の評価を集められないため、基準が己のみになってしまい抽象的
・毎回条件が違うために単純な比較が難しい
・1回の演奏のために、予備知識、体調、精神状態、など調整が面倒



412 :名無しの笛の踊り:2010/05/04(火) 15:33:41 ID:Cth9c1+W
録音の問題点

・生演奏のサウンドを完全に再現できてない
・いつ聴いても同じ金太郎飴
・時間が経てば音が確実に劣化する
・最初にあげた理由によりただの機械いじりに没頭するオーディオヲタを量産する

413 :名無しの笛の踊り:2010/05/04(火) 20:14:24 ID:tK7LE9nE
                                                        ハ,,ハ
                                                       ( ゚ω゚ )  お断りします
                                                      /    \
                                             ハ,,ハ     ((⊂  )   ノ\つ))
                                      /^)^)    ( ゚ω゚)       (_⌒ヽ
  '⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒ヽ ⊂゙⌒゙、∩   (⌒(´_, ,_)  (_, `)    / つつ        ヽ ヘ }
 ヽ__乂__乂__乂__乂__乂__乂__乂__ノ  ⊂(。ε。)   し ヽ,),,)   と_ノ    (_,ヽ_)_)    ε≡Ξ ノノ `J


414 :名無しの笛の踊り:2010/05/04(火) 23:17:00 ID:Vt//Hc1C
>音楽は情感だけじゃなくて,知性にも裏打ちされているんだぜ。

これって相当考えにくいと思うけど。
どういう観点でこれが言えるの?

寿司やラーメンを理解するのに知性は必要ないし、関係しないよね。
味覚だけで決定されるでしょ。

古典音楽も音楽性だけで決定されて、知性に依存しないと思うけど。
なぜそんなことが言えるの?

415 :名無しの笛の踊り:2010/05/05(水) 00:10:31 ID:1AJPlskG
知ってればより楽しめる事もある。

416 :名無しの笛の踊り:2010/05/05(水) 00:11:27 ID:94eut++w
バク厨が暴れ出したと聞いて飛んできました

417 :名無しの笛の踊り:2010/05/05(水) 00:25:39 ID:USmkY1XC
>古典音楽も音楽性だけで決定されて、知性に依存しないと思うけど
おまえに知性の無いことだけはよく分かった。楽典でも勉強してみたら?

418 :名無しの笛の踊り:2010/05/05(水) 00:43:24 ID:hG7B5jBL
バク宙君もまともな調子でレスできるんですね。
>寿司やラーメンを理解するのに知性は必要ないし、関係しないよね。味覚だけで決定されるでしょ。
音楽は知性は必要ないし、関係しないよね。聴覚だけで決定されるよね。って、書き換えたら変だと思いませんか?
なぜ「聴覚」を「音楽性」にすり替えて悦に入っているんですか?
他の学問や知能との関連については全く存じ上げませんが、関係性0でしょうかね…

419 :名無しの笛の踊り:2010/05/05(水) 00:55:09 ID:CGgjZU0H
バク宙君?とやら。
どこぞの隔離スレに
>音楽の理解に「楽譜の知識」や「音楽史の能書き」は不要
などと、理論、知性不要をひたすら唱えつつ無様に逃走したコテがおりましたが、
あなたも同類項ですか?
私も音楽によって引き起こされる感情が重要だと思います。
でも感情でしか音楽を捉えられないとしたら、可哀相だと思いますね。或いは、バックハウスを童心で捉えられる奇跡の人ですか?
あなたの主張には一貫性があるようですが、いかんせん言語が不自由とお見受けします。
知性の欠如ですかね。あの○ファというクソコテと比べるのは気の毒なので…。

420 :名無しの笛の踊り:2010/05/05(水) 01:13:45 ID:6A3RcgnQ
はいはい、そこまで。いい加減スレチ

421 :名無しの笛の踊り:2010/05/05(水) 06:59:35 ID:yNhnNmDK
>>411
一番重要なことを忘れとるぞ

・聞きたい曲を聞きたい時に聞けない

422 :名無しの笛の踊り:2010/05/05(水) 08:33:36 ID:1V/og/X0
>音楽は知性は必要ないし、関係しないよね。聴覚だけで決定されるよね。って、
>書き換えたら変だと思いませんか?

変ですか?古典音楽の場合、予備知識の類は先入観を生むだけでマイナス面が多いと思いますが。
上でも何人かが書いているように、生の音楽は集中力が大事、体調が大事ですね。
ただ、体調が良いから音楽を味わえるということはない。
むしろ逆も多いでしょう。音楽を欲している状態が一番大切かと思います。
要するに食べ物なら、お腹がすいてる時です。

>なぜ「聴覚」を「音楽性」にすり替えて悦に入っているんですか?
聴覚は味覚と同じ関係ですね。
味覚は、各個人で嗜好性があるものの、人類共通の方向性が存在します。
これは知識や知性に依存しないのは明白でしょう。
同じように、音楽的嗜好性、音楽能力のことを音楽性ということができます。
音楽を作るときには体系の理解が必要ですが、これは科学の領域ですね。
知識の積み重ねとは違うものです。

423 :名無しの笛の踊り:2010/05/05(水) 10:08:17 ID:yyCoUE/F
↑ スレチ気味だ。ラファスレでやれや

424 :名無しの笛の踊り:2010/05/05(水) 10:30:10 ID:qVHUUnIa
> 生演奏と録音はどちらが偉いのか

そんなの単純。
「偉い」とは何かによる。

アイウエオ順で先に現れる方が「偉い」のならば、生演奏が偉い。
ABC順で先に現れる方が「偉い」のならば、これも生演奏が偉い。

その他の定義ならば、その定義による。
議論する価値など、特に何もない。

425 :名無しの笛の踊り:2010/05/05(水) 11:27:12 ID:jUgbV7z+
生演厨乙
録音が偉いに決まってる。>>411に誰も反論できないのが証拠

426 :名無しの笛の踊り:2010/05/05(水) 11:31:03 ID:boWAmlFx
問題点のないものなどあるのか?
演奏会の不便に退所したものが録音。
それだけの話。
敢えて反論が必要であろうか、>>411のご指摘はそれはそれで、というだけのこと。
>>411の文章が一部変なのはご愛敬として。

427 :名無しの笛の踊り:2010/05/05(水) 11:33:04 ID:boWAmlFx
退所 → 対処

428 :名無しの笛の踊り:2010/05/05(水) 11:46:33 ID:vEY5w2HG
>>411-412 は,優劣というよりも相違だと思うがな。
録音は過去の名匠達の遺産に触れられるほぼ唯一の手段なのは大きいけどな。
経済的・時間的余裕があれば現在活躍中の演奏家の生に接する機会は最大限に生かしたい。
今が'50〜'60年代なら、間違いなく録音ではなく演奏会に行く方をとるけどなw
過去の巨匠と現在の演奏家を比べるというスレちがいなネタには発展しないで欲しいが。
ネタスレでマジレスしちまったいorz

429 :名無しの笛の踊り:2010/05/05(水) 15:13:33 ID:9bcYeW+w
411に関してというか、どうして音楽を純粋に楽しむという観点がないのか、理解に苦しむ。
生演奏を聴きに行くというのは、評価や比較をするためだけじゃないはずだよね?

生演奏ってのは毎回が新しい出会いだと思うんだけどね。
別に録音を否定するつもりはないけど、毎回おんなじ音源で、つまらなくないかい?
感動は薄れるし、すでに過去のものだよ。

430 :名無しの笛の踊り:2010/05/08(土) 09:55:42 ID:faUnM2Lk
或るピアニストが「日本の聴衆は音楽を聴いて楽しむだけでなく
何かを学ぼうとしているの見て驚愕した」と言っていた
褒められているのか馬鹿にされているのか、正に411の事かも
俺は簡単に手に入るから一日中CDを聴いているけど月2,3回のライヴ派
第三者の評価なんてクソくらえだし(興味はあるけどな)
予備知識なんてとんでもない これから一生付き合うかもしれない曲の
最初に出会った時の印象を大切にしたい
411は「絶対的な評価」があると勘違いしていない?
演奏の違いを楽しむというのは俺にとって、次々に現れる美人女優や
かわいいアイドルを愛でるのに似てるなと思う ちょっと不謹慎か?


431 :名無しの笛の踊り:2010/05/08(土) 10:05:33 ID:W9/kOoo0
>>430
そのピアニストは馬鹿にしているんじゃなくて、新鮮な驚きを表現しただけだと思うな
「ちょっとこいつらなに?」みたいな
おれも同じように感じること多いし

>ちょっと不謹慎か?

全然、不謹慎だと思わないよ
演奏もまた美を表現するものだからね

432 :名無しの笛の踊り:2010/05/08(土) 10:35:33 ID:VTprbyTF
おっぱい君元気そうだな

433 :名無しの笛の踊り:2010/05/08(土) 11:40:06 ID:ab6ZX8+7
>>430
最後の2行に君の音楽芸術に対する姿勢がよく現れてるよ。フッ..
予備知識がいらない?その理屈でいえば
のだめに影響されて昨日今日クラシックをかじりはじめた奴が
苦労して作り上げた楽聖ベートーヴェンの作品を
血のにじむような努力で這い上がってきた演奏家の演奏を聴いて
「つまんな〜い」て言う感想と、お前さんの意見は同レベルってことになるな。
初めての印象は誰だって平等なはずだからな。ククク...


434 :名無しの笛の踊り:2010/05/08(土) 11:44:23 ID:ab6ZX8+7
要するに>>430は人の意見はどうでもいいと言いながら
言葉の端々に自分は他人とは違うという特権意識が見え隠れしてるんだよ。
そうやっていつも人の事を見下して生きてきたんだね。
予備知識はいらないとは何様か。大作曲家に対して無礼千万。
貴様がベートーヴェンやモーツァルトと同等の感性を持ってるとでも?
うぬぼれるのもいい加減にしろ!


435 :名無しの笛の踊り:2010/05/08(土) 12:05:58 ID:XYBm5XXF
録音=整形美人
生演奏=ナチュラル美人

436 :名無しの笛の踊り:2010/05/08(土) 12:16:00 ID:W9/kOoo0
予備知識は無いよりあったほうがいいだろうが
必ずしも無ければクラシックを楽しめないというものでもないと思う
変に頭でっかちになって古臭い「名盤」ばっかり聴いてるのもどうかと思うしね

437 :名無しの笛の踊り:2010/05/08(土) 12:47:21 ID:hiyItsQE
うちの楽器の先生が、作品のオタクになるのはいいけど、
「名盤」オタクにはなるなと言ってた。すごく納得した。
この演奏はこうでなきゃいけない、というのは感性をせばめるね

438 :名無しの笛の踊り:2010/05/08(土) 13:10:58 ID:N6LeLwo8
ある演奏しか受け付けない≠せまい感性
作品について究めれば究めるほど、「こうでなくては」という確信に到達することもあるのでは…
とくにプロの方々は
と、釣られてみましたwwwwww

439 :名無しの笛の踊り:2010/05/08(土) 13:20:28 ID:W9/kOoo0
>「こうでなくては」という確信に到達することもあるのでは

プロでそれはありえない
もしそうだったら、半世紀前のレコードあればほかは要らないとか
日本人の評論家にありがちな話になってしまうし、それでは発展も成長も何も無い

440 :名無しの笛の踊り:2010/05/08(土) 13:21:15 ID:hiyItsQE
釣られてるのではなくて、不理解なだけだよ。残念だな
カルロス・クライバーの「田園という曲がわからなくった」という話知ってる?
作曲者の意図に到達したなどと思ってる演奏家はいないよ


441 :名無しの笛の踊り:2010/05/08(土) 13:23:24 ID:nw7aSu/R
てか、プロってそんなにCDやLPとか過去の名演・決定盤とかにこだわっていなくね?

442 :名無しの笛の踊り:2010/05/08(土) 13:28:04 ID:hiyItsQE
>>441
こだわってないよ。
教え子にそういう人が少なくないみたい
うちの先生は今度アルバム出すけど、あえてほかの演奏を聞かないようにしてるみたい。

>>430
日本人はクラシックの和音やリズムなんかをとらえる感性がまだまだ育まれてないから、予備知識はいるんだよ。
あっちの人はやっぱ違うもん


443 :名無しの笛の踊り:2010/05/08(土) 13:28:12 ID:Ok0gIN7p
聴き専の釣り針だらけだなw

444 :名無しの笛の踊り:2010/05/08(土) 13:29:51 ID:W9/kOoo0
>>441
そういうの無いね
「尊敬する演奏家」は当然居るけど
別にその人の演奏しか聴いてないとか無いし
オーディオに疎い人も多くて
びっくりするぐらい貧弱なシステムで聴いてる人も多い

445 :名無しの笛の踊り:2010/05/08(土) 13:59:53 ID:pYccF5PZ
釣りスレで言うのもなんだけどさ
その人の感性や知識・経験によって「録音(名盤)」「生演奏」の折り合いを上手くつけていくしかないし、
実際そうしているんでしょう(と思う)。
プロ(含む作曲家)は知らず。


446 :名無しの笛の踊り:2010/05/08(土) 14:59:06 ID:FOKcy4q+
昔、作曲していた時はipodやCDウォークマンで聴いていたな。
つまり金がなかった。辞めてからは数百万かけたシステムで
聴いているが。


447 :名無しの笛の踊り:2010/05/08(土) 21:32:53 ID:qqiY8fEC
一応演奏にかかわっているけど、オーディオには興味無くなった。
1000円のヘッドホンをパソコンにつないで聴いても、なんていうか、脳内
補完できてしまうんだよね。そりゃま、良い音で聴くに越したことは無い
けど。

それに、自分が演奏する楽器の音が、体を伝わって振動してくる感覚は、
いかなるオーディオ装置でも再現はできん。

448 :名無しの笛の踊り:2010/05/09(日) 04:10:40 ID:LN2fQW4Q
股間にオーディオ装置をくっつければ>>447の悩みは解決するはず。

449 :名無しの笛の踊り:2010/05/09(日) 09:33:30 ID:sUIq+xFK
作曲をしたり演奏する側からすれば予備知識なんていらないから
(例えば通りすがりの人でもいいから)もっと気楽に聴いてほしい
と思ってるうじゃないか 411は何か苦行をしてるように見えるな

450 :名無しの笛の踊り:2010/05/26(水) 19:56:14 ID:/chaU904
「凡そ詩人を解するには、その努めて現そうとしたところを極めるのがよろしく、努めて忘れようとし隠そうとしたところを詮索したとて、何が得られるものではない」
若い頃に小林秀雄から学んだことの一つだが、何も詩人に限ったことではあるまい。

私はこれまで仕事柄、マニュアルのほとんど通用しない世界で生きて参りました。
ある生徒の性格なり頭脳の傾向なりを2〜3の問題への反応から判断しその生徒なりしクラスの傾向に合わせた授業をしてきた訳です。

1回目の授業がその年の、或いは講習会の成功の鍵を握っていたのです。それさえ掴んでしまえばあとはほぼ思い通りに進めました。

しかし、人間にも多様な面があり、最近個別対応の仕事をしていて「光の当て方」で同じ人間でも別の面が見えてきたりする(講義形式でこれをやるとうまくゆきません)。1割の中にともすると本人も気付かずにいるその生徒の才能があったりする。

さて、何度も申しました。「出てきた音楽がすべて」だと。皆さんにご忠告、「下手な予備知識」など排し、じかに音楽(演奏)に向き合っては如何かと。
無論、この場合、再生装置の性能、部屋の環境が重要な要素の1つになります。
同じ景色でも、天候、季節、時刻により様々な姿を見せるということです。

あ、実演では「小林研一郎さんの第九」が最高の熱演でした。

451 :名無しの笛の踊り:2010/05/26(水) 20:12:00 ID:JlnQwz0u
手を変え品を変えよくもまぁ
そうポンポン言葉が出てくるもんだよw

452 :名無しの笛の踊り:2010/05/27(木) 10:06:47 ID:dUEf+y5R
>>450
隔離スレにお帰りください

453 :名無しの笛の踊り:2010/05/30(日) 16:53:32 ID:JiEENVde
451.私は天から降り注いでくるものを視覚化しているに過ぎません。

452.「隔離スレ」とは、はて?私には、天からの声を言語化し、皆さんに伝える義務があるのです。

「構想は、宛も奔流も様に、実に鮮やかに心のなかに姿を現します。然し、それが何処から来るのか、どうして現れるのか私には判らないし、
私とてもこれに一指も触れることは出来ません。(略)こうして出来上がったものは、邪魔の這入らぬ限り私の魂を昂奮させる。すると、
それは、益々大きなものになり、私は、いよいよ広くはっきりと展開させる。そして、それは、たとえどんなに長いものであろうとも、
私の頭の中で実際に殆ど完成される。私は丁度美しい一幅の絵或いは麗しい人でも見る様に、心のうちで、一目でそれを見渡します。(略)
一旦、こうして出来上がって了うと、もう私は容易には忘れませぬ・・・・・」

ご存知、モーツァルトの有名な手紙の一節であるが、「頭の中に丁度一幅の絵或いは麗しい人でも見る様に」音楽が
その全体が鳴っているところが大切なのである。私がそうだからである。
私はオペラでさえ目を閉じて聴く。私は「一幅の美しい絵を見る様に」音楽を聴き、また弾きたいのである。

私がピアニストなら、音楽を弾き始めるまえに聴衆の存在は消えて、ひとり清里の聖アンデレ教会の蝋燭の炎が燈る一室で目を閉じ、一音一音に集中しながらベートーヴェン「作品109」を弾くことでしょう。

小女の恋の告白は消え入りそうな小声でなされるものです。「えっ」と聞き返しても二度とは
言わない。それがベートーヴェンには叶わない。
「作品109」を書く人間はこんな人であるはずである。

454 :名無しの笛の踊り:2010/06/04(金) 01:12:13 ID:GaWDRfNj
450.453

コピペもそろそろいい加減にされよ。

お主には「プライド」というものが無きや?

哀れ。


455 :名無しの笛の踊り:2010/06/04(金) 04:18:27 ID:GaWDRfNj
GaWD…

それは君のしている事だろ?

自分の人生を大切にしてほしい。人生一度きりですよ。

悪い事は言わない、明日にでも心療内科に行きなさい。

コピペなぞ詰まらぬことだ、止めたほうがいい。

トリップですぐばれてしまうよ。2ch.をなめてはいけない。いいね。

456 :ナノフレア ◆H6mBY5rVQU :2010/06/04(金) 13:36:03 ID:3UbuacGR
450.453.454.455

昨夜、心療内科に行くようにと忠告したが、君、心を病んでるね。

コピペして何が楽しいやら?

私の文章はまず「例の隔離スレッド」に現れる、コピペするにしろ当然時間差が生まれる。更に「トリップなきレス」はすぐに君だとばれる。

無駄な抵抗ですよ。

さあ、「生vs録音」の君の経験、見識を伺おうか?

私はすでにこのスレッド「87.90.129.245」に書いている。
さて、どうぞ。


457 :名無しの笛の踊り:2010/06/13(日) 03:47:37 ID:B/CPxaMb
流れを断ち切って申し訳なく…もないけど


録音って何回も聴くことを前提に作られてると思うんだ。
だから編集してより表現者の意図に近いものを作る作業を行う。
なのになんで最近のライブ録音は拍手入れたりすんの?
そのライブに立ち会った聴衆が熱狂したことは伝わるけど
そんな情報は自宅で繰り返し聞く場合には邪魔なだけだよね。
みんなCD買っても一回しか聴かないんだろうか。

しかも拍手入ってるって書いてないとか。
裏に拍手入りと明記しておいてくれれば間違って買わずに済むのに。

458 :名無しの笛の踊り:2010/06/13(日) 08:03:39 ID:VYfT4ab0
>>457
ライブってのは「実況録音」なんだからさ。
そういうドキュメント性がイヤなら買わなければいいだけ。

459 :457:2010/06/13(日) 12:45:50 ID:2JUJSlrZ
>>458
でもライブ録音でも編集されてたりすることはよくあるよね。
それはやっぱり一期一会のライブのドキュメント性よりも
録音としての完成度を上げることを重視していて
複数回の鑑賞に耐えうるものを作ろうとしているからだと思うんだ。
編集しているくせに拍手はカットしないとか矛盾してない?

ノイズカットするのを嫌う人がいるのはよくわかるんだけど
拍手カットするのを嫌う人がいるのは全く理解できないよ。


>そういうドキュメント性がイヤなら買わなければいいだけ。
いや、実際拍手が入っているものはイヤだから買わないんだけど
データとしては何も書いてないのに拍手入ってることってあるでしょ。
自分が持ってる有名盤だとテンシュテットのマラ6とか。
もちろんライブだとは書かれているけど。
あれ、すごくイラっとする。

460 :名無しの笛の踊り:2010/06/13(日) 16:58:21 ID:D+OU0ttK
演奏ミスは修正してあるのに、フライングブラボーはそのままになっている朝比奈のライブ盤。。。

461 :名無しの笛の踊り:2010/07/17(土) 15:29:18 ID:vhyTphlu
これ俺なんだぜ、やっぱり録音がいいわとか言いながら
タコ殴り


118 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)