5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

GEAB Europe2020 臨時避難所01

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/05(火) 16:12:55 ID:eUsbP72d
荒らし対策用のGEAB Europe2020 臨時避難所です。
本来ならば役に立たない方が良いですが・・・

Europe2020は、2006年の2月頃から、ドルを中心とした経済体制が崩壊する
日が近いと警告し続けているフランスのシンクタンク。
ttp://www.europe2020.org/en/section_global/190207.htm

2006年3月にアメリカがドルのM3指標(世界中に出回っているすべてのドル量)
を中止したこと、石油取引でのドル離れの着実な進行、さらにイラク戦争
以降のアメリカ政府・国民に対する世界的な不信感の広がりもあいまって、
現在の経済体制を支えているベルリンの壁ならぬ「ドルの壁」が崩壊する日が
近いと述べている。

★本スレ
-アメリカ経済はすでに瀕死?Europe2020の警告-11
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/eco/1240141346/

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/05(火) 16:25:15 ID:e5jJzAe+
>>1


3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/05(火) 16:31:49 ID:mccnbneT
>>1

ありがとん

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/05(火) 18:07:49 ID:m7r0s7yK
>>1
おつです!

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/06(水) 01:40:50 ID:lQDW3sp9
>>1さん、大乙です!

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/06(水) 17:57:02 ID:30/QlRG9
おっ
ここはID出るね

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/06(水) 22:15:41 ID:i/bHA7OR
     /⌒ヽ   
     ( ´ω`)>>1さんお疲れ様ですお
     / つ と)
GEAB 34
政府当座予算の中で用いられる成長率基準の利用はまったく現実的ではなく、
米財務省は楽観的なストレスシナリオで銀行のバランスシートを評価するので、
深刻な財政逼迫の原因となる。
こういった圧力のもとでは、国内外の崩壊見通しに直面した際、
考え方は1点に集中するかもしれない。
「現在の景気停滞は大恐慌の時ほど悪くないはず」というエリートの間での通じる
社会通念である。
今直面していることは実際、大恐慌時よりも悪い。世界は更に相互
に関係をもっており、銀行部門はとても大きいからである。個人や企業の間で
信用収縮が起き、家計に重大な問題がある中で我々は世界同時不況に陥っている。
もしリーダーが潜在的重要性に気がつくなら、銀行システムやオールドエリート
の失策に劇的なアクションをみるかもしれない。手遅れではないと望みたい。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/06(水) 22:58:02 ID:i/bHA7OR
     /⌒ヽ   
     ( ´ω`)GEAB33の予測ですお
     / つ と) 本スレのテンプレが間違ってますお
イギリス崩壊には幅がありますお

コントロール不能な10年不況の場合
April-July 2009:
G20は現行の国際通貨システムの代替案を開始できない
新しい緊急援助策と規制案との摩擦
基準の半分を採用し世界中でおきる信頼喪失の増加について妥協
(lmoss of confidenceですがlmossはlossのことだと思いますお)
アメリカ大企業の倒産(GMとクライスラー含む)
アメリカの銀行国有化とそれに伴うヨーロッパとアジアへの連鎖的影響
イングランド銀行を通して以外はイギリス政府負債に対して融資ができなくなる
ポンドの崩壊とデフォルト阻止のためIMFとEUの介入

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/07(木) 12:20:05 ID:gBZvlnas
情報サンクスです

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/10(日) 10:58:33 ID:r4BI+wwA
保守?

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/10(日) 11:25:14 ID:Nu3Hb8B7
ラビ・バトラ氏   (インド出身 サザン・メソジスト大学経済学部教授)

「どんなに遅くとも2000年までにソビエト共産主義は断末魔の苦しい革命を経て崩壊し、2010年までにアメリカ資本主義
は崩壊するだろう。私の現時点(1978年)におけるこの予測は『経済60年周期説』に基づくものである。」

「『富の過剰な集中』が資本主義の崩壊を引き起こす。少数の富裕層はひたすら貯蓄に励んでお金を使わず、その一方で
多数の貧困層は使うべきお金が無いため消費できない。この『消費活動』の停滞が資本主義を崩壊させる。」

「『自由貿易』が資本主義の崩壊を引き起こす。自由貿易による国際間の競争の激化のために生産者はコスト、更には人件費を削減
することになる。賃金を低く抑えれば、結局消費活動が鈍化する。『消費活動』の停滞が起こり資本主義は崩壊するのである。」

「世界同時大恐慌はアメリカ住宅バブル・原油バブルの2つの投機バブルの崩壊から始まるだろう。NYダウは
大暴落するだろう。資本主義は花火のように爆発して崩壊する。日本と世界は同時に崩壊するだろう。」

「世界は大恐慌による混乱期を経てプラウト主義経済(均衡貿易、賃金格差の縮小、均衡財政、自国産業保護、終身雇用、
環境保護、銀行規制など)による共存共栄の社会へと徐々に移行して行くだろう。プラウト主義経済は必ずや過去において
『一億総中流社会』を実現した日本から始まることになるだろう。」

藤原直哉氏  (経済アナリスト)

「2009年に発生する米国発の世界大恐慌によって世界金融システムは瓦解し、それに伴って日本においては流通システムの停止に
よる食糧・エネルギー危機の到来によって電気・ガス等のライフラインは停止し、国民は先の大戦後のような飢餓に陥るだろう。」
 
船井幸雄氏  (経営コンサルタント)

「2009年に巨悪の資本主義が大崩壊し、日本においては人々は農業に回帰して自然と共生する新時代が幕開けするだろう。」

Europe2020  (フランスのシンクタンク)

「どんなに遅くとも2009年夏までに米国債はデフォルトし、同年第4四半期に国際金融システムは崩壊するだろう。」


12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/11(月) 03:20:06 ID:+t0wTg1Z
アメリカ経済ニュースBlog: カリフォルニア州 増税反対で7月に財政破綻か?
2009年05月10日

財政危機のカリフォルニア州は、
5月19日に行われる住民投票で増税などの6つ提案
(Propositions)が否決されれば、
230億ドルの現金不足になり今年の7月にも財政破綻が予想される.
注目されている住民投票は、Proposition 1Aの増税提案についてだ.
2013年まで増税により、160億ドルの税収増が見込む.
しかし、現在の世論調査によると、
住民の約7割が増税反対で、否決される可能性が高い.

http://ryuzaburo.seesaa.net/article/119004449.html

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/11(月) 04:37:57 ID:+t0wTg1Z
投資小僧の金相場日記 ドル崩壊

5月6日、ブルームバーグの報道によれば、
中国の中央銀行が6日付けの報告書の中で次のように述べたという。
 「世界の主要な中央銀行によって行われている政策的な間違いが、
全世界にインフレーションをもたらす危険がある。
 より多くの国が量的緩和などの柔軟な金融政策を採用しているため、
今後、基軸通貨ドルを中心とした主要通貨の切り下げリスクは益々高まるだろう。」
温家宝首相は、「アメリカは不況から脱出するために
前例がないほどお金を借りまくっている。
その結果、我が国保有の米国債の価値が浸食されている」と、
ドルが弱まる過程の中で3月に懸念を表明していました。
中央銀行の今回の発言は本音だと思える内容だ。
中国が東南アジアの国々と人民元による通貨スワップ協定を結んだり、
外貨準備に対する金の保有率を高めたり、
商品の政府備蓄を急いで進めている流れはうなずける。
全てはドル崩壊の後を想定した準備と言えよう。

sunsetmoon2020。blog61。fc2。com/blog-entry-694.html

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/12(火) 12:17:16 ID:MLq0meAa
ジムロジャーズ氏 一部日本株保有

著名投資家のジムロジャーズ氏は、
「ドルの上昇は終わり、秋には通貨危機の公算。
円を保有・一部の日本株を保有。
一部新興市場はより良い投資先」などと
ブルームバーグのインタビューで述べた。
2009-05-12 10:53:09

http://www.kabujouhou.com/pcdata/html/15/0905/1985.html

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/12(火) 20:46:56 ID:MLq0meAa
ソロス氏:世界各国の景気刺激策、奏功し始めている−独紙FAZ

  5月11日(ブルームバーグ):
11日付のドイツ紙フランクフルタ ー・アルゲマイネ(FAZ)は、
資産家で著名投資家のジョージ・ソ ロス氏が
世界経済の安定化に向けた各国の取り組みが
奏功し始めてい るとの認識を示したと報じた。

  ソロス氏は同紙とのインタビューで、「経済の崩落には歯止めが掛 かり、
金融システムの崩壊も回避された」と指摘。
「各国の景気刺激策 が奏功し始めている。これまで様子見姿勢だった投資資金も
一部で金 融市場に戻りつつある」と述べたという。

  また、同紙によれば、ソロス氏は今後の経済回復で、
危機で被っ た経済損失の約半分は取り返せるとの見方を示すとともに、
「アジアが まず最初に危機から脱し、米国も脱する途上にある」と指摘した。

http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90003005&sid=aje8orG3xxjM&refer=jp_currency

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/13(水) 20:06:05 ID:nasY2qs2
ジムvsジョージ
全く正反対の見解だが・・・・・うーーん・・・・
混乱するなあ。個人的にはジムに賛成だけれど

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/14(木) 11:11:34 ID:0MSNcPu4
ヘンリー・フォード (フォード・モーター創業者)


「奉仕を主とする事業は栄え、利得を主とする事業は衰える」

「ほかの要因はさておき、我々の売上は、ある程度賃金に依存しているのだ。より高い賃金を出せば、
その金はどこかで使われ、ほかの分野の商店主や卸売り業者や製造業者、それに労働者の繁栄につながり、
それがまた我々の売上に反映される。全国規模の高賃金は全国規模の繁栄をもたらす」


18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/16(土) 23:41:41 ID:L6bySlW6
今号で参照しているインフレ調整後の株価指数の推移比較が、とても参考になった。
ttp://dshort.com/charts/bear-markets.html?four-bears
1929年のグラフと酷似している。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/17(日) 20:47:01 ID:8eUDiWjO
GEAB N35 要約  2009年 5 月15日

世界的なシステムの危機  2009 年 7月、世界が六十年にわたって
続けてきた枠組みを踏み出す時
ここ二ヶ月にわたり、いわば財政上の超現実主義とでも言うべきものが、
いろんなマーケットのトレンドや、財務上の指標、政治家のコメントなどを
持ち上げて来た、だがそれは1945年の終戦直後から住み続けてきた
「枠組み」の歌う実際(死ぬ前に白鳥が歌うといわれる)白鳥の歌にすぎない
 
アメリカと中国の行う財政的な浮揚策、それは失敗を運命付けられている
それは「量の壁の消失」とでも言うべきもの巨大な予算の供出、アメリカと中国により過去最大の二つの景気刺激策が
提示された、が、それは残念ながら失敗する運命にある、我々はここ二、三ヶ月の間にそれらの刺激策は遠からず
巨大な乗り越えられない障害に直面すると分析している

 英国
2009年の夏の終わりまでに英国はIMF]に何らかの要請を行う
三十年ほど前1976年の三月から十二月にかけて、世界は石油危機に直面した
この時、英国はIMFに対して三十九億ドルの資金援助を要請したが
我々の分析によれば、2009年の夏の終わりまでに同様の事態に追い込まれると予想している

 三つの戦略的アドバイス及び推薦事項
一、 危機に際してはどの指標を信頼すべきか?
二、 不動産については、何時、どこを買うか
三、 国債や債券について、どちらを選ぶか?

世界について欧州人の思考  その結果と分析
欧州人の六十七パーセントという過半数が2009の夏までに英国政府は
IMFに対する援助要請する羽目に陥り、その事からまぬがれないと考えている

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/17(日) 23:58:40 ID:c+DIz+oW
     /⌒ヽ   
     ( ´ω`)GEAB35英語版広報の全訳ですお
     / つ と)本スレパート12 517さん 524さんありがとうございますお
その1
GEAB35は入手可能!
グローバルシステム危機
:2009年6月-世界が60年にわたる準拠枠組みから抜け出す時

ここ2ヶ月株式市場のトレンド、金融指標、政治の評論解説の中心にある
金融現実主義は実際には1945年以来世界が生き続けてきた準拠枠組み内
で最後の活躍となる。

2007年1月にGEAB11でLEAP/E2020は2006・2007年の転換点は景気後退突入
に特有な”統計的混乱”であると同時に、まるでタイタニックがまさに沈む際、
乗客の間に疑念を引き起こすように作られると述べた。(1)

我々チームはこの2009年春の終わりがグローバル経済・金融・政治プレイヤー
が60年間にわたり意思決定してきた準拠枠組み、特に1989年に共産圏が崩壊し
て以来頻繁に利用してきた”単純化された”準拠枠組みから抜け出ることに
特徴付けられると確信している。(準拠枠組みが極度にアメリカ中心である時
)。実際問題として、これは皆が投資決定、収益性、配置、パートナーを
見つけるなどする際に慣れ親しんだ指標がすでに時代遅れで、悲劇的な決定
を避けるには関連する新しい指標を他に捜す必要がある。
この陳腐化のプロセスは2つのトレンドのプレッシャーの元で過去数ヶ月間
を通し劇的に進行した。
まずグローバル金融システム、特にアメリカとイギリスのシステムを必死に
助けようとする試みである。これは金融機関と政府、中央銀行が権力を使って
操作をした結果、事実上”壊れた羅針盤”を持つシステムを助ける試みである。
これらパニックに打ちひしがれた指標の中で、株式市場はGEAB本編で詳しく
みるように完全に典型例である。下の2つのグラフはこれら死に物狂いの努力
でも大激変から世界中の銀行の序列を守れないことを鮮やかに示している
(米英のランキング優勢の終焉に引き金が引かれたのはほとんど2007年内
である)。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/18(月) 00:01:22 ID:px2I3Y82
その2
第2点として、天文学的な量の流動資金が1年間でグローバルシステムに、
特にアメリカの金融システムに投入され、金融・政治プレイヤーは現実
に触れることで全損に見舞われるに至った。
確かにこの段階で、彼らは水鳥の窒素酔いに見舞われるようだ。
つまり弱った影響で、水面に出ることなくどっぷりと沈み込むことになる。
金融の窒素酔いには水中での窒素酔いそれより効果がある。

壊れたセンサーあるいはゆがんだセンサーで、金融・政治のリーダーの中で
方向感覚が失われる。これらは過去数十年間の準拠枠組みから国際システム
の脱却を加速させる2つのキーファクターである。
図1 1999年時点でのトップ20金融機関の時価総額(単位:10億ドル)
図2 2009年時点でのトップ20金融機関の時価総額(単位:10億ドル)
もちろんこれはシステム危機の特徴である。
国際システムにおいて、増大したイベントやトレンドはこの旧世紀のフレーム
ワークから脱却し始める。この危機が近代史においてどれだけ独自なもので
あるか説明することは簡単だ。
進行中の変化規模を計る唯一の方法は数世紀前に戻ることである。
数十年程度の統計データを集め調べるだけではグローバルシステム危機の
詳細は見えても限りがあり、全体を見通すことはできない。
ここにある3ケースは2世紀あるいは3世紀に一度おきる時間上の変化に我々
がいることを示している。
1.2009年イギリス中央銀行の金利はこの由緒ある機関がつくられた1694年
以来(315年間)最低レベル(0.5%)に達した。
図3 発足当初の1694年以降におけるイギリス中央銀行の金利推移
2.2008年フランスの金融部門である銀行預託金庫は1816年以来フランス
の全政治形態(王国・帝国・共和国)にわたって初めて年間損失を計上した
(193年間)。(2)

3.2009年4月中国はブラジルの最大の貿易相手国となった。
このイベントは通常グローバルリーダーシップの変更に伴い宣言される。
200年前にイギリスが3世紀にわたるポルトガルの優位を終焉させて以来、
これがおきるのは2度目である。アメリカは1930年代初頭にイギリスから地位
を取って代わり、ブラジルの最大の貿易パートナーとなった。(3)

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/18(月) 00:03:51 ID:c+DIz+oW
その3
多くのアメリカトレンドが過去と比べ、全世界的な準拠枠から飛び出すことは
検討に値しない。(アメリカにあるものより古い関係した準拠枠は存在しない
)準拠枠組みから逸脱したものとしてドルの価値喪失、財政赤字、
公的負債の増加、貿易赤字の増加、不動産市場の崩壊、金融機関の損失など。(4)

しかしもちろん、国内のグローバルシステム危機の中心おいて、2006年の
GEAB以来何度も、この種の例は非常に多くかつ広範に議論されている。
実際、関連する多くの国、エリアでは世界中で現在の準拠枠から飛び出す兆候
を示している。仮にただ1国あるいは1セクターが影響をうけるなら、
1国あるいは1セクターは単純に通常ではない時間をすごしていることが
示される。だが国際システムの中心にいる国々、激震の渦中にある経済・金融
セクターは”旧世紀の道”から離れたところでの動きに同時に影響されている。
図4 株式市場のトレンド-過去の四大経済危機中における
(インフレ調整済み)
灰:1929 赤:1973 緑:2000 青:現在

歴史的な結論に達すると、1世紀古い準拠枠組みから飛びしているということ
は単純にグラフカーブがこの過去のグラフカーブつまりフレームから飛び出し
て目にみえることである。
フレームは数世紀にわたるトレンドの進行と価値を表しているからである。
この伝統的な準拠枠からの突出は速さを増し、増加する多くの部門、国に影響
を与え、株式市場や政府あるいは公的統計により日々のあるいは月々に用いら
れる指標の意味喪失を強化する。様々なところで”通常の指標”はもはや何の
見通しもあたえず、また今の世界状況でさえも示していない。世界が2009年夏
になる頃には信頼にたる指標は存在しない。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/18(月) 00:07:31 ID:px2I3Y82
最後
もちろん個人が自由に少ないながら経済・金融指標の月別変化の増減を考える
ことはできる。だがそれ自体が当局や銀行の介入を何度も受け多大な影響を
受けている。これらは旧世紀の基準枠組みから飛び出していくことより
現在の危機の進展において更に数値データを伝えている。危機であるのか
それとも単に強烈であるのかを予測する人々を自由に信じることはまた
これが終わるときはいつなのか正確な日時を知るためのポジションにいる。

我々チームはこういった方々に映画”マトリックス”(5)を見に行くこと
をお勧めし、与えられた環境でセンサーや指標を操作された場合の結果を考え
ることを勧めている。2009年の特別な夏(GEAB36)で詳述するように、
来るべき数ヶ月は”クライシスリローテッド”と呼ぶにふさわしい。(6)

このGEAB35では指標についてアドバイスする。すなわち2つ準拠枠移行期間
において、この指標が危機や経済・金融環境の進展についての独立した情報
を提供できるといえる。

2009年5月のGEABにはほかに2つのテーマを展開する。まず、2つの経済
刺激策がプログラム障害にあること、はっきりいえば中国とアメリカの計画で
ある。そしてもうひとつは2009年夏の終わりまでにイギリスがIMFへ金融支援を
懇願することの2つである。
アドバイスの中で、我々チームはGEAB35の中で世界最大の不動産市場の進展
および短期米国債市場の進展を予測する。

referential frameworkは準拠枠組みとしておきましたお
行動の結果、グラフに現れる形でも意味は通じると思いますお

本編の米中の経済刺激策失敗の原因となる
absorption capacity barrier(吸収能力の壁)がなんなのか知りたいところですお


24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/18(月) 08:33:22 ID:WEeWhaJn
>>20さん
ありがとうございました。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/19(火) 00:21:43 ID:DWQbE2fB
日本のマトリックスの世界

審議会と世論調査
http://www.the-journal.jp/contents/kokkai/2009/05/post_189.html

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/19(火) 00:23:31 ID:2kKcfRQQ
GEAB N35 要約  2009年 5 月15日

世界的なシステムの危機  2009 年 7月、世界が六十年にわたって
続けてきた枠組みを踏み出す時
ここ二ヶ月にわたり、いわば財政上の超現実主義とでも言うべきものが、
いろんなマーケットのトレンドや、財務上の指標、政治家のコメントなどを
持ち上げて来た、だがそれは1945年の終戦直後から住み続けてきた
「枠組み」の歌う実際(死ぬ前に白鳥が歌うといわれる)白鳥の歌にすぎない
 
アメリカと中国の行う財政的な浮揚策、それは失敗を運命付けられている
それは「量の壁の消失」とでも言うべきもの巨大な予算の供出、アメリカと中国により過去最大の二つの景気刺激策が
提示された、が、それは残念ながら失敗する運命にある、我々はここ二、三ヶ月の間にそれらの刺激策は遠からず
巨大な乗り越えられない障害に直面すると分析している

 英国
2009年の夏の終わりまでに英国はIMF]に何らかの要請を行う
三十年ほど前1976年の三月から十二月にかけて、世界は石油危機に直面した
この時、英国はIMFに対して三十九億ドルの資金援助を要請したが
我々の分析によれば、2009年の夏の終わりまでに同様の事態に追い込まれると予想している

 三つの戦略的アドバイス及び推薦事項
一、 危機に際してはどの指標を信頼すべきか?
二、 不動産については、何時、どこを買うか
三、 国債や債券について、どちらを選ぶか?

世界について欧州人の思考  その結果と分析
欧州人の六十七パーセントという過半数が2009の夏までに英国政府は
IMFに対する援助要請する羽目に陥り、その事からまぬがれないと考えている

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/19(火) 18:35:39 ID:exrCruIM
     /⌒ヽ   
     ( ´ω`)GEAB35の注ですお
     / つ と)
(1)我々が補足しておくと、当時は、従来のように変化がおきると、ゼロ付近の通過帯は”統計的混乱”
という特徴を示す。この統計的混乱おいては指標が反対方向を指し示し、測定結果は矛盾するものとなる。
誤差の範囲は測定結果そのものより広がる。2007年時点においては、進行中の破綻はアメリカの破綻であり、
LEAP/E2020は”Very Great Depression” と名づけた。その理由は、まず”Great Depression(大恐慌)”
はすでに起きた1929年の危機とその後に注意を向けさせるからであり、第2点として調査報告に従えば、
来るべき危機の性質と範囲とはかなり異なるからである。Source: GEAB N°11, 01/15/2007
(2)Source: France24, 04/16/2009
(3) Source: TheLatinAmericanist, 05/06/2009
(4)政治家や専門家は今回の危機を1929年の危機と比較することに固執している。
これは基準にとらわれいるようなものである。しかしながら、特にアメリカにおける多くの分野で進行中の
ドレンドは大恐慌を示す特徴を超越している。LEAP/E2020はGEAB31を思い出す。関連した参考文献が
1873年から1896年の世界危機に見受けられることを思い出した。つまり1世紀以上前である。
(5)マトリックスシリーズでは人間によって知覚される現実はコンピューターが作り出す。
実際にはみすぼらしく暮らしているのにもかかわらず人間は快適に暮らしていると考えている。
ただし人間の全感覚機能は(視覚、聴覚、味覚、触覚、嗅覚)は操作されている。
(6)この映画の第2弾タイトルは”マトリックスリローテッド”である。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/20(水) 02:46:40 ID:W77muyc9
>>27
     /⌒ヽ   
     ( ´ω`)
     / つ と) さん、いつも乙であります!

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/20(水) 15:20:23 ID:sDIEyGdY
同じく乙です

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/21(木) 09:18:45 ID:tDel0yN2
やす更新きてたな



31 :セホノマ帳 るすな:2009/05/22(金) 18:04:51 ID:inT6sDja
超魔法大陸WOZZのレオナが白衣で乱れて挿入されている画像キボンヌ

SFC RPG 攻略 改造コード 裏技

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/22(金) 19:07:01 ID:ai3vzZOM
http://sokin.biz/96man/

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/23(土) 23:05:00 ID:zBMhaH03
     /⌒ヽ   
     ( ´ω`)英国を米国に読み替えると似ている状況が
     / つ と) いくつかありますお
英国大不況の研究(1873年から1896年)
ttp://www.mof.go.jp/f-review/r43/r_43_096_114.pdf
大不況の経済学
ttp://www.ier.hit-u.ac.jp/~kitamura/PDF/A230.pdf

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 05:07:20 ID:X27GuNnx
>>33
いくつかあるのかもしれないけど
ずっとデフレって所が腑に落ちない

世界恐慌のときもハイパーにはなってないみたいね
製造力過多だったから物が不足したってわけでもないのかな
紙幣もそれ程出回ってたってわけでもないのかな

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 14:02:11 ID:Gc42wkTU
こっちが本スレになるのかな?

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 17:04:58 ID:oEGhUQJP
そうみたいだな

E2020の話限定だからな

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 17:11:17 ID:ie8+CX0P
>>34
先進国は情報のインフラ整備がすすんでるからね、デフレになりやすい。
むしろインフレに持ち込む方が大変だよ。

ハイパーインフレなんて先進国では夢物語だw

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 17:52:32 ID:X27GuNnx
所で心配事のひとつなんだけど
アメリカがデフォルトしたらパソコンとかの部品は買えるのかな

他の国はドル使わなくなるからドルの貿易出来なくて物が不足するだろうけど
肝心のアメリカは当分ドルなわけで、貿易完全シャットアウトってことになるの?

パソコン買えないとこまるんだけど、パソコンの部品も高くなるんなら今のうちに買っとくかな〜
円高といえど、ハイパーなったらどうせ高くなるしなー、相対的に安いってだけで

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 19:58:26 ID:0JdxI9Ap
食べ物とか生活用品とか保存の効くものは今のうちに買った方がいいと思うけどな

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 20:24:57 ID:0Wim1DKl
いざ一般市民が騒ぎ出したらレジすげー混むし、一番の問題が輸入ストップだからな
一旦ストップしたら、相当品薄になってマスクみたいに食料発見するだけでも大変になる
ヤフオクで米10kgコシヒカリが5-10万とかで売れるんじゃねーの
小麦も高そうだ
んで原油輸入ストップして自衛隊とかが独占かな
電気も激高になって1日数時間しか使えなく
ローソクがその影響で馬鹿売れ
ありとあらゆるモノが高くなって経済疲弊するな

しかし第2次朝鮮特需が起こり、日本は復活を果たすのであった
またはまた自衛隊に太平洋中国攻めさせる
財閥だけ儲かるって仕組み

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 22:07:01 ID:vCBR1Wor
”米国経済はポーカーのごとく
富が1カ所に集中している
ゲームを続けたい者は
そこから金を借りるしかない
金策(クレジット)が尽きれば脱落する”

FRB議長 マリナー・エクルズ

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 22:46:06 ID:csFUWoxX
次ないのかよ

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/24(日) 23:40:45 ID:X27GuNnx
経済版に誰か立ててもらえませんでしょうか

多少荒らしがあっても人が居ないんじゃあまり意味がないし・・・・・

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/25(月) 00:24:06 ID:m+k/dsxB
こういう職人がゴロゴロ居るからニコニコ動画はスゲーな

総統は金融危機に大変お怒りのようです
http://www.youtube.com/watch?v=0WCLZbFhp_8&fmt=18

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/25(月) 00:35:02 ID:m+k/dsxB
前スレ、12スレ目の最後の方は関係ない話題ばかりで
おまけにスレ消費速度は異常だった。にもかかわらず
続きのスレとしてこっちに誘導されると急にレスが無くなった。
自作自演っぽいのも居たから強制ID様々とも言える訳だけれども。

結局E2020なんかどうでも良い連中が書き込んでただけなんだろな。
今のスレ速度が本当に興味のある住民に絞られた結果なんだろう。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/25(月) 08:31:05 ID:+FGlliDE
ズサーc⌒っ゚Д゚)っ

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/25(月) 12:10:36 ID:cb/mkL+w
【北朝鮮】北朝鮮が午前中に核実験(1報)[05/25]
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1243219752/

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/25(月) 13:00:49 ID:SOA5bSXp
こっちでやった方がいいような気もするな
アメバブスレみたいになったら嫌だし
棲み分けできるし

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/25(月) 15:53:29 ID:QlChP16N
エド・デイムス元少佐の予言

※北朝鮮について
今後5カ月か6カ月以内に、北朝鮮は韓国を核兵器で攻撃する。
この攻撃による被害はすさまじい。
中国は北朝鮮の攻撃計画を早い段階から知っているが、
戦略的な理由から計画を阻止せず、北に韓国を攻撃させる。


50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/25(月) 18:07:08 ID:+htKh5hj
ふーん、潰されるの覚悟で核使うのかな

正直北って将軍様一族クーデターでみんなやってしまった方が国際社会から受け入れてもらえるから
援助とかも普通にしてもらって暮らし向きは一気に改善しそうだけどな

そんで南に統合してもらえば、西ドイツの東ドイツ統合よろしく
新たなリソースつかってあっという間に経済発展できるだろうに

はっきり言って将軍様が一番の不利益だと思われ
誰かクーデター起こせよ、そうすりゃ一気に良くなるぞ

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/25(月) 20:37:54 ID:lUd5eZap
>>50
南北統一は簡単ではない
中国はあからさまに北を乗っ取ろうと狙ってるから
宗主国の中国が将軍様を支えるよ
南北統一なんて中露あたりにとっては国益にならんと思うよ

あと北が暴発する理由がない
東アジアが世界相手に戦争をするとでも?
お花畑?

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/25(月) 21:30:27 ID:+htKh5hj
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90003013&sid=a8L4dPhit7r4&refer=jp_us

ついにドル暴落に備えて貿易すら削減し始めますた

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/25(月) 21:35:13 ID:c/cD6L2F
麻生の選挙対策?
今の自民党は、政権死守のためになんでもやりそうだ。








54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/25(月) 21:41:42 ID:U4Im3laO
あ〜あ〜

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/26(火) 03:13:30 ID:G1OtiGcF
こっちは人少ないね
平日はガラガラ
つまらん

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/26(火) 03:15:30 ID:pNaUU5W2
新スレ、立ったみたい
臨時避難所から移動よろ

アメリカ経済はすでに瀕死?Europe2020の警告-13
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/eco/1243237940/

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/26(火) 03:16:33 ID:pinD4Qr+
>>52
アメリカで商品相場が暴騰する気配が出てきたから、やめたのだろう。
暴騰の主犯が中国じゃ、あとで何をいわれるかわからないから。


58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/26(火) 05:07:43 ID:tsLaSM3s
>>53
まったく無関係だと思う。自民党は。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/26(火) 08:32:26 ID:bqpR96HG
>>57
+岡田が中村起用しない発言
事実いなくても問題なし
まー俺はいてもいいと思うけど

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/26(火) 10:48:26 ID:go8VMbQA
マダー?(・∀・ )っ/凵 ⌒☆チンチン

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/26(火) 19:40:47 ID:1/iwYGuf
北がごちゃごちゃやってる理由は、米下院が北朝鮮関連予算を全カットしたからでは?

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/26(火) 22:42:58 ID:iUQX3IY9
アメリカ経済ニュースBlog: サブプライムのあとはオプションARMによる住宅危機へ発展か?

ミゾリー大学のWilliam Blackは、2010年から2011年までに
オプションARM(オプション付き変動金利ローン)による
破産の波がやってくると予想しています.
オプションARMは、ある一定のオプション期間に
ローン支払い額を減らすことがでるオプション付きの変動金利ローンです.
住宅バブルの2007年までに流行ったローンで、
通常ローンで支払いができない人でも、
オプションARMで支払い額を一時的に減額できます.
収入が足りない人でも、住宅価格が上がることを見込んで、
多くの人がオプションARMで住宅を購入することができました.
(後略)

ttp://ryuzaburo.up.seesaa.net/image/052409A5AAA5D7A5B7A5E7A5F3ARMsB4EDB5A1202008C7AF3B7EEB8BDBADF.jpg
ttp://ryuzaburo.up.seesaa.net/image/052409A5AAA5D7A5B7A5E7A5F3ARMsB4EDB5A1.jpg

http://ryuzaburo.seesaa.net/article/120190217.html より)

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/27(水) 00:48:09 ID:0v8UAexC
ナイス情報

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/30(土) 10:16:26 ID:kRtOt/Sb
クソスレだめ絶対!!!

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/31(日) 22:43:05 ID:z7C4QUe6
>>62
今までは乗り換えて支払い出来てたけど、住宅金利が上昇を始めたので今一番の問題点だね

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/03(水) 10:07:56 ID:vD6Mew0N
a

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/03(水) 17:25:48 ID:ShlH+jzz
ho

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/05(金) 12:42:16 ID:Bo2BMwsJ
433 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん [] 投稿日:2009/06/05(金) 08:11:48 [朝]
自由と人権と同盟国を軽視して、金儲けの為に中国べったりになってから
アメリカはおかしくなった
自由・人権・成功・愛国がアメリカの内外における求心力だろう?
愛国以外は全て失ったのだからアメリカが多民族国民を纏める力が無くなったという事。
国家分裂の可能性すら出てくるのも当然



▼ 443 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん [] 投稿日:2009/06/05(金) 11:21:09 [朝]
>>433
なにせアメリカは人工国家だからなぁ
20世紀に生まれたもうひとつの人工国家も分裂したから、
ロシア人だと分裂というのも実感できるのだろうな。
ただロシア人は州ごとに分裂すると予想しているが、
おいらはサラダボール国家が極端な形になって、封建時代みたいに
各都市とか、地域コミュニティが鉄砲もってゲートを作って立てこもるのでは
と思うのだが、具体的には神聖ローマ帝国みたいな形になるのではと
思うのだが、

http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/05/Imperial_Circles-2005-10-15-en.png

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/09(火) 10:14:15 ID:WUyialkJ
>>59
岡田に何の権限もない。
また、米国債を売ると言ったのは、菅直人もそう。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/11(木) 23:42:48 ID:nf2IPS9v
     /⌒ヽ   
     ( ´ω`)LEAP/E2020がソルボンヌ大学で
     / つ と)Europe. Anticipation. Strategyというセミナーを開くそうですお
Franck Biancheriが講師で修士・博士課程在学者と企業や行政担当者を対象に
するようですお

以前、世界の100大学にGEABの有料版を無償提供する話がありましたが
ソルボンヌ大の図書館にはありそうですお

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/12(金) 00:56:01 ID:F+omav6p
学士課程でもやってくれよ

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/12(金) 07:07:22 ID:uQosE01A
中村を起用しないというのは大きな意味ある
創価学会堕落ということだから

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/13(土) 21:16:53 ID:BVYMeCir
     /⌒ヽ   
     ( ´ω`)GEAB本編35に出てくる
     / つ と)米中の景気刺激策失敗の要因となる
”absorption capacity barrier”(公的)資金吸収能力の壁について

これらの国は大きすぎて、(公的)資金をうまく使いこなせないということらしいですお
小規模な資金をつかいこなせず、また資金分配の方法を検討する時間がまったく足りないため
仮に分配したとしても一部にしかわたらず、その使い道が一部に偏るため
資金の使い方が特殊化する状態が続き、他に応用できない状態、つまりそれ以外で吸収できない状態が
続くことでバリアができるといってますお
結果は単に被害を弱めるにすぎないといってますお
米中の計上された予算はヨーロッパの3倍ですがそのうち30%には手をつけることすらできないといってますお

遅くとも2009年の秋までに米中の景気後退速度は鈍化しますが、潜在的に米国の公的負債が増加し
中国の準備通貨が甚大に減るということらしいですお
資金をまわすにははじめに道を作るべきで、それがない状態で資金を分配することは
単に金を右から左へ動かしていることと変わらないといってますお

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/17(水) 09:41:59 ID:X0oeRlZl
中国の準備通貨が大幅に減った報道に注目ということか
いつのまにか内容密度からこっちが本スレになってるな

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/17(水) 21:44:59 ID:YZ9Ijtsh
808 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん[sage] 投稿日:2009/06/17(水) 19:30:51
     /⌒ヽ   
     ( ´ω`)GEAB36 要約 速報(仏→英)
     / つ と) 広報の右側にあるやつですお
広報もざっと目を通しましたが、書いてあることはほとんど同じですお
3から4ヶ月ほどは景気が回復したようにみえますが、それは公金注入による幻想ですお
報道もそのようになされますが、その後はくることのない景気回復を待たねばなりませんお
2から4年間失業しながら…
GEAB No. 36
(Special Summer 2009) -要約

システム危機:2009年夏、3つの詐欺師の波による蓄積効果
LEAP/E2020は3つの詐欺師の波が1点に集中し、継続的に事態を悪化させると
予測する。2009年9月/10月には歴史的な転換が訪れる。

甚大な失業(率)の波
3つの開始時期(失業・倒産・米国債危機)はアメリカ、ヨーロッパ、アジア、中東、アフリカでことなる
(同時並行的にこれらのことがおきるわけではない。転位の仕方やスピードは地域によりことなる)。
2009年夏はグローバル危機の進展において、失業(率)のインパクトの点で転換点となる。
失業は危機の悪化とともに世界中で至る所でおき、スピードはことなることはなく、同じ効果となる。
破産の連鎖の波
企業、銀行、不動産、国家、地域(行政)
規模の大小を問わず、2009年夏以降、破産が加速化する。
アメリカ、イギリス、スペインは特に。
所有地没収である第2の波は国家・地域行政の支払い不能の始まりにより
特徴付けられる。

米国債、ドル、ポンドの最終危機とインフレへの転換の波
初BRICsサミットを組織することが難しく、また現行システムの変化の兆し
であることは想像に難くない。アメリカが会議をつぶすためあらゆることを
しただけでなく、出席することを拒否されたことは、外交上の取引目的ではなく
思いをぶちまけた明らかなサインである。焦点は軍事でなく、ドル特に米国債の
扱いである。


76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/17(水) 21:46:11 ID:YZ9Ijtsh
812 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん[sage] 投稿日:2009/06/17(水) 20:00:06
     /⌒ヽ   
     ( ´ω`)rogue waves=詐欺師の波としましたが
     / つ と) 注の2にocean waveで船(経済)がその波の圧力耐え
られないような大きな波を表していますお
タイトルは「システム危機:2009年夏、3つの巨大な波による蓄積効果」
が本来の意味になると思いますお

英語版でどのように表現されるかわかりませんが、「詐欺師 バイバイ」
という意味にも取れる意味深なタイトルですお

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/17(水) 21:58:07 ID:0/8FOnrb
いつもありがとうございます。^^


78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/18(木) 06:33:23 ID:25+39IBy
818 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん[sage] 投稿日:2009/06/17(水) 22:02:59
>>808
乙です
公的資金投入で時間を稼いだとも言えるが
問題解決にはならず、7〜8月には目に見える形で現れると・・・・
それと「米国債危機」とは具体的になんでしょうか?
買い手がいなくなるって事か?

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/18(木) 06:34:05 ID:25+39IBy
823 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん[sage] 投稿日:2009/06/17(水) 23:28:59
>>818さん
     /⌒ヽ   
     ( ´ω`)米国債の危機についてかかれているのは注の(9)ですお
     / つ と)米国リーダーは国債購入者を維持するために死に物狂いですお

ガイトナーさんが上海大学で「米国債を投資対象に選んだ中国は賢明だ」と発言して
学生から失笑をかったことが書かれてますお
これは1年前には考えられない出来事ではめられた中国のクールさが現れているといってますお

話題は変わりますが注の(11)ところを読んでみましたが
アメリカやイギリスには及ばないが
ドイツ・ベルリンも潜在的に破産する可能性があるといってますお
要旨ではスペインも連鎖破産に見舞われるといっていてE2020の認識が少し
かわったかもしれませんお

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/18(木) 06:37:50 ID:25+39IBy
Geithner insists Chinese dollar assets are safe

http://www.telegraph.co.uk/finance/financetopics/financialcrisis/5423650/Geithner-insists-Chinese-dollar-assets-are-safe.html

http://www.reuters.com/article/worldNews/idUSTRE54U0W320090601

http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1243994417/

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/19(金) 06:22:55 ID:f21P6bMw
879 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん[sage] 投稿日:2009/06/19(金) 00:03:00
     /⌒ヽ   
     ( ´ω`)GEAB36広報版(英)
     / つ と)和訳ですお
その1
GEAB36は入手可能!2009年グローバルシステム危機:
3つの巨大波による蓄積効果

2008年の初頭にLEAP/E2020が予測したように、2009年夏は目前である。
疑問視されているアメリカとイギリスの抑えの効かない公的財政赤字に
資金拠出する能力は国際的な議論において中心課題となっている。
そのながれから、今夏の末までにはこれら2カ国は自身の負債によって
デフォルトに至る下地を作ることになる。
グローバルシステム危機の進展プロセスの中でこの段階においては
今日の主要な政治、メディアのスタンスとは反対に、LEAP/E2020は2009夏
以降どのような経済的隆盛も予測しない(そして続く12ヶ月間もない)(1)。
反対に危機の原因について何の取り組みもなされぬままであるから
我々チームは2009年夏は3つの破壊的な”巨大な波”(2)が1点に集中する
ことになるだろうと予測している。危機の激化と大きな変革は2009年9月
あるいは10月に引き起こされると例示できる。
この危機が始まって以来いつものように、世界の各地域は同じ時期に影響
を受けることもなければ、同じ過程で影響を受けることもない(3)。
しかし調査官によれば、2009年の夏の終わりまでに多くの地域は、
めいめいの状況において重大な荒廃を懸念することになる(4)。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/19(金) 06:27:46 ID:f21P6bMw
880 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん[sage] 投稿日:2009/06/19(金) 00:05:05
その2
この展開は多くの不意打ちを食らった経済金融プレイヤーを引っ掛ける
ように思える。彼らは今日のメインストリームメディアによる操作すなわち
”多幸感”を信じてしまった人たちである。
この特別な”2009年夏”のGEABでは、我々チームはこれら3つの
”巨大な波”が集中する詳細を説明し、そのインパクトと多くの有利な
アドバイスをする(通貨、ゴールド、不動産、債券、株式)。
それはこの悲惨な夏の間に一掃されないようにするためである。

図1
1900年以来のアメリカ景気後退期間(単位:月)平均期間は14.43ヶ月
−Sources: US National Bureau of Economic Research / Trends der Zukunft

2009年夏の一連の流れの中で、LEAP/E2020は”景気回復の始まり”
(国際メディアや専門家、政治家が耳を傾け、過去2ヶ月間、理解され続けた
統計表(6))の代わりに(5)、目の前に現れるであろうものは
社会経済的な構成要素をもつ3つの破壊的な波の一群が1点に集中すると
予測している。2009年夏の終わりまでに危機は激化し、大きな変革を伴う
と例示できる。もっと正確に言えば、米英両国は負債デフォルトイベント
でグローバルシステム危機の中心となる。これらの波は下記のとおり

1.大量失業の波:3つのインパクト開始時期はアメリカ、ヨーロッパ、
アジア、中東、アフリカなど地域によりことなる
2.企業連鎖倒産の波:会社、銀行、政府、国家、州、町村行政区
3.米ドル、米国債、ポンドの絶望的な危機の波とインフレ転換

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/19(金) 06:28:32 ID:f21P6bMw
881 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん[sage] 投稿日:2009/06/19(金) 00:07:22
その3
図2
世界貿易の縮小:第1表(上):主要15輸出国の全貿易年次推移
(1991年から2009年2月)
/第2表(下)2008年2月から2009年2月までの主要15輸出国の各国別貿易年次推移
(円の大きさは量をあらわす)

実際、これら3つの波は”女同士の友情や嫌がらせが立て続けに押し寄せる”
ような形で立て続けに現れることはない。これらは危険である。
それは同時におこり、非同期かつ並列ではないからである。
それゆえグローバル危機におけるこれらインパクトはリスクを際立たせる。
これらはバラエティに富んだアングルでぶつかり、スピードも異なり、
強さも変異に富むからである。この段階で唯一確かなことは国際システム
はそれほど弱ってはおらず、このような状況に対して効果がないわけではない。
IMFと国際統治機構の改革がロンドンのG20によって宣言されることは手詰まりを示す
(7)。
G8は会合自体が停止状態でその機能が急速に疑問視されている(8)。
アメリカのリーダーシップは以前活躍していた当時のなりをひそめ、
なんとか米国債購入者が確保できるかとただただ心配している(9)。
国際通貨システムは崩壊の過程にあり、特にロシアと中国はポストドル時代
のポジション争いに拍車をかけている。企業はビジネス環境の改善が
みられないと予測しており、一時解雇(レイオフ)のスピードを増している。
多くの国は”銀行救済”で作られたたまりにたまった負債の重さによろめき、
今夏の最後には欠点の寄せ集めに直j面しようとしている(10)。
そして最後に大事なことを言い忘れたが、銀行、彼らはここ数週間の
市場が上昇基調であると宣伝されたおかげで従順な預金者から搾り取った
金がある。だが銀行は2009年夏の終わりにはすでに支払い不能であることを
認めなければならないだろう。


84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/19(金) 06:29:20 ID:f21P6bMw
883 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん[sage] 投稿日:2009/06/19(金) 00:11:46
その4
特に米英では、2008年と2009年初頭にただ大銀行に利するような巨大な
公的融資が行われ、かなり不評となった結果2009年の春には銀行に対して
さらなる公的資金の注入を断念せざるをえなかった。それら銀行が支払い
不能になっていたにもかかわらず(11)。そのとき平均的な預金者が
自身の金を金融システムに注入することを納得させる”おとぎばなし”
が必要であった。”景気回復の始まり”という物語をつかって、株式指標が
高くなっていることは実態経済にも償還約束つまり予測される
公的資金の償還に基づくものでもなかった。調節された状況が整った。
それゆえ産油国の大投資家やアジアの投資家(12)がこれらの銀行から
資金を引き上げる間、多くの小額個人投資家は期待に胸を膨らませ、戻ってきた。
一度、小額個人投資家が公的資金が小額で銀行が中毒資産を処分する助けになり、
支援ができると気がついてもいいのはせいぜい3,4ヶ月後までである
(GEAB36で分析)。これらの銀行は崩壊の瀬戸際に立ち、力を失い、
これらの株が価値を取り戻すことは二度とないことに気がつくだろう。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/19(金) 06:30:09 ID:f21P6bMw
884 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん[sage] 投稿日:2009/06/19(金) 00:14:01
最後 
図3
GDPの成長(緑)とアメリカの負債(赤)(単位:10億ドル)
Sources: US Federal Reserve / US Bureau of Economic Analysis / Chris Puplava, 2008

金融業者によって中毒にされた者や各国の政治リーダーは驚くだろう。
「もう一度」去年の問題が再度現れることに。解決に向けて手をつけていない
どころか、大量の公的資金が埋め込まれているのでさらに深刻になる。
一端支払い不能な銀行に浪費されてしまうと更に支払い不能なライバルを
”救済”せざるを得ない。これらは病的な思いつきの経済刺激策で解決される。
問題は再度表面化する。さらに悪化した形で。何億ものアメリカ、ヨーロッパ、
アジア、アフリカ市民にとって、2009年夏は失業によって窮貧化が続き、
劇的な変遷になるだろう。それは新しい仕事が次の2年、3年、4年と見つかる
気配さえなく、また株やキャピタルベースな年金に投資された預金、
株式市場やドル建て資産やポンド建て資産とリンクした銀行投資が消えてしまい、
株に投資した場合にはすぐには来ない改善を必死に待ち続けることになるだろう。

以上ですお

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/19(金) 06:31:35 ID:f21P6bMw
900 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん[sage] 投稿日:2009/06/19(金) 01:32:57
LEAP/E2020 36号

図1
1900年以来のアメリカ景気後退期間(単位:月)平均期間は14.43ヶ月
−Sources: US National Bureau of Economic Research / Trends der Zukunft
http://www.leap2020.eu/photo/1435110-1905017.jpg?v=1245185136

図2
世界貿易の縮小:第1表(上):主要15輸出国の全貿易年次推移
(1991年から2009年2月)
/第2表(下)2008年2月から2009年2月までの主要15輸出国の各国別貿易年次推移
(円の大きさは量をあらわす)
http://www.leap2020.eu/photo/1435110-1905018.jpg?v=1245185304

図3
GDPの成長(緑)とアメリカの負債(赤)(単位:10億ドル)
Sources: US Federal Reserve / US Bureau of Economic Analysis / Chris Puplava, 2008
http://www.leap2020.eu/photo/1435110-1905020.jpg?v=1245185305


87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/19(金) 15:15:06 ID:RTypPGhV
やまはFXさんとこの翻訳では
「他の国では、デフレの影響により、インフレになることはないだろう。」
て記述があったけど、e2020の33号によると2010年から2014年にかけて
世界的に食料・機械部品・エネルギー等の不足が起きるんでしょ?

なのに「他の国では、デフレの影響により、インフレになることはないだろう。」
てなことありうる?
それともこれは2009年内はアメリカ以外はインフレにはならないってことなん
かな?

細かいことかもしれないけど、こういう整合性のないところをどう理解したら
いいのかが分からないんで、翻訳されててこの辺のことがもし判れば教えて
もらえないでしょうか?

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/19(金) 21:21:06 ID:vCXAP6iy
>>88さん
     /⌒ヽ   
     ( ´ω`)あくまで個人的な見解ですお
     / つ と)

整理すると
2009年夏以降、刷りすぎたドルの信用が著しく下落しますお
2009年11月から2010年3月にかけて、供給業者の破綻によりグローバル生産システムの
ラインは停止すると言ってますお
それを受けて2010年4月から2014年に物品の不足が起きるといっていますお

つまり米でもモノを買わないデフレ圧力がありますが、
貨幣供給多さからインフレ圧力が強いためにデフレ<インフレの関係でインフレに
他国でも通貨信用の毀損から貨幣からのインフレがありますが
モノを買わないデフレ圧力が強いためにデフレ>インフレ(あるいはデフレ=インフレ)
の関係ができることでデフレになるということだと理解してますお

インフレ転換を含む3つの波は世界同時的におきるわけではないといってますお
(あまった金が一時産品に極端に流れ込めばインフレが起きることは考えられますお)
それはお金とモノとのバランスそして、お金の流れこみ方のバランスだと思いますお
お金があまっていても実態経済と関係ないところにお金が集中すれば実態経済では
インフレがおきないかもしれませんお
ぼくは経済を専攻していないので間違っていたら訂正してくださいお

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/19(金) 22:14:34 ID:AKVtXdn3

慧眼まことに恐れ入ります^。^


90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/19(金) 22:45:48 ID:IDCDQH4n
>>88
いつもありがとうございます!

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/19(金) 22:58:36 ID:r+4wk5xY
>>88
absorption capacity barrierの説明(前のところ)ありがとうございます。
難しい部分です。
 
あとrogue wavesがちょっと文学的表現で訳しにくいですね。「暴力的」と
やってみましたが、どうも。^^; 
「群れを離れてさまよい悪事を働く」というニュアンスじゃないかと
思います。
「インフレ・デフレ」の部分は思い切り訳を省略したのでわかりにくい
ですが、88さんの解説通りの理解でいいと思っています。


92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/20(土) 00:39:14 ID:tFrunkKA
>>91さん
     /⌒ヽ   
     ( ´ω`)ご存知だと思いますが、GEAB本編35ではabsorption capacity barrier
     / つ と) についてヨーロッパでは小額の資金を使いこなした実績があると書いてありましたお
(ご存知ない方もいると思うので追加しておきますお)
rogue wavesの訳ありがとうございますお
これも難しいですが更にsistars rogue wavesというのがあって
これの意味が理解できませんでしたお
英辞郎にsistarsが「女同士の友情」とありましたのでとりあえずこれにしておきましたお

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/20(土) 01:25:52 ID:GAq6LCSS
ムーディーズ、カリフォルニア州格付け引き下げの可能性
 米格付け会社ムーディーズは19日、
 米カリフォルニア州の格付けを引き下げる可能性があると発表した。

こんなのあった。このスレ的に。
それで、物が不足するってどういうことなのかね?
別に、資源も労働力も、生産する機械もあるじゃん?今だって世界中でモノは生産されている。
トヨタのプリウスも売れている。18万台。この歯車が止まるということ?一時的に?

まぁ確かにフランスルノーとか生産自粛はしているけど、それは売れないとか赤字だからでないの?
というよりお金がありとあらゆる企業で不足して、生産不能に陥る?
ドル円70円とかいけば、日本も影響を受けないわけないけど輸出だけかね。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/20(土) 01:48:46 ID:zfunNOCK
>>88
いろいろありがとうございます

なるほどねぇ、、てことは一時産品に流れ込まなかった場合不動産あたりは上がるのかな
BNF不動産投資してる上に株も不動産投資銘柄買ってるんだよね
しかも一銘柄に60億、これはスイングというより中長期目的のようなきがするんだけど

もし市場が凍結された場合、再開されたときにいきなり上がって始まる可能性があるんだよね

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/20(土) 02:22:16 ID:FQJynro0
>>92
いつも勉強させてもらっているのでちょっと貢献。

rogue waveもsisters rogue wavesも、大型船をひっくり返すくらいの大波のことです。
例えば以下を見ると、rogue waves には3種類有る、とあります。
ttp://midnightwhispers.wordpress.com/2008/02/01/rogue-waves-a-natural-phenomenon/
1. walls of water:海洋の6マイル彼方からやってくる巨大な水の壁。
2. sister rogue waves:3つ連続したrogue waves。女装した黒い三連星を想像すると良い。
3. single giant storm waves:単発の巨大な荒波。


96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/20(土) 03:56:20 ID:QyvGX6s3
まだ、始まったばかり。
今うかれてるのは、リーマンショックが落ち着いてきただけ。
ゆっくりと足元は崩れつつある。

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/20(土) 08:22:15 ID:bvVf0+cD
>>95
 
rogue wavesご説明ありがとうございます。
腑に落ちました。^^


98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/20(土) 23:37:25 ID:tFrunkKA
     /⌒ヽ   
     ( ´ω`)GEAB36の注ですお
     / つ と) とりあえず(1)から(8)まで(9)以降は明日以降に訳しますお
>>95さん大変参考になりましたお ありがとうございますお


(1)(2009年夏以降の12ヶ月は)多くの専門家が信じ込ませようとしている
”雇用なき景気回復”でさえない。アメリカ、イギリス、ユーロゾーン、
日本において”景気回復なき景気回復”であると我々は予測している。
たとえば正真正銘のでっちあげでアメリカやイギリスの支払い不能消費者を納得させ、
再度買わせ、購買国は米国債や英国債をできる限り支え続けている
(購買国は現実に自国の生産物をドル国家やポンド国家に将来販売できないと決心するまで)。
(2)”巨大な波(rogues waveas)”とは非常に大きく、一定の強度を越えた
ほとんどの暴風雨で確認されるにもかかわらず、海面上に突然現れるめずら
しい波であると考えられている。”巨大な波”は30mにも達し、途方もない圧力
を持つ。たとえば通常の3mの波が発揮する圧力は6トン/u。10mの暴風雨による
波は12トン/uになる。30mにもなる”巨大な波”は最大100トン/uの圧力を発揮
することができる。どのような船もこんな高圧には耐えられるように設計されてはいない。
ある特徴的な巨大な波は”three sisters”と呼ばれる。たとえば一連の3つの巨大な波
がこの状態では非常に危険である。たとえ船が最初の2波に対応するに十分な時間があった
としても、最後の3波に立ち向かう正しい立ち位置にいられる方法はない。
LEAP/E2020に従えば、世界が今夏出くわすのは似たような現象である。
そして、GEAB本編36で説明するように、たとえ自国より潜在的危険性が高い
状況の国があろうと、どんな国(船)もこれに立ち向かう都合のいい位置にいることはない。
(3)LEAP/E2020は世界中の様々な地域の社会・経済的なトレンドを予測し、推定している。
発表済みのGEAB28(2008年10月16日)が関連している。
(4)更に正確に言えば、どの地域においても、メディアや株式市場はもはや
その荒廃を隠し通すことはできないだろう。
(5)リーダーは同じ人々、メディア、機関が言ってきたことに気がつきもしなかった。
3年前には考えられるすべては世界にとって最上の中の最上であるといった。
2年前には深刻な危機に陥るリスクは存在しないといった。
1年前には危機はコントロール可能で制御下にあるといった。彼らの意見はなんと信頼性の高いことか!
(6)アメリカの経済統計については面白いことに2009年7月31日に行われる経済分析局
(Bureau of Economic Analysis)による指数化方程式の修正の流れに沿っている。
通常このタイプの修正結果は歴史的比較を複雑化させ、重要な図やグラフを都合のいい
ように調整してしまう。たとえば、前回の修正で使用可能なものは計測された
インフレの平均レベルが3つに分割されたものである(Source: MWHodges, 04/2008)。
(7)局地的なレベルを除いて、各政治体はそれが望む方向で構成される。
たとえばEUはイギリスが金融・経済・政治的危機にはまり込みその威信が薄れていく
のを利用している。そしてシティの管理監督権を受け継いだ(source: Telegraph, 06/11/2009)。
2009年夏はブリティッシュパワーの中心にある300年にわたるシティの支配権
に引導を渡すようだ。この話題についてはGeorge Monbiotの有益な記事を読むと良い
(The Guardian dated 06/08/2009)。そして時間がかかるが2009年5月28日の
London Review of Books に発表されたJohn Lanchesterの傑作エッセイも良い。
タイトルは”終わった( It's finished)”である。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/21(日) 12:29:25 ID:KEmQVA7i
インドの哲学者 P・R・サーカー師の予言 


「ソビエト共産主義は早死にするだろう。その後にアメリカ資本主義が爆竹のように弾けて終焉するだろう。」


100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/21(日) 15:37:34 ID:IRKuWV2n
     /⌒ヽ   
     ( ´ω`)GEAB36の注残りですお
     / つ と)
(8)G8の最終通達やそれに次ぐ6月13日のG8金融サミットも含め各プレイヤーが
自分自身のルールでプレイするというときにどうでもよい。
(source: Forbes, 06/13/2009)。アメリカは一方の側に、カナダとヨーロッパは別側、
イギリスと日本はその中間、そしてロシアは完全に別のゲームをしている。
(9)米国務長官、ティモシー・ガイトナーは最近北京大学の学生を前にした短いスピーチの最中、
気まずい経験をした。中国政府が米国債とドルに投資をしたことは賢明な選択
だと安心させたとき、聴衆はいっせいに笑い出した(source: Examiner/Reuters, 6/02/2009)。
覇権を確立しているときに、冷笑をかったり、冷やかされることほど悪いことはない。
(敵・味方双方にとって必要不可欠な)敬意が払われない覇権など存在しないからだ。
特に過去においてあざ笑られた者が現在あざ笑っている者を”罠にはめる”ようなときには。
LEAP/E2020によるとこの笑いは幾千もの事実を説明してくれる。
中国はドルに”はめられること”をなんとも思っていない事実であり、
中国政府がドル紙幣や米国債が今後どうなるのか正確に理解しているという事実である。
この種の状況は直近12ヶ月では考えられないことであり、6ヶ月前であっても考えられない。
まず中国は認識があまい状態だったからであり、次に中国は認識があまいと信じ込ませれば
ドルは彼らの利益になったからである。明らかに2009年夏の前夜に、この状況は消し去る。
中国の著名エコノミスト23名の調査が強調するところによれば、それを取り繕う必要がない。
この調査報告はガイトナーの訪中初日に出版され、彼らの多くはアメリカ資産を”リスクがある”
と判断している(source: Xinhuanet, 05/31/2009)。学生の爆笑は来るべき数ヶ月間、高らかに
こだまし続けるだろう…
(10)アメリカだけでなく、政府が共通の利害にかこつけることで株主は偏見を持つようになる。
たとえばクライスラーやGMと関連した年金損失や公債損失のケース、あるいは米国政府や連邦準備金制度が
バンクオブアメリカに圧力をかけ、後の経営権移譲の際、メリルリンチの悲惨な状況を株主から隠す
ケースである(Sources: OpenSalon, 06/10/2009 / WallStreetJournal, 04/23/2009)。
イギリス、ヨーロッパ、アジアでは、同じケースが同じ効果を発揮する。”国家理由(raison d'?tat)”
と呼ばれるこの効果は通常、大規模な略奪を正当化する口実である。そして
深刻な危機は”国家理由”を呼び込むための絶好のタイミングである。
(11)ドイツは次の9月にある国政選挙のために似たような問題を抱えている。
選挙の後、国家金融問題は大々的に報道され、多くの銀行のバランスシート上に数千億ドル
単位でリスクの高い資産が現れる。大部分は局地的なものだが、処理に取り組む必要が出てくる。
アメリカやイギリスの銀行問題とは範囲がかなり違うが、それにもかかわらず、ベルリンは
おそらく起こりえる多くの銀行破綻に直面することになるだろう(Source: AFP/Google, 04/25/2009)。
アメリカにおいては連邦から救済を受けた銀行は補助金による融資総額を削減したが同時にそれとは反対
のことをするはずであるSource: CNNMoney, 06/15/2009 。
(12) Sources: Financial Times, 06/01/2009; YahooFinance, 06/04/2009
; StreetInsider+Holdings/4656921.html, 05/15/2009; Financial Times, 06/01/2009

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/21(日) 16:47:04 ID:J4XnS418
>>100
いつも乙です

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/23(火) 13:35:05 ID:IivovV1B
              ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
             /": : : : : : : : \
           /-─-,,,_: : : : : : : : :\
          /     '''-,,,: : : : : : : :i
          /、      /: : : : : : : : i     ________
         r-、 ,,,,,,,,,,、 /: : : : : : : : : :i    /今秋には
         L_, ,   、 \: : : : : : : : :i   /日本と世界が同時に崩壊して
         /●) (●>   |: :__,=-、: / <資本主義が爆発的に崩壊するだろうから
        l イ  '-     |:/ tbノノ    \働いたら負けかなと思ってる。
        l ,`-=-'\     `l ι';/       \  ニート(28・男性)
        ヽトェ-ェェ-:)     -r'          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ヾ=-'     / /
     ____ヽ::::...   / ::::|
  / ̄ ::::::::::::::l `──''''   :::|


103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/24(水) 17:44:30 ID:YfiWcR8j
>>100
いつもサンクスです

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/25(木) 23:32:37 ID:uxv92+5a
本スレこっちになってたのね
>>100
いつもありがとうです

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/26(金) 03:38:17 ID:S/x+GjUj
1











http://gac.main.jp/numbers/index.html


106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/01(水) 18:25:38 ID:72vwVBK4


107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/01(水) 23:27:41 ID:e7SmnZq5
     /⌒ヽ   
     ( ´ω`)GEAB36本編を手に入れたので
     / つ と) ぼくが興味を持ったところを補足しますお
米英を襲う失業の波
7月から9月にかけて失業の波が襲う
08年第4四半期の失業者の失業給付がきれる
毎月50万人がレイオフされているにもかかわらず、オバマ政権は3ヶ月間に15万人の雇用を
作ったに過ぎない。これからの3ヶ月で300万人の失業者、家族を含めると1000万人にが
路頭に迷う。オバマ政権を信じるなら60万の雇用が生まれたというが、焼け石に水

日本やEUを襲う失業の波(2009年冬ー2010)
2008年終盤、最初の数百万人の失業給付が切れるため第一の波がおとずれる
年度始めがこの時期に重なる地域では第2次世界大戦以来、初めて求人が0という状況が
考えられる。この場合不安定な仕事に就かざるを得ない。親の脛をかじるしかない

BRICsなど新興国の戦略
互いに通貨スワップや自国の国債を売買することで、ドル依存の体質から抜け出す
ただしこの段階では、米国債を売ることは目的ではなく、未来の米国債セールス
に打撃を与える取引材料という側面がある

ドル崩壊の波
ドル・ポンド建ての商品は米英の崩壊であがるが
幸いにもこれらの国は商品やエネルギーを輸出していないので、インフレが輸出される
ことはない。デフレ効果の相殺や、また他国通貨がドル・ポンドより価値が上がるため
である

円について
ドルが崩壊すれば円も大打撃をうける
保有国のドル建て外貨準備は数日以内に50%から90%減価する

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/02(木) 01:29:06 ID:Pn1ZblVy
>>107
乙です。個人的には円より元の方がダメージが大きそうなんですけど
E2020でその辺がどのように分析されているのか気になるところです。



ところで本スレが酷い有様なんですけど・・・

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/02(木) 02:33:15 ID:s7s/+5Uo
>>107 
乙です。

>>108
為替マーケットに翻弄されて苛立っているのでしょう。

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/02(木) 09:19:40 ID:gob5sBuN
>>107
いつも乙です

>>108
元は中国の政策次第かと

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/02(木) 09:27:08 ID:gob5sBuN
いよいよカリフォルニア州がヤバイ感じ
http://jp.reuters.com/article/domesticEquities2/idJPnTK849632120090701

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/03(金) 08:06:43 ID:Vry6dXQo
中国、人民元建ての貿易決済を一部解禁 「国際通貨」へ一歩
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20090702AT2M0203S02072009.html

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/04(土) 02:00:10 ID:HZDeatoZ
本スレは違う住民に乗っ取られて雑談糞スレと化してるしOTL。
( ´ω`)氏も移動してこちらが事実上の本スレになってるね。

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/04(土) 06:42:23 ID:i3N8Bo1W
Fed Funds Closed at 7 Percent on Quarter-End Demand, ICAP Says
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=newsarchive&sid=a7abTdyDiHPg

期末で資金需要が高まったとはいえ7%引け
次の日には収まったようですが、危険な兆候のように思えます

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/04(土) 06:53:30 ID:UeI8OwgQ
>>114
7%は去年の9月以来なようで・・・。
これから再び高まったりなんかすると危機第二派なんでしょうか。

>>113
アメバブ崩壊スレと空気が同じになってますねw
もう少しこちらにも人が増えればいいとは思うものの、過疎ってますね。
ID表示が嫌なのかな。

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/04(土) 08:42:03 ID:i3N8Bo1W
>>115
こっちのスレでのんびりやっていくしかないんじゃないかな

財政危機で「借用書」 米加州知事「7月末までに現金底をつく」
http://www.nikkei.co.jp/news/main/im20090703AS2M0301H03072009.html

地方財政破綻の先鞭を切ることになりそう
なんかターミネーター知事の顔が凄い

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/04(土) 09:05:27 ID:2SYKVVHu
スレの延び具合は初期のE2020スレと同じなので、別に過疎というわけではないです。

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/04(土) 15:24:45 ID:ulLfs7ln
>>115
意識的にID表示をさせないで工作しやすくしているかなと。
2chとそれにまつわるサービスはニコ動運営会社が麻生親族が役員という件にしても怪しいですよね。

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/04(土) 19:40:23 ID:/7Q+czU7
>>108さん
     /⌒ヽ   
     ( ´ω`)36号本編では元について直接的な分析はないですお
     / つ と) ドル・ポンドが下がるため相対的には
レアル同様中長期で価値が上がると言ってますお
(短期での展望は電力消費量との比較から厳しいものとなってますお)

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/05(日) 13:52:38 ID:spH1YV1E
「中国大崩壊」(柘植久慶著)によれば、中国は為替介入に用いる外貨準備高に関して普通の資本主義国のように
国または中央銀行が借金(日本の場合は政府短期証券を発行して調達する)して調達するのではなく、
輪転機で作った金をそのまま使っているということらしいですね。


121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/05(日) 14:17:08 ID:kO68GBUS
>>118
工作してるのはアメバブくずれな日本ダメポ論者でしょ
麻生にそんな力があればマスゴミから集中砲火されてないから

>>120
>柘植久慶
軍歴詐称は置いておくとしても色々な意味で信憑性はダウト

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/05(日) 14:28:28 ID:kO68GBUS
元って偽札が他国では考えられないくらい大量に流入しているから
今更元刷りまくってもあまり中国経済には影響でないような気がするw

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/05(日) 15:07:42 ID:GqXGuNiX
STANDARD&POOR'Sのホームページでケースシラー住宅価格指数 ピーク時から4月の値で下落率を計算してみた。
http://www2.standardandpoors.com/portal/site/sp/en/us/page.topic/indices_csmahp/2,3,4,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0.html

NV-Las Vegas   52.11%
FL-Miami      48.10%
CA-San Francisco 45.75%
MI-Detroit     44.96%
CA-Los Angeles  41.83%
NY-New York   21.08%

主要10都市圏  33.56%
主要10都市圏  32.69%

今回の一連の危機は住宅価格下落から始まっているが、
ベガスではもう半値(投機目的でこれはツライ)、一方ニューヨークは2割しか落ちていない。
過去の住宅バブルは大体3割減くらいが底といわれているが、今回はいまだ下落中。どこまで落ちるのでしょう?





124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/05(日) 15:14:37 ID:GqXGuNiX
訂正 主要20都市圏  32.69%

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/05(日) 20:27:08 ID:8qYxwAqn
     /⌒ヽ   
     ( ´ω`)GEAB36の中国分析と内容はほぼ同じですお
     / つ と)
ttp://jp.epochtimes.com/jp/2009/06/html/d13138.html

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/09(木) 10:11:42 ID:vNvSA5rB
基軸通貨やウイグル騒乱やリオ社員逮捕の件といい最近の中共の行動には
国家統治、経済・資源競争での危機感・焦燥感がある気がしないでもない

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/10(金) 01:55:13 ID:0zb11Hpq
ウイグル騒乱、実態は漢民族政権による民族浄化(ウイグル民族を
根絶やしにする)の過程で、起きてしまったちょっとしたアクシデント。
ウイグル民族の子らは、17-18歳になると強制移住させられて沿海部で
働かされている(ウイグル民族の中核部分を漢民族化する教育馴化目的と
実質的な奴隷労働力の確保の一石二鳥)。
某沿海部の玩具工場で、200人×3交代で働かされていたウイグル民族の
200人が勤務交代のため工場敷地内の寮へ戻ろうとしたところを、6000人
ほどの武装した漢民族に襲われ、ほぼ全員が虐殺された(生存者10-20人
程度しか確認されていない)。
このウイグル民族狩りを漢民族側がVTRや携帯電話のムービー機能など
で撮影しており、勝ち誇ってインターネット上へ次々と公開した。
ウイグル民族側でこれを見て怒り、ウルムチのウイグル人学生が公正捜査
を要求するデモを開始、これに群衆が賛同して約3000人がウルムチの政府
中枢にある広場へ入ろうとし、武装警察が一斉射撃で撃退、約200以上は
銃撃で即死、さらに武装警察や一部は人民解放軍の制圧下で漢民族側の武装
デモ隊がウイグル民族居住区を襲っている。
個別には、ユーゴスラビア解体時期に頻発した民族浄化(相手民族皆殺し)の
襲撃事件、政府・公権力が主体となって逮捕・拷問・強制移住や抹殺をや
っている民族浄化という点からはチベット以外に近似例がないかも知れない。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/10(金) 02:27:54 ID:0zb11Hpq
世界史的には、社会主義政権の強権支配のタガが外れた旧ソ連の辺縁
諸国で相手方民族の国に落下傘で舞い降りて支配していたロシア民族
やその代理(手先)をやっていた連中が各地で集団的に襲われたり、
ユーゴスラビアなどでは相互に陣取り合戦で相手方民族の居住者を
皆殺しにすることがおこなわれた。
そういう動乱が、約20年経って最後の社会主義政権の牙城である
中国やベトナムへ迫りつつある、、ということ。
漢人側は、かつては清朝で女真人に支配され、元朝ではモンゴル人
に支配されていた関係で、漢民族側の異民族浄化(根絶やし)志向は
強く、通例は植民地支配されているウイグル人側が決起して反乱を
起こしそうに見えるが、実態は漢民族内部の支配・被支配の重圧を
受け漢民族下層が異民族狩りをおこない政府はこれを先導・支援する
という体裁が多いようだ。
おそらく世界史的な意味での社会主義政権による強権支配の終焉の
騒乱の中で、偶然、漢民族側が優勢に振る舞っているだけなので、
近々、漢民族側が真逆にボコボコにされる事態も各地で起こること
でしょう。

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/10(金) 05:41:30 ID:0GpclMEj
早くそうなるといいな・・・・
じゃなきゃ数年後には日本が同じ目に会う

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/10(金) 05:43:07 ID:0GpclMEj
今回の恐慌でどれだけみんなが立ち上がるかだな
外からは手を出しにくいから内部からなんとか立ち上がって欲しい

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/10(金) 05:46:07 ID:0GpclMEj
イスラムかな・・・・
アメリカが分裂している時にイスラムが立ち上がって欲しい

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/13(月) 16:27:10 ID:o2ER0/Lh
ドル崩壊後のアメリカからの穀物輸出が気になるのです。玄米の買い増し思案中。玄米保冷庫かっちゃった。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/13(月) 19:27:38 ID:HuC/aOei
発電器と燃料もたくさんいるかもね〜


134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/15(水) 15:38:20 ID:Fb/wkWIq
>>132
すげーーー!
買おうか迷ったけど、常温でも2年くらい余裕で持つから
(当然、食べる時は分搗き米ね)
少量づつ買って、常温保存だよ
柿渋袋には入れてるけど。

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/17(金) 00:18:01 ID:Y6BuHsTt
中国の6月マネーサプライ:M2は前年同月比28.5%増(表)
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=alitf.i.ORgk

第2四半期中国GDP伸び率が加速、8%の通年目標視野に
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-10085220090716

中国国家統計局は16日、2009年第2・四半期の国内総生産(GDP)伸び率が
前年同期比7.9%となり、第1・四半期の同6.1%から加速したと発表した。
エコノミスト予想の同7.5%を上回った。

大規模な財政支出と金融面の刺激が奏功し、政府が目標とする09年の8%成長は射程圏に入った。




刷った金は何処?ところで上海市場の株価上昇は極めて不自然だなぁ・・・


136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/17(金) 00:20:07 ID:Y6BuHsTt
結局>>125やE2020の予測どおりという事か 世界経済\(^o^)/オワタ

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/17(金) 05:59:16 ID:d1BrtHHB
■3.名目実効レートと実質実効レートという視点

「相対的な通貨の為替価値」の目処となる尺度は、各国GDP量または貿
易量を元に、加重平均された「実効レートでの通貨価値」です。

これは指数で表します。以下は、
・インフレ率を考慮していない「名目実効為替レート(円の相対価値)」と、
・物価上昇を引いた実質実効の39年間の長期推移です。
(データ:日銀:少数以下切り捨て)

http://www.stat-search.boj.or.jp/ssi/mtshtml/m.html

金額だけのものが「名目実効レートの指数」です。これが高まっても、
その通貨で買えるものが増えたとは言えず、世界の名目通貨に対す
る為替レートの変動を示すだけのものです。

「実質実効レート」は世界平均の物価に対し、円の購買力がどう変化
したかを表します。

この実質実効レートが、その国の通貨の本当の価値(商品の購買力)
」を表します。ある国に、世界平均より高いインフレ(物価上昇)が
起こると、実質実効レートが下がります。これが、本当の通貨価値の
下落です。

(各国の物価上昇を引いた)
名目実効レート  実質実効レート
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
1970年  100       91(カッコ内は短いコメント)
1980   131      104
1985   164      106
1990   219      119
1995   300      135
2000   342      135(00年までは実効レートの上昇)
2002   310      117(実質実効レート低下)
2004   336      119
2006    290       99(実効レートのボトムの時期)
2008    384      128(金融危機後、実効レート急上昇)
09年1月 390      128
09年2月 384      126(実効レートは低下傾向)
09年3月  363      119
09年4月  353      115
09年5月  355      116
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(注)日銀はなぜか、09年6月以降は、物価の上昇を引いた実質実効レ
ートの計算を停止すると言っています。名目実効レートは計算し、公
表します。

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/17(金) 23:32:10 ID:SrFU7PFs
     /⌒ヽ   
     ( ´ω`)GEABの”Abstracts&more”の項目に
     / つ と) 最近有料版の抜粋がありあますお
ttp://www.leap2020.eu/Excerpts-and-public-announcements_r41.html
30号抜粋の3rdエピソードにインフレの説明がありますお
>>137さんのを受けてもう一度読み直しますお

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/20(月) 16:46:33 ID:5sGgA2l8
E2020もフランスもバカンスどころじゃないのでは?

クビなら…経営者監禁 爆破予告 労働者の行動激化 フランス経済危機の長期化背景に
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/109614

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/21(火) 04:00:24 ID:qsXPYGcW
くれ厨みたいで申し訳ないんですが、
こちらではもう翻訳してくださる方はいないんでしょうかorz

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/21(火) 14:03:10 ID:SQtsZCmG
>>140
今月分の翻訳ってことかな?
だとしたら今月は「夏休み」でレポートはないみたいですよ。
俺もこのことを忘れてて、「まだかなぁ…」と思ってたんですがw

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/21(火) 15:48:25 ID:0ymgF4jC
     /⌒ヽ   
     ( ´ω`)今月号はないですお
     / つ と)
CITつなぎ融資で倒産回避
ttp://www.fukeiki.com/2009/07/cit-saved-30b-loan.html
米国もあがきますお
今は第4フェーズのデキャンディングフェーズですお(第5フェーズが地政学的混乱ですお)
危機は静かに拡大してますお

最新更新(2009/7/20)
2009年1月1日から6月30日までLEAP/E2020サイトへは150ヶ国
延べ100万人訪れているそうですお
上位15カ国は
France, the United States, Germany, Spain, Canada,...
Australia, Japan,... Argentina, Mexico and Brasilだそうですお
広報は70カ国語に訳されているので、
世界中で1000万人が毎月広報を読んでいると予測しているそうですお

LEAPの予測は絶対ではなく、80%という触れ込みは経済分野だけで
特に2008年に限ったことですお
(過去には米空母が撃沈されるという予測がありましたが見事に外れましたお)
今年は中国の米国債買い控えや市場・統計操作を当ててますお

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/22(水) 09:18:26 ID:CFix4foP
>>142
いつも乙です。参考にさせて貰ってます。

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/23(木) 23:44:47 ID:hovZHblL
>第4フェーズ:デキャンディングフェーズ、第5フェーズ:地政学的混乱

この辺りが詳しく記されている日本語訳があるかどうか、誰か知りませんか?
自分で探したが見つけられなくて…(泣)

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/24(金) 01:56:24 ID:CfMJSrWt
今回は、LEAP/E2020のGEAB32という最新レポート(有料)の内容を簡単に
要約する。以下である。

・LEAP/E2020は現在のグローバルシステムが、@始動、A加速、B衝撃、C転換の
 4つの段階を通して崩壊し、別なシステムへと移行すると予測してきた。

・予測は的中し、いまグローバル経済は破綻しつつあるが、われわれは第4段階の後に
 新たな段階を追加する 必要があるという結論に達した。それは、地政学的配置転換
 という第5の段階である。

・金融破綻が発生し、グローバル経済が破綻しつつあるいまになっても、各国政府はこれ
 をグローバル経済の構造的な危機としては認識していない。これを一般の不況と同様の
 ものとしてとらえ、一年かそこらで回復するものと信じている。

・いま必要なのは、各国の協調で新しいグローバル経済の秩序を再建することだ。
 金融破綻のスピードは速いので、4月に開催されるG20が新しい秩序の構築に向けた
 本格的な動きを開始する最後のチャンスとなる。

・もしこれに失敗した場合、これから世界はわれわれが「地政学的配置転換」と呼ぶ
 第5段階に入ることになる。この段階は、対策の遅れからグローバル経済がいわば
 クラッシュし、現在の世界の地政学的秩序が流動化してしまう状態を指す。

>この「C転換」が、第4フェーズのデキャンディングフェーズですな。
>実際は、4と5の間で、時間稼ぎ中と言ったところではなかろうかと・・・

ちょっと省略しているので、詳しくは下記リンクで。
ヤスより
ttp://ytaka2011.blog105.fc2.com/blog-entry-115.html

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/24(金) 02:00:18 ID:CfMJSrWt
第5フェーズ:地政学的混乱

・もしこれに失敗した場合、これから世界はわれわれが「地政学的配置転換」と呼ぶ第5段階に
 入ることになる。この段階は、対策の遅れからグローバル経済がいわばクラッシュし、現在の
 世界の地政学的秩序が流動化してしまう状態を指す。

・この段階では以下の事態の発生が予測できる。

1)各国が保護貿易に移行し、内需への依存度を深める。この動きから地域経済ブロックの形成
 が加速する。特に、中国、ドイツ、日本などの輸出依存型の経済はその傾向を強めざるを得な
 いだろう。

2)IMF、OECD、WTO、国連など戦後の世界秩序の枠組みとなっていた国際組織の多くは解体
 する。

3)アメリカの覇権は決定的に凋落する。合衆国の統合を保証しているものは、結局アメリカがもた
 らす経済的繁栄である。経済の決定的な凋落でそれが保証されなくなると、州の反乱から合衆国
 は分裂する可能性さえある。

4)EU圏は地域経済圏を形成し、政府が提供するセイフティネットも充実しているので、内需に依存
 することができる。そのため、英米に比べれば今回の金融危機の影響は比較的に軽度に済むだろう。

上記の続き(今年の2月のレポート)
ttp://ytaka2011.blog105.fc2.com/blog-entry-115.html

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/24(金) 02:20:26 ID:coZ7Tt/o
>> 145 & 146
ありがとございます。
なるほど、今は4と5の間での時間稼ぎですか、納得。
今は株市場などプチバブル状態に入りつつある様ですから
フェーズ5への移行は9月10月辺りがクサイですね。


148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/24(金) 04:31:57 ID:yFJ9d6Sb
第五フェーズの中身はフランス人の願望むき出しだな

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/24(金) 10:28:16 ID:G+rwZj7W
中国の輸入は情報開示で入らなくなるし、
中国の経済は外資頼みの内需も全部逃げる

だから経済規模自体が桁外れに縮小するだろうな

そんで社会主義なのに貧富の差とか、内陸と沿岸の格差とか民族問題もろもろの矛盾が吹き出すだろうな
中国なんてアメリカ以上に内側がまずいだろうな、豆腐みたいな常態だろう

日本の中心も豆腐だが

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/24(金) 14:58:25 ID:B3unHDZ8
>2)IMF、OECD、WTO、国連など戦後の世界秩序の枠組みとなっていた国際組織の多くは解体
 する。

いじめっこアメリカがずっこけたら、こんなの要らないよ、ってみんながいいはじめるんだ。でも、新しい基軸通貨の可能性を模索しているはずの各国リーダーたちはIMFさえ見切るのか?SDRって、、違ったっけ?
基軸通貨なしで貿易はできない気がする。だから内需志向が強まるのか。いちおう弱いながらもドルが基軸でありつづけるのかな?

>>147
>フェーズ5への移行は9月10月辺りがクサイですね。

そんでこの終わらない梅雨空のせいでお米が不作に、、、
いつもこればっかり妄想しちゃう。
内需っつっても、日本は食べ物に関しちゃほかに依存しっぱなしで売るものが足りなくならないか?
玄米、やっぱ買うべきだな。

>>100
毎度感謝してます。


151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/24(金) 21:02:26 ID:FI92WRPs
     /⌒ヽ   
     ( ´ω`)中国の大脱出はこの方法を使うかもしれませんお
     / つ と)
ttp://kabu.sakiyomi.com/aifence/?EACH=315

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/25(土) 00:08:51 ID:mwWiO3sI
>>151
SDRですか
不勉強もありますが全くの盲点でした。
色々道はあるものですね・・・

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/25(土) 01:13:11 ID:lSBetvAc
〉〉151
いつも勉強になります。

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/25(土) 22:43:46 ID:Y2RGvimw
     /⌒ヽ   
     ( ´ω`)田中宇さんの所を眺めていたら
     / つ と)ここにたどりつきましたお
ハリーシュルツという人のニュースレターが評判よいそうですお
ttp://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1248493041/
7 :七つの海の名無しさん:2009/07/25(土) 12:54:54 ID:PtHubiej
180日以内にドル崩壊

 米国の投資家向けニュースレターであるハリー・シュルツ・レター
ttp://www.hsletter.com/ は、昨年の金融危機を正確に予測したとして金融分
析者から高く評価されている。同レターは最近の号で「米政府は、いくつかの
国の米国大使館に巨額のドル現金を送金し、その金で現地通貨をひそかに大量
購入させている。大使館が使う1年分の費用を、現地通貨建てで持たせている。
対象通貨には、英国ポンドは含まれていない。国務省の人々は、今後180日
以内に、何かが起きそうな予兆を感じている」と書いている。

ttp://www.globalresearch.ca/index.php?context=va&aid=14446
Foreign Embassies Urged to Stockpile Local Currencies  注

 この話が意味するところは、国務省は今後半年以内に自国のドルが使いもの
にならなくなる事態になると感じ、ドルが急落しても各国駐在の米国大使館が
活動に困らないよう、1年分の現地通貨を備蓄させているということだ。英ポ
ンドが除外されているのは、米国と同時に英国の金融通貨も破綻すると国務省
が予測しているという意味である。

 国務省が予測するドル崩壊の背景について、ニュースレターは「米金融界の
状況は、危機は去ったとする当局のプロパガンダとは裏腹に、悪化の一途なの
で、米当局は近いうちに、次の危機発生とともに、強制的な何日間かの銀行休
業日を設け、その間に銀行界に対する大規模な国有化などを行う。同時に、金
地金の高騰を許容するなどしてドルの価値を切り下げ、米金融界とドルの体制
を新たなものに転換させる」と推測している。

 以前からこのニュースレターを高く評価している米マーケットウォッチのコ
ラムは「この話は、誇大妄想にしか聞こえないが、昨秋の金融崩壊も(事前に
は、崩壊予測は多くの人には誇大妄想と揶揄されていたにもかかわらず)実際
に起きた」と書いている。

ttp://www.marketwatch.com/story/schultz-paints-bleak-picture-of-future
Latest Schultz Shock: a 'bank holiday'

注このサイト読みましたが180日以内だが120日から150日以内だろうと書かれてますお
'something' is about to happen ... within 180 days, but could be 120-150 days.
他の人の見解も引用してますがバンクホリデーは8月の終わりから9月のはじめとの
予測が書かれてますお

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/25(土) 23:35:24 ID:JOyh89Ao
>>154
いつもながら乙であります。

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/27(月) 00:43:50 ID:Eu6prLyp
>>154
「180日以内にドル崩壊」というのは田中宇が書いた有料版の記事ですか?


157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/27(月) 23:30:20 ID:Ypl6xMUO
>>156さん
     /⌒ヽ   
     ( ´ω`)田中さんの有料版に書いてあるかも知れませんが
     / つ と)購読してないのでわかりませんお
記事はglobalresearch.caというサイトがハリーシュルツ・ニュースレターを取り上げた中に書いてありますお
下記がその記事ですお
ttp://www.globalresearch.ca/index.php?context=va&aid=14446
Foreign Embassies Urged to Stockpile Local Currencies  

2chの
ttp://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1248493041/l50xでその要約が発表された
ようですお

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/27(月) 23:56:22 ID:Ypl6xMUO
     /⌒ヽ   
     ( ´ω`)34号有料版抜粋が公表されましたお
     / つ と)中国の大脱出の過程がかかれてますお
ttp://www.leap2020.eu/When-China-prepares-its-Great-Escape-from-the-dollar-trap-for-the-end-of-summer-2009_a3582.html

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/28(火) 03:56:52 ID:Ih3F16Ey
>>158
注記のところに日本からのアクセスの増加と、有志による日本語への翻訳活動を強調したような言及がありますね。
Regardless of the increasing traffic observed since the end of 2008 on LEAP/E2020’s websites coming from China (and Japan too, including spontaneous translations of our public announcements on a variety of websites and blogs),

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 01:39:04 ID:ZyjLxWUG
このスレのまとめサイトってある?


161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 01:41:32 ID:1KuEav6/
http://blog.goo.ne.jp/kinyukiki/
金融危機情報のメモ

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 01:43:38 ID:ZyjLxWUG
>>161
thx!!

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 22:07:48 ID:HLeRmUFh
test


164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 23:41:54 ID:qAlz0TLR
>>159さん
     /⌒ヽ   
     ( ´ω`)諸先輩の仕事がLEAPに認められたわけですお
     / つ と)GEABの翻訳に関われた一人として素直にうれしいですお
時間があったら中国の大脱出を訳しますお

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/30(木) 00:34:54 ID:hNah6YMm
>>164
「金融危機情報のメモ」のブログをやってる者です。

翻訳したら、すぐに載せますよ。

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/30(木) 01:57:12 ID:2/8vzgks
>>164&165

いつも有難うございます!

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/30(木) 02:19:24 ID:YF0aHuIv
2ch経済板の劣化が久しいここ半年、みなさまいかがお過ごしでしょうか?
いちごもあまりに「経済学」臭がフンプン。
もう少し生な「経済」の半年後、1年後を真剣に見通そうという、マジな
衆生の集う場はないものでしょうか、、、
いまでは、この避難所だけリーマンショック直後の緊張感の残り香を
細々と宿しているに過ぎません。
  平素より「ID:qAlz0TLR」さまほか、深く感謝いたしております。

かつて「アメバブ」に現れた論者さまは、今やNK\1万円越えに本気で
回復を感じ、あるいは「不景気スレ」で各地の負けっぷり合戦に興じるのみ
なのでしょうか? 
まさか、そんなハズはない!
ど、どこかに、広く深い2CHのどこかに、きっと、世界経済の大底第2波の
成長を正しく見通すスレがあるはずだ、あるに違いない、あって欲しい、、、、、
実はないですorz

民主? マニフェスト? 財源? 日本の巷の経済論議の水準ってこの程度
の底の浅いものだったんでしたっけ?
外的要因としてリーマンショック級が来襲すれば集合、ケンケンがくがく、
しかし何も解決していないと知りながら雲散霧消、次のさらに巨大化した
ショックが実現してしまってからでないと再集合は無い?
主体的にスレに貢献できず、つまらないぼやきでごめんなさい。

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/30(木) 13:38:42 ID:VqpgzBPy
現実に民主党政権になったとして読売ナベツネなどマスゴミの支援があれば
政権交代後、政府与党(民主党)の現状認識・政策立案・遂行等各能力の欠如を、
過去の自民党・官僚の無能、それらの抵抗による改革妨害のせいにすることで2年、

与党である民主党政権の無力・無能と存在の有害性に気付き始めた国民が
一旦は民主党を熱狂的支持した考えを改めるのに2年くらいの時間は稼げる。
「小泉改革w」を支持してた馬鹿国民とかマスゴミとかと同じ手法のように。

結果は細川〜村山時代のバブル崩壊処理を放置した経済停滞時代の再来だよ。
しかも当時より社会制度・政治・経済・外交・国防等は凄惨な結果となる。

運が良ければ民主政権が国民から早く見限られて政界分裂して
政界再編が進み自民民主が消えて無くなれば良いけど無理だな。

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/30(木) 13:53:52 ID:VqpgzBPy
日本には大規模なシンクタンクが無いからまともな政策立案や戦略が取れず
一部の政治家の能力や官僚依存体制になってるのが問題という意見もある。

民主党にはまともで有能な大臣経験者もシンクタンクも無い。
周知のように官僚制も否定、むしろ敵。
有能な政策立案・実行者はいない。
経済対策は迷走・停滞する可能性は大。

いずれ官僚に屈服するだろう。下らん時間の浪費。

それまで世界経済や日本経済に第二の波が襲来せず
また国民から支持が失わなければ良いが。


どうする民主党。
つーか人事でなく困るよホント(`Д´)ウワーン

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/30(木) 20:25:24 ID:SNQsNe+F
スレチの日本の話題はこっちではやめてくれ
他の板でやってくれ

キチガイ的迷惑

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/30(木) 21:16:21 ID:/R4Om5te
>>169
批判するだけだったら誰でも出来るのだが、政治家になる人は限られているので無い
物ねだりは自公を利するだけ。
今の枠組みで良い方向に持ってゆくように国民が努力をする以外に方法はない。
あなたのような考え方が社会を悪くしている一番の原因なんだな。
まあ遠回しの自民擁護で毎度の統一協会員だろうが。


172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/30(木) 23:27:09 ID:bX45NHZH
>>167 >>168 >>169 >>171
ID:YF0aHuIv
ID:VqpgzBPy
ID:/R4Om5te

NGでお願いします。

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/31(金) 00:07:56 ID:I5BSTtD9
     /⌒ヽ   
     ( ´ω`)本丸に突入ですお
     / つ と)
HR1207
ttp://blog.livedoor.jp/omttm202/archives/51378735.html
ロンポールVSバーナンキ
ttp://mamechoja.blog22.fc2.com/blog-entry-438.html

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/02(日) 22:14:31 ID:KGD+y3Es
ロンポールも70超えたじいちゃんとは思えない頭の切れですな。

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/04(火) 00:01:13 ID:Wi8igGFx
     /⌒ヽ   
     ( ´ω`)中国の大脱出ようやく終わりましたお
     / つ と)注はまた別の機会にやりますお
その1
中国、2009年夏の終わりにむけてダラートラップからの大脱出
GEAB34抜粋 4月19日

LEAP/E2020は危機の次なるステージは中国の願望に由来すると信じている。
1.4兆ドルのドル建て資産に捕らわれの中国が抱く願望とは?-ワシントンに耳を
すませばわかる-
アメリカのリーダーや多くの専門家を信ずるなら、中国は囚人の状況を望んでおり、
しかも米国債やドルを更に買い込むことで獄中の状況をひどくすることを望んで
いる。実際には周知のとおり、囚人の願望は何であるか理解している。
囚人の願望は脱獄である。ゆえに、LEAP/E2020としては中国はできるだけ早く
”不良化した”資産すなわち米国債やドルといったもの(中国市民囚人に13億人
に支えられた)を処分する方法をしきりに探しまくっていると考えている。

どのようなうまい脱出物語でも、逃げる準備をしている最中には犯行予告に時間
をかけることはない。実際には、間逆に刑務官の用心を掻き立てることのないよう
にしている。我々チームの予測に従えば、3月24日の中国による宣言すなわち
国際準備通貨とドルを入れ替える旨の宣言は”観測気球”であり警告である。
つまりポストドル時代に関して言えば(1)率直な世論調査であり現行の力を推し
量ることが目的だ(G20においては特に)。建設的かつ破壊的な警告
(ドルに依存する場合)が多くのグローバルプレーヤーに送られたことになる。
責任あるプレーヤー(そして中国当局もそのひとつ)は秘密の合図を他の追従者
もしくは”計画”を支援する者へ送るべきである。”大脱出”(3)の準備(2)と
遂行は幾人かの協力者が必要であり、またそれを望まない者が最終的に
トラブルに見舞われなければならない。彼は知らされていないからだ(4)。

図1
2つの中国海外資産の見積もり推移(単位:億ドル)
青:海外資産(調整済み)赤:外国為替準備(調整済み)Sources: Central Bank of China / Brad Setser, 01/2009
(よく見えないので間違っているかも訳者注)

いずれにしても、中国中央銀行の”観測気球”のおかげで、中国当局は以下の4つ
の信条を確認できた。

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/04(火) 00:02:41 ID:Wi8igGFx
その2
1.G20の多くのメンバーは明らかにポストドル時代にシフトすることを望んでおり
(5)、特にロシア、インド、南アフリカ、アルゼンチン、ブラジル…。
ゆえに中国は”大躍進”がきた際、孤立しない。反対に、中国にはラテンアメリカ
やアフリカ、アジアのかなりの部分が同伴するだろう(7)。

2.アメリカとイギリスはポストドル時代へのどのような動きも認めない。
ティモシーガイトナーの大失敗はすぐにアメリカの政治家によって訂正された。
それは彼が中国の提案を論じるに値するとみなしたからだ。だがこれは中国に
とっては興味深い状況をさらしたことになる。ガイトナーはオバマチーム内では
ウォールストリートの人間であり、ガイトナーが中国の提案を考慮することは
アングロサクソン金融コミュニティーが実際、コミュニティーの金融特権を維持する
どのような動きにも完全にオープンであることを示している。たとえそれが
”ドル時代”の終焉であっても。”ドルの壁”、それはウォールストリートに寄りかかって
いる間は一枚板ではない。金融プレーヤーは特定領域への愛着などほとんどない
(この特徴は現在のグローバルシステムの遥か以前までさかのぼれる)。
一方ワシントンは国際準備通貨としてのドルが取って代わられることさえ耳にしたく
ない。代わりに聞きたいことを聞き、専門家のなだめすかす意見に耳を傾ける(8)。
我々は一連のサブプライムローンや金融バブル、ウォールストリートの銀行家、AIG、TARP、
景気後退などがどういう結果を生むか理解している。

3.(UKを除く)ヨーロッパはいつも自分たちだけである。以前にアメリカの後援を
したという観点からすれば堅い決意をすることもできない(9)。
ヨーロッパはワシントンの命にうまく抵抗したが、アメリカを不愉快にする検討課題を
与えられないでいる。それにもかかわらず、多国間の本質や多くの媒介者の
おかげで、いったん”ドル時代”の終焉が不可避であることが明かされると
ヨーロッパはそのノウハウとロビー活動スキルを持ち込み、特定国家とは無関係
な新たな国際通貨を作る方向へ進む。そういったわけで中国はSDR(10)
がドルの代わりになりえるというアイデアを立ち上げた。これは中国人民元を
提案するよりも他の提案に対してよりオープンであることを証明している
(将来のヨーロッパサポートに対しても鍵になる状態)。

4.中国当局は明白にしかも大胆な声明に訴えることが多くなっている。
通常この種のことをするときには徐々にするが、時にあいまいな否定を伴う際は
それほど重要ではない情報源からことを起こすが、すぐに国際金融紙で情報を
頒布させる。そういったわけであるから米国債やドルの価値に甚大な影響を
与えることはない自由な発言も多くなる(通貨に関して言えば自由なアクションも
多くなる。発せられる言葉は殺傷兵器あるいは沈静効果のある薬品のいずれかである)。

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/04(火) 00:04:15 ID:Wi8igGFx
その3
4番目である最後の側面は中国政府が最も望むものだ。
つまり中国が”ダラートラップ”から逃げ切る前に、米国債やドルの価値が崩壊すること
はなんとしても避けねばならない。LEAP/E2020は数ヶ月以内に中国がこの要求
の真の意味を明らかにするだろうと考えている。これは目的なのかあるいは必然
なのか?目的なら、ワシントンやロンドン国際金融メディアは正しい。中国当局は
ワシントンの足跡にあわせ単にアメリカの決定にその影響力を増すようにするだけ
である。反対に、これが必然なら、我々が正しく、中国のリーダーは必死に米国債
とドルを売る努力をするだろう。できる限り良い値で、最上のタイミングをはかり、
できる限りドル建て資産の減価による混乱をさけるように行うだろう(もちろん中国
はこのプランを始めるにあたり事前にすべての可能性を考慮している)。だが当初
の選択とは対照的に、いったん計算が狂うと、中国のリーダーは突然ドル時代の
幕引きに拍車をかけるようになる。
あるいはそれ以上に中国がコントロールできない多くの理由には、アメリカを安定化
させる役割に、もはや寄与できないと落ち着いて発表を行うだろう。

図2
中国のアメリカ資産購入対比
カテゴリー毎の保有概算
緑:米国債と預金
青:政府系会社”ファニーメイ、フレディマックなど
黄:社債、株式 赤:調整済みの保有高

この点において我々の予測はここ数ヶ月のいくつかの傾向に基づいている。
この傾向は我々の分析結果に裏づけを与える。2008年の終わり以来、中国政府
は500億ドルから1000億ドルのドル建て資産を毎月処分することを約束してきた。
お手ごろ価格という方便を利用することで多くの資産は中国経済に有効だった
(鉱物、農地、エネルギー、EUもしくはアジア企業株式-アメリカのものではなく-これは
些細なことではない)。中国は当初の要求に従って自国のドル建て資産を最大限
にするため”ショッピングにでかけた”。すなわちドル建て資産をドル建て資産
以外のものと交換することで”大脱出”のための足がかりを進めることになる。

我々が強調したいのはこの課程がどれだけ早く行われたかだ。使われた方法が
透明性を欠いているにもかかわらずである(中国当局による決定の前にドル
および米国債が崩壊することを防ぐという前提条件)。注目すべき研究が
Brad W. Setserと Arpana Pandeyにより行われた。これは2009年1月に
外交問題評議会(Council on Foreign Relations)が公表した。
内容は中国の外貨準備高に関する評価であり、2008年末で全額で約2.3兆億ドル
に達すると推測される(言い換えれば中国のGDPの50%以上(12))。このうち
1.7兆億ドルはドル建て資産(9000億ドルは米国債、約5500億ドルはGSE公債
(ファニーメイやフレディマックなど政府系)、2000億ドル近くは法人資産であり、
400億ドルは短期定期預金である)。著者は論理的帰結として中国政府はもはや
この巨大な資産に付随する利益に期待していないとし、アメリカが危機に対処し
始め、金融・経済的な決定を下すことでリスクが高くなるとしている(13)。
今は将来の減価リスクを負うため、貿易黒字崩壊や対内投資の欠如に対しても
資金は利用できないことになっている。

図3
上:中国外貨準備高とアメリカ株式
下:同上の割合推移

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/04(火) 00:05:02 ID:Wi8igGFx
その4
論理的に、中国は莫大な外貨準備を取り崩してる。これは中国のリーダーが
自国にメリットをもたらさないアメリカの決定に捕らわれて続けているからだ。
注目すべき記載は2009年2月21日Rachel Zembiaによって RGE Monitor 紙上に
掲載された。ASEAN諸国に対する貸し出し(14)、スワップ協定、中国の400企業
がアジア諸国に対して元建て決済が認められたこと(15)、アフリカ諸国やロシア
への貸し出し、湾岸諸国との石油に関する長期特別価格の交渉、ブラジル、
アブダビにある石油会社への貸し出し、ヨーロッパや日本系企業株式の購入
(おかしなことにアメリカ株はない)など。著者が強調するところによればこれらの
合意は中国企業がこれらの資源にアクセスする保証を含んでいるという。
見かけによらず、実際に危機的状況にあるこれら取引は米国に配慮した処分案
である。米国債やドルが価値を持っている間は、中国が米国債やドルを相手国
が望むものと交換したり、更にお手ごろ価格という方便を利用するには都合がよい。

米国債に関しては、中国は大規模に購入を停止している(2009年の第一四半期
には1460億ドルまで購入はへった。これは前年同期に対し77億ドル増加に
すぎない(16))そしてこのとき短期(3ヶ月)米国債を購入した(17)。
米国債の完全な購入終了と月にして500億ドル以上(スワップ協定含む)のグローバル
資産の購入増加という事実を行き来する。
2008年から2009年夏の終わりにかけてこの傾向は現れ、中国は6000億ドルのドル建て資産
を売却し、5000億ドルから1兆ドルの米国債(オバマ政権が融資するために発行した)を買い控える。
LEAP/E2020はこの2つの傾向があいまって2009年夏の終わりにあるいは米国会計年度の終わり
(9月30日)において中国のドルに対する認識をはっきりさせる。
中国の米国債売りと買い控えだけで1.1兆ドルから1.6兆ドルの財政不足を招き、
バーナンキはデフォルトから国をまもるため無駄なドルバラまきを余儀なくされる。

図4
米マネタリーベース
Source : Reserve federale US, 03/2009

バーナンキが毎回米国債の自己消化を宣言することがわかり、ある日10%の
価格下落を引き起こし、中国は他の国際貨幣に換算して1400億ドルをうしなう。
結果として中国は4000億ドルから5000億ドル近い損害を受ける。
LEAP/E2020は中国はこの段階ではとりわけうまくドル資産を活用し、
*「ボタン」を押す者あるいはドル崩壊を防ごうとしない者の間でも、有利な状況に立つ。
*push the ≪ button ≫は意味深 訳者注
他のキープレイヤーの行動次第によってそのとき中国のドルからの”大脱出”
は第2フェーズを迎えるだろう。また元はユーロ、円、ルーブル、レアルとともに
国際準備通貨としてのを位置を築く。あるいはこれらの通貨バスケットを基に
して新しい国際準備通貨を作る構想をはじめるだろう。ドルはそのときレースから
脱落しG20は米英をのぞいてG18となる。(日本は中国の影響からのがれられない)
さもなければGEAB32で詳述の通り、ブロック経済化とめいめいが独自の
準備通貨を用いて取引をおこなう地政学的混乱が進行するだろう。

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/04(火) 00:22:24 ID:Wi8igGFx
     /⌒ヽ   
     ( ´ω`)以上ですお
     / つ と)
単純に考えて企業でも売掛金が回収できない間に倒産されては困るんですお
手形なら割り引いたり、関係ない相手に渡して間接的に売掛金が回収できますお

手形が割り引けなかったり、売掛が回収できないなら
自分とこの売掛が回収できるまでは支えますお(支援<売掛の場合)

これと同じですお

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/04(火) 00:41:11 ID:UTh3uazQ
エロイ人翻訳ありがとう!
中国は時間稼ぎして外貨準備高の処分(資源・株式買収)しつつも
いつでも米国のドルにかかるギロチンの手綱を離せそうですな。

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/04(火) 00:50:01 ID:y26JXbP6
>いつでも米国のドルにかかるギロチンの手綱を離せそうですな。

もう一方の綱を握っている日本は手に力が入りすぎていて放せないかもしれません・・・

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/04(火) 02:35:43 ID:CYH3ySdh
米ドルか米国債を使って買える限りの資産を買う、ってことですね。
気持ちはわかる。HFの生き残りが資源(商品)をもてあそんでるから
その間に資源が高騰するかも、っていう思惑が働くときはくる、それが
隠れ蓑になって中国の各国資源買いまくりは目立たない(目立ってるって、すでに)。
アフリカ各国への支援・出資はこのところ異常な高額に達してました。
それと兵器ね、軍の近代化を必死で進めて年率10%以上軍事費を増やして
いるのもドル脱出の一環ですね(ドルを捨てて近代兵器に替える)。

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/04(火) 06:52:27 ID:WE3fiCzT
これ呼んでると、やはり中国による日本のチベット、ウィグル化は避けられないのかな。

アメリカの前に中国に崩壊して欲しいよ。

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/04(火) 09:37:14 ID:pbB9CiZa
アメと中が同時に崩壊したら日本でも餓死者が大量に出てしまう。
中崩壊の前にアメに立ち直ってもらうしかない。

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/04(火) 12:15:26 ID:28gwGAbN
顔の人いつもありがとうございます

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/04(火) 19:47:42 ID:0PNMdw6d
何日も前のレスの件で恐縮ですが、翻訳者さん教えて下さい。

>>154 で、「国務省の人々は、今後180日
以内に、何かが起きそうな予兆を感じている」と書いている。

とありますが、いつを基点に「180日以内」としているんでしょう?

お手数ですがお教え頂ければ助かります。

187 :涼宮ハルヒ ◆hARUHI7uks :2009/08/04(火) 20:02:10 ID:kbJlt4px
180日以内

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/04(火) 20:19:14 ID:TU7bUBNg
経済情報(29兆円の事業停止:アラブ首長国連邦)
ttp://blog.livedoor.jp/nevada_report/archives/916831.html

ドバイの調査会社が発表しましたところ、【アラブ首長国連邦】で中止・停止になった
プロジェクトは400件以上、総額で3,000億ドル(29兆円)以上に達しています。
【サウジ】では中止・停止になりましたプロジェクトは総額で200億ドル(2兆円)となって
おり、アラブ首長国連邦の異常な姿が浮かび上がってきています。
この30兆円もの事業停止の影響はこれから表面化してきますので、金融機関・事業
会社への打撃はこれから本格化してきます。
ヨーロッパ・ロシア・日本の金融機関の損失はこれから本格化します。


金融情報(ドバイ不動産最大手の膨大な赤字)
ttp://blog.livedoor.jp/nevada_report/archives/917818.html

ドバイの不動産最大手である【エマール社】の2009年4−6月期の最終損益が
330億円の赤字に転落したと発表になっています。
同社は世界最高層ビルとなる筈だった<ブルジュ・ドバイ>建設を手がけていますが、
このままいけば7−9月期は途方もない赤字に転落し経営破綻となることも予想され、
ドバイ不動産は大崩壊することもあり得ます。
既報の通り、アラブ首長国連邦併せれば損害は30兆円を超えるとも言われており、
資金を持っています『アブダビ』でありましても救済できる規模ではなくなってきています。
ドバイ不動産市場崩壊がアラブ諸国の金融市場を直撃し、これがロシア・ヨーロッパ・
日本に波及するのは避けられず、ドバイ崩壊を対岸の火事として看過していてはとんで
もない事態に発展するかも知れません。

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/04(火) 20:30:27 ID:x+sAyTSj
やっぱ逝くときは米中両建てで逝くよなぁ

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/04(火) 21:44:30 ID:JPX1GDBr
>>187
エンドレスでこねーじゃねーかww

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/04(火) 21:56:48 ID:Wi8igGFx
     /⌒ヽ   
     ( ´ω`)中国の大脱出 注ですお
     / つ と)注の8が意味不明ですお
米国政府より地方に近い立場ということがいいたいのだと思いますお

その1

(1)ロンドンG20サミットの廊下ではポストドル時代について多くの議論がされた。
我々が提唱したものからのフィードバック(G20リーダーへ向けた公開書簡)は
すでに証明済みである。同日、中国中央銀行の宣言はロンドンサミットの最中も
その後も、確かに難しい話の中心にある(メディアはカバーしていないが)。
(2)北京当局は最近、シンクタンクを立ち上げた。これはグローバル経済危機に
おいて中国リーダーたちの決断に寄与するよう設けられた。中国からは2008年末
以来LEAP/E2020サイトへのアクセスが海を越えて増えていることに関係なく
(そして数々のサイトやブログに広報版がほぼ同時に翻訳されている日本も)、
90%の中国専門家の見識からすると、この動きは明らかに中国がアメリカや
イギリスが発表した分析から距離をおきたがっているとみれる。
Source: ChinaDaily, 03/21/2009
(3)事実に基づいた同名映画はなにも見せてくれない。実生活においては
用心深い準備がなければ逃走は部分的に失敗する運命にある。
(4)メインプレーヤーは資本が正確なタイミングでアメリカから流れ出していることに
完全に気がついている。国の公的借入額が増加し、借り入れを海外資本に求める
ときである。2009年1月にアメリカを離れた純資本は1500億ドルである。
Source: US Department of Treasury, 03/16/2009
(5)この場合、我々調査官は月単位で話している。年ではない(ドルの格式を
問題にする専門家は年単位で考えたいであろうが…)。コントロール不可能な
アメリカ負債の規模の問題で短期においては全貨幣システムに重大な脅威
となるからである。
(6)中国の政治的変化は1950年代に起きた。これは多くの悲惨な副作用を引き
起こした(何百万人もが餓死した)。誰も口にはしないがどの道、中国共産党の
政治リーダーは今回の金融危機で自らの政治生命と国内の安定化をかけて、
この種のリスクをとる用意がある。ヨーロッパやアメリカのアナリストは中国のリーダー
が心に思っていることを知っている振りをしている。なぜなら自ら持つイメージ
で相手を把握する傾向があるからだ。我々からすればポストドル時代
(仕組みが確立した中で実行されたら、通貨バスケットに基づく新たな国際準備通貨
によって、あるいは大混乱で突然なんの交渉もなしにドル時代が終焉すること
によって)はまずポストヨーロッパ時代に位置づけられる(アメリカに中心価値
足りえる特異性がある間なら、ポスト西洋になる)。このような時代が驚きをもって
ヨーロッパや西洋の中心にいる人々に降りかかろうとしている。疑いを持つ人は
中国の”上位システムの特権”に関する中国中央銀行の評論を読むべきだ。
Source: MarketWatch, 04/26/2009

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/04(火) 21:58:17 ID:Wi8igGFx
その2
(7)韓国、マレーシア、インドネシアの後、中国とのスワップ協定はアルゼンチンの
番となった。このスワップは彼らの通貨価値に換算して145億ドルの価値である。
そういったわけで各国のビジネスはドルをバイパスにして取引されアジア圏では
国際決済通貨として元のポジションが強化されている。
Source: AustralianNews, 04/01/2009

(8)このLos Angeles Times 記事( 04/03/2009)はこの件に関して一般的な
見解である。しかし実際には中国は米国政府の中心部よりはカリフォルニア州の
ビバリーヒルズにより近い。(意味が良くわからない- 注 理解できる方補足ねがいますお)

(9)我々は”以前は後援者”と読んだ。直近のNATOサミットで証明されたとおり、
ヨーロッパとアメリカはもはや通貨危険性の本質において合意できないからである。
アフガン戦争はアメリカのみの戦争となり、ヨーロッパはモスクワとの戦略的関係
を再構築することに頭がいっぱいである。単に同盟なら(ニコラス・サルコジが
選ばれたとき我々が発表したように、フランスを再びメンバーに加える)時間を
費やすだけで共通目標の必要性からは老人クラブ以上の何ものでもない。
それは60年前にあったように、皆がうまくやっていると取り繕うことと同じである。
不幸にも”旧世代は挫折した”とかつてシャルルドゴールが言ったように。

(10)このアイデアは現実的ではない。実際にSDRは約40年前にアメリカの手
で葬られている。成功する鍵は新たな通貨を創造しなければならない
(特に”特別引出権”とよばれる時に。SDRは狭義の金融専門家以外での評判
を良くすることはできない)。

(11)中国はアメリカが責任を負うものについても責任を持っている。
必要以上の負債、経済刺激が不可能なことなど。原因は2009年の夏の終わり
に多く現れる。

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/04(火) 21:59:11 ID:Wi8igGFx
その3
(12)この件に関して、我々チームは以下を強調する。中国のリーダーによる
熱烈なスピーチを含む示唆とは裏腹に、中国経済状況は本年大幅に改善する
ことはない。輸出の崩壊、住宅バブルの崩壊、高まる失業率を背景に中国のGDP
は2009年の間は同じままだ(あるいは増えても2から3%が限度)。
このような状況では北京当局の思惑を強化し、すべての戦略をもとに戻す。
戦略はスケープゴートを明らかにした上でその意図を折込む。
Sources: Financial Times, 04/13/2009; Chinaview, 04/02/2009
; New York Times, 04/02/2009; ChinaDaily, 03/19/2009

(13)例えばトリプルA格付けのアメリカは完全に茶番である。
この記事は2009年3月30日に掲載されたSeekingAlphaが説明してくれる。
ほとんどの国、企業、世帯、公共サービスはジャンク格付けとなっている。
しかし米国政府はいまだにトリプルAである!格付け会社は(多くはアメリカ)
米国政府により支払われる4000億ドルを受けるに値する。見返りに銀行から
買い上げ予定の不良資産を1兆ドルと評価する。資産はもちろん同じ会社に
より2年前までトリプルAだった。しかし北京当局やほかの国はもう完全に
いんちきを理解した。Source: BusinessInsider, 04/07/2009

(14)Source: MarketWatch, 04/12/2009
(15)Source: ChinaDaily, 04/12/2009
(16)Source: ChinaDaily, 04/11/2009
(17)Brad Setserが2008年に示したように、中国は海外購入分
の米国債のほぼ半分を取り込んでいる。

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/04(火) 22:14:49 ID:Wi8igGFx
     /⌒ヽ   
     ( ´ω`)中国の大脱出は以上ですお
     / つ と)
>>186さん
Walk in the Spiritさんのところに詳しくかかれてますお
記事から6月24日近辺からという推測ができますお
ttp://plaza.rakuten.co.jp/555yj/diary/20090625/
シュルツ氏はロンポールさんのサポーターでもあるそうですお

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/05(水) 00:03:17 ID:2YzDuPys
>194
オツカレー(_´Д`)ノ~~です
気になった事をいくつか

1.米国債で買い物が出来るのか?

2.最終的に米国債が無価値になるなら
  米国債で買い物をする事によって
  中国は世界中にリスクを撒き散らしてる事になるのか?

3.今後、日本は米国債をどうする気なのか?

4.「ドルはそのときレースから脱落しG20は米英をのぞいてG18となる。」
   ↑このようになる前に米英が強硬手段に出る可能性は?

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/05(水) 00:43:05 ID:JaeN/zQR
     /⌒ヽ   
     ( ´ω`)個人的な見解ですお
     / つ と)
1.米国債で買い物が出来るのか?
>ドル決済が必要な国のSDRと交換する(中国のドルリスクは他国通貨で相殺)

3.今後、日本は米国債をどうする気なのか?
>買い続けるしかない(自国の外貨準備を守ることではなく)
>債権国家だが世界中にドルがばら撒かれている状況では
米国が破綻した際に他国が逝ってしまい債権回収が不能となる
防衛の観点からもすぐには難しい
2と4は深く考えていないのでわかりませんお
今の状況はドル建て資産を使ったババ抜きだとおもってますお

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/06(木) 04:14:28 ID:BrJ8PtUh
翻訳ありがとうございます

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/06(木) 11:08:00 ID:fA8o9ULK
力の入った翻訳、誠に乙です。
いつも為になります。

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/10(月) 00:06:47 ID:ZyquZFQY
     /⌒ヽ   
     ( ´ω`)利子競争が狙うもの:世界貯蓄の強奪へ向けて
     / つ と) GEAB31抜粋 抄訳(Abstruct&more)
その1
FEDによる最近の行動が示すとおり、アメリカはインソルベンシー問題に直面している。
これは国家のあらゆる場所に影響を与える。アメリカは米国債の自己消化を始めている。
これは純粋にマネークリエイションであり米国債の消化は止む事のない利払いをせざるをえない。
これはソルベンシーの問題をFEDのバランスシートに移したにすぎない。
バランスシートも銀行から買い取った不良資産でいっぱいだ。だから大量の
米国債を消化して価値を下げるかさもなくば購買者を失うかだ。
仮に購買者がいるならFEDが買わねばならない理由はない。
一般ではすでにFEDが米国債をかわなければならないと疑いはじめている。
プライマリーディーラーを通して。
2つの指標が説明に適切だ。
1つはFEDはだれがドルを与えているのか知られたくない。
もうひとつはドイツのような模範的な予算作成においても、ドイツ保有の米国債を売ることが難しくなっている。
米国債の安全神話が崩壊するとFEDは米国債の自己消化を始める。
この動きはグローバルインソルベンシーでは完全に理にかなったものである。
アメリカは赤字補填のため世界中の80%におよぶ貯蓄をかき集めねばならない。
これは世界が繁栄し、米国赤字を減額させるためにも必要である。
今日米国赤字は少なくとも400%増加している。2009年の終わりに1000%でないにしても。
世界中で数兆ドルの金融資産が失われた。ワシントンの日課はどうやって2009年に500%の
貯蓄をあつめるか?である(この危機により資産下落が貯蓄増加より大きいとき
世界中の貯蓄が安定する)。

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/10(月) 00:10:09 ID:ZyquZFQY
     /⌒ヽ   
     ( ´ω`)その2
     / つ と)
基軸通貨であるドルがたたかれているときでありながら、
資産投資計画にインチキマネーを流入させずに安定化させる。
これは不可能なことだ。
ただし国債競争の引き金を引くことで、それ自身の価値よりランクがかなりあがり
競り合いをあおることで赤字を補填するとLEAPは予測した。

2009年の世界は支払不能と格付け戦争が勃発し、格付けが更に上がるなら
支払能力がない国が発行した米国債によって破産する人が続出する。

FEDに同調する中央銀行がすることは支払い能力があるプレイヤーをなくすことだ。
彼らがベースにしてきた経済モデルは崩壊しているからだ。
望みは架空のソルベンシーが続けば続くほど(巨額の流動性を確保できたおかげで)、
経済が復興するチャンスが増える。しかしこれにはトリックが埋め込まれている。
歴史にいかさまをしなければ、この危機は世紀の規模だ。
アメリカを含む期間は1873-1896の危機に似た期間になる。
一方社会経済的なインパクトは1929に似る。
しかも今回は全世界規模である。
米英の中央銀行による戦略は2009年をはるかに越えて継続する。
公私のプレイヤーはインソルベンシーを隠し通すことができない。
数兆もの流動性はそれを作り出したアメリカや中央銀行にとって爆発的な
負債となって帰ってくるだろう。

政府はただちに景気回復や景気刺激をいった考えをやめるべきだ。
なんの解決にもならないからだ。かわりに危機を乗り越える計画をたてるべきだ。
そして経済的強者も失業者のような弱者も救済し過去20年間に知られたものとは異なる
社会経済プロセスを推し進めるべきだ。

この危機の本質を捉えたも者がリーダーの言葉遣いを観察するとタイミングがわかる。
LEAPは2009年に幻想をいだいてはいない。
不手際の混雑や現実逃避、格付け戦争への準備をしている。
これらの動きによって世界中の資産は残れるだろうか!

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/10(月) 06:13:02 ID:IFv0tVwH
>>199-200

いつも乙です

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/13(木) 22:26:45 ID:GotfKUlN
>FEDに同調する中央銀行がすることは支払い能力があるプレイヤーをなくすことだ。
>彼らがベースにしてきた経済モデルは崩壊しているからだ

まさにブラックホールだな。


>政府はただちに景気回復や景気刺激をいった考えをやめるべきだ。
>なんの解決にもならないからだ。かわりに危機を乗り越える計画をたてるべきだ。
>そして経済的強者も失業者のような弱者も救済し過去20年間に知られたものとは異なる
>社会経済プロセスを推し進めるべきだ。

エコ替えとか、エコポイントとか、中国の富裕層を狙うとか、
スーパーコンピューターで百分の数秒早く相場の動きを読むとか
気持ちが空しくなって、経済活動をする気が失せる。

今の商品経済とか、株取引の仕方とか、為替の仕組みとかそういうのを、
根本から変えたほうがいいんじゃないかと思ったりする。

アダムスミスの道徳感情論だったっけ。そっちにヒントがある気がするの
だが、まだ読んでいない。
今の市場経済は、奇形。



203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/14(金) 00:01:03 ID:8eb+KvSB
崇高なる持論の展開は本スレのほうで頼む

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/14(金) 18:30:15 ID:4Yk5HhVp
原始的な石の通貨の取引の方が現代よりもマシに思えるな
故意にシステムを分かり難く複雑にして,まともに取引する心算がないのが分かってきたよ

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/15(土) 09:58:14 ID:RJDXdUog
もうすぐレポートが出る頃ですね。わくわく。

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/15(土) 11:51:11 ID:+M53UuzE
ワクワク
ソワソワ

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/16(日) 03:07:15 ID:K9wK9Vpr
     /⌒ヽ   
     ( ´ω`)Walk in the Spirit さんの所を読んでいて
     / つ と)ここにたどりつきましたお 2009/3/6
ttp://online.wsj.com/article/SB123630125365247061.html

The FDIC would be able to borrow as much as $500 billion until
the end of 2010 if the FDIC, Fed, Treasury secretary and
White House agree such money is warranted. The bill would allow
it to borrow $100 billion absent that approval. Currently,
its line of credit with the Treasury is $30 billion.

FDICは2010年末までに5000億jの資金を借入できる。ただしFDIC,FED
財務省,ホワイトハウスが保証し同意した場合のみ。
この法律によって同意済みの1000億jを借入する意向だ。
一連の300億jの公金同様に。

まさに前門の虎、後門の狼ですお

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/16(日) 03:17:58 ID:kbg2ZFGa
>>207
ありがとうございます


209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/16(日) 13:46:51 ID:K9wK9Vpr
     /⌒ヽ   
     ( ´ω`)8/17危機のCIT続報
     / つ と)
8/12CIT:破産法適用、可能性示唆 決算報告提出できず
ttp://mainichi.jp/select/biz/news/20090812dde007020068000c.html
経営危機に陥っている米ノンバンク大手CITグループは11日、09年4〜6月期
決算報告を提出期限の10日までに米証券取引委員会(SEC)
に提出できなかったと発表した。CITは同時に、債権者による社債買い取り
など資金調達が実現しなければ、連邦破産法の適用を余儀なくされる可能性があること
を明らかにした。

8/14米CIT、売掛債権買取の契約解除で衣料メーカーと和解
ttp://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-11030220090814
詳しくは分かりませんが、衣料メーカー保有の売掛をCITに売却する契約があって
CITの資金繰りのまずさで「売掛売却したのに、現金はいらないかも?」と
衣料メーカーが思ってしまったんじゃないでしょうかお
内々では「あそこはバックに国がついてないからやばいよ」と思われているということの
現れだと思いますお

債権買取について
ttp://www.stellarrisk.com/ja/products/debtPurchasing.aspx

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/16(日) 20:06:07 ID:9Lc/Ud3N
>>207
> Walk in the Spirit さんの所を読んでいて
コメントも読んだ方がいいお。

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/16(日) 23:55:17 ID:iBciRtTO
あんたが書き込んだのかどうかなのだが


212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/17(月) 08:53:16 ID:gZvz4LaP
>>211

>>207さんとは別人だお。

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/18(火) 09:36:00 ID:uCmAyazG
Walk in the Spirit さんの所のコメントは、もしかして212さんが書かれたのでしょうか?. . . . . という意味ですかな。


214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/18(火) 17:37:18 ID:lU3w9PXs
Harry Schultzさんが過去書いてきた将来予測記事の的中率は、どれくらいかな?
US大使館の現地通貨備蓄記事以外はあまり日本語での情報が無くて、よく分からない

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/18(火) 18:02:11 ID:MduU/Mug
USパナソニックの話は本当なんかね?
そもそも9月ってのは8月いっぱいを指すのか、それとも9月いっぱいを指す
のか。


216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/18(火) 21:00:45 ID:r295NzoM
>>210さん
     /⌒ヽ   
     ( ´ω`)読みましたお
     / つ と) ありがとうございますお
>>215さん
英文ではby sept 09なので8月末までと思われますお
ぼくが読んだものにはUSとは書かれていませんお
単に”panasonic”となってましたお
ttp://thecomingdepression.blogspot.com/2009/06/bank-holiday-coming-prepare.html
前にも書きましたが帰国はインフル対策で2月に出されたものですお
北米・欧州は医療事情を考慮して除外されてましたお

米CITの第2四半期決算は赤字、債券公開買い付けを完了
ttp://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-11056120090818

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/19(水) 03:25:42 ID:RNwYvkvh
純粋にインフル対策での帰国かもしれないが、帰国先の日本もすでに大流行の兆しがあるみたいで

新型インフル、すでに大流行の兆し
ttp://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090818-OYT1T00906.htm

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/19(水) 20:29:16 ID:2FmtJbDI
>>216さん>>215です。解説ありがとうございました。
インフル対策ですでに2月には出ていた話なんですか。

疑いだせばキリが無いし、単なる偶然とも思えるし…。
う〜む…

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/19(水) 22:19:00 ID:E5tiG18i
     /⌒ヽ   
     ( ´ω`)インフル情報ですお
     / つ と)
知人から聞きましたが川崎方面では
大流行の兆しですお
今のうちにマスクの購入をおすすめしますお

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/19(水) 22:34:22 ID:Wr2YroNW
新型インフル 流行開始を宣言
新型インフル、「本格的な流行が始まった」―舛添厚労相
ttp://sankei.jp.msn.com/life/body/090819/bdy0908191138002-n1.htm

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/20(木) 06:15:38 ID:kFiGh7cf
Asian stocks fall, China index enters bear phase          August 20, 2009, 0:24 IST
ttp://www.business-standard.com/india/news/asian-stocks-fall-china-index-enters-bear-phase/367512/

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/20(木) 11:10:09 ID:cUc0PxHo
>>219さん
春のパンデミックがあったから
マスクのメーカーも、相当在庫積み増してるんじゃないですかね?

まぁ、備えあれば憂い無しですけどね

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/20(木) 14:53:04 ID:pVNXmoHf
FDICは結局大丈夫なのかな?
また対策打って先送りするのだろうか

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/20(木) 19:27:40 ID:HF28Hl1T
なにか起きれば俺自身も困るのは百も承知なんだけど、
こうまで何か起きそうで起きないと、いい加減イライラ
するわ。

もしFDICが問題を先送り出来るんなら、いつまで経っても色んな
問題を色んな組織が先送り出来そうに思える。
ほぼエンドレスですよ。ったくもう…。

でも、来週のバンクホリデーを警告していた人達にも信用や
プライドはあるわけだろうし、社会的に名の売れてる人達が
いい加減なことを言うとも思えん。

アメリカはあれかね?なんかのタイミングなり何なりを待ってる
のかね?
だとしたらそれは何?それはいつ?

そんなこと、誰にも分かるわけねーよなぁ。

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/20(木) 19:36:18 ID:XG52WbXK
だってドルはいくらでも刷れるんだよ  すでにみんなで問題をスルーして100年
買取なしでも電子でポンなんだよ 抜け道だらけw

誰も気づかなければそれでOK
だからマトリックスの世界なんだよw

マトリックスのまま過ごすんだよ 
いいじゃないか へんな輩に追われるよりはw

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/20(木) 20:12:01 ID:kFiGh7cf
ジャブジャブ刷ったドルを、FDICにも注入
底を付きそうだと噂が流れていたFDICの預金保険基金を何とかもたせ
今回のQ2レポートを、何とか取り繕う
危惧されていた取り付け騒ぎを回避、バンクホリデーも今回はしなくて助かる

財政・金融問題を抱えたまま、次のイベントまで先送り
to be continued・・・                                 かな?

今回乗り切ったら、次はフィスカルイヤー会計末の9月末?

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/20(木) 20:40:58 ID:HF28Hl1T
それってさ、結局危機があるようで無いに等しいじゃん。
ドルをエンドレスに刷れるんなら、○×危機なんて騒いだって
意味ないし。

それこそ100年安心ってやつだべ?

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/20(木) 20:57:13 ID:XG52WbXK
そうだよ ずっと安心なんだよ
100年かけてドルの価値さげてるだけだから
今度は50年ぐらいかけてさげればばれないよw

だってFDICに法案通してポンだよ ポンしなくて取り付け騒ぎ
でもいんだけど、どっちにしてもいいんだよ すべてを握って手の内を
見せないブラックボックスで今日のレートはこれでいこうっていってるだけだからさw

だってドルはいくらでも刷れるんだもん 
刷って返せばいいんだよ お金返したら文句言われないよ
だって刷るしか方法ないんだからさ みんなでいつもどおりスルーすれば、徐々に
価値がさがるだけだよ もういっぱい刷ってるんだから こっそり刷っても誰もわからないよ
マトリックスなんだからさ


229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/20(木) 21:09:18 ID:1jlNfBJ9
「夏の終わりまでに」ポンド・ドル崩壊のキーフレーズが頭の片隅に残ってて
今年はもう涼しいもんだから、崩壊マダ〜?になっちゃうんだろ
今年の冷夏は差し置き、ヨーロッパ的常識に照らせば例年「夏の終わり」は来月

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/20(木) 21:10:44 ID:1jlNfBJ9
あ、あとそういえば「夏の終わりまで」に「崩壊の始まり」だったね

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/20(木) 21:42:07 ID:pVNXmoHf
崩壊のはじまりがもうすぐ本当に起こるとして、
崩壊の終わり(完全終了)が100年後になるかもしれないんだったら
もう崩壊とも言えないぐらい薄い感じになりそうだけど

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/20(木) 22:20:39 ID:uJhCvj7M
     /⌒ヽ   
     ( ´ω`)GEAB32号抜粋が掲載されてましたお
     / つ と) 今翻訳中ですお
この時期になっても掲載するところから見て
LEAPの認識は2009年第4四半期にgeopolitical dislocationが起きることに
自信があるようですお
第4四半期は10月以降のことですお

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/20(木) 22:38:17 ID:Jf3Wos0u
>>227
それはみんながドル使うっていう前提の話だろw

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/20(木) 23:55:08 ID:1xX/hN9E
温暖化で欧州も暑いそうだが、秋の訪れは9月からというのが通例。夏の終わりまで
といのは8月末までだから、予測は外れたといって良い。
ドル体制大崩壊は第4四半期にずれこむというのが最新号の予測だそうだが、粉飾・
糊塗が国家規模・国際間で行われているので、その鍍金が剥がれるのは来年1月以降
から2011年にかけてのことになるとしか思えない。
8月危機が遠のいたことに一安心できないのは当然だが、しばらくはグレーな時期が
続くのだろう。

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/21(金) 02:57:02 ID:9J5p1Zoy
沖縄在住だが、夏の終わりは9月の下旬あたりだと思ってたわ

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/21(金) 07:48:18 ID:hWPnI+IV
投資小僧の金相場日記
ttp://sunsetmoon2020.blog61.fc2.com/

FDIC(米連邦預金保険公社)に見る株式崩壊の予兆

> 今回のCITの件に関してFDICは救済に対して非常に消極的であり、3月31日を最後に保証金残高の発表をしなくなった。
> (過去、マネーサプライM3の時と同じように都合が悪くなると公表しなくなる傾向がある) 
> 驚くべきことに、3月31日時点で保証金残高は米国民の預金残高4.8兆ドルに対して0.27%の130億ドルしかないのである。
> CITは8月17日に10億ドル近くの債務返済を控えていて、FDICは8月25日に保証金残高の報告をしなければならない。(第2四半期報告)
> もし残高が限りなく0に近いという報告がされれば、(略

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/21(金) 07:50:52 ID:hWPnI+IV
>>232 >>234
第4四半期(10月以降)だとすれば、先は未だ長いね
とはいえ、個人が対応に準備する時間がまだあるのは助かる

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/21(金) 10:23:17 ID:GDGcGAHw
今日から夏の終わりスタートです
にげるのだww

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/21(金) 13:24:32 ID:IH99I2OO
ヨーロッパと日本の間に、季節に対する認識の違いがあるようだね。
俺は夏が終わるのは8月で、9月はもう秋という認識だったわ。

ただ、なんのかんのと延び延びになってる事実に変わりはないと
思うが。

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/21(金) 14:17:28 ID:6JAJXjS2
とりあえずFDICについての対応を見定めてから判断することにする

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/21(金) 17:49:37 ID:zR0ApylO
wktkスレ関連の某所より転載

PIMCOさんが、「ドルの希薄化で、今後はドルが安くなる。準備通貨としての地位が弱まりつつある」というレポートを出しています。
http://media.pimco-global.com/pdfs/pdf/EMW August 09.pdf
And while we have not yet reached the point where a new global reserve currency will arise, we are clearly seeing a loss of status for the U.S. dollar as a store of value even in the absence of a single viable alternative.

ちなみに、PIMCOのレポートを解説したBloombergの記事。
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=newsarchive&sid=aCM5WaqsP.98

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/21(金) 17:55:40 ID:zR0ApylO
Bloombergの日本語版記事

PIMCO:ドルは下落へ、準備通貨としての地位に懸念
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=a.t8kFCdhOPs

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/21(金) 17:59:17 ID:GDGcGAHw
まああれだ
ブルームバーグとかロイターとか流して悪い記事は流さないんだろ
逆に考えようw そろそろドルは上げちゃうよw

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/21(金) 18:10:06 ID:g90i45g4
米j上げる?

しんじられな〜い

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/21(金) 18:17:10 ID:GDGcGAHw
最終的にはさがるよ
でも危機のはじまりはかなりあげるはずだよw

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/21(金) 23:09:48 ID:9pN2YhoQ
それは米企業が財務的に危なくなったときに海外の金を呼び戻すって意味でだよな
いまだにそんな体力あるかね

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/21(金) 23:40:06 ID:6JAJXjS2
いつまでも続けるわけにもいかないだろうが
いつにそれを引くんだろうね。

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/22(土) 00:52:19 ID:3yOV/o25
9月1日月曜日

世界同時預金封鎖起こる

90%ぐらいの確率とみた

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/22(土) 01:20:51 ID:3yOV/o25
>>248
ミス。日米同時預金封鎖。

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/22(土) 02:21:29 ID:qn2+KamY
来年1月以降だろうね。オバマ大統領が就任1年になるが、米経済の好転は無し。米国の
失業率が様々な施策を打ったにもかかわらず10%超え、そういった状況が重なれば、あ
る日、突然に大崩壊。

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/22(土) 07:55:16 ID:qVF+KZJ+
オバマの実績って何?

金融機関の犬にしか見えないんだけど

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/22(土) 09:03:09 ID:XCw5pv6Q
急伸、終値も9500ドル台=景気回復期待膨らむ−NY株
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090822-00000022-jij-int

多幸症患者が多数を占めれば、過剰流動性を確保した金融状況を背景にして株価も上が
るし、中古住宅も投資目的(?)で少しは売れるというところだろう。
こういう状況を見ていると、29年に始まった世界恐慌とますます相似する方向に進ん
でいることが見て取れる。

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/22(土) 17:52:16 ID:9p9UxUtn
9月1日は火曜日だぞ

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/23(日) 00:21:44 ID:a/7xvKRi
>>232
語学力ないので・・・いつも頼りにしてます・・・


255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/23(日) 07:29:57 ID:ge/PSCji
10月までもつのか
来月がやばいと思うが
来月メルトダウンすれば10月2日 IOCは
2016年のオリンピックを東京と宣言できるはずだ。



256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/23(日) 17:21:06 ID:f7A+ws5r
某所の予測では株価上昇して油断した9月中下旬〜10月上旬に突然暴落か。
うーんE2020の予測は2〜3ヶ月ズレただけなのかも知れないですねぇ。


以下はネタ(オカルト臭満載なSTRATFORより)

Japan's Future: "It's Going to Be Scary"
日本の未来:「それは恐ろしいでしょう」

Japan Collapse will be felt around the world: Its going to be SCARY
日本崩壊が世界中で感じられるであろう:その進行状況が恐しいです

"How do it react with Japan where we know now in the world,
and we are ten years … It will not be Japan that knows,
and it is likely to become scary. "
「私たちが今知っている日本と世界での振る舞いは、
私たちが10年後に知るであろう日本のものでないでしょう。
そう、それは怖ろしいものになっているでしょう。」

http://thecomingdepression.blogspot.com/2009/08/japan-collapse-will-be-felt-around.html

極右国家、軍国主義国家、もしかすると中国に取り込まれるか?

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/23(日) 17:34:42 ID:bp6puT0c
ああ

これは逆ですね。

世界で日本しかなくなるということです。

安心して円と日本株を所持していてください。



258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/23(日) 18:16:01 ID:rT3RJMjF
エウロペのいうカオスな世界って、要するに「ゲド戦記」みたいな世界ってことでおk?

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/23(日) 18:34:52 ID:WEfrEvxR
>>258
ゲド戦記がわかんね

犬も食わねって意味?

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/23(日) 22:05:13 ID:+By9vWur
人民元切り上げって何?どれくらい儲かるの?

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/23(日) 22:40:10 ID:D/HkVMTT
8月25日 FDIC第2四半期報告
10月1日 カリフォルニア州 IOU返済期限
だったかな

他にこの先1〜2ヶ月で気をつけるべき日あったら教えて欲しい

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/23(日) 22:45:18 ID:tM74HlEj
8月30日 民主圧勝w

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/23(日) 23:36:10 ID:jn+3muVb
25〜26日あたりが直近の注目イベントだが
今度はどういう方法で先送りするのか楽しみ。


264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/24(月) 02:42:59 ID:G7ELJKlR
     /⌒ヽ   
     ( ´ω`)GEAB32号抜粋ですお
     / つ と)
その1

地政学的混乱の中心:2つの主要プロセス
GEAB32抜粋 2009年2月16日 

地政学的混乱は2つのプロセスを中心として進行する

1.世界中から金融ベースが消失する(ドルと負債)

簡単なイメージで今日のグローバル金融システムの特徴であるグローバルインソルベンシーが説明できる。
銀行やグローバル金融機関の金融基礎は大きな欠陥で都市が崩壊することと同じだ。
それは固い地盤が都市建造物を支えると思っていても、薄い外殻(空気やガスあるいは安定器といった混合物がその下にある)
に立っているにすぎない。
金融で言えばこの混合物はアメリカ、イギリス、先進国、途上国が生み出した
変動幅が大きいドルやドル建て資産、あるいは負債のコンビネーションである(1)。
 
この状況は今日に至っても手がつけられておらず、反対に危機は拡大している。
アメリカ、EU、日本そして中国のリーダーは大量のドル、ユーロ、円、元による流動性で自身を潤しているが
同時に私的負債を公的負債に置き換えている。ガスを増やして不安定な安定器を少しましなものに代え
都市の崩壊を防いでいる。実際これら大量の流動性注入は(特に多く関連しているアメリカ)信じられないほど多い
(毎年10兆ドル近く)。結果、断続的な貨幣価値の下落がシステムを支える希釈ガスを作り出すことになる。
公的負債の増加は公的資産(特に米国債)を生み出す。公的資産は不良化した資産と取り替えられるために生み出される。
この状況の継続は基礎の分裂を進展させるということになる。ここで言う基礎とはここ数十年、特に20年間世界を支えたものである。

図1損失の見積もり:イギリス都銀と住宅金融組合の損失がUKのGDPに占める割合と公的負債

ドルに依存した地域や国(あるいはドル建て資産に依存した)や債務の水準に達したプレイヤー(世帯、企業、行政、国家)は
社会組織化されていればいるほど2009年の第4四半期には分裂が始まる。あるいは更に正確に言えば
分裂過程が進行するほど明らかにスピードアップする。実際多くの場合、本GEABで見るようにビッググローバルプレーヤー
を詳細に観察した結果からいえるのである。

兆候は簡単に認識できる。バランスシートが次第に縮小しながら均衡を保つこと、資産の断続的な価値喪失、
公的負債は指数関数的に増加、公共サービスの停止、多くの分野で金融責任が果たせなくなることの増加
企業倒産の増加、ペーパーマネーの減価…(3)
Jean de la Fontaineの寓話がいうように”動物は災厄に襲われる””すべてが襲われるが、全部は死なない”(4)
LEAP/E2020から言わせてもらえば、アメリカとイギリスはかなり被害を受ける。残りの世界が古い金融ベース崩壊
により深刻な影響を被ることもまた明らかである。(5)

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/24(月) 02:43:54 ID:G7ELJKlR
その2
GEABbR1では2006年以来、儚く消えた”幽霊資産”は30兆ドルを越えていると予測する。今まで
このうち1/3未満を占めるものは資産下落の影響をうけ、この”私的幽霊資産”を処理するため公的資金が注入された。
リーダーが考えることとは反対に(6)、この最後の手段は結果的に公的幽霊資産によって私的幽霊資産が入れ替えられたに
すぎない(7)。この調子では大統領とアメリカ議会は(8)”ゴーストバスターズ”の3ヒーローを呼び出し、幽霊資産の処理を
任せたほうが賢そうだ。スキルに疑問の余地がある3人組みつまりFEDのバーナンキ、財務長官ガイトナー、ホワイトハウスの
経済顧問サマーズに頼るよりは(9)。

グローバル金融ベースが喪失する過程は結果として、2009年の時点ではスピードアップする。それは力の面においても
財の面においても、影響力においても、そして多くの地政学的プレーヤーの生活水準は低下する。しかしスピードは変異にとみ
異なる形態を持つことになる。世界は急激に縮小するが全部が全部同じ道をたどるわけではない。この展開はグローバル
な地政学的混乱の段階においては主要な構成要素となる。ある種のカードがグローバルスケールで突然シャッフルされる。
我々が何度も強調するように、規模の大きい経済プレーヤー、多くの国家や地域はこれに関わることになるだろう。

下の表で明らかなように、国際大銀行は危機とともに縮小し、広がり方も様々である。
前のGEABで説明どおり、一国の経済において金融部門の規模はその国が危機によってどれだけ被害を受けているかの
指標である。下の表で強調するところはこの点に関して明らかな傾向が見て取れることである。


図2世界規模の大銀行の時価評価の比較(単位:10億ドル):青:2007年の第2四半期現在、緑:2009年1月20日現在

2.グローバルシステムのビッグプレーヤーとブロックの利害の分裂

次の破壊プロセスはグローバルな地政学的混乱に寄与する。
この地政学的な混乱はグローバルシステムのビッグプレーヤーとブロックの利害分裂が増加することからなる。
危険な保護主義貿易に戻ることに関する目下の議論はこの地政学的混乱プロセスの構成要素であり、指標でもある。
実際保護主義化に戻る。ここ20年のグローバリゼーションは予期せぬ中断に至ったからである。この件に関するグローバル
リーダーのスピーチは報告や意思とは反対のことを繰り返し、ドーハにおける一連の自由貿易交渉を復活させようとするほど痛ましい(10)。
だが実際、彼らは間逆のことをしており、オバマの”バイアメリカン”キャンペーン(11)、
ブラウンのポンド平価切下げ競争、サルコジによるフランス自動車業界への援助、メルケルの思慮深い”ドイツ”経済復興
政策、胡錦濤による内需喚起政策の目撃者である。

グローバルリーダーは統合失調症になりつつある。言動がバラバラになりつつある。そういったわけでLEAP/E2020
は地政学的混乱に代わり信用たる代替案を開始する”最終期限”は来る2009年4月のG20サミットとこの夏の間にあると
予測している。それが過ぎれば、世界のリーダーは共通の視点で見せかけの演技をし続けることさえもはやできないだろう。
各々の国内での彼らの政治的生き残り方は短期・中期での緊急事態解決に集中することになるだろう。国際的な
エキスパートの中でも失業は劇的に増加する。そんな彼らもかつては過去数十年間においてグローバル自由貿易のキーパーソン
だった。しかしながらエキスパートにも良く当てはまるように(彼らも結局、普通の人間だった)、おそらく新しい価値・信条に
考えを切り替え、保護主義化のメリットを主張し始めるかもしくは恥も外聞もなく地域の統合に疑問を持ち始めるだろう。
実際、この傾向はすでに主要な金融・政治メディアで取り上げられている。


266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/24(月) 02:44:41 ID:G7ELJKlR
その3
この分裂化は以下の比較的単純なスキームに従う。

輸出超大国(EU同様、中国、日本、ドイツ)は最近、支払能力が存在するマーケットとの関係を保とうと必死だ。
彼らには2009年の半ばの状況がどのようになるか見極める必要がある。仮にこれら超大国の努力が国際貿易の急落のため
無駄になったり、あるいは不確実な見通しがあれば(12)、国内市場に支払能力が十分なら、国外をすて
国内市場に目を向けるほか選択の余地はない(13)。あるいは現存する多国間協定やルールを犠牲にして
地域戦略に立ち返る他ない。世界貿易機構や国連機関が唯一力を得られるのは、少なくとも多くの関係国がゲームのルールについて
同意しているという事実からである。であるからこれら機関、あるいは関連機関のいずれもこの件(保護主義化)について
多くを扱うことはできない。反対にこれらメンバーがルールを無視することを望むなら、これら国際機関は停滞し、力をうしなう(14)。

この分裂は実際、共通利害のための従属的なものに他ならなず(言い方を代えれば、一般に家畜がいっせいに
逃げ出すことと同じ)、この分裂によって微視的にも巨視的にも緊張の緩和をもたらすことができる。この緊張の緩和によって
各国は(そして州、各地域、行政区、連邦(政治的に存在する範囲で))死活問題を早急に評価する誘惑に駆られ、数十年来
続いている古いルールを観察し続けるコストがいくらなのか算段しはじめることを意味する。このグローバルシステム危機のように
歴史的な規模の危機は完全に”明白な”事実、すなわち領域の統合あるいは政治的なロイヤリティーといった視点での事実を
徐々に弱体化させる傾向がある。各組織化されたグループはいくつかの資産を備え持ち、どこかに属すより一人のほうが
より裕福ではないかと思う傾向がある。アメリカやEUのこの傾向のインパクトは後ほど詳細に調べる。

NATO参加国内での最初の紛争はすでに見える形で眼前に迫っている。仏大統領サルコジはイギリスのブラウン首相による
政治的失策を公式に批難している(15)。またヨーロッパ単独での市場能力が他所のビジネス移転を制限していることに
疑いを持っている。我々は既に上記で述べた段階にいる。ブラウン首相やイギリスのリーダーは外国人(EU市民含む)に先行して
イギリス労働者にとっては雇用が優先であると呼びかけている。これはEUパートナー間で合意したルールからはなれ
完全に壊れている(16)。ローマのG7サミット中に元が(17)唯一批判される通貨であるとき、中国のリーダーはドル
や米国債以外の多様性の欠如つまり流通の代替案欠如があることを熱烈に批判している。これらは分裂ケースである(18)。
オバマ大統領政権が人権問題やエネルギー、温暖化、貿易摩擦の増加に関して中国に攻撃姿勢を強めている時、
グローバルゲームの分裂は明らかにその速度を速める(19)。
プーチン大統領がワシントンやロンドンを今回の危機の中心だと批難している時(20)、そして無言の同意が大多数の
EUリーダーにとって唯一の反応であるとき(21)、我々は将来の分裂化への萌芽を感じる。Temasek(シンガポール最大のファンド)
が突然その方向性を変え、投資対象からイギリス、アメリカの金融機関をはずした。
我々は現行システムの分裂が勢いを増していると理解している(22)。

数ヶ月このペースなら、社会的な慣習を気に留めるものはいなくなるだろう。そして地政学的混乱の進展は当然のように進行する。

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/24(月) 07:45:56 ID:lYPqHAlS
>>264-266


268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/24(月) 08:40:34 ID:GHMfTlFI
保護主義の台頭で、EU分裂の危機か。
食料の奪い合いがはじまるかもしれんな。

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/24(月) 08:49:16 ID:mgpw3p2g
>>268
そこまで深刻な事は言ってないと思うけど

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/24(月) 14:43:26 ID:uFcirHL2
幻想も夢も永遠に続けばそれはリアルな現実なんだよ。

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/24(月) 14:55:53 ID:LYEhgTOb
>>270
問題は夢がいつ壊れるか、この世に永遠なんて存在しない
アメリカが国債の利子を返せなくなるぐらいの規模が起こると夢は終わるんだよ?


272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/24(月) 15:12:35 ID:TZRPCMGj
根拠無き楽観、不合理な熱狂の帰結は大崩壊しかないというのが GEAB Europe2000の
伝えるメッセージなんだろうし、その通りなんだが。
米国の貨幣流通量が前年比99%増に対して、日本はわずか6%増にすぎないから
まだまだ日本では金融緩和の余地があるっていう話もあるが、その状況ですら株式
相場が根拠無き上げ相場にあるのだから、日本でこれ以上の金融緩和を実施できる
状況ではない。
日米とも失業率は今後も上昇、賃金の切り下げも続くという予測が多数派になって
いる。デフレスパイラルへの落ち込みは必然だが、ジャブジャブの金融緩和策実施
で株式相場や先物商品相場だけが上げて良いという話にはならない。

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/24(月) 22:19:51 ID:U6XqAzc0
すでに英国が崩壊予測ずれているから、これらも全て外れるんじゃないかな

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/25(火) 08:34:50 ID:Dk3JQk3w
E2020の予測(行動予定表)がはずれる=ロス茶の計画がうまくいってない

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/25(火) 10:27:44 ID:RxNNjjTz
さて、FDICのレポートが気になるところだが

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/25(火) 11:23:16 ID:CPu7iT06
>>273
俺は時期のズレは大目に見てる
米英財政が苦しそうなのは他のソースでも出てるから

>>275
どうなることやら

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/25(火) 13:49:02 ID:PG8hKIrc
FRBから借り入れたになっているんじゃないかな。

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/25(火) 15:52:21 ID:Nlv9Cuew
Roubini warns of double-dip recession: report
http://www.reuters.com/article/newsOne/idUSTRE57M29R20090823

ルービニ教授:景気腰折れの可能性高まっている、出口戦略でリスク
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=anZtS71QCQTU

同教授は、各国が財政赤字削減に向けて増税や歳出カット、過剰流動性の吸収に動けば、
景気回復を損ない「スタグデフレーション(リセッションとデフレの並存)」に
後戻りする可能性があると指摘。

逆に大幅な財政赤字を放置しても、インフレ期待と長期国債利回り、借り入れコストが
上昇し、スタグフレーション(景気停滞下のインフレ上昇)を招くと解説した。

ルービニ教授は現在のところ、「力不足で潜在成長率を下回る」回復が少なくとも
数年間続く「U字型」回復を予想している。「V字型」の回復とならない理由として
同教授は、失業の増加、依然として深刻な世界の金融システムへの打撃、
企業業績の弱さを挙げた。

さらに、エネルギーと食料品の価格の上昇がファンダメンタルズ(経済の基礎的諸条件)に
照らして速過ぎることが、回復が腰折れする「W字型」回復のリスクを高めると指摘。
昨年は原油1バレル=145ドルが世界経済にとって転換点だったが、同様の投機によって
原油相場が急速に100ドルに向けば、世界経済は持ちこたえられないだろうとの見方を示した。


世界の砂糖不足が拡大へ、インドとブラジルの異常気象で−ISO
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90003013&sid=ak6GS_6ljby0&refer=jp_us
ISOのシニアエコノミスト、セルゲイ・グドシニコフ氏は電子メールで、
2008−09砂糖年度(08年10月−09年9月)の砂糖の不足量は935万トンと、
5月時点の予想である780万トンから拡大するとの見方を示した。
不足により砂糖在庫は世界の予想消費量の38%となり、
この比率は3年ぶりの低水準に落ち込むとみている。

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/25(火) 16:25:51 ID:KA7FtPxQ
時期のずれとかじゃなくて、全然崩壊しなさそうw
もう崩壊の夢から皆冷めようよww

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/25(火) 17:33:33 ID:RxNNjjTz
オバマが26日未明に何か発表するらしいよ。

25日の日記 - コンビニトレーダーの日記 - 楽天ブログ(Blog)
http://plaza.rakuten.co.jp/glocalmoli/diary/200908250000/


281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/25(火) 17:57:17 ID:VE7p/eOK
バーナンキFRB議長再任

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/25(火) 18:20:32 ID:CPu7iT06
FDICがもし破綻した場合のシナリオを、教えて偉い人

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/25(火) 18:30:25 ID:6RNSPgI5
>>282
仕方ないな
もう一行も銀行がつぶれなければよいw

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/25(火) 21:49:36 ID:jKYKUkWj
ムリ言うな!


285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/26(水) 08:15:49 ID:tEuYW8T3
昨夜、流れたオバマ重大発表は結局、バーナンキ再任だったみたいだね

ところで、FDICのレポートってまだ?

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/26(水) 09:18:11 ID:Wo8n+vm2
莫迦難儀再任の、いったい何が重大なの?

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/26(水) 13:52:03 ID:PUxKmVlR
>>219
また川崎か
多摩川封鎖せよ


288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/26(水) 17:17:35 ID:QQYYY5eM
FRBの件とFDICの件。
恐ろしくて発表できないんじゃないか?

わざわざ公にして人々を恐怖のどん底に落とす必要がどこにある?

永遠にくさいものには蓋をして、
そして永遠に先送りし続けるのが一番賢いやり方なんだよ。

嘘も幻もみんながそう思えば、それはリアルな現実なんだよ


289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/26(水) 17:29:42 ID:skH6ui4b
黒幕「時代は確実に動いているw倒すべき敵それはロンポール そういうことかw」

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/27(木) 06:52:04 ID:YtF+wUcH
【韓国】韓国政府、大企業や富裕層に増税へ…低所得者や零細事業者向けには減税を拡大[8/26]
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1251215788

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/27(木) 19:15:39 ID:PVUoEk8A
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90003017&sid=a5XuRxzn_wUs&refer=jp_news_index
FRB総資産2倍に拡大も、成長支援必要なら4兆ドル−ゴールドマン

8月25日(ブルームバーグ):米金融大手ゴールドマン・サックス・グループの米国担当主任エコノミスト、ジャン・ハッチウス氏は
25日、米連邦準備制度理事会(FRB)は米経済成長を下支えするために必要と判断すれば、総資産をさらに2倍に拡大するこ
ともあり得るとの見解を示した。

ハッチウス氏はブルームバーグラジオとのインタビューで、FRBのバランスシートが4兆ドル(約380兆円)規模まで膨張すること
は「可能性としてある」と発言。インフレに加え景気動向次第だとの見解を示した。

バーナンキFRB議長はゼロ金利政策に加えて金融システムへの資金供給で、FRBのバランスシートを既に危機前の2倍以上に
膨らませている。12日時点のFRB総資産は2兆200億ドル。当局は今月に入り、3000億ドル規模の長期米国債購入プログラムを
10月で終了すると発表し量的緩和を徐々に後退させる姿勢を示している。

ハッチウス氏は当局が成長回復と雇用改善に取り組む必要があると指摘。「金利は低水準にとどまる必要がある」とし、FRBは
「資産購入を積極化させる可能性がある。この政策で費やした資金に見合う大きな効果がまだ出ていないからだ」と述べた。

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/27(木) 19:51:20 ID:Coe59PsX
結局これってなにが言いたいの?
まだまだ問題先送りできまっせーてこと?

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/27(木) 23:08:18 ID:BeSUOFS5
     /⌒ヽ   
     ( ´ω`)FDICは財務状況が悪い銀行を
     / つ と) 非公開投資会社に売りつけたいようですお
ttp://seekingalpha.com/article/158498-fdic-backs-off-slightly-as-pe-firms-to-buy-troubled-banks

The final ruling showed that the FDIC was willing to give up
some ground as private equity investors are now only required to
maintain 10% Tier 1 capital instead of the proposed 15%.
This means that as PE firms take on the balance sheet of a bank
and theoretically bring it back to life, the amount of capital
required to stick with the bank is a bit less restricting than
previously proposed. This will result in much larger profits
for such transactions and while it likely means banks will eventually
be sold to the public with more debt on their books,
the liquidity need for today will likely lead to more help from
the PE community.
FDICは非公開投資会社(private equity firms)が不良銀行を買い取る時
自己資本(Tier 1 capital)の10%で買い取れるようにガイドラインを整備しましたお
これだとバランスシートは非公開投資会社に引き継がれて、理屈で言えば銀行は生き返るそうですお
最終的にはPEが助けを求めることで国民につけがまわるということらしいですお
非公開(未上場)なので財務を大々的に発表する必要もないはずですお
Q2レポート米国時間27日にあるそうですお
walk in the spiritさんのとこにありましたお

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/28(金) 00:10:54 ID:Np5DKdxZ
シオンの議定書よろしく悪知恵が次々と.....


295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/28(金) 10:02:26 ID:CuwZLxEP
>>293
どういうからくりかっていうと、非公開の投資会社から
さらに不良債権を893とずぶずぶのファンドや金融業に売りつけて、
血も涙もない回収方法で回収するだけ回収させたら、
今度はその893ごと麻薬撲滅キャンペーンで潰して、893の金を回収。
そしてその893マネーは結局又FDICへ、というシナリオ。
一回非公開投資会社と893をつかって、不良債権を濾過してるわけですな。

だから一端アメリカはまたアルカポネみたいなのが出てきて、おっかない時代が
来るよ。すべて予定調和。ヒストリーチャンネルでやたらアメリカンマフィア特集やってるのも
そのせい。
ん、これは前の世界恐慌のときにやった手口では??

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/29(土) 00:51:00 ID:lbbijil9
FDICの件とかもう意味がわからない。
このまま何が起きても先送りし続ける腹積もりなのかな

297 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 18:02:59 ID:QCzh5FjR
FRBに内実公表しろやーってやってるのはBloombergだな
FRBは上告して時間稼ぎしてるみたいだが

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/31(月) 09:17:54 ID:sdCnP4SZ
民主政権の緊縮財政は2020的には利に叶ってるね。
さて、いよいよ米国債買って呉る国が無くなりましたね。

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/31(月) 19:39:12 ID:HXt2TDw1
エウロペは、日本はドル建て資産を中国のようには売ることができないから、
引きずられてインフレになるって言ってたよね?
ミンス党になっても、そうなのかな?結構、強硬姿勢みたいだけど。

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/31(月) 19:49:03 ID:T8opuyTf
ドル建て米国債は買わないと言ってたけど、円建て米国債なら買ってもよさげな反応だった様な
そんなのがあるのかは知らないが

あと民主、米国債売却に言及してたっけ?

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/31(月) 20:20:15 ID:sdCnP4SZ
>>300

売却は言ってないのでは?(ハッキリとは)
民主党は欧米と距離を置くみたいですが、地政学リスクが回避出来るといいですね。


302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/01(火) 01:28:51 ID:ZP3tzJih
>>299
むしろミンスは「マネタイゼーションしたいかも」と言って白川からドン引き状態。

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/01(火) 11:29:29 ID:oK48Sb5X
シティグループのアナリストがAIGは9月までに破綻と予想

7月9日にシティグループのアナリストであるジョシュア・シャンカーが
AIGはCDSの損失額が膨らんでおり、9月までに株価がゼロすなわち破綻する
であろうとの予想を述べた

http://blog.livedoor.jp/tokyokitty_seed_destiny/archives/51617451.html


304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/01(火) 12:40:45 ID:iaCGPlu9
>>300
そこまでは言及してない

しようものなら党自体がなくなる

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/01(火) 17:44:56 ID:5dLobtrW

中川正春「民主政権になったらドル建て米国債買わないよー」
ttp://yamashi3.livedoor.biz/archives/51308200.html

【民主・鳩山代表】 米国債中心の外貨準備を見直し
ttp://amaterus.jp/cgi-bin/news/patio.cgi?mode=view&no=11742

民主党「外貨準備を10年で半分に減らすべき」 菅直人氏「『埋蔵金』として使える」
ttp://nyoze.seesaa.net/article/107527625.html

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/01(火) 18:30:25 ID:oiv8U2OS
どうやったら外貨準備を埋蔵金として使えるの?

>>304
その覚悟で米国と対峙してほしいね
日本と米国は違うんだから、心中したくない
米中のG2で仲良くやって欲しい




307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/01(火) 19:46:47 ID:Rj6MFVx1
39 名前:代表戸締役@株主 ☆ ◆EP2zNwyYN2 [sage] 投稿日:2009/08/30(日) 21:51:50 桜 ID:0tb7ei0k
>>17
すでに、先週末、米国と日本の金利が逆転しています。
米国のドルキャリーが始まっており、これが新興国にホットマネーとして
流入しています。
そして、10月には米国の法定の国債発行額が枯渇する。

協調して、資金バランスを取らないと大きな歪みが生じることになる。
強烈な円高とそれに伴う不況になる可能性も高いですね。

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/02(水) 17:29:36 ID:+Q/lngUZ
<9月>
9月11日 EU・南アフリカ共和国首脳会議(ケープタウン)
9月14日 ノルウェー総選挙
9月27日 ドイツ連邦議会(下院)総選挙
9月27日 ドイツ・ブランデンブルグ州、シュレスビヒ=ホルシュタイン州選挙
9月27日 ポルトガル総選挙
9月27日 スイス国民投票(付加価値税率引き上げの是非ほか)

<10月>
10月2日 アイルランドでリスボン条約批准に関する国民投票を再実施
10月6日 EU・ブラジル首脳会議
10月9?10日 チェコ議会(下院)選挙
10月末 欧州委員会任期終了

<11月>
11月6日 EU・インド首脳会議(ニューデリー)

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/07(月) 18:30:29 ID:YfIr1Nwk
本スレ保守

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/07(月) 18:59:35 ID:8tja+W7Y
バカンスは未だ終わらないのかね。

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/08(火) 00:24:32 ID:YpEUaRzX
英財政は「焦土」状態、赤字膨らみ次期政権は歳出削減や増税が不可避
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90003015&sid=a2tbxb4Q9Ud0#

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/08(火) 00:26:54 ID:YpEUaRzX
英FSA長官:英経済は危機により永続的な打撃、決して取り戻せない
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90003015&sid=apa35c4sJxjc

同長官はBBCラジオ4に対し、「決して取り戻せない。英経済の生産能力の低下は永続するだろう」と述べた。

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/08(火) 00:51:47 ID:yK9K4zWV
>>310
割とヤバそうなのにバカンスは忘れない彼らの根性は評価されるべき。
そんな所に金融崩壊後の新しい世界のヒントがあると思う。

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/08(火) 06:18:21 ID:F2K3OF5o
どこにヒントを見出せというのかw

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/08(火) 06:49:57 ID:craBkmDh
そういやミネバも湖畔のほとりでバカンスしてたぞw

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/08(火) 12:41:35 ID:x1gXwuIg
メキシコの田舎町。海岸に小さなボートが停泊していた。
メキシコ人の漁師が小さな網に魚をとってきた。その魚はなんとも生きがいい。
それを見たアメリカ人旅行者は、
「すばらしい魚だね。どれくらいの時間、漁をしていたの」
と尋ねた。 すると漁師は 「そんなに長い時間じゃないよ」
と答えた。旅行者が 「もっと漁をしていたら、もっと魚が獲れたんだろうね。おしいなあ」 と言うと、
漁師は、自分と自分の家族が食べるにはこれで十分だと言った。
「それじゃあ、あまった時間でいったい何をするの」
と旅行者が聞くと、漁師は、
「日が高くなるまでゆっくり寝て、それから漁に出る。戻ってきたら子どもと遊んで、女房とシエスタして。
夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって…ああ、これでもう一日終わりだね」
すると旅行者はまじめな顔で漁師に向かってこう言った。
「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人間として、きみにアドバイスしよう。
いいかい、きみは毎日、もっと長い時間、漁をするべきだ。
それであまった魚は売る。お金が貯まったら大きな漁船を買う。そうすると漁獲高は上がり、儲けも増える。
その儲けで漁船を2隻、3隻と増やしていくんだ。やがて大漁船団ができるまでね。そうしたら仲介人に魚を売るのはやめだ。
自前の水産品加工工場を建てて、そこに魚を入れる。その頃にはきみはこのちっぽけな村を出てメキシコシティに引っ越し、
ロサンゼルス、ニューヨークへと進出していくだろう。きみはマンハッタンのオフィスビルから企業の指揮をとるんだ」
漁師は尋ねた。
「そうなるまでにどれくらいかかるのかね」
「二〇年、いやおそらく二五年でそこまでいくね」
「それからどうなるの」
「それから? そのときは本当にすごいことになるよ」
と旅行者はにんまりと笑い、
「今度は株を売却して、きみは億万長者になるのさ」
「それで?」
「そうしたら引退して、海岸近くの小さな村に住んで、日が高くなるまでゆっくり寝て、
日中は釣りをしたり、子どもと遊んだり、奥さんとシエスタして過ごして、
夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって過ごすんだ。
どうだい。すばらしいだろう」

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/08(火) 15:34:49 ID:wrIFwEo1
股是蚊


318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/08(火) 20:47:39 ID:WxUERJel
漁師「それなら、25年も掛ける必要は無いよ」

旅行者「なんでだい!?奥さんも子供も喜ぶよ!」

漁師「だって、今だって、海岸近くの小さな村に住んで、日が高くなるまでゆっくり寝て、
日中は釣りをしたり、子どもと遊んだり、奥さんとシエスタして過ごして、
夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって過ごしてるんだ」

漁師「すばらしいだろう!」

旅行者「・・・・・。」

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/09(水) 00:02:51 ID:Km6+wwV0
粉飾糊塗が続いているのだから、出口戦略を立てようにも立てようが無い。
短期的にはデフレスパイラルが続くはずだが、一方では過剰な金融緩和策で
商品先物相場も株式も上昇基調、しかし実需が伴わないのだからいずれ商品
先物相場も下げるだろう。
金利は上げるに上げられないうちがある意味では華の時代、上げないと国債
消化が不能になれば、八方塞がりになって、ようやく出口戦略の美名の下に
金利を上げざるを得なくなる。
その時期が何時になるかは不確定、遅くとも2011年、早くて2010年
以降になるだろう。
グレーな時期が続く。

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/10(木) 05:49:54 ID:0zZok20/
グレイな時期の現況は以下の指摘に尽きる。

http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2009090400585
米経済、二番底の危険=ドル基軸終えんへ−スティグリッツ教授
 【ニューヨーク時事】世界銀行の元主任エコノミストでノーベル経済学賞受賞者のジョセフ・
スティグリッツ米コロンビア大教授は3日、一部メディアとのインタビューに応じ、回復の兆し
を見せている米経済について、「住宅差し押さえや商業用不動産向け融資の焦げ付き増加で金融
不安が再燃し、二番底をつける可能性が非常に高い」と述べ、景気の先行きに強い警戒感を表明
した。
 さらに、「米国は日本と異なり国内に貯蓄が少なく、低金利で国債を発行し続けることができ
ない」と指摘。財政赤字拡大と金利上昇リスクを抱え、「(1990年代の)日本よりも事態は
深刻だ」と警告した。
 米大手金融機関の財務については、「時価会計の緩和で不良資産の評価損を計上しなくて済む
ようになり、損失処理が先送りされた」と述べ、「金融システムに対する信頼は回復していない」
と業績改善に懐疑的な見方を示した。
 同教授はまた、米国の相対的な地位低下と世界経済の多極化を受け、ドル基軸通貨体制は終わり
を迎えつつあると述べ、「新たな通貨体制をつくるために各国は協調すべきだ」と訴えた。

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/11(金) 11:56:52 ID:JONerNVG
米貧困率、11年ぶり高水準=景気後退の影響如実
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2009091100024

2008年の米国の貧困率が13.2%に達し、1997年以来11年ぶりの高水準を記録したと発表した。

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/11(金) 14:39:15 ID:Z+5RhreZ
英米の最近のニュースは、景気は上向き基調と生活苦しいけど逞しく生きる系が多いね。

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/14(月) 01:34:55 ID:Va92+WGx
大恐慌料理が勇気付けたんだろうな。

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/14(月) 13:26:52 ID:In6Vm+33
>>313
そのバカンス中の彼らは新興国近辺のリゾートでまだぐだぐだ豪遊してますが。
自分も先日帰国したがまじですごかった。サービスは日本のリゾートホテルよりも上。
某新興国の都市部はもうごちゃごちゃ。
第二次世界大戦前の上海とかってこんな感じだったのかな〜と。
あらゆる人がいたよ。国際乞食、現地の手足のない乞食、金融危機で解雇されても未だ懲りずに
金あさりやってる渡り鳥の証券マン、そいつらの性欲処理に人生掛けて、愛人やってる現地の女、
そのすぐ横に、ブランド品に身を包んで着飾った女が、ミックスベイビーと白人旦那を
引っ掴んで得意満面の笑顔で歩いている。(ちょっと前の日本にもこんなのいたね)
捨てられて逃げられたのに気がつかないハラボテ女(オフィスのフロント階で来ない男をずっと待ってる)
詐欺師、詐欺師にたかる詐欺師、旅行者、物売り、山師、神経質な日系メーカービジネスマン、計算高そうな
高いスーツをきちんと着込んだアシュケナジー、不動産ディベロッパー、まーともかくごちゃごちゃでエネルギッシュ。
ごちゃごちゃすぎて、工事だらけでやかましくて、都市部はちっともリゾートにならなかったがね
滅茶苦茶すぎて、みんな欲望丸出しすぎで、わかりやすくて面白かったw

Europe2020番外編で彼らも書いてくれればおもしろいのにね。
これこそ有料版の内容か。 

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/14(月) 14:19:13 ID:o53ILLd5
日本が単一なだけだろ、ホンコンもロンドンもにたようなもんだよ。


326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/14(月) 16:11:01 ID:5G6LD08q
>>324
そこどこの国ですか?

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/14(月) 19:56:55 ID:WtN18hWU
東南アジア辺りじゃない?

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/14(月) 23:19:57 ID:vE+4bF9m
ユーロ、ドルしのぐ主要通貨となる公算小さい=オーストリア中銀総裁
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-11408220090908?rpc=122
>10年後には貿易決済や外貨準備に複数の主要通貨が用いられる可能性が高く、政策当局者には
>新たな課題になるとの見方を示した。
> その上で「10年後にユーロが世界の主要通貨として(ドルを)しのぐ可能性は非常に低い」
>と述べた。
> 中国やロシアなどの主要な新興国は、米ドルに代わる主要通貨として、国際通貨基金(IMF)
>の特別引き出し権(SDR)の利用拡大を提唱している。
> 同総裁は「国際レベルで2種類かそれ以上の数の主要国際通貨が同時に存在すると、政策協調
>や主要通貨間のボラティリティーの管理など新たな課題が生じてくる」と述べた。
> その上で「ユーロは、世界の金融安定に貢献できる潜在力を持っている。欧州は政治力を持っ
>てこうした機会をとらえなければならない」とした。

10年後ではなく、数年後と考えた方が良いだろう。世界各国の思惑はそれぞれに異なるが、
ドル基軸通貨体制が崩壊することだけは確かだ。

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/15(火) 10:11:07 ID:/YqGWrDa
http://business.nikkeibp.co.jp/article/money/20081203/179030/graph1204-1.gif
     ↑  こんな感じのグラフで最新データの、どこかにないものか

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/15(火) 20:27:21 ID:UHOr8DhK
>>324
いたいた、パンパンて言うの?白人さんの旦那連れてバギー踏ん反り返って押しながら、周りの注目集める為にわざとデカイ声で喋ってるの、訛りまくってんのにw
悪い意味で日本人離れした顔の女ばかりだったけど、そもそもあいつらは本当に元から日本人だったのだろうか?
騙されて結婚してしまったのではないかと、他人事ながら心配だな


331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/15(火) 21:06:28 ID:Sj4oXCuI
     /⌒ヽ   
     ( ´ω`)仏語GEAB37出てますお
     / つ と)
ttp://www.leap2020.eu/GEAB-N-37-est-disponible!-Crise-systemique-globale-A-la-poursuite-de-l-impossible-reprise_a3791.html
今月来月は時間がないので全訳はできませんお
どなたか親切な方が訳してくれると思いますお

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/15(火) 22:08:30 ID:Sj4oXCuI
     /⌒ヽ   
     ( ´ω`)早速読んでみましたが
     / つ と)主張はほとんど変わっていませんお
タイトル:回復不可能な経済を追跡!
2009年の第4四半期あたりに3つの波(失業・倒産・ドル崩壊)が訪れ
地政学的混乱起こるという主張ですお
世界中で税金の投入による操作でメディアも一般も気づきませんが
階段を落ちるゴムボールのように経済は落ち込んでいくということですお
(落ちながら跳ね返って回復しているように見える)
そのような状態なので、税金の注入でなんとか支えている雇用も直に爆発して
社会を不安定化させるといってますお(雇用に関しての第1の波は既に岸まで届いているそうですお)

気になったところ
・日本は危機の2ndステージの前に新しい選択をしたと書いてありましたお
・新しいシステムの萌芽は2010年の夏までに現れるらしいですお
・アジアやヨーロッパはこの危機に立ち向かうにはいい場所らしいですお

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/15(火) 22:52:27 ID:Pb9yuTBb
ありがと

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/15(火) 23:31:35 ID:1x/OZtyX
     /⌒ヽ   
     ( ´ω`)
     / つ と) さん、いつもありがとうございます。



335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/15(火) 23:48:00 ID:im423Mrt
英語版出るのはいつも何日ごろでしたっけ?

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/16(水) 01:23:41 ID:ey2Kyhe0
In pursuit of the impossible recovery
表題通り、2009年夏の終わりまでに云々という時期の予想は外れたが、予測内容そのものは
変わっていない。
By the summer of 2010 will become apparent the first characteristics of the "world
after the crisis."
We will also dedicate ourselves to identify them in the months ahead.
1年先、つまり2010年の夏までは『灰色の時期(投稿者の個人的な比喩だが)』が続くと
いう御宣託。時期を外したので、予想通りの変節ということになる。
グーグル機械翻訳で仏文から英文に翻訳すれば大意は完璧に理解できる。
http://translate.google.com/translate_t?sl=fr&tl=en#
空白にURLそのものを貼り付ければ良いだけ。

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/16(水) 01:40:16 ID:ey2Kyhe0
the first characteristics of the "world after the crisis." となっていて
最初の基軸通貨再編成の第一歩が2010年夏ということになる。1年間、先延ばし
で読者数が維持できれば、このシンクタンクもその期間だけ延命できる訳になる。
そういう意味では煽るだけ煽って先延ばしするのはこの手の情報サイトの常套手
段。そういう意味では予測内容のインパクトも時期予測精度も激減したことにな
る。最終的には世界的な激動・激変を結果するという結論は是としても、今後は
醒めた眼で参考に一読しておけば充分だという気がする。

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/16(水) 01:46:28 ID:ey2Kyhe0
>>320の記事を読んだ上で、昨日の日経朝刊に出たインタヴューを読んでおくことを
薦める。
彼の発言の真意が読み取れる。

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/16(水) 11:40:49 ID:Tp4x2ZYB
景気後退の「終了」宣言=「底入れ」から一歩踏み込む−FRB議長
9月16日8時26分配信 時事通信

 【ワシントン時事】バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長は15日、
ワシントンで行った講演後の質疑応答で、「(米国の)景気後退が終わった公算が大きい」と言明した。
同議長はこれまで、「景気が底入れしつつある」との景気判断を示していたが、さらに一歩踏み込んだ
形だ。
 市場関係者の間では、戦後最長を続ける「景気後退の終わりを宣言」
(三菱東京UFJ銀行ニューヨークの主任金融エコノミスト、クリストファー・ラプキー氏)との声も
上がっている。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090916-00000027-jij-int



340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/16(水) 12:06:51 ID:+9hvbi1l
>>339
いよいよ末期的に近づいたと捉えておけばOK?

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/16(水) 12:33:04 ID:K4iDgDof
結局年内までに混乱が起きるってこと?
それともグダグダ状態が来年の夏まで続くってこと?
どっち?

なんにせよ、はずれははずれだけど。

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/16(水) 13:54:30 ID:1aOZYx0A
>>339

もう何回目?って感じ。


343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/16(水) 15:16:22 ID:UnkuLl7c
昨年みたいな強烈なのは来ないな
ソフトランディングで慢性的にジリジリ下がるんだろうな

多分、気づかないうちに崩壊しましたという結果が出るだけ

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/16(水) 15:59:21 ID:K4iDgDof
百年に一度といわれる「大不況」を、そう上手い具合にコントロール
出来るもんなんですかね?


345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/16(水) 16:22:49 ID:IdScb3aW
【インタビュー】ドル、「スパイラルなドル売り」…1月安値割れだと「底なし」に−東海東京証券・二瓶 洋氏[09/09/11]
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1252685672/

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/16(水) 16:51:29 ID:+CZ0jlDg

       /_,, ⌒               ::::::::::::\
      /  \\゙.l |  / ::// ̄● ̄ ̄/  ::::::::\
      |● ::::::|  . | | / :::: /   :::::::::://u  :::::::\
     /i,.\_:::::::|    u::::: /   ::::::::://     :::::::::\
    / \( (\|.  ::::::.   // ̄) )           :::::::::\
    / u  ) )_ ^  ^  ̄ ̄ ,,、( (       i し./ :::::::::::::\
   / / /__,,____,/ ̄ \  ))u      ノ (  ::::::::::::::::::::\
  /  ヽ |.. | /└└└└\../\((\     '~ヽ   :::::::::::::::::/
  \ ) し ∨.|llllllllllllllllllllllllllllllll∨lllll| ) /  /     :::::::::::::::::/
   \⌒ | |.|llllllllllll;/⌒/⌒  〕         ::u::::::::::::::::/
     |  | |.|lllllllll;   ./ .   . |        ::::::::::::::::::::/
キタ━━━ヽ(ω・`)人(´・ω・`)人(´・ω)人(ω・`)人(`・ω・´)人(´・ω)ノ━━━!!!




347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/16(水) 22:17:37 ID:jQWt/7Us
新しいシステムか・・・

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/16(水) 23:46:35 ID:wRJahyyK
     /⌒ヽ   
     ( ´ω`)時間が取れたので要約を訳しましたお
     / つ と)
GEAB37
グローバルシステム危機
・回復不可能な景気を求めて
夏以前、LEAPチームは2009年に景気回復はない
とし、2010年の夏まで景気回復はないと言ってきた。
2009年9月には、主要なメディア、金融部門、
政治部門で宣伝されることとは反対に、我々の
予測(景気回復はない)は一貫している。

・絶え間ない金融サポートの中にいる捕らわれ国
そして世界経済は停止へ
最近のグローバル経済の崩壊とその頻度は鈍化している。
それは”よいニュース”を”創作”しているためであり、
これは大規模な努力で過去12ヶ月の公的金融を支えた結果である。

・一貫性のない統計は混乱した世界経済をあらわす
データ改ざんや指標の改ざんはドルのスタンダードな
価値を留める。一方その変化は混乱を増し、国家、国際機関、
銀行はグローバルシステムがどこに行き着くのか見当もつかない。

・アメリカの消費者は回復不可能な経済の中心に
この現実の中心には貧しいアメリカ消費者がいる。
この”貧しい”という言葉は文字通り、2008年にアメリカの家計収入が
経験した急激な落ち込みからも、また1947年から始まった統計からもわかる。

・2009年夏ー日本と台湾:1945年以来、アジア外部での急激な地政学的シフトの2事例
2008年夏ロシアとグルジアで起きた紛争のように
あるいは2006年夏のイスラエルとヒズボラのような
ことが事が、2009年夏には地政学的な危機として
起きないとするなら、戦略的に重要なこの夏に起きない
とする考えは間違うことになるだろう。

・住宅・商業不動産危機:リンクはしているが、異なる。
住宅危機はいまだひどい一方で、商業不動産は今
総崩れに差し掛かっている。GEAB読者には驚くべき
事柄ではないが、このトレンドは地域によって異なる。

広報は内容が薄いので本編に期待ですお

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/17(木) 04:13:12 ID:h3fZwVpW
いつもいつも乙です。ありがとう!

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/17(木) 07:20:37 ID:NZAlhasy
>>348
乙でございます

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/17(木) 09:36:53 ID:8rC/fQni
忙しい中もつかれ

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/17(木) 09:40:29 ID:fsXPfGOQ
     /⌒ヽ   
     ( ´ω`)さん、いつもありがとう
     / つ と)


353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/17(木) 13:11:05 ID:rtPQP+Z7
ドルが87円を割るまではこのスレ用はなさそうw

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/17(木) 20:36:57 ID:Xgck4at7
アメリカの貧困層13%越えましたね。
約2000万人以上!

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/18(金) 00:46:06 ID:hzfelg7k
>>354
今更何を云ってるの。そんな統計数字はとっくに出ている。
食料チケットの受給者は今年4月時点で2500万人を突破していたはず。

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/18(金) 07:58:57 ID:wkDee4wr
【調査】米「貧困層」:4000万人に増加、15年ぶりの水準・年収200万円未満の層…米商務省 [09/09/11]
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1252623151/

これはなんだ

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/19(土) 00:47:46 ID:OzMpBHbf
中国の急速なユーロ買いは望ましくない=欧州委員
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090918-00000814-reu-bus_all

>[マドリード 18日 ロイター] 欧州連合(EU)欧州委員会のアルムニア委員(経済・通貨問題担当)は18日、
>外貨準備を分散するために中国が急速にユーロ購入に動けばユーロ高につながり、欧州にマイナスの結果をもたらすとの
>認識を示した。 
> 同委員は会合で、ドルに代わる主要準備通貨として、国際通貨基金(IMF)の特別引き出し権(SDR)を採用する
>中国の案は実現不可能だとの認識も示した。
> その上で、世界では外貨準備をドルから通貨バスケットに分散する緩やかな動きが出てくるとみていると話した。
>「時間がかかるプロセスだが、そういう方向に進んでいると思う」と述べ、主要準備通貨としてのドルの役割に終止符を
>打つのは政府ではなく市場だろうと続けた。…

その為替市場でのビッグプレイヤーは中国と主要な産油国なのだから、結局のところ、時間はかかっても通貨バクケット
方式から、やがてはSDRに移行するように思える。
10年後ではなく、数年後にはこうした動きが急加速する局面が発生すると思える。

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/19(土) 12:41:55 ID:ExaaNKR+
IMF、金403トン売却 市場価格130億ドル

ということは地金を買ったおいらは嵌められたわけだが、絶好調のユーロがどうなるかな


359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/19(土) 15:34:34 ID:G1l1lyAx
IMFは大丈夫なのかね?
而し、アメの脱不況宣言出した直後に此かよw

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/20(日) 15:42:23 ID:/sKvZgyG
電気自動車生産には不可欠な白金やパラジウムと異なって、金には大して産業向けの
実需は無い。
単に資産としての保有がメインだから、IMFの財務体質改善のためには時折タイミ
ングを見計らって金を放出するのは当然の賢明な判断。
銭亀は駆逐したら良い。

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/20(日) 16:34:44 ID:KPyjNFqs
トービン税の導入も実施すれば良い。
自分のことしか考えない貪欲な投資家を
駆逐するには一番効果がある。大賛成!

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/22(火) 14:51:15 ID:9C4PPPm9
タックスヘイブンに資金とExchangeが集まるだけの予感>トービン税


363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/24(木) 01:58:08 ID:vXic/3sR
「トービン税」、発想は素晴らしいが実施は困難=アルムニア欧州委員
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090924-00000127-reu-bus_all
>発想は素晴らしいが、実施は難しいだろう、との見方を示した。

残念!

09年度の米国債発行総額、7兆ドルに=財務次官補代行
>ネットで約1兆7000億ドルの市場性(証券発行による)借り入れニーズを満たす
>ために必要だった。発行総額は昨年の調達額をほぼ1兆ドル上回っている」と説明した。
> 今年の国債需要はおう盛だったが、質への逃避による国債への資金流入は金融市場の回
>復とともに他セクターに向かい始める見込みだとした。

つまり米国債に流れ込んでいた資金が株式や商品市場に流れ込む訳で、失業率が高止まり
する中、ミニバブル現象がそこここで発生、それが玉突き現象を引き起こしてニ番底へ真
逆様に落ち込むってことになりそうな気配。

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/24(木) 02:04:32 ID:e1ozBiiB
財務次官補代行「09年度の米国債発行総額7兆ドルに」

ラマナサン米財務次官補代行は「9月末で終了する2009会計年度の米国債発行総額が7兆ドルに達する」と述べた。


365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/26(土) 00:19:33 ID:7O7z4Hrx
イランの核施設問題が注目を集めてきましたね。
地政学的混乱の一つに発展するでしょうか。
年末に向けて経済的・政治的に色々きな臭い案件が
増えてきて、どれかが発火したら一気に世界の様相が
変わりそう。ここのスレの方は大丈夫だと思いますが
今後の混乱期をサバイブする為に余剰資金でGOLDなど
貴金属、それと食料を手元に備蓄しておきましょう。
何も起こらなければそれにこした事はありませんが、
今は備えておく事が大事ですもんね。


366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/26(土) 21:59:05 ID:Cp6FTUB7
地震も破滅も無いね

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/27(日) 19:04:32 ID:ytHnzbGU
あっちの一応本スレは破綻してるが

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/28(月) 01:08:10 ID:ihYl21u5
経済予測は掛け声だけは調子良いけれど(経済成長の第1歩を歩み始めた云々)
統計数字は芳しくない(悪いとはいえない微妙なところだろうが)。
2番底が訪れるのには、粉飾・糊塗の鍍金が剥がされるのに時間がかかるだろ
うから、今しばらくはお預け。Euro2020が予測するように来年から明後年にな
るのだろう。
時間稼ぎで上手く事が運んでくれれば良いと皆な期待しているし、それに水を
挿す気もないが、綻びが出るのは必然。金利上げを含む出口戦略など立てよう
もないのに、議論だけはしているとのポーズを取るのが精々といったところ。
外需不振で日本経済も大変だが、激動期に備えて準備するに越したことはない。
東アジア共同体、つまり地域通貨の創設(実際にはバスケット方式を取るのだ
ろうが)に着実に近づいて欲しいものだ。

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/28(月) 04:32:43 ID:siwequB2
>>348の訳がサイトの英語ページの要約とあんまり合ってないようなんだけど
http://www.leap2020.eu/GEAB-N-37-is-available!-Global-systemic-crisis-In-pursuit-of-the-impossible-recovery_a3797.html
フランス語版だと内容が違うのかな?

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/28(月) 04:46:47 ID:mn9xmNuc
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/eco/1254002587/159 転載
[Capitalism: A Love Story / Michael Moore ] (約45分)
Thursday, September 24, 2009 / Democracy Now !
http://www.democracynow.org/2009/9/24/after_20_years_of_filmmaking_on
【参照】
『キャピタリズム?マネーは踊る?』はキリスト教徒マイケル・ムーアの資本主義批判
 2009/09/16 やじうまUSAウォッチ
 http://newsweekjapan.jp/column/machiyama/2009/09/post-60.php
彼のインタヴューを聴いた。リーマン・ショックの6ヶ月前から、この映画の制作に着手
したというから、既に米国でも金融危機・金融恐慌の到来を予期していた人が多数に上っ
ていたということが見て取れる。
彼の政治的乃至宗教的立場はどうであれ、貪欲な資本主義に修正が必要だという認識は今
後多くの知識人に共有されることになる。
日本では民主党による政権交代が生じたのも、歴史的必然のように思える。行き過ぎをチ
ェックする機能が資本主義には内在しない。第3の道は険しいが、それを求めてゆくしか
ない。

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/28(月) 11:29:36 ID:/hHiRRnn
ねぇ、今の勢力図って、
ロスチャイルドはじめ国際金融機関がアメリカから中国へシフトして、
中国を覇権国家に育て上げて寄生する計画
VS
トカゲの尻尾切りにあったアメリカ利権にしがみ付いてる勢力が、
なんとかアメリカを潰されないように奮闘中

で、あってる?

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/28(月) 13:06:18 ID:WS+gh6RL
結局裏ではろす茶もろっくも仲良く手繋いでて(というかろす茶が圧倒的に立場上)、本当の意味での大惨事をアメリカにもたらす
つもりはない気がする。中国をつぎのきせいさきにというのはほんとっぽいけど


373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/28(月) 13:23:32 ID:/+5ay0GC
次インドっぽいよ。日通みてればわかった。

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/28(月) 17:59:54 ID:/hHiRRnn
>>372
だからさ、ロックはアメリカを落しめる側なんでない?
トカゲの尻尾切りされたのはさらにその下で。

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/28(月) 23:14:53 ID:6FlzAUVR
さっそく東アジア共同体構想に米国が警戒感を顕わにしているという。
永続するかのように思えるドル安傾向の中で、東アジア通貨バスケットなど
許してなるものかと形振り構わず強硬に反対の姿勢を貫くのだろうが、そこ
は国際金融市場のメインプレイヤーたる中国と共同戦線を張って、米ドルを
取り込む通貨バスケットにすることを明言した上で(その率は当然低いもの
になるだろうが)、米国ともどもwin-winの関係を維持すると説得するしか
ない。既に財務省の官僚はこのような国際セミナーを中国の中堅・若手官僚
も参加して継続的に開催してきたと聞く。ぜひ、そのような動きの第1歩を
米国の了解の下、歩み出して欲しいものだ。

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/29(火) 02:54:06 ID:D/langw/
>>375やっぱり米の反応はそうだろうね。これからもっと中国にチカラが流れ込む
方向だし、民主政権になった日本を利用してアジア経済圏での立場をより確固たる
モノにするのだろうね。アジア経済が強いリーダーシップの元(それが中国ってのも
問題なんだが)にぐいぐい引っ張られると産油国もそれに追随せざるを得ない状況に
なってくる。そうなった時はホントに米ドルは紙屑同然に成り下がるな。

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/29(火) 18:06:58 ID:qXQl0tiJ
★凶悪シナ人がブッ倒れる瞬間を激写!★

大和魂でシナ人の参政権要求を粉砕せよ!(1/4)
http://www.youtube.com/user/shukenkaifuku2#play/uploads/4/ikS-fkVhU2Y

大和魂でシナ人の参政権要求を粉砕せよ!(1/4)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8363196

凶悪シナ人へのとび蹴りシーン ※8分34秒から


378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/29(火) 23:52:06 ID:wy503KuT
ずさん運営のツケは納税者に
http://www.business-i.jp/news/bb-page/news/200909290015a.nwc

 米連邦預金保険公社(FDIC)のベアー総裁は、預金保険基金が
枯渇しつつあると指摘し、その増強方法を検討している。

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/30(水) 00:37:12 ID:bGsyX8AC
>>378
強烈だね。
>法律にはその義務が定められているものの、FDICが財務省の信用枠の利用を開始した場合、
>金融業界からの資金を通じて完済できる保証はない。その意味で、金融業界が短期的にいかな
>るコスト増も受け入れ難いと主張する中でも、FDICは安易に公的資金の受け入れに走るべ
>きではない。ベアー総裁とFDICはある時点で、同組織がいかにずさんな運営をしていたか
>を詳細に説明するのが妥当と悟るだろう。われわれには説明を受ける権利がある。

最後の一文は悲観的な見方を裏打ちするような結語になっていて、空恐ろしいという気にさせる。
預金保険機構への公的資金注入はどこの国でもよくあることだが、一部の業績の良い銀行が保険
金支払いを免れていたし、現在でもそれが続いているというのには呆れた。
保守派から政府管掌の国民健康保険を巡って反対の大合唱が人種的偏見と併せて鳴り響いている
そうだが、金融界においても同様に健全行がFDICの保険金支払いを拒否できるとは驚いた。

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/03(土) 00:22:13 ID:YoXcKSE0
米国は金持ち連中のミーイズムを野放図に許してきたツケが回ってきた感がするね。
元ローマ・カソリックの神父だったマイケル・ムーアが、フランクリン・ルーズベル
トの精神に立ち返れと説いているのも肯ける。
得手勝手な連中ばかりが蔓延る社会には明るい未来は訪れないのも確か。
護送船団方式の邦銀に対するがんじがらめの規制(統制!)も、預貯金金利すらどこ
の銀行でも同一といった悪い面もあったが、預金保険機構への掛け金負担の強制に見
られるように良いところもあった。
規制緩和ばかり叫んでいられない時代なのに、未だ規制緩和ばかり主張している政党
人には肯首できなかったからこその政権交代が生じたのだと思える。

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/03(土) 03:31:46 ID:TZvR0YlO
サウジアラビアに日本が代金を払う場合、サウジのS銀行と日本のJ銀行の資金のやりとりは、お互いがドル資金を預けている米銀の口座間の残高を増減する方法でおこないます。

 米銀のJ銀行のドル口座残高を減らし、S銀行のドル口座残高を増やす。
 これが「決済」です。

 つまりドルの崩壊・イコール、「決済取引の破綻」。
 イコール、世界中の貿易取引の破綻・混乱。
 イコール、世界の金融機関の破綻とその連鎖。
 イコール、食料、石油取引の混乱・停止
 イコール、社会的混乱の発生
 と言う事は少しも大げさな事ではありません。

 つまり機軸通貨の大暴落による崩壊とか、FRBの破綻とかは世界経済を破壊します。
 金融取引はネットワーク化されており、大銀行の破綻は世界中を駆け巡ります。

 ユーロ圏は隔離されているから無傷とかはあり得ないのです。

 イコール実態経済の破綻。イコール日本の破綻。暴動、あるいは革命の勃発。

 機軸通貨の破綻や交代は想像力の逞しい方なら、大スケールの近未来小説が書けます・・・・・・・かなりデンジャラスですが・・・・。

 少なくとも、偽米ドルを題材にした小説よりはずっと面白いと思いますが・・・・。


 余談ですが、レッセ・フェールも同じように間違いである事がスグに分かります。
 レッセ・フェール体制を敷いていたら、今頃日本は混乱のさなかにあると言えるでしょう。


 国家の規模を超えた金融機関が破綻したらどうするのか・・・・・。
 これだけで充分でしょう。
http://asyura2.com/09/hasan65/msg/111.html

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/03(土) 21:33:28 ID:YdRbgvHD
アングロサクソン金融経済まんまだったので以下転載



コリンズの定義によれば、企業(国、その他団体)が凋落していく過程は、
第1段階「成功体験から生まれた自信過剰」
第2段階「規律なき規模の追求」
第3段階「リスクと危うさの否定」
第4段階「救世主にすがる」
第5段階「企業の存在価値が消滅」
となっている。

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/04(日) 19:06:55 ID:OVuMFtdD
日本は4段階だね。

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/05(月) 04:25:38 ID:5pgMCbbL
経済板の方は新スレに移りました
GEAB Leap/Europe2020の警告-17
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/eco/1254679019/

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/05(月) 06:47:50 ID:RhhMTrbz
もう第5段階がはじまりつつあると見るが

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/07(水) 00:48:08 ID:H1YBFhhV
アラブの石油決済通貨にドルをはずす云々と報道(イギリス発)されてますが
サウジは速攻で否定しましたね。ですが金価格は$1038と急騰し、OZ価格の
記録更新が進みました。この金価格の動きはメジャーなメディアで報道され
ており、人々の注目を集めます。*デマ*を流して注意を引き、マネーの流れを
操作する。イギリスの狙いはユーロを次代の基軸通貨にすることでしょうか。
なんにせよ、地政学的混乱の始まりの一端を垣間見た感がありますね。


387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/07(水) 06:02:38 ID:FUCctY4p
金急騰、史上最高値=ドル懸念の高まりで−米市場
http://www.jiji.com/jc/zc?k=200910/2009100600986&rel=y&g=eco
>英紙インディペンデント(電子版)はこの日、湾岸産油国と中国、ロシア、日本、フランスが石油取引の決済を、ユーロなど
>複数の通貨を組み合わせた「通貨バスケット」や金で行うことを秘密裏に協議していたと報道。金の需要が高まるとの思惑が
>広がったほか、基軸通貨としてのドルの地位に対する懸念が高まり、金に資金を逃避させる動きが強まった。

金の急騰それ自体が問題なのではない。遂に通貨バスケット方式が原油取引の決済に使用することが検討され始めたという状
況が発生していること自体がドルの信用失墜に拍車を掛けることになる。
イランだけでなく、産油国が米国の意向を無視して一気に通貨バスケット決済に移行することは充分考えられる。産油国側が
結束して引き起こした第1次石油ショックと同様の事態に発展することが大いにありうる。
米ドルは一気に急落することになるだろう。いよいよ米国内ではスタグフレーションが開始されて一気に米経済が悪化する。
しばらくの間だけでも米株式市場が過剰な反応を示して暴落に繋がらないことを祈るのみ。

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/07(水) 11:30:33 ID:PlwV2e8q
株、金↑でインフレの兆候

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/07(水) 18:38:29 ID:8TQj213b
景気低迷の物価高で途上国・新興国は大変な事になりそうですね。

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/08(木) 00:27:26 ID:PV52Vx7u
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091007-00000143-mai-brf

過剰流動性の罠、しかし金利を上げることも出来ず、ミニバブルがそこここに出現
ガイトナーの言う通りの展開。

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/08(木) 23:46:17 ID:hzX3vArH
すいませ〜〜ん、どなたか見識のある方教えてください。私は海外と取引のある会社をやってますが、決済通貨を米ドルでやってましたが、ちょっと不安があります。なんにしたら
良いでしょう。主要取引国はシンガポールです。

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/09(金) 10:39:24 ID:jzqtghY6
自国の通貨は使えないの?

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/09(金) 15:36:44 ID:opEAW8+t
>>391
それならジンバブエドルの一択しかないだろ?
マジでオヌヌメ!!
貯金も切り替えを奨める
責任はとらねえから自己責任でw

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/10(土) 12:26:26 ID:mBns7Car
2009年8月5日、The Alex Jones Show

 Alex Jones

起こること、それは、一夜にして起こりえます。
Dr. ポールは、アメリカのデフォルト(債務不履行)、
「バンク・ホリデー」(金融封鎖)や、
アルゼンチンで、2000年代始めに起こったような、
アメリカ・ドルの急速な価値の低下が、あると見ますか?
すでに、我々は、彼らが、きわめてたくさんの債務をマネタイズ、
政府が、自分自身の債務を買わざるを得なくなっているのを見ておりますが。


 Ron Paul

私は、そうしたものになるとは思っていません。
昔は、彼らが、発表して、平価の切り下げをしましたが、
ドルは、来る日も来る日も、価値を減じています。
そうなっていきますが、集団心理が、変化する時がやってきます。
その時には、総崩れとなるのです。
それは、彼らに、管理できるようなものではありません。
もちろん、政府、権力、軍隊、その他あらゆる管理下に置いて、
彼らが、事態を収拾しようとしてもです。
しかし、私は、「バンク・ホリデー」(金融封鎖)があるとは思っていません。
つまり、それは、パニックを引き起こすことになりますし、
実際、通貨から追い出すことになりますし、
ですから、彼らは、銀行たちを休業させはしないでしょう。
彼らは、印刷機を回し続けるつもりです。
彼らは、請求書を支払わないことでは、デフォルト(債務不履行)しないのです。
彼らは、社会保障を支払っていくつもりです。
彼らは、いつも・・・


 Alex Jones

彼らは、インフレ(通貨膨張)で、債務不履行すると。


 Ron Paul

その通りです。
もしも、50%、インフレ(通貨膨張)にすれば、自分たちの債務の半分を履行しないのです。
それが、彼らが、債務を清算してしまうやり方です。


395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/12(月) 11:32:02 ID:KBKp2xER
今度は何時でるのん?

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/14(水) 01:21:25 ID:UCEMIFvw
今週中にでるんじゃないでつか。

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/15(木) 23:51:53 ID:sQ0PmeeZ
仏語版、出たみたいでつ。

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/16(金) 19:13:35 ID:XON+Y0Qu
出たんだ!
いつもの方訳して呉るかしら・・・。
(>ω<)本スレ荒れてるみたいだし。

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/16(金) 23:03:36 ID:4rDkfmVN
訳豚さん最近来ないねえ

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/17(土) 10:46:39 ID:fsebLOst
<米財政赤字>初の1兆ドル台、景気悪化で急膨張 09年度
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091017-00000014-mai-bus_all
>財政赤字は過去最大だった08年度(4548億600万ドル)の3.1倍超に急膨張した。
>国内総生産(GDP)比でも10%に達し、第二次世界大戦時の1945年以来最悪の水準と
>なった。
> 米国の財政赤字膨張は、基軸通貨ドルや米国債への信認を低下させ、金利上昇を誘発する恐
>れがあり、世界経済の新たな不安定要素になる可能性も出てきた。

今後、徐々に最悪の統計数字がでてくることになる。一時的に米ドルは90円台に戻しているが
短期間で終わりそうに思える。90円台割れが常態化する日も近い。


401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/18(日) 13:26:41 ID:z992/Vk1
AAS
728:名無しさん@3周年 :2009/10/18(日) 08:51:34 ID:O30RDGlj
各国の国家予算

イギリス70兆円(税収62兆円)
ドイツ41兆円(税収35兆円)
フランス47兆円(税収39兆円)
日本95兆円(税収39兆円)

ここ10年の一般会計推移:参考資料
www.mof.go.jp
www.mof.go.jp



402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/18(日) 17:57:00 ID:LQHs7Yc3
さんざん馬鹿にされてるイギリスに税収で大幅に負けてるのか

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/18(日) 18:11:25 ID:ggqSO3it
平成19年度(出納整理期間を含む。)予算使用の状況の概要
http://www.mof.go.jp/jouhou/syukei/siyou/019_4sgai.htm

平成19年度予算使用の状況
http://www.mof.go.jp/jouhou/syukei/siyou/019_4s.htm

平成20年度(出納整理期間を含む。)予算使用の状況の概要
http://www.mof.go.jp/jouhou/syukei/siyou/020_4sgai.htm

平成20年度予算使用の状況
http://www.mof.go.jp/jouhou/syukei/siyou/020_4s.htm

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/19(月) 00:11:27 ID:jCOwNAqw
米金融機関の経営破綻、100社の大台目前に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091018-00000740-yom-bus_all
>一方、破綻の急増で、預金保護のための基金が足りなくなる恐れがあり、FDICは金融機関に
>10〜12年の預金保険料として450億ドルを前払いさせる方針を決めるなど、苦肉の策を取
>っている

FDICに関しては、その杜撰な運営が破綻に繋がるという記事を引用された方がいたが、一部の
保険金支払いを拒む優良行を除く銀行には10〜12年の預金保険料として450億ドルを前払い
させるという窮余の策を採るとは初耳だ。
最悪の統計数字なり、異例措置の糊塗・繕縫策が今後続々と出てくるようだ。

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/19(月) 17:49:46 ID:ryqZ+XMb
本スレで訳出ましたね。

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/20(火) 01:53:27 ID:LydE1+Z0
43 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん[sage] 投稿日:2009/10/20(火) 00:23:17
イランが石油の支払い通貨から$を外すらしい。

ttp://www.tehrantimes.com/index_View.asp?code=205640

これは、この間の飛ばし記事とは違うようですな。

ドル外しもきたっぽい

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/20(火) 02:20:41 ID:+3DiFIuS
http://www.tehrantimes.com/index_View.asp?code=205640

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/21(水) 15:20:17 ID:YpnUgDeC
米国、ドル安にならなければ新たな危機=コノリー・グローバル
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091021-00000520-reu-bus_all

本音と真実を伝える記事や発言がしばらく続き、それでも無策ならば大崩壊という
ところだな。

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/25(日) 19:12:50 ID:5vwUtHYi
鳩山内閣のASEANでの東アジア共同体構想表明
第一歩としてはこんなものかな。最終ゴールは東アジア共通通貨、成否を握る米国を
配慮して米国も加えることを強調したらしいが、日本の立場としては当然だ。
中国から方向性としては支持を得られたらしいから、今後は地道にまずは中国との協
力関係を積み重ねてゆくしか無い。
冷ややかな反応がアジア諸国からも上がるのも当然。米国も巻き返してくるだろう。
遠大な共同体構想だが、米ドルの信用失墜を受けた動きとしては迅速で的確な第一歩
だったように思える。

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/26(月) 02:46:24 ID:a5/8JzVu
米金融機関破綻、100社突破…17年ぶり高水準
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091024-00000438-yom-bus_all
>米景気は最悪期を脱し回復に転じたもようだ。だが、米国の中小金融機関は不動産融資
>への依存度が約7割と日本に比べて高く、07年以降の住宅や商業ビルの価格下落によ
>る不動産バブル崩壊の直撃を受けている。商業用不動産向け融資の焦げ付きは急増して
>いる。FDICは、経営に難点のある金融機関が6月末時点で416社あると見ており、
>来年にかけて、破綻数はさらに膨らむ見通しだ。

百年に一度という経済危機・通貨危機だから、89年の534社を上回るのは確実。単に
破綻行数が問題ではなく、米国の中小金融機関は不動産融資への依存度が約7割という信
じられないほど、不動産に投資していたこと。
おそらく日本のバブル期の邦銀の不動産への投資依存度を上回る割合だから、事は深刻と
いうより、悲惨な状況になる。

ロイター・サミット:米金融改革法案、救済排除を=FDIC総裁
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091022-00000677-reu-bus_all
>米政権は数日以内に法案を議会に提出する見込みだが、詳細は明らかになっていない。

非常に気になる記事だが、詳細が明らかにならないと分からない。
そこでは次のブラック・ジョークのような絵空事を記したコラム記事(バーナード・
マドフ受刑囚を陰の財務長官の補佐官として巨大な詐欺を働かせるという話)を笑い
飛ばせない。
ドル限界点 救世主は塀の中?
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/economy/worldecon/315159

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/28(水) 11:02:43 ID:yL9szlRs
米政府、大き過ぎてつぶせない金融機関の問題で新対策発表へ
[ワシントン 26日 ロイター] 米政府は数日中に「大き過ぎてつぶせない」金融機関の問題に対処する
ための新たな方針を発表する。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091027-00000308-reu-bus_all
>破たんすれば経済全般を脅かす可能性がある大手金融機関の処理をめぐる権限をFDICに付与する可能性
>があるという。

引用したのは結語の部分。政府の責任逃れの先をFDICへ転嫁するのが吉と出るかどうか。政治的には公的
資金の注入をFDICを通じて間接的に実施することで、保守派の政府非難を逸らすことができようが、誰も
責任を負わない無責任体制が構築される可能性も出てくる。結果を待たないとこの政策転換の良否は見極めら
れない。

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/04(水) 03:03:42 ID:ozu9omHV
CNBCの経済ニュース冒頭での米ドル信用失墜を非難する市場関係者とコメンテイターとの
口喧嘩が面白かった。
米ドルの長期低落傾向が明らかになるにつれ、このような口喧嘩が経済情報ニュースだけでな
く、米人間で盛んに見られるようになっているのではないかと憶測する。
豪ドルは公定歩合を上げているし、元やレアル、あるいはルーブル、ルピーもやがて続くだろ
う。最後まで利上げに踏み切らないのは米国ではなく、むしろ日本のような気がしてならない。

413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/08(日) 21:05:31 ID:wS6tJGmV
米雇用状況、数週間か数カ月間に一段と悪化の恐れ=オバマ大統領
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-12255820091102?rpc=122
米大統領、失業給付や税優遇措置の拡大法案に6日署名へ
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-12316020091105?rpc=122
米大統領は常に雇用創出の促進を模索=大統領報道官
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-12271320091104?rpc=122

様々な対症療法を試みた挙句に八方塞になるのは何時になるか。
このような施策が奏効して米国経済が底力を見せてこの危機を乗り越えられるか、
それとも、ドル体制の崩壊が2011〜2012年に始まるのか、時間との競争が始まって
いる。それにしても中国を筆頭とした新興国・産油国の米国債買い入れが続く限り、
破綻の綻びが明瞭になることはない。
崩壊に至るとすれば、それはある日突然に訪れることになる。兆候は直前にまで報
道管制が引かれて表沙汰になることはないだろう。
崩壊といっても経済活動がストップされる訳でもなく、ただただ米国経済が一時的
に麻痺するだけで、何らかの通貨上の打開策が打たれてその麻痺も癒えることにな
ろう。
失業率は景気の遅行指数であるのは確かだが、底無し沼に突入するかどうかは失業
手当の継続支給の類ではなく、米国でどの程度までワークシェアリングが進むかに
懸かっているように思える。
『雇用無き経済成長』から『ワークシェアリングによる雇用回復』が求められるよ
うになるには来年後半以降になるのだろう。

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/08(日) 22:02:40 ID:G3/xawRS
ほとんど折り込み済み

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/14(土) 08:28:32 ID:NcxUJrnn
ノストラダムスと変わらなかったな


416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/15(日) 17:20:38 ID:BCjO8dOB
12R 55秒

○マニー・パッキャオ 12回 TKO ミゲール・コット●

コットは3R、4Rにダウン

417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/18(水) 11:22:04 ID:h6p4oKvh
e2020今月のレポート出てるみたいですけど、もう翻訳はしてもらえない
んですかね?

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/19(木) 02:18:01 ID:fwAQb8AZ
あの人〜は逝って逝ってしぃまった♪
帰ってきて下さい!
俺等馬鹿だから外国語は分からんのですよ。
まあ、そんなに馬鹿なら端から興味持つなと言われても仕方ない訳だが。

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/19(木) 10:12:11 ID:flH341LE
顔文字の人も、E2020にいい加減愛想つかして興味なくなったんじゃねーの?

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/19(木) 12:05:06 ID:mUZldkQB
やっぱ顔さん消えたのか…(泣)

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/19(木) 13:07:50 ID:r58g8hv1
まー肝心要のところをあーも見事に外せばねぇ…

422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/19(木) 16:53:05 ID:mUZldkQB
予想を外したよりも、肝心な時にバカンスに出かける気質に
愛想を尽かした気も…

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/20(金) 20:52:13 ID:yFFk8lDj
>>417
GEAB Leap/Europe2020の警告-17
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/eco/1254679019/562


424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/24(火) 14:46:56 ID:v8l5zlxj
>>423
ありがと。まぁ、しれっと2010年破綻説に切り替えたみたいだけど、
さすがに何月頃といった予言めいた書き方は出来なくなったみたいね。
全体的にトーンダウンした感は否めないな。

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/24(火) 17:41:26 ID:v8l5zlxj
たびたびゴメン。
第二四半期までにって書いてあったわ。見落としてた。
ほぼ一年ずれるわけか。
これが当たればの話だけど。

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/25(水) 02:12:23 ID:GuBMtEJS
日本ではデフレ、米国は米ドルの信用失墜でスタグフレーションに本格的に突入し
そうだ。
日本国内のデフレは円高もあって、輸入品は安くなるから、金融政策や需給バラン
スを財政投融資で解消しそうにもない。
米国でのスタグフレーションは中古住宅販売が持ち直しているのを見ても、決して
負の経済効果だけではないが、決して好業績でもないのに株価が上がったり、金価
格や原油価格が上がったりしていることを見ても分かるように、結局のところ、米
ドルの価値の崩壊まで突き進むように思える。
2010年の第3四半期という予測は当りそうにもない。米日で過剰な金融緩和政策が
継続されるのなら、2011〜2012年にならないとこのままズルズルと表面的には微温
的な経済状況が続くように思える。
2010年第3四半期が訪れる頃には、Euro2020は2009年の秋と同様に、崩壊時期を先
延ばしにすることになるだろう。1年後には云々というように危機感を煽らないと
有料読者を引きつけることができない。
この手の有料予測・情報サイトの『経営』を考えれば、2010年第3四半期と予測を
するのも当然だろう。

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/26(木) 11:21:39 ID:vEXHxpgm
FDIC資金尽きたってよ。

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/26(木) 13:55:55 ID:LgJrtCnN
どうせすぐどこからか金が沸いてくるんじゃね?

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/26(木) 14:19:11 ID:vEXHxpgm
>>428

だと思うけど、手続きも掛かるからね。


430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/04(金) 09:17:11 ID:XKBk6Zbc
海外の資産バブル、米低金利が原因ではない=FRB議長
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091204-00000676-reu-bus_all
景気刺激策を取るためには米国はまだまだ財政赤字を拡大し、過剰な金融緩和策
を採らざるを得ない。弁解も必要になる。自国経済の再建が優先されるのは仕方
がないが、決済通貨発行国の責任放棄宣言だと思える。
日銀が円キャリートレード拡大の際には何の弁解もしなかったのとは好対照だ。

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/15(火) 23:02:50 ID:bMoOxAuJ
     /⌒ヽ   
     ( ´ω`)おひさしぶりですお
     / つ と)アク禁が長く、かつ仕事が忙しくここへこれませんでしたお
なんとか40(仏)のさわりだけ訳したので投稿しますお
訳す時間がないので、有志の方に後はお願いしますお

GEAB40は利用可能。2010年はグローバルシステムクライシスの転換点
:公的負債によるしめ縄が米と西洋を絞め殺す
われわれチームの見解は2010年の春からインフレが始まると予測する。
今日まで西洋諸国の国家財政は手に負えなくなっている。2009年の経済支援法案の多くが失敗しているからだ。
加えて、財政赤字が大きく、新たな支出が望めないことは明らかだ。
この2009年に各国が自発的に通した真綿で首を絞めるような赤字で、金融システムはその罪に責任が持てず、この赤字は
公共支出に覆いかぶさる。この結果、特に先進国で中間層や定年退職者、社会的に弱い人々を混乱に陥れる。
一方、多くの国や地方でインソルベンシー増加することで、2つの矛盾する現象、つまり金利の上昇と通貨からゴールドへ
逃避が起きる。綿密に練られた代替案が米にない以上ドルは凋落し、他の選択肢を探した結果、米国債の減価が起きる。
世界中の中央銀行はゴールドへ転換するが、FRBは公式にはそのことが宣言できない。政府も、中央銀行も
復活への挑戦をしているがそれができず、2010年の春にはインフレ転換点と20兆ドルの”幽霊資産”が社会システムへ移動し始める
兆候が現れる
40ではわれわれがこれらについて議論を深める。2009年の予測評価は総合評価で72%である。
最後に調査官が今月のアドバイスをする。営業用不動産、通貨と収入(海外での)についてである。

432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/16(水) 05:13:29 ID:CYi749aw
>>431
まいどおおきに

433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/16(水) 06:30:49 ID:WgYlWM5j
Europe2020の2009年の予測に関する自己評価は、100点満点中72点なのか

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/16(水) 07:57:22 ID:1VkVB0LE
>>431
お久しぶりでございます。
そして、ありがd!

435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/17(木) 11:11:11 ID:In/2NbZW
>>431さん感謝!やっぱあなたがいないとダメねここ。

しっかし総合評価72%か。

まぁ的中率っていう意味ではそうかもしれんが、重要な
予測を的中させたか否かで評価するともっと低いと言わざるを得ない
だろうな。
点数でいえばせいぜい30点てとこじゃないの?

それだけ夏の終わりにアメドボンの予測はインパクトが大きかった
わけなんだが、それを見事に外しちまったからなぁ…。

2010年の春にインフレ、デフォルトの話も出てるようだけど、
さて、来年はどこまで当たるかな。
期待してるよ。

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/19(土) 00:53:44 ID:TFVZpqmy
>>431
いつもありがとう!

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/19(土) 14:10:00 ID:x/lWcuGe
>>431さん乙!

FRBのモーケージ担保証券の買い取りプログラムが3月で終了するので、金利は上がるかもね。
これでFRBの資産の半分は担保証券になります。


438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/19(土) 22:46:34 ID:xfEsNEus
     /⌒ヽ   
     ( ´ω`)ちょっと時間ができましたお
     / つ と)
GEAB40抄訳

2010年春には新たな展開がある。2009年の過剰流動性で国は手に負えなくなる。
政策の失敗で新たな予算もくめない。政策の失敗は公的支出に覆いかぶさり、中間所得者層や定年退職は貧困に
あえぎ、貧乏にならざるを得ない。
国や地方の破綻は金利を上昇させ、貨幣からゴールドへの転換を促進する。
ドルが凋落し、米国債も減価した結果、各国中央銀行はゴールドへ転換するが、
FRBは公式に宣言できない。
2010年、春にはたまりにたまった20兆ドルの幽霊資産が社会システムに流れ込む兆候が出始める。
2009年の総合評価は72%である。今月は特に商業不動産、通貨と国外での収入を取り上げる

39で取り上げたとおりの国家破産:ドバイやギリシア、米英の負債に関する
悪い報告、ユーロゾーンが負債に立ち向かいなど各国の負債がどうにもならない
ことがニュースをにぎわせた
ある人にとっては大してことではないのに、ほかの人には難儀な例として今回はギリシアのことを取り上げる

ギリシアの例は以前33号で伝えた「危機は東欧から」と同じことで根拠がない
ウォールストリートやシティの思惑だ。ギリシアの公的金融はまったく問題がない。
ギリシアに対する想定が過剰すぎる一方で、この危機が示すところは関連する公的負債に緊張をもたらす
アメリカやイギリスにとってはアキレス腱だ。

まずほかの国がぼろぼろでEUにしがみつこうとしているのにギリシアはそのまま
1982年以来、EUの潤沢な資産を使っているのに、国内の近代化を促進することはなかった
GDPの3%をブリュッセルから頼るほどで、近代化の問題が形になるのは時間の問題だった

ギリシアはユーロゾーンの2.5%のGDPにすぎず、カリフォルニアの12%におよばない
まったく危機ではない
アメリカのほうが危機だが、こういった問題の時にはユーロゾーンのやばい国リストをつくる
アメリカのほうが大丈夫だと思わせるためだ
合衆国はドルを刷りまくり、米国債の買い上げをやめれば技術上は破綻している
多くの州で2010あるいは2011にデフォルトするのではないかとおびえている

ユーロゾーンは金の備蓄も、貿易黒字もあり、何より中央銀行が不良資産を
抱えていない(FEDは18ヶ月以上抱えている)
だからギリシアの問題はたいしたことなく、むしろ2年で45%増加した
49.5兆ドル以上の米国債のほうが爆発寸前である

格付け会社はリーマンショックもサブプライムもドバイも予測できない
米英に依存した機関が米英の金融をたたけるわけがない
そんな格付け会社も論調がかわっており、うまくやってトリプルAを維持しろ
と言い出している。根拠を探し出したらかなりまずい兆候だ

ギリシアの問題は3つのポジションをとる
例外的なギリシア
ユーロゾーンの一部としてのギリシア
だが両者を同時扱えない
なぜなら弱く孤立したギリシアとそんな孤立したギリシアから影響されて
弱くなったユーロゾーンは存在しないから
ギリシアは金融情報の操作をしようとしている
それはEUの改革を促進させる
そんなことをすればEUの経済指標のでっち上げを促進し、結果として
さらに悪くなる
だがギリシアのやるようなことに従うものはいないだろう

439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/20(日) 00:40:52 ID:ON/6yCl7
相変わらずユーロ圏についての評価は楽観的だな。

ユーロ諸国は、ドバイへの投資、東欧圏への投資の焦げ付きを
大量に抱えているんじゃないの?

440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/20(日) 17:49:07 ID:HaY8IcFh
>>438
乙でございます

441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/21(月) 11:32:19 ID:6Tx0wPt0
中国の金融機関:融資を信託会社に一時的に売却、簿外で−WSJ紙

12月18日(ブルームバーグ):中国の金融機関は、融資を信託会社に一時
的に売却し、バランスシートから外す操作を行っているもようだ。米紙ウォ
ールストリート・ジャーナル(WSJ、オンライン版)が18日、取引を分析した
匿名の複数のアナリストの話として報じた。同紙によれば、金融機関は数
週間から数年の範囲で融資をいつでも買い戻すと約束。信託会社は銀行
融資を組み入れた顧客向けの金融商品を組成しているという。

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/24(木) 23:53:21 ID:PsQFD8mQ
>>438
おつおつ

>>2010年、春にはたまりにたまった20兆ドルの幽霊資産が社会システムに流れ込む兆候が出始める。

これってどういう意味なんでしょうか。
粉飾決算に無理が来て、表に出さざるを得ないという意味なのでしょうか?
それとも、過剰流動性でインフレになるという意味なんでしょうか?


443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/25(金) 07:27:34 ID:/j/FGLWd
悪性のインフレが起きるって意味じゃないの?

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/25(金) 23:40:21 ID:cK1LWYxs
newsweekとか池田信夫は、今回の金融危機で資本主義の
強さが証明されたなんて言ってるね。

もう、二番底もなく通常に戻るのか?

445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/26(土) 00:05:46 ID:VGxJrP/l
>>442さん
     /⌒ヽ   
     ( ´ω`)これは米国を想定してますお
     / つ と) 国家が保有する幽霊資産(買い取った不良債権)
のおかげで、バランスシートが毀損し借金ができないと想定してますお
おかげで本来社会保障にまわすべき金を調達できなかったり
国家の資金繰りにあててしまうことだと考えられますお
結果として社会保障システムに停滞がおき
中間層や退職者層を保護できない状況が現れるといいたいのでしょうお

446 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/26(土) 18:36:34 ID:CrBjAMGI
>>445
ここは確かにちょっと意味がとりにくいところですが、私も同様に思います。
その他の箇所で言ってることを言い換えたのでしょう。
(抄訳参考にさせていただきました。^^)


447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/28(月) 14:40:48 ID:KtDgKfvW
>>445
ありがd

FRBが買い取った幽霊資産は、10年20年塩漬けにして、値が戻るのを待つような気がしますがどうなんでしょうか。
日本のバブル処理で言えば、整理回収機構の役割を、FRBが担ったんだと思います。
議会を通していれば、紛糾するのは目に見えていましたから。
そうなると、「社会システムに流れ込む兆候」というのがどういう状況なのか、いまいちピントとこないのですがどうなんでしょうか?


448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/28(月) 23:34:10 ID:Lm3R4QyP
>>447さん
     /⌒ヽ   
     ( ´ω`) 話しを国家から地方行政に移して考えてみますお
     / つ と)
今回の恐慌で不動産や都市整備関連の第三セクターが
解散したりしてますお
インフラに近いところなので行政も見捨てるわけに行かず
負債を背負い込む形になりますお
これが幽霊資産ですお
行政は幽霊資産を処分するのにカネを捻出しますお
税収が減っているので将来起こりえる保険や社会保障、将来性のない
事業費用を削って負債にあてますお
これが社会保障システムに流れ込む兆候ではないでしょうかお?
これが現実におきていますお
また以前から社会保障を行なう部門も行政の外郭である社会福祉協議会や
指定管理者制度へ移行しており、社会保障費を削減する下地は出来てますお

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/31(木) 21:37:13 ID:N9KgLOt6
>>448
ありがd
頭の悪い私にもようやくわかりました。感謝感謝。
アク禁になって、御礼が遅れて失礼しました。
今年もお世話になりました。よいお年を。

450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/11(月) 21:15:04 ID:JtAGOvz2
アメリカ復活あげ

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/13(水) 13:29:02 ID:OBu5W38T
情弱乙w


452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/19(火) 02:44:03 ID:xTwd1wgR
GEABの新号がでたのですが、誰か翻訳お願いできませんか。
おながいしますぅううう!

453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/22(金) 02:09:24 ID:MOAD6mvD
     /⌒ヽ   
     ( ´ω`) お待たせですお
     / つ と)
GEAB41
GEAB41は利用可能
2010-2020の10年間:ゴールドVSドル 判定ゴールドのKO勝ちへ
FRBはもはや数十年にわたる戦いつまりドルの国際通貨の優位を保つ
ために数十年に及ぶ”ゴールド”との戦いを続けることはできない。
LEAP/E2020にとって、この10年はゴールドがドルを完膚なきままに叩きのめす
と理解している(ほとんどの主要通貨も)。

しばしば以前のGEABで読者に促してきたように、ゴールドへの
投資は個人資産の中長期の投資すなわち、ペーパーマネーや
金融資産の減価や金融危機の中でおきる支払手段へのリスク回避を
促してきた。
これらのケースにおいて、個人資産に占めるゴールドの位置は
やがて来る出来事やリスク回避を意味する(数週間や数ヶ月ではない)。
GEAB41はあらたな10年へ向けて、2010−2020のゴールドの予測、
と2009年4月にGEAB34で書いたことへの補足にはちょうどよい。
10年の見方 は論理的である。我々の分析は、個人投資および
中央銀行や機関の理事にとっても中長期の資産保持に対して助けなる
(例えば年金、公債、保険資金)。
40年来はじめて、(1971年の金兌換終了以来)世界中の中央銀行や
個人投資家が再度、ゴールドに回帰している。ゴールドの価値は
国際通貨としてのドルに保障されておらず、近頃はそうでもないが、
国際的にはドルの後継者とみなされているわけでもない。ゴールドはこの価値を
保つことができる資産にすぎない。

454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/22(金) 02:10:16 ID:MOAD6mvD
GEAB34で見たようにゴールドマーケットには矛盾がある。
この黄色い金属の市場は、価格においてゴールドの重大な
評価を見過ごさせるためFEDや巨大な中央銀行に
コントロールされているように見えるかも知れない。
にもかかわらず、グローバルシステム危機のため、
USが構造的に崩壊し(それにFED)また1971年以来、受け継いできた
国際通貨システムが崩壊し、ゴールドは不確実な時代の
安全な投資となった。心覚えに、GEAB34の刊行日以来、
ゴールドはドルに対して30%価値をあげ、ユーロに対しては
23%価値をあげた。
加えて、2006年に初めて現物ゴールドへの投資を推奨して
以来ゴールドはドルに対して100%、ユーロに対して85%価値をあげている。

2000−2009の10年:17の通貨に対してのゴールドの上昇(%)

しかし、ゴールドの価格の上昇は見えはじめていた。
これはあるマーケットが無意識に動いた結果ではなしFEDやその
サポーターの操作ではほとんどない。
3つの道具によってドルが国際通貨システムの中枢へ回帰することを
阻止され、現在もその状況にある。
つまり
”ペーパーゴールド市場”の発達が現物ゴールド市場を無力化し、
架空契約の中に叩き込んでいる。この契約とは本来ゴールドの
担保契約であるが、このゴールド自体が実際には存在していない
(あるいは同じ現物で何度も異なる契約に使われる)。

現物ゴールドの準備は実際改ざんされ、特にUSのものは
数十年独立監査を受けていない。

経済、金融メディアを通した通信戦術で、忘れ去られた戦争や錬金術師によって
貴金属は泥なると伝えるのと同じようにゴールドへの投資は
時代にはそぐわず、ゴールドに信頼を置いたのは太古時代のことだ
と組織的に仕向けられている。


455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/22(金) 02:15:24 ID:MOAD6mvD
最近まで40年間、世界中でこの流れを見ることができ、
この戦略は非常に有効だった。いくつかの国ではUKがはじめて
破格の値段でなげうった。この話は決定者が先を見通す個人能力
やこのような良質な予測にアクセスする必要性を示している。
このケースでは予測ができず得た100ドルが100億ドルになるかも知れない
ことをしめした。

しかし、国際通貨システムから40年離れ、ゴールド所有が
許された時代に組織された市場は機能し続けている。
これは変化し、ゴールド価格を押し上げることは可能か?

世界秩序にとっては要因の転換が絶対に必要である。
システム危機のインパクト増加や世界中でおきる地政学的
配置転換への突入などのようなものである。
FEDはドル覇権をめぐってゴールドともはや戦うつもりはない。
この能力の喪失はもちろん、複雑な現象を起こし、数多くの
要因で構成される。この要因はGEABで述べる。

主要通貨の対ゴールド価格(1900−2009)
(ユーロは1999年以前マルクとして、破線は1922年
ドイツインフレとWW2以降の断絶 World Gold Council / Matterhorn, 12/07/2009)

前述したように、GEABの最初の刊行年に、我々はそこで、
来る12ヶ月をいつも予測してきた。特に新たな10年とともに
始まることや更に、注意深い観察者の感覚で世界秩序
におきる激変を記してきた。例外的にFranck Biancheri
(GEABのコーディネーター)はこの流れで執筆し、ポストクライシスワールド
を扱っている(publication in France expected in spring 2010)。
これは彼の2010−2020予測のうちの一つに一致し、我々チームも
利用し、GEABの読者も同様である。我々は機会をみつけ、
有料購読者には我々を包み込む来るべき10年への
有意義かつ理性的な地政学的突入を提供する。
2つカレンダーの中から、一つづつタイトルをつければ
”痛みの世界からの夜明け、その後”と”悲惨な暗がりの世界へ、その前”
で、我々チームは後者を選び、説明する。これは疑いなく、
厄介なことであるが、我々にとっては明らかに現状を反映している。

以上ですお
広報は34号を読んでいればそれほど得るものはない気がしますお

456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/22(金) 02:25:13 ID:yl20SUrE
>>453-455
いつも乙です

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/22(金) 17:52:05 ID:wl+wFD/l
>>453氏ありがとうございます。

しかし、結局アメの崩壊に貿易のストップはどこいったんだろう?
ハードランディング路線はもう引っ込めたってことかなぁ?

458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/27(水) 02:31:15 ID:TMGlJKDG
ソフトランディング路線で行ってる様に見せて、突然何か(中東とか)大きな
事象が起こり、それがきっかけとなってハードランディングせざるを得ない
状況になる…という様な演出になりそう。

459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/29(金) 09:29:20 ID:icd6bF+U
ゴールド∩゚∀゚∩age

460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/31(日) 14:14:57 ID:JZgl2P33
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-10446948500.html

・デフォルトは無いが国内に貸し出し先が無い以上
米国の各金融機関は米国債を買うしかなく長期金利は低下

・主要通貨で対ドルの価値が下落したりユーロとEU経済がやばい
(ポルトガル、アイルランド、ギリシャ、スペインなどに足引っ張られる)


【主要通貨の対ドル推移 2010年1月】
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_27.html#vsUSD

【アメリカ マネーストック(M2)/マネタリーベース レバレッジ倍率】
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_26.html#M2

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/01(月) 18:42:01 ID:qJet9z7q
>>460
ドルがコントロールされた減価を続けているのは違いないが、
三橋さんの記事を見る限り、何を言わんとするのかがよくわからない。


462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/03(水) 13:19:46 ID:VSGeCNjD
増田俊男みたいなもんか...


463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/05(金) 19:08:24 ID:e/qWeTPv
1年以上前はアメリカ経済やドルがすぐ破綻するという予想だったが
どうもアメリカは90年代日本みたく持ちこたえそうということだろ

464 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/09(火) 11:35:20 ID:BayEk/5K
リンゼイ・ウイリアムスの方が信用できそうだな


465 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/09(火) 13:15:21 ID:lS8LpXw4
トラスト・ミー

466 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/10(水) 12:11:54 ID:iNu8n3aX
早番

467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/10(水) 18:11:41 ID:rjjbm4Ds
もう、欧州は政府保証無しではどんな債権も売れなくなるかも?

468 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/14(日) 04:04:53 ID:9WoiauDc
カリフォルニアの高校やイングランドの大学の教員首切りが始まっているのを見ると
やっぱり危ないのは米英だよ。

469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/15(月) 10:19:16 ID:6EVJor6G
>>461
その辺の破綻厨みたいになっとるやん三橋…

470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/16(火) 05:55:09 ID:LsiapYJe
本を売ったり選挙のことを考えるとパフォーマンスが派手になるだけでしょうな。

471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/17(水) 02:58:01 ID:GoDHQgFp
ドルデフォルトするよ
マジに

株買ってる頭お花畑の奴らは大損すりゃいい(´ー`)y─┛~~

472 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/17(水) 11:52:53 ID:bYnbs2dZ
>>471
問題は「いつ?」なんだよね。
ま、分かるわけないけど。

473 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/17(水) 11:55:07 ID:yVoc2CDK
ヒントつ 2012

474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/18(木) 04:53:24 ID:jNWuWHkn
すみません、LEAP2020の信号出てませんか?本スレ(今は
本スレとは言い難い状況の様ですが)に居る方達は既に新号に
興味の無いような様子でした…。

475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/18(木) 11:47:32 ID:zZ1dWHTT
42号は出ているようですね。

毎号、内容紹介は「やまはFX」さんがやってくれています。
今号はもうしばらく後のようです。
http://blog.goo.ne.jp/yamahafx


476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/19(金) 03:45:20 ID:1zOhW1fV
>475アリガトございます。やまは酸も要点を解説してくれますね。

 /⌒ヽ   
(´ω`)
/ つ と)さん、の本気の日本語訳でいつもじっくり読んでたものですから、
要点だけだとちょとさびしい気もします。(と言いつつ英語が出来ない自分の
事を棚に上げて、他力本願で我がままなコメになってしまってますね。反省・・・)

477 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/19(金) 21:38:21 ID:NqeNpbE8
顔さんの頭が

478 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/19(金) 23:06:52 ID:VmMQc5tV
AAのズレがこんなにツボにはまったのは初めてだ

479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/20(土) 05:39:11 ID:7XG69wSa
/⌒ヽ   
(´ω`)
/ つ と)さん、失礼しました。

これでどうでしょ?


480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/20(土) 05:40:34 ID:7XG69wSa
Oops, 深みに嵌っていってますね…(泣)

481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/20(土) 09:16:28 ID:xX7Jor+a
     /⌒ヽ   
     ( ´ω`)
     / つ と) さん、待っているぜよ。

482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/20(土) 10:08:37 ID:tniMfyWn
GEABの英語も怪しいからな。機械翻訳みたいで
which whichてうざいんだよ とくに今号

483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/23(火) 11:11:42 ID:gEEa1RVN
ところで、日本はどうなるんでしょうねぇ。

484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/23(火) 19:13:48 ID:wEgWw5pJ
どーにもならんでしょうねぇ。


485 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/24(水) 22:20:07 ID:gvIwgpwK
終わった国だからね

これからも何一つ変わらないよ
変わる期待もまったく無いし

486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/25(木) 06:10:25 ID:V7cPKb6P
ソフトランディングできれば御の字でしょうな。
悲観することはない。いつまでも発展し続ける幻想を持つ方がおかしいのだ。

487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/25(木) 06:18:43 ID:wmzbyi/N
これからの日本
1、米国債買いまくってアメリカ倒産の時期を若干コントロール
2、アメリカ倒産時期の前後、米軍も日本から退却。代わりに人民解放軍が日本に。
3、一方、労働者確保の為どんどん海外から出稼ぎ者がやってくる。
4、一方、少子化問題は無くなる。移民の子供が日本でたくさん生まれる為。
後の第3次ベビーブームである。

めでたしめでたし、である。

488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/25(木) 11:52:30 ID:URf9TiSL
           ハ,,ハ
         iレ( ゚ω゚ )`l   お琴割りします
      .__ |l | f _____U_
     l`l`ξ レ ζ==`l`l
       `⌒)宀宀(⌒  ̄ ̄
       バキーンッ !!



489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/26(金) 07:56:27 ID:NY9rQ5Bj
  バチカン紙「竜の攻撃に耐える」と日本経済を異例の1面報道
  http://www.christiantoday.co.jp/international-news-2773.html

  ローマ教皇庁(バチカン)の日刊紙オッセルバトーレ・ロマーノが16日付1面に「日本経済、竜(中国のシンボル)の攻撃に耐える」との見出しを掲げ、
  日本の09年国内総生産(GDP)が急成長を続ける中国を辛うじて上回ったとの記事を掲載した。
  同紙が日本経済について1面で報じるのは異例という。共同通信が伝えた。



カトリックの総本山も認める日本経済

490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/03(水) 18:28:11 ID:kkilk+uo
test

491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/08(月) 00:18:20 ID:uWJyXNuj
新聞、雑誌、テレビで財政破綻について頻繁に出てくる
これは世界が織り込み始めたな



492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/08(月) 21:17:21 ID:Qpbbyaw2
2CHってまた攻撃食らってる?
エラー出てるみたいなんだけど

493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/08(月) 22:35:24 ID:mxDePoaa
鯖交換だたらしい

494 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/09(火) 13:13:24 ID:zGAi+a76
ギリシャ首相が新たな経済危機を警告、G20に投機抑制求める
http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPJAPAN-14239020100308

[ワシントン 8日 ロイター]ギリシャのパパンドレウ首相は8日、新たな世界的経済危機が起こる可能性を警告し
20カ国・地域(G20)に対し、市場の投機抑制に向け主導的役割を果たすよう求めた。


本スレの韓国ネタ、ウザ過ぎ

495 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/12(金) 06:25:01 ID:3CAxPYEj
42号の日本語訳は本スレにある?

496 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/12(金) 07:47:51 ID:rTSuVXqy
本スレの479から482

497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/12(金) 15:08:44 ID:NJKttNxV
479 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん[sage] 投稿日:2010/02/28(日) 21:28:32
LEAP/E2020,GEAB 42の要約

・これまで先進各国の巨額な財政支出により、危機の発生が回避され、
遅延されてきたが、そろそろ財政支出や経済刺激策の効力もなくなってきた。
・このため、これまでぎりぎり回避されてきた危機が2010年の後半から
本格化する公算が強まっている。その危機とは以下の5つである。

1)あらゆる形態のバブルの破綻、政府の財政赤字
2)金融機関の破綻とその影響
3)金利の高騰
4)国際的な緊張の高まり
5)社会不安の増大

このGEAB42ではおもに3)までを取り上げる。

ヤスの備忘録 歴史と予言のあいだ
http://ytaka2011.blog105.fc2.com/?mode=m&no=163


498 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/12(金) 15:09:25 ID:NJKttNxV
480 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん[sage] 投稿日:2010/02/28(日) 21:41:40
危機が避けられないことを認識した各国の政府は、
自国とは直接関係のない危機を大きく喧伝することで、
国民の目から危機を隠す戦略をとっている。

・ギリシャの危機がそのよい例だ。確かにギリシャの財政は
破綻しており決してよい状態ではないが、ユーロ圏全体で見ると、
現在アメリカやイギリスが陥っている破綻の状況よりもはるかに
影響力が小さい問題である。

・ギリシャのGDPはユーロ圏全体の2・5%にすぎない。なので、
最終的にはドイツを中心にEU全体としての救済プランが実施され、
ギリシャの問題は解決に向かうだろう。

このような救済プランの実施は、これからEUが一体となって
危機に取り組むためのよいモデルケースとなる。

だが、米英にとってはギリシャ問題はまったく違った意味をもつ。
それは米英が抱える財政的危機から国民の目をそらすプロパガンダである。

それと同時に、ユーロの危機の喧伝は、EUから投資資金を引き上げさせ、
それを英米へと呼び込むために行われている。英米は財政的な危機に瀕しており、
赤字を補填するためには投資資金がどうしても必要なのである。

また、格付け会社はギリシャ国債のこれ以上の格下げは行わないだろう。なぜなら、
すでにギリシャ国債はEUだけではなくあらゆる金融機関が保有しているため、
格下げは巨額の損失を生み、これにいまの金融機関は耐えられないからである。

499 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/12(金) 15:10:06 ID:NJKttNxV
481 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん[sage] 投稿日:2010/02/28(日) 22:22:55
危機の抜本的な原因はドルを基軸通貨として使っていることであり、
これを変更する通貨改革を実施しない限り、危機は本質的に乗り越えることはできない。
しかし、各国政府はこれを避けてきたため、各国の財政支出による景気刺激効果が
薄れるにつれ、危機は本格化する。これは2010年後半から起こるはずだ。


1)あらゆる形態のバブルの破綻、政府の財政赤字

〜中略〜
ここで厳しい状況に立たされるのは、各国の政府系ファンドである。破綻が余儀無くされている。
ユーロ圏の財政破綻しつつある国々の政府系ファンドもこれに含まれるが、
これらの国々は最終的に、これから実施されるEUの救済政策によって救済される公算が高い。
だが、英米、そして日本はそうではない。
こうした国々の政府系ファンドの破綻の波はこれから津波のようにやってくる。
この結果、アメリカ、中国、EU、日本などの国々は2010年の後半から大きく成長率を落とすだろう。

2)金融機関の破綻とその影響

しかし、政府同様金融機関も厳しい状況にある。すでに多くの金融機関が実質的に破綻状態にあるが、
これに商業不動産バブルの崩壊が加わるのである。
現在、アメリカの商業不動産の価格は、ピーク時の2007年から2008年と比べ、
43%も下落している。企業も金融機関も、支払いが可能な低利のローンへの借り換えを求めているが、
もはやそのようなものは存在しない。したがって、
2010年の後半からは中小の金融機関を中心に破綻の連鎖が起こるだろう。

一方、現在各国政府は、これまで実施してきた経済刺激策と金融緩和策を止め、
通常の財政運営に戻ろうとしている。これを商業不動産バブルの崩壊が迫ろうとしているときに
実施するのである。その影響は甚大で、特にアメリカでは、中小のみならず大手銀行も破綻する恐れがある。

500 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/12(金) 15:10:48 ID:NJKttNxV
482 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん[sage] 投稿日:2010/02/28(日) 22:54:43
3)金利の高騰
このように、どの政府や企業も破綻を避けるために、新たなローンの借り入れ先となる資金源を
必要としている。先にも述べたように、そうした夢のような資金源はもはや存在しない。
したがって、政府や企業が乏しい資金に殺到する状況が出てきている。
これは資金需要の高まりとなって現れるため、どの国でも金利は上昇せざるを得なくなっている。

さらに、これまでの金融緩和策と経済刺激策によるツケがインフレ懸念として跳ね返ってもきている。
この点からも金利の上昇は避けられない。当然、金利の上昇で多くの企業は倒産し、世界経済は収縮過程に入る。

483 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん[sage] 投稿日:2010/02/28(日) 23:10:59
既に昨年からの主張で新味はないね。妥当な卓見であるばかりか、米国の大手を
含む銀行の連鎖破綻が2010年後半から始まると予測は確証と確信があることが
窺えるように思える。
この時期にそうなるかどうかは別としても、世界経済の縮小均衡の過程に突入する
という悲観論には充分な説得力がある。
既にこうした予測の下に対策を立てている金融機関や企業も多いだろうと推測する。

501 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/13(土) 17:52:39 ID:NAhk0qr4


502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/14(日) 02:18:17 ID:NU6iSzh6
スパイ養成機関・朝鮮総連に無許可で突撃してみた。
朝鮮総連に不利なものが映っている為か何度も削除されているので皆さんお早めにご覧ください。
多くの日本人拉致被害者を返さない北朝鮮に怒りの鉄槌を!
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9987419
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9987542
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9987731
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9987783
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9999806
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10000115
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9974521
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9974590
(youtube編)
http://www.youtube.com/watch?v=OJjb-Hozk1E
http://www.youtube.com/watch?v=w13PL2T3Oi8
http://www.youtube.com/watch?v=vm-qwbqtxN0
http://www.youtube.com/watch?v=R9479yht3x8
http://www.youtube.com/watch?v=Jonm2SGmu2Y
http://www.youtube.com/watch?v=y52UEKLoanM
http://www.youtube.com/watch?v=3FPGfqjacQg

503 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/19(金) 06:02:17 ID:JpI2vsQb
HebeiSpirit号事件

504 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/23(火) 17:48:33 ID:qWdl1Y6e
731 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん[sage] 投稿日:2010/03/22(月) 21:43:56
GEAB43のパブリックアナウンスを訳してみました。例によって意訳をバリバリ
入れています。あと、これも例によって、酒を飲みながらなので、間抜けな訳
があるかもしれません(というか、あると思います…)。そこは御容赦下さい。

-- ここから
2010年の第一四半期も終わりに近づきつつあります。主要国が直面している事
態の深さ明らかになるにつれ、現在、世界経済危機の兆しは拭いようがないも
のになってきました。GEAB2020は、この現状を解明する最初のメッセージを発
表いたします(*1)

まず、最初に指摘しておきたいのは、持続可能な未来社会を構築するチャンス
は一回しかないということです。もちろんチャンスとの巡り合わせは、未来永
劫1回というわけではありません。ただ、少なくとも現在はそうですし、もし
かするとここ数十年はそうかもしれません。あと、いくらチャンスといっても、
もちろん時代遅れの旧冷戦体制の再構築という話はありません。なぜなら、新
しい世界秩序の構築はUS$の一極支配の終わりを告げ、経済規模に応じたバス
ケット通貨による世界経済秩序の確立を要求しますから。

昨年の今頃、我々はロンドンでのG20サミットの直前にFinancial Timesに、
「09年春から夏の時期は、巨大な世界経済システムをがらがらポンするときで
ある、そうすれば09年末に予想される世界危機は回避できる」という全面広告
を出しました。ロンドンG20サミットの結論はみなさんご存じの通りです(*2)。

(*1)a firt anticipation と、theじゃないので、なんか、first anticipation
がいくつもある感じがして、こう訳しました。
(*2)わざわざ仮定法を使っていたので、ちょっと足しました。


505 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/23(火) 17:49:14 ID:qWdl1Y6e
732 名前:731[sage] 投稿日:2010/03/22(月) 21:45:40
(つづき)
09年のコペンハーゲンサミットでは、数十の課題について解決できずじまいで
した。たとえば、米中の行き違い、西側社会の意思統一不徹底など。これらは、
いずれも我々が危惧したことでした。様々な局面で、緊張は高まっています。
然るに「世界の警察官」たるアメリカ、まあもっともなところ「"核の傘"での
将軍様」たるアメリカといった方が適切かもしれませんが、はどんどん当事者
能力を失ってきています。

斯様な状況に合る2010年も3ヶ月をすぎた今、我々は次のことに気がつきます。
[1]米中関係。台湾、チベット、イラン核問題、ドル-元レートのいろいろなど
があって、いっこうに改善の気配を見せません。米国債の購入額の減少、い
くつもの通商問題なども、いろいろあります。
[2]全世界的な問題の増加(アフガニスタンやNATOの米軍への給油、地球温
暖化問題、ギリシャ危機など)
[3]ワシントンの機能麻痺
[4]待ったなしの中東情勢、とりわけパレスチナ問題とイラン問題に直面する
イスラエルの情勢
[5](とりわけ、アジア、ラテンアメリカ、ヨーロッパで顕著な)抗しがたい経
済のブロック化への誘い
[6]いい加減しろよといっても膨れ上がるマネー
[7]高まる政府保証債への不安感
[8]"グローバリゼーション"の権化たるアメリカに対する批判の高まり


506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/23(火) 17:49:55 ID:qWdl1Y6e
733 名前:731[sage] 投稿日:2010/03/22(月) 21:47:35
(つづき)
経済回復への道筋が未だ見えざる現状において、社会的な対立がヨーロッパで
高まりつつあります。いっぽう、アメリカでは、これまでの社会構造を維持し
きれず、徐々に解体に向かいつつあります。

もしかすると、セカンドインパクトは、ファーストインパクトほど目立たない
かもしれません。しかし、それは決して、セカンドインパクトが大したもので
ないということではありません。いや、むしろセカンドインパクトの方が重大
です。なぜなら、アメリカ政府はメディアに圧力をかけることにより、大本営
発表をする事ができますから。もっとも、大本営がいくら発表しようとも、国
内の中産階級の没落、崩壊に起因する公共サービスにかかる負担は、どんどん
積みあがっている事実は代わりありませ。ヨーロッパのほうが危機を強調され
ますが、その理由は簡単です。ヨーロッパに比べアメリカは社会の連帯感が希
薄になったが故に、危機が看過されるだけでしかありません。

これは、組合等の組織はセクト化し,自らの枠に汲々として,さらには何事にも
疑念を呈したら「反USA」とレッテルを貼って看過することを当然としていた、
人工国家アメリカ社会特有の現象といえるかもしれません。

大西洋を挟んで、ちょっと離れますが日本も、公共交通、教育、医療、年金、
さらには警察、消防などの公共で支えるサービスの継続が困難になりつつあり
ます。それに伴ってかどうか厳密な議論はおいておくにして、ヨーロッパでは
実力行使を伴うデモが増えつつあり、アメリカでも国内問題の解決を訴えるテ
ロや偏狭的な主張が対等しつつあります。

507 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/23(火) 17:50:36 ID:qWdl1Y6e
734 名前:731[sage] 投稿日:2010/03/22(月) 21:48:48
(つづき)
インターネットやメディアの監視をあれだけ執拗に進めている中国でさえ、指
導者は情勢に対して、かなり神経質になっていることが、信頼すべき情報から
伺えます。実際、指導部による楽観的な見通し表明をあざ笑うかのように、中
国では失業と貧困を解決を訴えるデモが増えています。

アフリカではクーデターが昨年より増加しています。ラテンアメリカでは、良
好なマクロ数字をさておき、チリで起きたような(*3)、社会的な不満が急進的
な状況悪化を引き起こす可能性が高まっています。

これらの事象は、津波のような社会の流動化を引き起こすことでしょう。そこ
では、これまでの隣人と「蜘蛛の糸」をめぐって悲劇的な対立が起きるでしょ
う。米連邦と州の潜在的な対立、アメリカそのものの自己矛盾、EU内の駆け引
き、ロシアにくすぶる独立運動、中国の都市と地方の格差など政治的な課題の
存在、世界各地で見られる反移民感情などを背景に高まってきたナショナリズ
ム意識など、火種には事欠きません。

90年代前半に旧ユーゴスラビア各国をおそった悲劇を世界は味わうことになる
かもしれません(*4)。そのとき、アメリカ、日本、ヨーロッパの "中産階級"
は決定的な没落を強いられることになるでしょう。とりわけ、中産階級が不動
産ローンなどを抱える傾向にあったイギリスや、ヨーロッパ、アジア諸国では、
顕著なものとなるでしょう。

(*3)ピノチェト政権崩壊の顛末を指しているものと思われます。
(*4)政治体制、民族意識などが複雑に入り組んだ悲劇的な対立というのが原文
です。自分には、それがユーゴスラビアの悲劇とあまりにも欲重なったので、
原文にはありませんが、ユーゴスラビアにたとえています。

508 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/23(火) 17:51:17 ID:qWdl1Y6e
735 名前:731[sage] 投稿日:2010/03/22(月) 21:50:01
(つづき)
次のGEABで掲載していますが、LEAP/E2020では、この地政学的な変動は次のよ
うな段階を踏むと考えています。

0.地政学的変動の胎動
1.Step1.金融のつまづき(*5)
2.Step2.貿易紛争
3.Step3.行政の機能不全
4.Step4.社会の分断
5.Step5.疑心暗鬼の世界(*6)

これだけでなく、ギリシャより公的債務負担の大きさが懸念される8カ国につ
いて検証した記事を載せています。また危機を経た後、財政見通しが、どのよ
うになるかを直近のデータを現在の観点から考察しました。現状との対比につ
いてご検討ください(*7)。

(*5)原文はMonetary disuptes(通貨をめぐる紛争)とfinancial shock(金融の
打撃)とありますが、かなり意訳しました。
(*6)Strategic crisesを直訳すると戦略的危機なんですが、どうも書籍名とか
を見る限り、そんな矮小な概念に見えないので、かなり意訳しています。
(*7)ここも原文は、「今の数字を今後の予想される見通しを考慮に入れ、将来
見通しを現況見通しと比較して出しています」というような趣旨の文面なので
すが、意訳しています。
-- ここまで --

509 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/27(土) 23:50:02 ID:SJUffLb7
長訳お疲れ様です〜

510 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/01(木) 02:42:30 ID:9mW7wyev
有難うございました(^0^)

511 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/22(木) 05:49:39 ID:J4+aUKYI
信号でたらしいですが、どなたか日本語訳お願いしまーす!

512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/22(木) 17:34:21 ID:jvqUQxRk
アメリカ本当にデフォルトするのかよ
デフォルトしないで米中戦争突入じゃねーだろうな

アメリカの考えている事は借金の踏み倒しか
ハイパーインフレによる圧縮だろ

アメロが有れば国内はドルの死でも思ったより混乱はしない
アメリカの超大国としての繁栄は終わるがそれだけだ

同時にアメリカがやる事は超大国になりそうな支那の分割だろうし

513 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/22(木) 17:38:39 ID:jvqUQxRk
フセインの時と同じじゃねーのか?G2とか言ってんの
国債があるから支那のやる事には手出し出来ないとか思わせて置いて
G2で黙認取り付けたとか思わせて置いて、手出したら

あっさりアメロに変えて、侵略はゆるさんとか言って支那に宣戦布告
アメリカは台湾やインドに武器売れば米国債で借金しなくてもいい訳だし

そんで支那の工業地帯に絨毯爆撃でもしたいんじゃねーのか?
日本の都市に絨毯爆撃もあれ日本の工業力そぐ為だろ、戦時中は軍事工場になってるとか言ってたけど


514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/22(木) 17:42:20 ID:jvqUQxRk
そんで適当に分割して傀儡政権建てて民主化だな
そして一面焼け野原にユダヤが乗り込んで利権支配するって筋書きじゃねーのか?

515 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/01(土) 09:57:43 ID:3YyBgIJ1
4月のレポートって出ていないのかな?

516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/01(土) 14:13:59 ID:8sOHcfRO

大体支那バブル崩壊すれば、アメリカの投資は支那から抜けて雨に戻るんだよね
アメリカは支那に米国債買っても良い訳だ、支那がバブル崩壊さえすれば

517 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/23(日) 10:24:22 ID:UjfxqyC+
293 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん[sage] 投稿日:2010/05/12(水) 22:04:06
連休中に、酒を飲みながらGEAB44を訳そうと思っていたら飲みすぎてしまいましたorz。
なんとか体調を整え、先週ようやく訳しました。もちろん酒を飲みながらの意訳なので、
誤訳は多々あるかと思いますが、御容赦下さい。

-- ここから
グローバルシステムに差し迫る危機/アメリカとイギリス.2010年後半に2つの激動,夏に
イングランド銀行をおそう通貨危機,冬にFRBが直面する破綻

ここ最近,メディアや "専門家" によってギリシャの「危機」が盛んに指摘されていますが,
相当前に LEAP/E2020 が指摘したように,ギリシャはユーロ圏から指導,支援により,
公的債務の増大する負のサイクルから離脱を図る政策へ踏み出そうとしています(*1).
ギリシャ全土に渡る市民の抗議活動は,西側社会の巨大な公的債務の穴埋めをどうやっ
てするかは,極めて難しい課題であるということを強く世界に印象づけたことは事実です.
しかしながら,最近のBISの報告でも強調されたように,このユーロ圏からの支援により,
ギリシャのデフォルトは回避されることになるでしょう.

欧米メディアがことさらギリシャの「危機」を煽るのはなぜでしょうか.それは,ギリシャの
問題はユーロ圏の「危機」を引き起こすようなものでないという事実をわかりにくくすること
では,もちろんありません.では,なぜでしょうか.そう,それは次に来る世界的な経済
危機の予兆を隠蔽することにあるのです(*2).その危機とは,イギリス(*3)とアメリカが
抱える債務(これは公的,民間いずれも該当します)がどうしようも無いレベルまで積み
上がる一方,2011年からその巨大債務の償還が始まってしまうので,借り換えコストが
急上昇することに起因しています(*4)

(*1) Greecs has the Eurozone 以下を,かなり意訳しています.
(*2) 原文は,接続詞とかを使って延々とつながる文になっています.直訳すると,余りにもわかりにくいので,適当に分けて訳しています.
(*3) virtual British なので,直訳するなら「院政を引いているイギリス」とかになるんですが,くどいので単に「イギリス」としました.
(*4)原文は,「低コストでの借り換えに使える資金が世界的に枯渇する」という趣旨ですが,ちょっと意訳しました.
-- つづく


518 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/23(日) 10:25:03 ID:UjfxqyC+
294 名前:293[sage] 投稿日:2010/05/12(水) 22:09:35
2006年2月から我々が言っていることなのですが,いま直面している危機というのは1945年に構
築されたアメリカを中心とし,そしてそれをイギリスがささえるという戦後体制の崩壊に起因する
ものであるということを改めて押さえておく必要があります.また,危機(たとえば,ギリシャの場合
ですね)の影響の大きさを評価するにあたっては,それが世界の経済活動を "心停止"(*5)に
追い込むほどのものであるかを検討しておくことも重要です.その見地から,我々はギリシャが
ユーロ圏を巻き添いにすることはないと見ています.一方で,天文学的(*6)な金融資金調達が
求められているイギリスとアメリカは猛烈な危機にあると見ています.

ところで,ここで思い起こして欲しいことがあります.現在のように金融で調達出来る額が,資本の
額を超える場合,まさに今日がこれにあたるわけですが,その調達額というのは公債と同じように,
発行額そのものより発行額に対する資産の割合(*7)で評価されるようになっています.

簡単な例え話をしてみましょう.あなたは100ユーロをもっています.あなたには2人の知人が
います.一人は,貧乏なAさん.30ユーロを貸してくれといっています.もう一人は金持ちなBさん
200ユーロを貸してくれといっています.太っ腹なBさんは1000ユーロもする高い時計を,借金の
形にすると言ってくれています.かたや貧乏なAさんは20ユーロの時計を差し出すと言っています.
でも,あなたは200ユーロも持っていません.だから,Bさんにお金を貸すことはできないはずですね?

ところが,担保(=借金の形)と金利の議論では,話はひっくり返ってしまいます.ちょっと考えにくい
話のはずですが,貸出に対する担保の占める比率という観点で評価すると,Bさんにお金を貸す
以外ありえないことになるのです.それは,貸出に対する担保の割合がBさんの場合は20%,
Aさんの場合は150%となり,あきらかにBさんの方が優良な貸出先となるからです.

(*5)"structural weakness which characterise the heart of the world in
full meltdown" を heart にかけて,意訳しています.
(*6)原文は "exponential" なので,直訳すると指数関数的という意味になりま
すが,日本語の慣例として使われる"天文学的"という言葉をあてました.
(*7)後ろの時計の例え話を参考に,意訳しています.
-- つづく


519 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/23(日) 10:25:45 ID:UjfxqyC+
295 名前:293[sage] 投稿日:2010/05/12(水) 22:13:01
ただ,困ったことに,これはお金が無尽蔵にある場合に成立する話です.昨今のように,
金融危機に直面し,無尽蔵に湧き出てくるお金が無い場合,この議論は現実という壁に
直面してしまいます.ある人が求めるに応じて与えられるには,別のある人がそれだけ
与えることができないといけないのですから.

議論を整理するために,LEAP/E2020から,2つの質問を出します.

5月6日にイギリスでは総選挙が行われます.選挙後,おそらく財政,政治,経済様々な
局面でイギリスの悲惨な状態が暴露されてくることでしょう.そこに誰が救いの手を
差し伸べられる,あるいは差し伸べたいと思うでしょうか.

金融の状況はかなり深刻です.官僚(*8)は再生プランを立て,次の総選挙を争う各政党に
提示しています.政治的空白により,イギリスの通貨(Sterling,すでに相当弱くなってしまい
ましたが)とイギリス国債(Gilts,イングランド銀行が,ここ最近数カ月で発行額の70%を
抱え込んでしまいました)が崩壊に瀕する最悪の事態を,なんとしても回避しようと奮闘
しています.今度の選挙では,保守党が決定的に勝利しない限り,現在のブラウン首相は
選挙に負けても,首相の座に居続けられることもあるでしょう.実際のところ,経済,政治の
危機を受けて,有権者は次の議会は絶対多数の党派が存在しない状態が望ましいとか
考えていますから.ところで,このような絶対多数の存在しない議会を背景に,少数会派の
政権が生まれるのは1974年以来のこととなります.今にして思うと,この事件はその
18ヶ月後に起きた1976年の財政破綻とIMFへの救済申立の露払いみたいなものだった
ことは注意しておくべきでしょう(*9).
(*8)原文は "technocrats running the country"です.日本では官僚に与えると捉え,そのように訳しました.
(*9)原文は "a kind of political preliminary" です. a kind of の文意から推察して言葉を追加して訳しています.
-- つづく


520 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/23(日) 10:26:33 ID:UjfxqyC+
296 名前:293[sage] 投稿日:2010/05/12(水) 22:15:15
とにもかくにも,イギリス政府は統計数字だけでも好転させて,なんとか「勝利」(あるいは,
「戦略的撤退」)に導こうとしています(*10)

.しかし,現状はどんどん悪化していっています.イギリスの不動産価格は大きく落ち込んで
おり,LSR(Lombard Street Research)は2007年の価格に回復するには,何十年もかかる
だろう(要するに絶望的)とまで予想しています.3つの政党(労働党,保守党,自民党)は,
選挙後に予想される破滅的なまでの混沌とした状態に対応すべく,まさに色々な画策を
進めているところです.しかしそれでも,選挙後,それこそ"ギリシャ"のような状況に陥り,
新政権は国家の状況が選挙前に言われていたよりはるかに悪いものであることを,
国民の前に認めざるをえないだろうと,LEAP/E2020は指摘しています(*11).

2009年末に,ダーリン財務大臣とゴールドマン・サックスがおびただしいほどの会合を
繰り返しました.公債について何らかの操作が行われたとみるべきでしょう(*12).直近の
GEABで指摘したように,ゴールドマン・サックスの行動に注意を払うことは有用です.
そこから,公債のデフォルト危機が次にどこで起きるかを伺えてきますから.

(*10)原文は "puts a positive spin on the statistics" です. "a" と "on the statistics" という言葉から,"だけでも"という言葉を補っています.
(*11)原文は仮定法を使った文なのですが,文意を考慮して意訳しています.
(*12)原文の "very reliable indicator" です.文意を考慮して意訳しています.
-- つづく


521 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/23(日) 10:27:14 ID:UjfxqyC+
297 名前:293[sage] 投稿日:2010/05/12(水) 22:17:50
イギリスの破綻プロセスに始まってしまうと公債市場は機能不全に陥ることでしょう.
そのとき,誰が世界最大,それも断トツで,公債を発行しているアメリカを支えられる,
あるいは支えようとするでしょうか.

公債の借り換えに必要な額は,民間債務の額に匹敵するといわれています(商用不動産や
LBOなどへの投資のために貸し付けられた資金のうち,2010年から2014年の間に償還期限を
迎えるものの総額は4.2兆ドルといわれています[一年あたりの平均償還額は1兆ドル].これは
本当に単なる偶然なのですが,2010年に世界中で新規に発行される公債の発行額と一致
しています.なお,その公債の内訳は半分がアメリカ連邦政府,残りが住宅ローン,関連団体,
地方政府(*13)によるものです).

2010年において,アメリカという "自転車" を倒さずに走らせ続けるには,実に5兆ドルという
巨額な資金を調達しなければならないのです(*14).

我々は,この質問に対する答えは,率直なところ,次の2つになると考えています.

まず,イギリスに関して.夏には,イングランド銀行が通貨とイギリス国債の二つが同時に
破綻するのを回避するために奮闘することになるでしょう.その際,IMF,そしておそらくEUが
支援に乗り出すことになるでしょう.ただ,いずれにせよ通貨は相当手痛い打撃を受ける
でしょう.また,かつて無いほどの緊縮財政を強いられることになるでしょう.

(*13)原文にある "household, business, local authorities" という箇所の最後の "local authorities" をヒントに,こう訳しています,
-- つづく


522 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/23(日) 10:27:55 ID:UjfxqyC+
298 名前:293[sage] 投稿日:2010/05/12(水) 22:21:14
次に,アメリカに関して.まず誰も助けることはできません.必要とする資金量が大きすぎます.
これを助けられるのはIMFを含めて世界のどこにも存在しません.そのため,2010年暮れから
2011年初頭にかけて,借り換えが必要な債務,これは公的,民間のいずれも該当します,の金利が
著しく上昇するでしょう.そして,そのときアメリカ国債のバブルは崩壊します.その結果,また
連鎖的な金融機関の破綻が起きることでしょう.

しかし,どうしようもありません.その時の支払い不能をカバー出来る国は世界のどこにも
ありません.カバーしようとしたら中央銀行そのものが破綻してしまいます.何しろ,バランス
シートに乗っかっている資産は,影も形もない"債券の幻影"でしかありませんから.もちろん
FRBも例外ではありません.

本GEABで分析しているように,その時にFRBは破綻という現実に直面することになるでしょう.
また,2010年の冬には,別の側面からも米国の不安定化が引き起こされることになるでしょう.
中間選挙が,その始まりとなるでしょう.そこで,何百万ものアメリカ国民は,ワシントンや
ウォール街を除いて吹き荒れ続け,何時まで経っても終わらない危機に対して
"お腹いっぱい"(*15) という想いを率直にぶつけてくるでしょう.ところで,その危機により
アメリカの公的債務は膨れ上がっていますが,これも大問題です.なぜなら,今やアメリカ
では1ドルを貸すと0.96ドルになって返ってくる,つまり負の利子を持つにいたっているからです(*16).

(*14)このパラグラフは,ちょっと意味を取りかねた部分があり,誤訳しているかもしれません.ご容赦ください.
(*15)原文は "Belly-full" とあります."Belly"と言うのは,お腹という意味の隠語として使われるらしいので,こう訳しています.
(*16)関係代名詞を前に訳出すると,文意が見えにくくなるので,後ろの関係代名詞以下は,後の
文として訳出しています.また文意を考慮して,原文にはない「大問題」と入った述語を補っています.
-- つづく


523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/23(日) 10:28:37 ID:UjfxqyC+
299 名前:293[sage] 投稿日:2010/05/12(水) 22:22:36
もちろん,我々が提示した問題に対する,上記の回答に同意出来ない人もいるでしょう.

ただ,誰が払うことが出来るのか?誰が支払ってくれるのか?という当然の問題を無視することは
ありえない.そんなことをすると,おそらく2011年を迎えるまで無為に時間をつぶす事になるだけ
でしょう.それだけ重要な問題だと我々は考えています.

我々の考えは,「世界にはアメリカ国債をこれ以上買うお金はどこにもない」言った
中国人民銀行の周行長と同じです.

この号ではイギリスとアメリカに注目して主要な危機に関する現状分析ならびに,
西側諸国内における金融,財政,通商を巡る "静かな諍い" の展開について掲載しています.
またあわせて,イギリスとアメリカの経済危機が起きたときの対処法についても掲載します.
-- ここまで


261 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)