5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

第二次スパロボバトルロワイアル10

1 :それも名無しだ:2009/06/14(日) 19:19:06 ID:suwvwFCT
※初めて来た人はまずはここを読んでください。
【原則】
リレー企画ですのでこれまでの話やフラグを一切無視して書くのは止めましょう。
また、現在位置と時間、状況と方針の記入は忘れずに。
投下前に見直しする事を怠らないで下さい、家に帰るまでが遠足です。
投下後のフォローも忘れないようにしましょう。
初めて話を書く人はまとめサイトに行ってルールや過去のお話にしっかり目を通しましょう。
当ロワは予約制です。投下する前にスレでトリップを付けて使うキャラを宣言しましょう。
予約の期限は5日です。間に合わなくても2日延長可能なので、延長する場合は一言連絡を。
【ルール】
EN・弾薬は補給ポイントを利用することで補給することができます。
補給ポイントは各キャラの所持するマップにランダムに数個ずつ記載されています。
機体の損傷は、原則として機体が再生能力を持っていない限り直りません。
再生能力も制限で弱体化しています。
特定の機体がスパロボのゲーム内で持っている「修理装置」「補給装置」はありません。
DG細胞が登場していますが、機体の過度の変質、死者のゾンビ化は制限により禁止されています。
機体の再生、感染、「生きている人間」の身体の補強のみが行われるようです。
マシンセルによる機体の変質や環境操作も制限を受けています。
唯一メディウスロクスのみ機体が変質していますが、これはスーパーロボット大戦MXの展開に準拠したものです。
乗り換えは自由です。
参加者へロワ参加者の名簿は支給されていません。
【備考】
作品の指摘をする場合は相手を煽らないで冷静に気になったところを述べましょう。
ただし、キャラが被ったりした場合のフォロー&指摘はしてやって下さい。
おやつは三百円までです、ただしクスリはダメ、ゼッタイ。
スパロボでしか知らない人も居るので場合によっては説明書きを添えて下さい。
水筒の中身は自由です、未成年者も多いのでアルコールは控えてください。
これはリレー小説です、一人で話を進める事だけは止めましょう。
作品の保存はマメにしておきましょう、イデはいつ発動するか分かりません。 ( 凸 _)<1本(SSを因果地平の彼方に)いっとく?

前スレ 第二次スパロボバトルロワイアル8
http://schiphol.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1233038003/
第二次スパロボバトルロワイアル7
http://schiphol.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1221562748/l50
第二次スパロボバトルロワイアル6
http://schiphol.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1209040285/
第二次スパロボバトルロワイアル5
http://game13.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1187103340/
第二次スパロボバトルロワイアル4
http://game11.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1176030907/
第二次スパロボバトルロワイアル3
http://game11.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1170806726/
第二次スパロボバトルロワイアル2
http://game11.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1161702283/l50
第二次スパロボバトルロワイアル感想・議論スレ
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1149764572/
第二次スパロボバトルロワイアル
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1149350054/
第2次スパロボロワイヤル企画スレ
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1148890280/

まとめwiki
http://www30.atwiki.jp/srwbr2nd/
携帯用簡易まとめ
http://srwbr2.nomaki.jp/SRWBRi/index.html
旧まとめサイト(停止)
ttp://2nd.geocities.jp/s2matome/main.html
仮まとめサイト(停止)
ttp://srwbr2.nomaki.jp/index.html


952 :それも名無しだ:2009/11/21(土) 22:46:03 ID:lkn6jfe+


953 :それも名無しだ:2009/11/21(土) 22:46:10 ID:9ARU12l2


954 :それも名無しだ:2009/11/21(土) 22:46:22 ID:Elsqg2/Q
 

955 :それも名無しだ:2009/11/21(土) 22:46:37 ID:oQYUZuo5


956 :それも名無しだ:2009/11/21(土) 22:46:37 ID:T8B9KBBp
 

957 :ネクスト・バトルロワイアル ◆XrXin1oFz6 :2009/11/21(土) 22:46:39 ID:YXPUAJK8
http://www.youtube.com/watch?v=tRFcITgWzfw

958 :それも名無しだ:2009/11/21(土) 22:46:40 ID:9dDh5etu


959 :ネクスト・バトルロワイアル ◆XrXin1oFz6 :2009/11/21(土) 22:47:35 ID:YXPUAJK8

ゴードン・ローズウォーターからの問い掛けに、ロジャーは、一音ずつ確認しながら正確に答えを返す。



「私の名はロジャー・スミス。この記憶喪失の町には、必要な仕事をしている」




ゴードン・ローズウォーターは満足げに一度うなずくと、左手でシチューを指した。

「それは君が持ち込んだ、ここにはあり得ない花の種だ。元の場所に返してきてほしい」

目の前にあったのは、もうトマトのシチューではなかった。
青く輝く、カッティングされた宝石になみなみと盛られている。
ロジャーは、それを知っている。それは、凰牙の収納スペースに積まれていた、種に似た謎の宝石に間違いない。
ゴードン・ローズウォーターが持っていた赤い本と赤いトマトは、ロジャーの手の中で白い本と青い種に変わっていた。

左腕の袖を捲り、白と黒のモノトーンから成る腕時計を口元へ。
しかし、やろうとしているのは、家への通信ではない。自分が何故こんなことをするのか、過去のないロジャーには分からない。
だが、こうすることが正しいと、ロジャーは知っている。
自分の運命を自分で選ぶと決めた自分が、自分として生きていくために、ロジャー・スミスは選択する。
白い本は、黒い本へさらに変わる。
表紙に刻まれた題名(タイトル)は「negotiator」、著者は――ロジャー・スミス。

魂を震わせて力の限り呼んだ。ロジャーは自分の相棒の名を。それは―――



「ビィィッグオーーーゥ! ショォォーーウタァァァァーーーイム!!」







960 :それも名無しだ:2009/11/21(土) 22:47:38 ID:oQYUZuo5


961 :それも名無しだ:2009/11/21(土) 22:47:56 ID:YykFySkW
 

962 :ネクスト・バトルロワイアル ◆XrXin1oFz6 :2009/11/21(土) 22:48:27 ID:YXPUAJK8




かくして、ロジャー・スミスは帰還する――!



「ネゴシエイター……? その機体は!?」

魂まで抜け出ているのはないかと思う声で横から声をかけられる。
そこには、テンカワの乗る機体が白い星の表面に座り込んでいた。
ロジャーは腕を組んだまま、三方を見る。

横――細部が変わっているが、朽ちたキングジェイダーと思わしきロボット。
上――光り輝く『世界』。
下――大いなるO――ビッグオー。

ロジャーは今、天へと伸ばすビッグオーの腕の上にいる。
だが、そこにいるビッグオーは朽ち果てている。腕は片方なく、赤い頭部装甲は砕け、全身は傷だらけだ。

「ビッグオー……」

ロジャーは、無理やりに忘却させられていた記憶(メモリー)を思い出した。
自分はこの殺し合いが始まる前に、あのノイ・レジセイアとあっている。
そこでノイ・レジセイアはこう言ったのだ。完全なる世界とは何か、それを知るための仲介者として世界を演出する存在と交渉してほしいと。
突如この白い魔星へ拉致されたも同然だったのである。信頼や、フェアと言った言葉からかけ離れた横暴をロジャーは当然否定した。
そして、その時もロジャーは叫んだ。来ることを確信し、神の鋳造せし巨人に、生の息吹を与える言葉を。
だがそこでビッグデュオに宿ったノイ・レジセイアにロジャーは敗北した。
ビッグデュオを打ち倒せはしたが、ビッグオーも戦える状態ではなかった。
ロジャーは、ビッグオーの損傷の一つ一つが、どうやってついたか記憶(メモリー)に覚えている。
ノイ・レジセイアは最後に告げた。

「お前と言う存在が起こす可能性……観測する価値がある……しかし、我が目的を知られるには……早い……」

意識が暗転し、気付いた時にはロジャーはその記憶(メモリー)を失い、あの始まりの場所にいた。
ノイ・レジセイアの威光を感じながらも、誰よりも早く一歩を踏み出し、一声を放った理由はそこにある。
コクピットに飛び乗り、左右に並ぶスイッチを手馴れた様子で弾き、降りてくるリング状の操縦桿の中、ロジャー・スミスは両腕をクロスさせる。

963 :それも名無しだ:2009/11/21(土) 22:48:49 ID:Elsqg2/Q
 

964 :それも名無しだ:2009/11/21(土) 22:49:23 ID:m0VzD5GJ
 

965 :それも名無しだ:2009/11/21(土) 22:49:25 ID:9dDh5etu


966 :ネクスト・バトルロワイアル ◆XrXin1oFz6 :2009/11/21(土) 22:49:27 ID:YXPUAJK8
目の前には円形のディスプレイ。そこに流れてくる文字は――



“CAST IN THE NAME OF GOD”


“YE NOT GUILTY”



雑音混じりでも、ひび割れ読みづらくなろうとも、ビッグオーはロジャーの期待を裏切ることは決してない。
途中までしかない左腕を真っ直ぐ前に突き出し、右腕を腰溜めに。
どれだけボロボロであろうとも、その体勢に構えたビッグオーの両眼は光を得て瞬いた。
ロジャーが見つめる相手は、これから生まれいずる『世界』そのもの。

「ネゴシエイター……なにをするつもりだ?」
「この状況をそのままに投げ出すのは私のやることではない」

自分がやるべきことは、自分で決める。
そして、今やるべきことはこの狂った世界で起こった、狂った出来事を収束させること。
ロジャーは、もう迷わない。

「正気か!? あれが何か分かっているのか!?」

テンカワが、あれが何か、ノイ・レジセイアがなんと言ったかを早口でまくしたてた。
いつも無口で、そういう性分なのかと思っていたが、案外にそうでもないらしい。
ロジャーは冷静にテンカワの話を全て聞き、それでもなお肯定する。
テンカワは、ロジャーの様子を見て、信じられないと言外で示しながらも、さらに断言するように、

「どうするつもりだ? 突然出てきたその機体がどれだけのものかは知らないが、『世界』を相手に戦って勝つつもりか?」
「……私が真っ先に暴力という手段を取る人間だと思っているとしたら心外だが……戦うつもりはない」
「なら……」
「私は」

テンカワの言葉を途中で切って、ロジャーは言った。

「交渉人だ。言葉というものがどれだけの力を持つかも知っている」

ポカンとするテンカワ。その頭上には、コミックなら大量のクエスチョンマークが回っているだろう。
テンカワは、もう白い魔星にふれるほど巨大化した『世界』を指さした。

「あれと……交渉するつもりか!?」
「その通りだとも。私は、諦めるつもりもない。足を止めるつもりもない」

ギアコマンダーに映る蛇の影。
ロジャーはバイパーウィップと契約するときに、こう言った。

―――――私はロジャー。ロジャー・ザ・ネゴシエイター……この混沌の世界と交渉し、調停する者だ、と。

その契約の条件を、ロジャーは守る義務がある。

967 :それも名無しだ:2009/11/21(土) 22:49:34 ID:lkn6jfe+


968 :それも名無しだ:2009/11/21(土) 22:49:51 ID:T8B9KBBp
 

969 :ネクスト・バトルロワイアル ◆XrXin1oFz6 :2009/11/21(土) 22:50:13 ID:YXPUAJK8

ロジャーは、ビッグオーを歩かせ、白い魔星の表面に撃ち捨てられたガンダム頭のキングジェイダーへと近づいた。
もう、そこに命の気配はない。シャギアもキラもいないことをロジャーは直感的に悟った。
ロジャーは、ガンダムキングジェイダーの胸の中心で輝く深紅の宝石を見つけた。
装甲が剥げ、内部構造がむき出しになっていながら、その宝石だけは砕けることなく輝いてる。
これがおそらくトモロが話していた、動力源のJジュエルというものなのだろう。
ビッグオーはそれを丁寧に拾い上げた。

「……本当にやる気なのか?」
「そういう君は、ここで諦めるつもりか? それが君として、君らしい選択なのか?」
「自分らしくいこう……か。そういうお前は、自分が何者なのか知っているのか?」
「その通りだ。私はロジャー・スミス。そして、ネゴシエイター。これが私の仕事だ」

いぶかしむような声だったが、ロジャーの声を聞いて、テンカワの声に僅かに張りが戻る。
まだどこか悩んだ様子だったが、それでも自分が自分であるとテンカワは告げた。

「俺は、ユリカの味方だ。どんな時でも、ずっとだ。ユリカを生き返らせるに、死ねと言うなら死んでやる。
 だが、今は死ぬ時じゃない。本当にやれるものならやってみろ。本当にできると言うなら、何だってやってやるさ」
「そうか。なら、君にできることがある」
「なんだ?」
「私に依頼することだ。この『新しい世界』に対して、古い世界にいる我々が結着をつけるまでの猶予が欲しいと」

口の端を僅かに釣り上げて、ロジャーが笑う。
それにつられて、テンカワも口元を僅かに緩めた。

「いいさ、ロジャー・ザ・ネゴシエイター。……頼む、この古い世界にもう一度時間をくれるように」

ビッグオーがゆっくりと足を進める。
そして、アルトアイゼン・リーゼの前に立つと、ロジャーはあるものを取りだし、コクピットから降りる。
アキトも、何も言わずともコクピットから降りた。ビッグオーの手の上で、初めて生身で二人は向かい合った。

「私が求める報酬は、この二つをアイビスとカミーユに届けることだ」
「俺が、約束を無視するとは考えないのか?」
「少なくとも、私の知るテンカワ・アキトという人間は、最後の一線ではフェアであると思っている」

差し出すのは、黒のギアコマンダーとJジュエル。
テンカワは、「よく知りもしないのに、言えたものだ」と言いながらも、その二つをしっかりと受け取った。
一瞬、互いの顔から表情が消える。両者とも相手の顔を見つめていた。

「渡してからは、容赦しない。俺は、ユリカの味方だ。それが、俺が在りたい俺自身だからだ」
「もし、君が何者か知って、なお貫き通そうというのなら、あえてなにも言わない。依頼は、確かに受け取ったのだから」

そして、お互いが背を向け、コクピットに戻っていく。
二人の邂逅は、ただそれだけ。だが、確かに二人は感じとっていた。
自分が自分であることの難しさを知った男は、信用できると。
アルトアイゼン・リーゼが光とともに消えていく。おそらく、あの空間転移を使ったのだろう。
白い魔星の表面部にいるのは、もうこれでロジャーだけ。

970 :それも名無しだ:2009/11/21(土) 22:50:37 ID:T8B9KBBp
 

971 :それも名無しだ:2009/11/21(土) 22:51:27 ID:m0VzD5GJ
 

972 :ネクスト・バトルロワイアル ◆XrXin1oFz6 :2009/11/21(土) 22:51:30 ID:YXPUAJK8


ロジャーとビッグオーが、近付いた白く輝く『新しい世界』へ手を伸ばす。


――ビッグオーの手が、『新しい世界』に触れた。


その瞬間、ビッグオーの手が小さな破片となって散った。
同時に、ロジャーには凄まじいまでに膨大な、情報とも思念とも呼べない、混じり合った何かが流れ込んでくる。
気を抜けばものの一瞬で自分自身を見失ってしまうほどの圧力を伴った、カタチのないモノ。これが『世界』。
それでも、脳をぐちゃぐちゃにかき回すような大嵐の中でも、ロジャーは自分を見失いはしない。
『世界』は、何かを叫んでいる。それだけでもロジャーは感じることができた。

ならば、交渉の余地はある。

相手が意思を持ち、何かを叫ぶというのなら、ロジャーはその声なき声に耳を傾ける。
ロジャーにできることは、相手の望むことを言語に変えること。

「私は君の名前すら知らない! 君がなにを望むのか……それを私に教えてほしいのだ!」

ロジャーが、叫ぶ。
たった一人の人間など容易に消し去ってしまう、人間とは比べものにならない存在の力を持つ『世界』に。
『世界』の意思がさらに大きくなる。これは、ロジャーに向けて何を主張しているのか。
否定か。疑問か。はたまた、動揺か。ロジャーは歯を食いしばり、相手から――『世界』から目を離さない。

「もし君が、この古い世界にも何か可能性があると思うのなら……待ってほしい!
 まだこの世界で、生きる者がいる! そして、今を変えようとしている! まだ変わっていくことはできる!」

『世界』の膨張が、止まった。
ビッグオーの指が触れた部分からそれ以上膨張することはなく、白い明滅だけを繰り返している。
今の言葉だけで通じてくれたのかとロジャーは僅かに楽観する。だが、次にはさらに圧力を持ってロジャーへと意思が向けられた。
やはり、言いっ放しで終わるほど、交渉というものは甘くない。ロジャーは、必死に『世界』の意思を読み解こうとする。
ロジャーの言葉を聞く気がないなら、とっくにロジャーは光に消えている。
膨張を止めてくれたのは――人間で言うのなら足を止めてくれたのは――ロジャーの言葉に興味を持ってくれたことに他ならないだろう。
そして、ロジャーに向ける意思の量が増えることは、
回りすべてに叫び散らすのではなく、ロジャー・スミスという個人に言いたいことがあるからに違いない。

「もし、君が自分の望むことを言葉に変えられるというのなら、そうすることを希望したいが……」

言葉ではなく、頭に直接意思を送ってくる相手に、言葉という概念が通用するのか。
言葉は、お互いを人間が理解するための手段である。

973 :それも名無しだ:2009/11/21(土) 22:51:46 ID:lkn6jfe+


974 :それも名無しだ:2009/11/21(土) 22:52:24 ID:9ARU12l2


975 :ネクスト・バトルロワイアル ◆XrXin1oFz6 :2009/11/21(土) 22:52:26 ID:YXPUAJK8
もしも人間が理解できないようなものならば、それを言葉で表現することもできないだろう。
いや、表現できるものであるとしても、言葉以外の伝達手段を持ち、使用する『世界』が言葉を使う有用性を理解できるとは思いづらい。
そんな相手に言葉という手段を用い、交渉しようとしている自分も自分かとロジャーは苦しくても、なお笑う。
理解できない、という発想を捨てるのだ。
それがどんな意思伝達手段であろうとも、理解できるという前提で臨まねば掴めるものもつかめない。
何を言っているか分からなくても、どう思っているかだけでも掴む。
『世界』にそんなものがあるか不明だが、言葉が通じなくても怒りや悲しみ、喜びなど感情は伝わってくるものだから。

「私が君の希望を答えられないかもしれない。だが、君の希望が分からなくては、答えられるかどうかすら分からない!」

頭痛に顔をゆがませても、ロジャーは叫び続ける。
自分が持つ、たった一つの手段である言葉を――「交渉」を、相手に伝えるために。
『世界』がロジャーに何かを発信している。ロジャーはそれを受信している。問題は、ロジャーがその受信したものを理解する方法だけだ。
ロジャーは、その時、ふと違う方法を思いついた。ロジャーの言葉が、もしも『世界』に通じているのなら。

「もし君に私の言葉が通じているのなら、答えてほしい!」

そう言って、ロジャーは一度言葉を区切る。

「君は私に何を伝えたい!? 怒りか!?」

意思の圧力が、僅かに歪んだ。
歪みが、ロジャーのこめかみあたりで鈍い痛みを呼ぶ。
自分が不快に感じることから、おそらくこれは『世界』にとっても不快なのだろうとロジャーは当たりをつけた。

「喜びか!?」

先程と同じ反応が返ってくる。
これも、おそらく違う。

「楽しみか!?」

これも、違う。
なら、残るのは一つしかない。
無論、これは『世界』にも感情があり、四つのうちのどれかに正解があると仮定しての消去法にすぎない。
ロジャーは『正解』がなかった場合を敢えて頭の端に寄せ、四つ目の選択肢を世界に問う。

976 :それも名無しだ:2009/11/21(土) 22:53:02 ID:m0VzD5GJ
 

977 :ネクスト・バトルロワイアル ◆XrXin1oFz6 :2009/11/21(土) 22:53:10 ID:YXPUAJK8

「なら……悲しみか!?」

ロジャーが言葉を放つと同時、ロジャーの頭に流れる不快な歪みが消えた。
まっすぐロジャーの頭に入っていく意思の圧力に、ロジャーはこれが正解だと悟る。
しかし、これで終わりではない。さらなる疑問がロジャーを追い詰める。
『世界』は、悲しんでいる。ならば、それはいったい何に対しての悲しみなのかということだ。
生まれたばかりの世界が感じる悲しみとは、一体何なのか。『世界』ならざる身のロジャーには想像もつかない。
だが、そこでやめてしまっては終わりだ。

「君は一体何に悲しんでいる!? 悲しんでいる理由は何だ!?」

『世界』の悲しみを知るべく、ロジャーは光に手を伸ばす。

「親しき存在の死!?」

「大切なものの消失!?」

「自分が傷ついたことなどへの痛み!?」

ロジャーは、自分が思いつく限り、悲しむ理由を挙げていく。だが、どれもが歪みを伴った間違いであるという圧力のみ。
人が思いつく限りの理由も、『世界』には当てはまらない。ロジャーは諦めず、言葉を探し、世界にぶつける。
頭痛の中、叫び続けたことで酸欠と相まって視界が白くなる。それでも、ロジャーは叫び続ける。

しかし、送られてくるのは否定ばかり。

ロジャーはビッグオーの計器に持たれ、ゼイゼイと喘息の患者のような呼吸で、白い世界を見上げる。

「いったい、君は何なのだ?」

ロジャーからすれば、まったくわけのわからない相手を前にしての、ひとり言だった。
だが、それに対しての反応は、これまでにないほどのものだった。否定のような歪みを伴った感覚はない。
どこまでもまっすぐに、ロジャーの頭が割れてしまうほどの大量の意思を流し込んでくる。
その圧力にロジャーは、喉から獣のような咆哮を上げながら、目を向いた。
到底、人間が受け止められるものではない、処理できないように思えた。だが、ロジャーはギリギリのところで理性を保っていた。

何故か。

それはロジャーが、わずかではあるが世界から送られてくる情報を処理――いや、理解できたから。
ロジャーは知っている。自分が誰なのか分からない苦しみを。自分と言うものがどこにあるのか分からない絶望を。
今、脳に流れ込んでくるものは、全てそう言ったベクトルを持った意思だとロジャーは分かったからこそ、理性を持っていられる。
情報が一度途切れた時、ロジャーはビッグオーのシートにぐったり自分が倒れていることに気付いた。
処理できない頭の中で暴れる意思に、意識の全てを向けていたせいで、自分の体がどうなっているのか認識できなかったのだ。

978 :それも名無しだ:2009/11/21(土) 22:53:15 ID:lkn6jfe+


979 :それも名無しだ:2009/11/21(土) 22:53:45 ID:m0VzD5GJ
 

980 :それも名無しだ:2009/11/21(土) 22:54:05 ID:lkn6jfe+


981 :ネクスト・バトルロワイアル ◆XrXin1oFz6 :2009/11/21(土) 22:54:07 ID:YXPUAJK8

「君は、」

ロジャーは、おそらく正解と確信しながらも、『世界』へ問う。

「自分が何者かわからないのか?」

再び襲いかかる、圧倒的な圧力。しかし、同じモノの二回目、繰り返しだ。
その意思の中から、理解できた部分を今度は言語に変えてさらに理解しようとする。
一度味わった苦しみだから、もう一度耐えられるとは限らない。
だが、それでもロジャーは耐えられると信じ、敢えて逆に意思へ飛び込んだ。
そこに舞い踊るのは、ロジャーも慣れ親しんだ言葉という読解可能なもの。

――ワタシ ハ ダレ?
――ナノタメ ニ ウマレタ?
――ワタシ ハ ナンダッタ?



――――ダレモ イナイノ?



同時に、流れ込むのは断片的な多くの人々の記憶。
光景の端々に、見たことのある風景が映り、知る人間の姿がある。
それは、あの殺し合いの風景であり、その舞台の上にかつていた人々であった。
かつてあの世界には声が満ちていた。それが呪詛であれ慟哭であれ、歓喜であれなんにしろ声があったのだ。
だが、それはもう絶えた。生まれ変わる世界に飲み込まれ、消えた。
同時に、人々の記憶や意思も、『ノイ・レジセイアが完全になる世界と呼ぶ世界』に統合されたのだろう。
あいまいな、誰でもない過去の記憶(メモリー)を持ちながら、それを確認してくれる人はもういない。

どこかで聞いた話だとロジャーは自嘲気味に笑った。

『世界』が何故広がり、全てを飲み込もうとするのか。ロジャーの声に耳を傾けたのか。

なにが完全な世界であるものか。
ノイ・レジセイアは完全な世界と呼んだ当人……いや当世界が、一番知っている。
どんな存在であろうとも、他者を求めずにはいられないのだ。
ただそれだけのもので、単一なもので、完成された世界などありはしない。

答えが、やっとロジャーにも理解できた。
理解できたのなら、ロジャー・スミスが次にやるべきことは何か。


982 :それも名無しだ:2009/11/21(土) 22:54:17 ID:9dDh5etu


983 :それも名無しだ:2009/11/21(土) 22:54:35 ID:m0VzD5GJ
 

984 :ネクスト・バトルロワイアル ◆XrXin1oFz6 :2009/11/21(土) 22:54:52 ID:YXPUAJK8

憔悴しきった状態だというのに、ロジャーは、颯爽と立ち上がる。まるで、舞台の上の役者のように。
ロジャーの瞳が燃える。その意識は、あれだけの意思と情報の圧力にさらされた後だというのに変わることはない。
そしてロジャーは――ビッグオーのコクピットから降り、コクピットへの入り口、ビッグオーの胸の部分に立った。
ビッグオーの瞳が輝いた。危機へ飛び出していくロジャーを守ろうとするため動き始めるビッグオーを、ロジャーは手で制する。


「待て、ビッグオー。これは私の仕事なのだよ」


ロジャーが世界と向き合う。一対一で、正面から。
一瞬でも気を抜けば、魂ごと肉体をどこかに持ち去ってしまう嵐の中、ロジャーはいる。
今、ロジャー・スミスという男の持つ力と、世界の存在する力は、まったく等量だった。


「私は知っている。過去を失った街を。そこでは、誰もが記憶(メモリー)を、過去を求めていた」


吹きつける意思の風の中、ロジャーは真摯に語りかける。
それは、交渉する世界に向けてのものであり、同時にロジャー本人に向けたものでもあった。


「人にとって記憶(メモリー)は大切なものだ。
 何故なら、それがあるからこそ、人は自分を確かめられる。それが失われれば人は不安から逃れられない。
 だが、生きている人間は――いや、どんなものであれ、決して過去の記憶(メモリー)だけが形作っているものではない!」


――ロジャー・スミス。


「この私自身、己がどういう存在なのかもわからない……私には、自分自身の記憶(メモリー)すらないのだ!
 だが、恐らく私は自分自身の意思で記憶(メモリー)を消し去ったのだ! その選択をしたのは、私自身だ!
 私自身の為に、今と! そしてこれからを生きる為に!  自分という存在を信じたいが為に! 」


――ロジャー・ザ・ネゴシエイター。


「今を生きることがどんな存在でもできる! どのように生を受けたとしても、一つの存在としての在り方は別なのだ!
 そして、それを選ぶのは他でもない君自身しかできない! 他人を飲み込むことで満たされるものではけしてない!」


――パラダイムシティ一の交渉人。


「他の誰でもない! 君が、君で生きるんだ!」



ロジャーの言葉が、『世界』すら震わせる。
いや、それはノイ・レジセイアの力によりその光景を見ていたもの全ての魂も振るわせるだけの重みがあった。

985 :それも名無しだ:2009/11/21(土) 22:54:52 ID:RaGFoaut
支援参加

986 :それも名無しだ:2009/11/21(土) 22:54:55 ID:lkn6jfe+


987 :それも名無しだ:2009/11/21(土) 22:55:04 ID:T8B9KBBp
 

988 :それも名無しだ:2009/11/21(土) 22:55:26 ID:m0VzD5GJ
 

989 :ネクスト・バトルロワイアル ◆XrXin1oFz6 :2009/11/21(土) 22:55:53 ID:YXPUAJK8



―――依頼は、達成された。



世界の意思が、風となってロジャーを優しく一度なでる。
それがロジャーの言葉への肯定であることを、誰よりもロジャーは理解していた。
古き世界に内包された、新たな世界が今一度眩い光を放つ。
それは世界の在り方を変える意思の変化によって生み出される因果律の風。
ロジャーとビッグオーを巻き込み、因果律ごと捻転する。
人の身では――いや、因果の内側にいる存在には耐えること叶わぬ力が生みだす、光の嵐。
光が収まった時――もう、そこには何もなかった。

舞台の上の難題を力ずくで解決する機械仕掛けの神〈メガデウス〉も。
記憶喪失の街で一番の交渉人〈ネゴシエーター〉も。
本当にそこにいたのか分からないほど、痕跡を残さず。


いや。
彼がいたことは、空に浮かぶ世界が示している。
新しい世界は、乳白色の卵型となり、白い魔星の側で静かに佇んでいる。


もう、世界が何かを飲み込むことはない。



【ロジャー・スミス     生死不明】






990 :それも名無しだ:2009/11/21(土) 22:56:00 ID:T8B9KBBp
 

991 :それも名無しだ:2009/11/21(土) 22:56:26 ID:9dDh5etu


992 :それも名無しだ:2009/11/21(土) 22:56:32 ID:lkn6jfe+


993 :ネクスト・バトルロワイアル ◆XrXin1oFz6 :2009/11/21(土) 22:56:43 ID:YXPUAJK8


「やったのか……?」

自分の横にいる、腕を失ったアルトアイゼン・リーゼから声が漏れる。
突然白い小窓から見えた光景は、ノイ・レジセイアの告げた絶望をそのまま映している――はずだった。

「ロジャー……?」

もうすぐ、世界があたしたちのいる世界を押しつぶす。そして、全てなくなってしまう。
ノイ・レジセイアはそう言っていた。アイビスも、特別人と違う感覚を持たずとも、そう認識させられていた。
あの、圧倒的な存在感を持つ世界を前に。
だが、世界が放っていた圧力はもうない。ただ静かに形を変えて、宇宙に浮かんでいる。
それをやり遂げたのは、誰か。

他でもない、ロジャーだ。

ロジャーは、生きていた。そして、自分のやるべきことを――交渉をやり遂げたのだ。

「感謝するさ、本当にこうやって機会をくれたことを、な」

アルトアイゼン・リーゼが拳を差し出した。そこにあったのは、Jジュエルとギアコマンダー。

「受け取れ。奴は本当に交渉を成功させた。これは、俺が奴に払う報酬だ」

アイビスも白い投影された空間越しにロジャーとアキトのやりとりも見ていた。
まだ現実に追いつかない頭のまま、アルトアイゼン・リーゼをアイビスは見つめていた。
あまりにも現実離れした出来事の、現実離れした結末。それを飲み込むまで、アイビスは結構な時間が必要だった。
ブレンの掌に押し付けられる二つの道具。ロジャーが、最期にあたしたちに遺してくれたもの。

「で、でも……」

自分で言っておいて、なにが「でも」なのか分からなかった。
これを受け取ったところで、何も変わらないのではないか。
いったい、ロジャーはこれで何をさせようとしたのだろうか。
教えてくれるロジャーもいない。ロジャーは、確かに救ってくれた。
けど、この人工の星を取り巻く状況は依然として変わっていない。

自分に何が出来るのか。

そんな躊躇の念が、僅かにアイビスの言葉を濁す。
目の前のアキトは、アイビスを見て苛立たしげに舌打ちをした。

「渡すものは渡したぞ」

そう言って、アルトアイゼン・リーゼが杭打ち機のついた腕を振り上げた。

994 :それも名無しだ:2009/11/21(土) 22:57:18 ID:T8B9KBBp
 

995 :ネクスト・バトルロワイアル ◆XrXin1oFz6 :2009/11/21(土) 22:57:24 ID:YXPUAJK8
次スレ再誘導

第二次スパロボバトルロワイアル11
http://jfk.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1258810093/

996 :それも名無しだ:2009/11/21(土) 22:58:25 ID:9dDh5etu


997 :それも名無しだ:2009/11/21(土) 22:58:34 ID:m0VzD5GJ
 

998 :ネクスト・バトルロワイアル ◆XrXin1oFz6 :2009/11/21(土) 22:58:55 ID:YXPUAJK8

「奴との契約もここまでだ。後は俺の好きにやらせてもらう」

ロジャーとアキトのやりとりを思い出し、さっと血の気が引く。
そう、アキトは渡した後までは協力しない、願いを叶えるために殺し合いを続行するつもりだと言っていた。
つまり、自分をアキトは殺そうとしている。アイビスの恐怖を感じて、ブレンが後ろに下がる。
しかし、下がるだけ。そこに、抵抗をしようという意思はない。

「……奴の死に損だな。もういい、ここで死んでいろ」
「そんな言い方……!?」
「俺の言うことに納得いかないか? なら、やってみろ。
 ――お前は、ここで諦めるつもりか? それがお前として、お前らしい選択なのか?」

アキトの言葉に、アイビスははっとなる。最後の言葉は、ロジャーがアキトに向けて放ったものだ。
そして、その言葉でアキトは何かを取り戻したように見えた。
アルトアイゼン・リーゼの背中に火が灯る。視界に映るスラスターの輝き。
スラスターが十分に出力を貯め、姿勢安定用の補助ウィングが展開された。

アイビスが、ブレンが動いた。
突進してくるアルトアイゼン・リーゼ。突き出される拳。その延長線上にある杭打ち機。
目をそらさない。引き寄せる。この距離で早めに動けば、相手も照準を直して対応される。
だから、それが出来ない限界を待つ。
恐怖で足がすくみ、動けなくなるのをアイビスは抑える。同時に、恐怖でその場からただ逃げ出してしまうのも。
動くべき時に、動く。言うは易し、やるは難し。

今度は、間違わない。

それでもアイビスは――それを成功させた。

相手の体が沈み、アッパーカット気味にこちらをとらえる寸前に、バイタル・ジャンプ。一気に背後に回り込む。
そして、ソードエクステンションを相手に向けて引いた。だが、アルトアイゼン・リーゼの巨体が消えた。
次の一撃に備えてアイビスが首を左右に振る。しかし、追撃はなかった。
少し離れたところで、アルトアイゼン・リーゼはただ立っている。

「……やればできるものだな」

アルトアイゼン・リーゼから聞こえるアキトの声。
それでやっとアイビスもなんとなく相手の真意を理解する。

「あ……ありがとう」
「お前のためじゃない。奴があまりにも報われないと思っただけだ。
 さっさと行け。お前がやるべきことを果たせ。さもなくば撃ち貫く」


999 :それも名無しだ:2009/11/21(土) 22:59:01 ID:3s78mq/r
1000ならドロシー登場

1000 : ◆DEVilG/7.6 :2009/11/21(土) 22:59:18 ID:lkn6jfe+
1000

1001 :1001:Over 1000 Thread
┏──────────────────────┓
│            [インターミッション]             │
│──────────────────────│
│  ユニット能力   ユニットの改造   武器改造  │
│ パイロット能力  パイロットのりかえ  妖精のりかえ │
│  強化パーツ   ユニット換装      オプション   │
│   セーブ       ロード       ポケットステーション │
│〔次のスレッドへ〕                           │
│                                │
│次のスレへ進みます。                        │
│──────────────────────│
│  総ターン数_1000       資金___1000    │
│第1話『このスレッド』までクリア.                │
┗──────────────────────┛


487 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)