5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ブラームスの交響曲全集 part11

1 :名無しの笛の踊り:2010/06/04(金) 08:53:55 ID:SxHrvFJj
前スレ
ブラームスの交響曲全集 part10
http://jfk.2ch.net/test/read.cgi/classical/1250678177/

過去スレは以下


2 :名無しの笛の踊り:2010/06/04(金) 08:55:03 ID:SxHrvFJj
過去スレ
ブラームス交響曲全集
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1129719318/
ブラームスの交響曲全集 part2
http://music6.2ch.net/test/read.cgi/classical/1144997102/
ブラームスの交響曲全集 part3
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/classical/1171263255/
ブラームスの交響曲全集 part4
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/classical/1182160463/
ブラームスの交響曲全集 part5
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/classical/1193393481/
ブラームスの交響曲全集 part6
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/classical/1204383342/
ブラームスの交響曲全集 part7
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/classical/1215915295/
ブラームスの交響曲全集 part8
http://jfk.2ch.net/test/read.cgi/classical/1226748956/
ブラームスの交響曲全集 part9
http://jfk.2ch.net/test/read.cgi/classical/1240015466/

関連スレ
■□□ ブラームス op.8 □□■
http://jfk.2ch.net/test/read.cgi/classical/1186763041/
ブラームスのピアノ曲
http://jfk.2ch.net/test/read.cgi/classical/1188366279/
ブラームスのヴァイオリン協奏曲ニ長調Op.77
http://jfk.2ch.net/test/read.cgi/classical/1238814649/
ブラームスの協奏曲
http://jfk.2ch.net/test/read.cgi/classical/1211603702/


3 :名無しの笛の踊り:2010/06/04(金) 08:56:48 ID:SxHrvFJj
すまん,抜けた

ブラームスの交響曲全集 part10
http://jfk.2ch.net/test/read.cgi/classical/1250678177/


4 :名無しの笛の踊り:2010/06/04(金) 10:03:33 ID:6fP+7ysc
最近ザンデルリンク話題にならないね

5 :名無しの笛の踊り:2010/06/04(金) 10:23:08 ID:9etqfQOS
ザンデんでした。残念!

6 :名無しの笛の踊り:2010/06/04(金) 17:38:08 ID:iDG+gFuV
>>4
死んでるリンクなどどうでもよいわ

7 :名無しの笛の踊り:2010/06/04(金) 17:41:42 ID:TaqXzMxH
明るすぎといわれようとムーティの演奏が好きだ
他にはスイトナー、ボールト、ジュリーニ&アメオケも気に入ってる

8 :名無しの笛の踊り:2010/06/05(土) 23:18:56 ID:QGlsSrux
ラトルの盤が軽いというのは、あんまし低弦を増強してないからじゃないの?
おもしろいじゃん、あれ

9 :名無しの笛の踊り:2010/06/05(土) 23:22:34 ID:QGlsSrux
それにあんまり分厚いサウンドをつくろうとすると、リズムや対位法の妙がわかりづらくなるという弱点はあると思うわ。


10 :名無しの笛の踊り:2010/06/06(日) 13:10:33 ID:CeqSzUDJ
ベルグルンド

11 :名無しの笛の踊り:2010/06/06(日) 15:15:29 ID:iZQJABGL
ケンペ ミュンヘンもベルリンも良い。

12 :名無しの笛の踊り:2010/06/06(日) 17:11:51 ID:7Xti8dV6
フルベン最高

13 :名無しの笛の踊り:2010/06/07(月) 18:01:07 ID:/t3JXuSw
マゼール&クリーヴランドがなかなか良いな

14 :名無しの笛の踊り:2010/06/08(火) 16:10:34 ID:G7PTK5FJ
ザンデルリンクはあのもっさり感が苦手。
ハイティンク&コンセルトヘボウは最近6000円で手に入れた。
珠玉の名盤なり。

15 :名無しの笛の踊り:2010/06/12(土) 15:10:15 ID:vXL1B5nb
【話題の新譜】

ブラームス:交響曲第1番ハ短調op.68
久石譲/東京フィルハーモニー交響楽団
http://www.hmv.co.jp/product/detail/3851184

映画「となりのトトロ」や「崖の上のポニョ」、「おくりびと」などで知られる
作曲家・久石譲によるブラームス。ライブ録音。
2010年07月28日発売。
誰か人柱よろ。

16 :ラファ:2010/06/12(土) 15:23:18 ID:SOojM2bj
『フランチェスコ』! 敢えてこのHNをつかうよ。
一体、何処に居るんだい?
私が、2ch.に居る理由は『君』と語れるのはここしかないからだよ。
R先生(君のことを音楽の専門家であり、感性と洞察力を備えた人だと先生は言われている)やS氏とは直接メールできるけど、君とは「ここだけ」なんだ。

老い、孤独なレオナルドの傍に最期まで寄り添い、絵画、デッサン、手記、その他もろもろのレオナルドに関する資料を分類・整理・保管しておいたのも、みなフランチェスコ。
彼がいなければ、今日のレオナルド像は、ヴァザーリの「美術家列伝」のみが頼りとなり、かなり歪曲されていたものになっていたと思う。

そうか、「何をやってもうまくいかない」か。聞かないけど、仕事上の事か、家族を含めて人間関係かのいずれか、だろうね。

私も2007年の一年間は、「心が凍ってしまった一年間」だった。理由は言えない、少なくともここでは。R先生とS氏だけが知っている。ご心配戴きR先生やS氏からメールを戴いても返信できない程だった。そして2008年に吐血し緊急入院。
だから2007年〜2009.5(GW)までは2ch.も覗きもしなかった、いや、それどころではなかった。どう死のうか?ばかり考えていた。
フランチェスコ、私の場合、音楽は「ぎりぎりの所」では救ってくれなかった。モーツァルトさえ。その時思ったよ「所詮音楽もぎりぎりを過ぎたあたりからなんだな」、と「やはり余裕があっての音楽なんだ」、と。
前にも、後ろにも、左右にも進めなくなると、人間はあとは「下」しかないのさ。そして飛び降りる。

私は『仕事』から突破口を開いたんだ。大袈裟な言い方だけど、「俺が本気になった時の力を見せてやる、君ら今更謝ってももう遅いよ」、荒療治だったけど、自分を取り戻せた。その所為で年商60億の進学塾がひとつ吹っ飛んだ。

それからかな、「いい日旅立ち」「昴」「乾杯」「みだれ髪」「川の流れのように」などを口ずさみだしたのは。

しばらくしてやっと「モーツァルト交響曲25番1楽章(アマデウス サウンドトラック盤)」を聴く精神のしなやかな靭さを取り戻せた。

「諦めと開き直り」「人生何でもアリ」だったね、キーワード

17 :ラファ:2010/06/12(土) 15:24:20 ID:SOojM2bj
フランチェスコ、君がいま「ぎりぎりの状態」なら、君に薦める音楽はないよ。それより何か私に出来ることがあれば何でもする。時間・場所を指示してくれたら直接出向くよ。

単なる「精神的な疲れや萎え」なら、もし「癒し」を求めるなら…
モーツァルトなら「クラリネット協奏曲・2楽章(デロス盤のシフリンorプリンツ/ミュンヒンガー/V.P.O)」「フィガロ・フィナーレ・コンテッサ・ペルドーノ」、「ピアノ協奏曲23番・2楽章(内田/テイト盤)」
ブルックナーなら交響曲8番・3楽章(シューリヒト)、同7番・2楽章(マタチッチ/チェコフィル)だね。

逆に、「よし、やったるか」の元気が必要なら、モーツァルトなら「ポストホルンセレナーデ終楽章(マッケラス盤かマリナー盤)、トスカニーニのジュピター終楽章」。
ブルックナーなら何といっても「クナのブル8終楽章(私はウェストミンスター盤のクナのタンホイザー序曲と並んで「やったるか」って時に聴く)、あとスウィトナーがベートーヴェン的アプローチで魂を燃焼し尽くしている」
それから、「小澤/サイトウキネンのブラームス1番終楽章、ヴァントのブラームス3番終楽章」などもよく聴いている。

君は、私の数少ない理解者(賛同とか批判とか関係なく)。
つまり君は、私には大切な友人。忘れないでほしい。

18 :ラファ:2010/06/12(土) 15:25:10 ID:SOojM2bj
フランチェスコ、君に伝えたい言葉はとめどなく溢れて…

ただひとつだけ。君は孤独ではない。R先生も、S氏も君のことは忘れていない。
今だから話すけど2005〜6年頃に僕が白鳥と呼んでいた人のこと憶えているかな?
僕がレイ、S氏がトキ、「じゃあ俺は?」と君が聞き、僕が「君はケン!」と言った頃の話。
あの時、R先生からメールが入ったんだ。私の心は白鳥から君フランチェスコに移ったと。「無私」が「情念」に勝ったと。

何かあったらいつでもいい、このスレッドがなくなっていたら、モーツァルト関連のスレッドかピュア・タンノイ関連スレッドのどこかにレスしてほしい。

下を見てはいけない。

『人生、山あり谷ありなれど、見上げる空はひとつにして、果てなし』

クナのタンホイザー序曲(MVCW-18001)を聴いてごらん。微動だにしないテンポ、「山が動いた」かのような巨大な精神。
所詮人間の世界、死ぬ気になってやって出来ぬことなどまずない。あとは「天の時」を待つのみ。
そして「クナ・ブルックナー8番4楽章」「スウィトナー・ブルックナー8番の魂の燃焼」。きっと何かを感じるはず。
ここまで来れば、「小澤/サイトウキネン・ブラームス1番4楽章」「ヴァント・ブラームス3番4楽章」に闘志に火が灯る。
そしたらあとは…
「トスカニーニ・ジュピター終楽章」で心が冷徹な青白い炎と化し…
「トスカニーニ・ベートーヴェン7番終楽章ゴーダ 」は、さながら白馬に跨り刄をかざして敵陣に先頭になり突っ込む謙信の如し。

私に出来たことだ、フランチェスコ、君に出来ないはずはない。

レスを待つ。いつまでも。

フランチェスコ…、今、私の頬を伝っているものは何かな。

19 :名無しの笛の踊り:2010/06/12(土) 21:08:35 ID:vXL1B5nb
他スレで紹介されてたんだが、
ハイティンクのコンセルトヘボウとの交響曲全集が
廉価盤として発売されるらしい。

http://www.deutschegrammophon.com/cat/single?PRODUCT_NR=4782365


20 :名無しの笛の踊り:2010/06/14(月) 21:10:31 ID:UeCJw3Tl
>>15
4番だったら、どんな演奏でも喜んで人柱になるんだけどねえ。
ブラ1はあまり好きではないなあ。


21 :名無しの笛の踊り:2010/06/17(木) 19:15:38 ID:ZibGCaMm
全集ではないのでスレチだが、フィッシャー=ディースカウ指揮の4番新録が楽しみだ。
旧録音(1976)もCD化されないかな。


22 :名無しの笛の踊り:2010/06/23(水) 21:15:04 ID:9J1eLHgS
ベームの75年録音全集を買おうか、ラトルの新盤買おうか迷っています。
値段はこの際度外視して、どちらがお薦め。ちなみに小生は、前者はLP時代によく聴いていましたけど、
後者はまだ聴いていません。ここの前スレで、割と評判良かったので、触手が動いています。
両方、お聴きになった方、ご意見お寄せ下さい。

23 :名無しの笛の踊り:2010/06/23(水) 21:19:41 ID:exEDtg8z
ベーム盤は今聞くと案外素っ気ない。

ラトル盤の方が刺激的。

もっとも30年以上も年代が違うから当たり前。

ただ、LPで聞きなれたならベームの方がホッとするかも。

24 :名無しの笛の踊り:2010/06/24(木) 09:01:26 ID:lfG8msmX
その素っ気なさがいいと思う

25 :名無しの笛の踊り:2010/06/24(木) 09:51:42 ID:IFtKHX3q
>>23-24
なるほど。情報ありがとうございました。
ボーナスでたら、ラトル盤全集を買うことにます。
ベームは、『トリスタンとイゾルデ』のバイロイトライブ抱き合わせで買うことで、
あの世のご本人への供養にいたしまする。

26 :ラファ:2010/06/25(金) 17:00:53 ID:iXE3YlsY
ブラームスはつまらない。

例えば『魔笛』フィナーレのパパゲーノがパパゲーナを求めて捜すがし、見つからず落胆し、首を吊ろうとする場面までの音楽。
私が一番モーツァルトのオペラを感じる音楽の一つですが、その曲想の多様さと予想不可能なほど瞬時に変わる情感。これがモーツァルトです。
他の作曲家の場合は、「次」がある程度予想できるんですね。ちょうど演歌のように。「こう来たから次はこうだろう」と。
更に、二重唱・三重唱・四重唱・五重唱などの合間にほんの一瞬入るVn.の合いの手の旋律。フィガロや魔笛はその宝庫でしょう。

これはアナリーゼしようがない。だって、空が蒼いように、夕映えが茜色に染まるように、それと同じで、意図して出てきた音楽ではないですから。

ベートーヴェン・交響曲九番・1楽章、ブラームス交響曲一番・1楽章などは丁度その対極で、理の綿密な計算の末出来上がった壮大な音楽でしょう。

仮にモーツァルトの音楽に計算があったとしても、極めて本能的、直感的なものだろうと思います。


27 :名無しの笛の踊り:2010/06/25(金) 18:06:23 ID:IIZGVkG6

    ,○           ,○
    ノ/`"' 、.,_     ____ ( !`ヽ.
  (_./     /`'Y'"´    ̄`ヽ,┐\
   ,'     ヽ、/   ______   `  くヽ. ×  >>26
 ノi       r‐'"ヾ、____ハ二ヾー-、__`_',  ×
 ヽ|-‐┐  r'"`]-‐'"´     `"'ーへ.__ハ  -┼‐  | ‐十 o |   |
  |  /ア´ ̄   ;  /  ;   ,!    ヽ_> ,.-┘   |  _|    レ   |
  .」‐,ァ  /   /|`メ、 |  /|  ハ  i  ',   '、__ つ レ (_,|ヽ   _,ノ
 く_ノ.´ /   /-─‐-、レ' | /_ | ハ  i
 _ノ!   ;'   ! / "      レ'___ `/ |  ,ゝ       _|__   -┼- 、ヽ -|‐‐|‐
 `'i   !   !/            `|  ハ ハ        |/-‐-、  |   |   臣ノニ 
  '!    ',   !    /´ ̄`ヽ.  "|Yノ レ'       '|   ノ ノ 、ノ    i'TT'i
ト、 '、   丶、,.ゝ、  |    /  ,.イ  i ノ!    人__             ' ̄ ̄'
| `"ヽハ   ヽ.  |>ゝ.,__/,.イ ノ ノ'´  |  ,.、  (
',  ,.ヘ/`)--ヽハV、、ヽ、____iヽレ|/∧へ/!  ノ i  ⌒
 V´  /   `i::::ヽ.iヽ、.,___!ノ:| ァ'´      ! /  'ァ- 、
  '、 /     ,':::::::::::::::し':::::::::Y`ヽ.,   ,' /  ノ、二{
'7"´ヽ,'     イ':::::::::::、_ノi::::::::::::i  ',,,_ /__/   ィ{___,ノ
く  ゝ、_、 '"ノ::::::::::::(r'´:::::::::ノ   〉""/ \  ァ‐''"



28 :名無しの笛の踊り:2010/06/25(金) 22:54:31 ID:/Haqn7Rr
気が付けば余白のハイドン変奏曲や序曲も相当な数を所有してる気がする

29 :ケファ:2010/06/25(金) 22:57:27 ID:L8CrlqL2
モーツァルトはつまらない。

例えば『魔笛』フィナーレのパパゲーノがパパゲーナを求めて捜すがし、見つからず落胆し、首を吊ろうとする場面までの音楽がつまらないですね。
私が一番モーツァルトのオペラを感じる音楽の一つですが、その曲想の多様さと予想不可能なほど瞬時に変わる情感。これがモーツァルトのつまらなさです。
他の作曲家の場合は、「次」がある程度予想できるから面白いんですね。ちょうど演歌のように。「こう来たから次はこうだろう」と。
更に、二重唱・三重唱・四重唱・五重唱などの合間にほんの一瞬入るVn.の合いの手のつまらない旋律。フィガロや魔笛はその宝庫でしょう。

これはアナリーゼしようがない。だって、空が蒼いように、夕映えが茜色に染まるように、それと同じで、意図して出てきた音楽ではないつまらなさですから。

ベートーヴェン・交響曲九番・1楽章、ブラームス交響曲一番・1楽章などは丁度その対極で、理の綿密な計算の末出来上がった壮大な音楽でしょう。

仮にモーツァルトの音楽に計算があったとしても、極めて本能的、直感的なつまらないものだろうと思います

30 :名無しの笛の踊り:2010/06/25(金) 23:00:04 ID:/Haqn7Rr
>>29
コピペ荒らしはやめてください

31 :名無しの笛の踊り:2010/06/25(金) 23:01:12 ID:5X1N0npV
ラトルの盤はありがちな中低弦の強調がないから、軽く聴こえるけど、細かなニュアンスが伝わっていいよ。
アーノンクールも。和声の聴かせたかたや複雑なリズムのはめかたが大変上手


32 :名無しの笛の踊り:2010/06/27(日) 21:46:02 ID:BnSbP4FP
ブラームスは、日本のオケがいいホールでやるとと、なにやってるかわからなくなるんだよな。
声部がクリアな演奏のほうがブラが言いたいことがわかりやすいかと
ラトルはいいと思うよ

33 :名無しの笛の踊り:2010/06/27(日) 21:53:05 ID:gXKGYw4i
感情豊かな全集をおしえてください

34 :名無しの笛の踊り:2010/06/28(月) 08:34:27 ID:Je2q+2gw
メロディをたっぷり歌わせる演奏をもとめてるのか、作曲者が言いたいことを強調してる演奏をもとめてるのか、どっちでしょうか?

35 :名無しの笛の踊り:2010/06/28(月) 09:06:06 ID:elYP38Yy
test

36 :名無しの笛の踊り:2010/06/28(月) 11:09:00 ID:rUdOd8Bg
スクロヴァ&ハレ管がいいと思う。
avexのシュタイン盤もグッド。

37 :名無しの笛の踊り:2010/06/28(月) 16:10:34 ID:2kFg8WQS
>>34
前者はムーティを持っているので後者のほうが聴きたいです。
爆演も好き

38 :名無しの笛の踊り:2010/06/28(月) 16:26:44 ID:Je2q+2gw
ラトルが思いうかぶな。アノンクールも

39 :名無しの笛の踊り:2010/06/29(火) 08:21:54 ID:8k+qQSoV
交響曲全集、管弦楽曲集 シュミット=イッセルシュテット&北ドイツ放送交響楽団(4CD)
http://www.hmv.co.jp/product/detail/3862195

40 :名無しの笛の踊り:2010/07/04(日) 09:59:25 ID:CaM83uV1
>>31
ここで話題になっていたラトルの全集買いました。まだ、1番しか聴いていないけれど、
日頃なじんでいた、ザンデルリンク、ベーム(1975年版)全集に比べて、ずいぶんと
柔らかな音だなあという印象がいたしました。最近では、こういう音が流行なんですかね。

41 :名無しの笛の踊り:2010/07/04(日) 11:11:05 ID:uA+VCEo5
そもそもブラームスが重厚な音楽やサウンドをもとめていたのか?という発想からきてるんだよね。
まあ流行りといえば流行りかなあ


42 :名無しの笛の踊り:2010/07/04(日) 12:29:55 ID:2tqMN3vS
うむ。

なんでベルグルンド買おうかと思うけど
マッケラス持ってるからもういいかとも思ったり。

43 :名無しの笛の踊り:2010/07/04(日) 19:06:12 ID:CaM83uV1
>>41
作曲されていた頃と言えば、ビスマルクの頃からカイザー・ウィルヘルムの軍国主義時代に移行し始めた
頃ですよね。となれば、かなり権威主義的な時代風潮を反映していたはず。あの時代の雰囲気を
凝縮していたと考えれば、重厚な音を追求するのが当然なような気がします。実際、その昔、
クルト・ザンデルリンク指揮ドレスデン国立歌劇場管弦楽団の演奏がLPで発売になった時、
第二帝政時代の音が東ドイツのオーケストラから出てきたのに、驚かされたのを覚えています。
あれに比べると、ベーム指揮ウィーン・フィルの演奏は、かなりコスモポリタンで、ドイツ的な雰囲気に
欠ける演奏だと思います。
 ところが、こんどのラトルの全集は、もっと女性的。下品なたとえだけれども、ブラームスをおかまにした
ような雰囲気を感じました。こんなのでいいのかな。

44 :名無しの笛の踊り:2010/07/04(日) 20:45:11 ID:uA+VCEo5
時代の影響はともかく、いろんな資料から、ブラームスの音楽を研究する動きが出たわけで、
ラトルなんかのはそういう一つのアプローチのしかたでしょ。
もとの編成やブラームス特有のリズム感なんかを出そうと思ったら、
ザンデルリンクはおもすぎるともいえるわけで、
結局そこらへんは好みの話だよ

45 :もんきち:2010/07/04(日) 20:49:47 ID:IoWPcSNB
勿論ザンデルリンクなどお呼びでないのは言うまでもありません

46 :名無しの笛の踊り:2010/07/04(日) 21:08:48 ID:2SQYvOoi
誰だよお前

47 :名無しの笛の踊り:2010/07/04(日) 22:57:28 ID:Szi4FMab
知障

48 :名無しの笛の踊り:2010/07/04(日) 23:00:50 ID:uA+VCEo5
しかしヴァントとザンデルリンクは、このスレですっかり人気が落ちたな

49 :名無しの笛の踊り:2010/07/04(日) 23:06:37 ID:sKdOU2nT
ヴァントとザンデルリンクが好きなんだな。

50 :名無しの笛の踊り:2010/07/04(日) 23:07:56 ID:uA+VCEo5
あんまり好きじゃない。ピリオドをふまえたアプローチが好き。あるいは楽譜重視のサヴァリッシュとか

51 :名無しの笛の踊り:2010/07/06(火) 12:37:02 ID:8IEN0hn1
>>43
ドレスデンやベルリンなど東ドイツのオーケストラは古いドイツの音を残している

52 :名無しの笛の踊り:2010/07/06(火) 13:11:43 ID:4/d52CdR
そこで、マズアの登場ですよ。


53 :名無しの笛の踊り:2010/07/06(火) 20:09:30 ID:Xz/GbQhG
>>52
マズア・LGOに限らず東ドイツやオーストリアやチェコやハンガリーのオーケストラの
録音したブラームスはブラームスの時代の雰囲気を残している
西ドイツやオランダやイギリスのオーケストラの全集だと現代的すぎるし
アメリカのオーケストラの全集だと1番にチューバが入っていたりと
マーラーやブルックナーぽくなってしまう
(たまたま1番を演奏するに当たってパート譜を借りたらチューバパートが
ある、カールフィッシャーから出版された楽譜だった)


54 :名無しの笛の踊り:2010/07/06(火) 20:14:47 ID:/InUTJhU
ブラームスの時代の雰囲気ねえ

55 :名無しの笛の踊り:2010/07/06(火) 20:37:42 ID:D/mqQRSp
tubaの件、知らなかった。
具体的に教えてくれ。聴いてみたい。

56 :名無しの笛の踊り:2010/07/06(火) 21:25:59 ID:6Wt1iQ5D
>>53
40=43です。あなたのご意見、もっともだと思います。

57 :名無しの笛の踊り:2010/07/06(火) 21:35:54 ID:AUsLNgRU
それはブラームスの時代の雰囲気というより、マーラーなどの指揮者の影響を受けた時代のブラームスでしょ。
このくくりもどうかと思うけど、あの時代はブルックナーやワーグナーの対極がブラとされてきたんだから。

名曲はいろんな角度からのアプローチができる包容力があるという話だよ

58 :名無しの笛の踊り:2010/07/06(火) 21:52:17 ID:AUsLNgRU
チューバ使うのも、弦を増強するのもおんなじことさ。
アシをつける演奏も現代もよくあるし。
話が出てくる東欧のオケもそういうのやってるんじゃないの?
やたらモサッと厚ぼったいし

59 :名無しの笛の踊り:2010/07/07(水) 00:41:26 ID:AIXd8Hbp
>>58
チューバはコントラバスの補強するためらしい

60 :名無しの笛の踊り:2010/07/07(水) 01:22:45 ID:AIXd8Hbp
ブラームスの交響曲は片田舎のオーケストラが演奏するほうが似合っている
一番と四番は地方都市のオーケストラが初演
二番と三番はウィーンフィルが初演
ウィーンフィルはオーストリア・ハンガリー国内が中心のオケでベルリンフィルよりは田舎的な感じがする
あと一番も第二楽章はワルツ風、田舎の酒場でブラームスが踊っていそうだ

61 :名無しの笛の踊り:2010/07/07(水) 01:27:34 ID:gQwZY4V6
>>60
小学生ですか?

62 :名無しの笛の踊り:2010/07/07(水) 12:27:56 ID:jjaLgXYL
>>60はウィーンに行ったことあるのかな?

63 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 18:42:36 ID:tnnabiFG
美味しんぼでおフランスなパリ趣味人をザッハトルテでぎゃふんと言わす話を思い出した

64 :名無しの笛の踊り:2010/07/13(火) 00:33:18 ID:xqwBIczO

ドホナーニとサヴァリッシュの全集を購入予定です。

どの程度お勧めか教えていただけないでしょうか。
返答、よろしくお願いします。

65 :名無しの笛の踊り:2010/07/13(火) 00:36:03 ID:6Q+vs1/b
>>64
ラトルより期待できん

66 :名無しの笛の踊り:2010/07/13(火) 00:55:44 ID:fjt61oLN
サヴァリッシュ・・・凡庸の一言に尽きるな
中庸なら勧める気になれるんだが

67 :名無しの笛の踊り:2010/07/13(火) 01:57:19 ID:xqwBIczO
>>65
回答ありがとうございます。

ライブですが、録音は優秀なんでしょうか?

68 :名無しの笛の踊り:2010/07/13(火) 06:01:34 ID:gdUl4qzG
ラトルとドホナーニなら、ドホナーニを採るわ

69 :名無しの笛の踊り:2010/07/13(火) 06:55:00 ID:PQXy1I/3
>>66
譜面をよく読んで、おもしろいこといろいろやってると思うけど

70 :名無しの笛の踊り:2010/07/13(火) 09:18:27 ID:5W4X6UIp
サヴァリッシュってよく聴き込む人じゃないと凡演に感じるからな。

71 :名無しの笛の踊り:2010/07/13(火) 12:00:16 ID:kKOGy4qe
>>70
4番の終わり方なんて譜面どおりにスパっと斬ってていいよ。

72 :名無しの笛の踊り:2010/07/14(水) 00:01:54 ID:xqwBIczO
最近のお勧めって何があるかね?

73 :名無しの笛の踊り:2010/07/14(水) 00:20:03 ID:7D5lBMkd
俺は友達がいなくて、なぜか無視しかされないから、
ここでみんなと話せるのが、ものすごい嬉しいよ。

74 :名無しの笛の踊り:2010/07/14(水) 07:19:54 ID:n9n73qZT
>>72
ユタ交響楽団、指揮はモーリス・アブラバネル(と読むと思う、
ギリシア人)のがいいよ。塔の店頭で2枚組1,300円程度で買った。
アメオケの世界も素晴らしいです。

75 :モーレツ油跳ねる:2010/07/15(木) 00:23:02 ID:rOiHiC0n
>>74
ああ、モーリス・アブラヴァネルはいいねえ
マラ全もシベ全もチャイ全もいいぞ!

76 :名無しの笛の踊り:2010/07/15(木) 08:12:04 ID:OPBmpPCI
確かマラ9聴いた時奇妙な造形してんなーと思った印象があるんだが >アブラヴァネル

77 :名無しの笛の踊り:2010/07/15(木) 08:21:25 ID:pQVvYhPC
モルモンオケか

78 :名無しの笛の踊り:2010/07/15(木) 10:21:16 ID:Zr4kuQ4G
俺はむしろアブラヴァネルが基準だからどこが奇妙かわからんわ

彼は初代マーラー協会会長だから、より研究の進んだ現在ではともかく、
当時は最もオーソドックスな演奏だったのだろう。

ユタ響はもともと非常設の団体でプロでもなかったのが、アブラヴァネルの尽力でプロのオーケストラ
になったので、確かにあまり上手いオーケストラではない。
チャイコフスキーでは金管に特に弱さを感じる。

79 :名無しの笛の踊り:2010/07/15(木) 11:37:59 ID:ItoYGv82
油は、マラ全入手困難w

80 :名無しの笛の踊り:2010/07/15(木) 12:19:00 ID:+OpE9lEN
ブラ全も管弦楽曲付の3枚組は手に入らん

81 :名無しの笛の踊り:2010/07/15(木) 12:28:20 ID:CVSn4KNR
そこまで購買意欲を煽る演奏ではない

82 :名無しの笛の踊り:2010/07/15(木) 12:34:25 ID:ItoYGv82
マラは、尼で結構揃うわよ。高いけどね。
24,56,はget済み。

Bra全, Tchaiko全、シベ全も。


83 :名無しの笛の踊り:2010/07/15(木) 12:57:49 ID:pQVvYhPC
>彼は初代マーラー協会会長だから、より研究の進んだ現在ではともかく、
当時は最もオーソドックスな演奏だったのだろう。


なんで?

84 :名無しの笛の踊り:2010/07/15(木) 15:16:06 ID:RDN3B4ub
変な演奏してたら、マーラー協会が「会長になってください」っていうわけないじゃんw

85 :名無しの笛の踊り:2010/07/15(木) 15:18:26 ID:sqo+a1Dy
理由になってないw


86 :名無しの笛の踊り:2010/07/15(木) 15:29:39 ID:RDN3B4ub
なってるw

87 :名無しの笛の踊り:2010/07/15(木) 15:56:56 ID:CVSn4KNR
サッカー協会会長はサッカーが上手いからなるわけじゃないw

88 :名無しの笛の踊り:2010/07/15(木) 16:33:49 ID:FG2cZ0yp
ブラームスの話ししようぜ

89 :名無しの笛の踊り:2010/07/15(木) 17:40:16 ID:pQVvYhPC
油なんとかのブラがなにがいいのか教えてくれ。
どうせくどいんだろ?マラ協会会長らしく

90 :名無しの笛の踊り:2010/07/15(木) 17:46:06 ID:Q8QE17/s
ヴァントはどうなんですか?

91 :名無しの笛の踊り:2010/07/15(木) 17:53:10 ID:FG2cZ0yp
安いw

92 :名無しの笛の踊り:2010/07/15(木) 17:57:06 ID:ZJS2fTCo
アブラヴァネルのマーラーは60年代前半から70年代の録音だけど
ブラームスは77年なのでまずオケがマトモになってきてる

93 :名無しの笛の踊り:2010/07/15(木) 18:26:11 ID:t32O4o9Y
アブラヴァネルの演奏はどれもくどくなく、派手さもなく、
落ち着いていて、あっさりしてる。
作品をデフォルメすることがなく、地味な印象を持つ人もいると思う。
アブラヴァネルはワルターやオーマンディを慕い、自ら教えを
受けたそうだから、イメージでいうと「ゴージャスでないオーマンディ」
って感じかなw

94 :一言で済ませろよ:2010/07/15(木) 19:24:22 ID:CVSn4KNR
つまらない演奏ってこと

95 :名無しの笛の踊り:2010/07/15(木) 21:49:42 ID:sVeTRDBb
モルモン教会が高額で買い集めたストラディヴァリウス等の銘器を
使っているため、弦は良い音してる、と昔聞いたことがあるけど、
ホントかな?

96 :名無しの笛の踊り:2010/07/15(木) 23:29:27 ID:pQVvYhPC
実は地味と言われる指揮者でも、いい指揮者はある程度のデフォルメはしている
いい例がサバリッシュ

97 :名無しの笛の踊り:2010/07/16(金) 00:04:13 ID:M1dUo3H/
>>95
どうだろ。噂では聞くけど、それを裏付けるような資料は見たことがない。
クリーヴランドでセルがウィーンフィルで使っているのと同じメーカーの楽器を
揃えたというのは本で読んだことがあるが。

98 :名無しの笛の踊り:2010/07/16(金) 03:12:56 ID:j3oA7DOs
ユタ響/ブラ全の弦の響きが、そんなに良い音してるとは、
自分にはどうしても感じられない。俺の耳が悪いのか?


99 :名無しの笛の踊り:2010/07/16(金) 03:32:34 ID:TfGO+8Ii

<このスレのみんなへ>

このスレの人達って、みんなわりかし孤独なのかな?
俺は休憩中の会話とか一切しないタイプなんだけど。
教えてくれないかな?

100 :名無しの笛の踊り:2010/07/16(金) 16:28:51 ID:j3oA7DOs
マッケラスのブラ全、結構気に入ってたんだけどな。。。
ご冥福をお祈りします。

101 :名無しの笛の踊り:2010/07/16(金) 20:28:56 ID:o7NsbdP2
>>100
冗談はよせ
って書こうと思ったら、マジじゃないか。。。。なんてこったい   合掌

102 :名無しの笛の踊り:2010/07/16(金) 22:28:03 ID:j3oA7DOs
ピリオド奏法を意識した小編成の室内楽的なブラ全なんて、
当時は衝撃的だったなぁ。

103 :名無しの笛の踊り:2010/07/17(土) 14:10:56 ID:dNXBqI0I
http://www.hmv.co.jp/product/detail/3874675

104 :名無しの笛の踊り:2010/07/17(土) 17:24:08 ID:DgvgbKYz
>>100,102
ブラームスが付き合っていたマイニンゲンのオケは
50人くらいだったと読んだことがある(出典失念)。
個人的には、あまり小さいオケサイズは好きでは
ないが、初演の頃はこんな音だったのかしら。

105 :名無しの笛の踊り:2010/07/20(火) 09:05:00 ID:wTly1DaH
小編成は、からみなんかが鮮明に聴こえておもしろいよ
ただブラームスのオーケストレーションは原色をあまり使わないから、大編成で聴いても、それはそれで重厚に聴こえていい

106 :名無しの笛の踊り:2010/07/22(木) 07:00:44 ID:oHZnx8qv
アーノンクール/ベルリンフィルの、丁寧でいい演奏ですね。
おとといBGMみたいにして聴いていて、変化に乏しいつまらない演奏と
思ったのですが、ちゃんと聴いてみたら気に入りました。

107 :名無しの笛の踊り:2010/07/22(木) 18:13:01 ID:wvGF8sRr
アンセルメのブラ全ってどんな感じですか?
値段が安いので買おうか迷ってます。

108 :名無しの笛の踊り:2010/07/22(木) 21:56:55 ID:h4R9Nm4a
私も知りたい

109 :名無しの笛の踊り:2010/07/22(木) 22:08:37 ID:jFpgxh5M
なんといっていいのかなあ。
室内楽的な響きとどことなく近代的な雰囲気を
素朴なオケが明るく演奏しているという感じかなあ。
2番と4番が好きだった。
あと1番の冒頭などあまりにも飾り気がないけど
ティンパニーの響きとバランスがいかにも「らしい」雰囲気で面白かった。

110 :名無しの笛の踊り:2010/07/22(木) 22:08:48 ID:5Aa6loIL
おう、安いなら買っとけ。意外にもロマンしてる。

111 :名無しの笛の踊り:2010/07/27(火) 16:24:29 ID:LdIl0EBM
カラヤン絶頂期の60年代が好きでよく聴く

112 :名無しの笛の踊り:2010/07/28(水) 23:42:36 ID:RiP/7dB6
やっぱりワルター/コロンビアが一番いいなあ

113 :名無しの笛の踊り:2010/07/28(水) 23:55:48 ID:9Auk0SeV
4番だけな。

114 :名無しの笛の踊り:2010/07/29(木) 07:46:05 ID:yMhZ6aym
ワルター(笑)

115 :名無しの笛の踊り:2010/07/29(木) 18:52:56 ID:yF/EiunB
>>112
まったく同感。結局そこに戻るんだよなぁ。

116 :名無しの笛の踊り:2010/07/29(木) 19:25:00 ID:waSZfKxg
爺の回想(笑)

117 :名無しの笛の踊り:2010/07/30(金) 00:37:25 ID:SmByjZtY
ワロター(笑)

118 :名無しの笛の踊り:2010/07/30(金) 03:14:14 ID:PbWUlla3
セルスレッドやけどクレンペラーの全集がそろった。1番はSERAPHIM。2番はHS2088。
3番、4番はSERAPHIM。まだ、1番の4楽章。昨日は早く寝たので、もう起床した。
頑張って聴く。


119 :名無しの笛の踊り:2010/07/30(金) 04:28:47 ID:DK4KGnrG
まだ寝てろよ。

30 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)