5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

('A`)が青い花を追うようです

1 : ◆sHNGWXTAUA :2008/11/15(土) 20:15:16.88 ID:XcKF58og0

まとめ:http://vipmain.sakura.ne.jp/585-top.html
     http://yeisu.hp.infoseek.co.jp/matome/aoi/aoi.html


第四話いきますー。

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/15(土) 20:16:41.99 ID:CnzL6cZhO
待ってたよ
支援

3 : ◆sHNGWXTAUA :2008/11/15(土) 20:17:37.59 ID:XcKF58og0
一気に署内の雰囲気が硬くなる。
しかし、その中でも自分は、逸脱してこの状態を恐ろしく捕らえていた。

(´・ω・`)「本庁が爆破か……」

( ´ー`) 「入るだけでも一苦労するような所ダーヨ……」

他の刑事たちは、この爆発を、ただの一つの事件として捕らえている。
だけど、違うんだ。
この爆発は、一つの事件なんかじゃない。

(;'A`)(小説に……予告されていたんだッ……)

この事実を、いち早くショボンさんに伝えなければいけない。
そう考えた俺は、ショボンさんの元へ走った。

(´・ω・`)「どうした?そんなに急いで」

(;'A`)「ショボンさん、ちょっと──」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/15(土) 20:18:00.68 ID:oz3qIWPkO
きたー

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/15(土) 20:18:05.90 ID:TFYRPjnD0
こっちもきてたか
支援す

6 : ◆sHNGWXTAUA :2008/11/15(土) 20:19:25.04 ID:XcKF58og0
('A`)が青い花を追うようです




第四話『作りモノ』







7 : ◆sHNGWXTAUA :2008/11/15(土) 20:20:17.94 ID:XcKF58og0
──……・・
─…・


俺は話した。
携帯小説に、この事件をなぞった作品があるということ。
この事件は、予告されていたということ。
そして、先ほどの爆破は、犯人からの宣戦布告の可能性があるということ。;

(´・ω・`)「なるほどな……。この事件は、あらかじめ仕組まれていたってことか……」

('A`)「はい……。一番最初の話は、もう半年も前に書かれています。
   続きはまだ見ていませんが……一緒にご覧になりますか?」

(´・ω・`)「当然だ」

俺はポケットから携帯電話を取り出し、先ほどの携帯小説のページを開く。
二人で見るにはあまりに字が小さすぎたため、
パソコンでそのサイトに接続することにした。

('A`)「……っと。やっと出来た。 この小説です」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/15(土) 20:20:21.02 ID:TFYRPjnD0
支援す

9 : ◆sHNGWXTAUA :2008/11/15(土) 20:21:55.57 ID:XcKF58og0
ショボンさんが、俺の横からずいと顔を出す。
パソコン等は苦手なのだろう、彼には活字を読みにくそうに見ていた。

(´・ω・`)「……腹立ってくる文章だな」

(;'A`)「ま、まぁそこは多めに見てください。大事なのは中身ですから」

そう言って、最初のページからじっくりと確認していく。
犯人が『偽の正義を潰す』と言い、『下賎な政治家』を殺す。
何度見ても、やはり詳しいことは書いてはいない。
ただ、殺す、と書いて、次のページには殺したとあるだけだ。

(´・ω・`)「……続けろ」

次の話は、『警察上官の殺害』
これも同じように、詳しい状況は書かれていない。
ただ、殺すとあって、次には殺したという文。
相変わらず、小説というには稚拙すぎる物だった。

('A`)「そして、次がさっきの……」

(´・ω・`)「宣戦布告って奴か……」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/15(土) 20:23:29.63 ID:TFYRPjnD0
支援す

11 : ◆sHNGWXTAUA :2008/11/15(土) 20:23:50.55 ID:XcKF58og0
警察が自分の存在に近づく『ヒント』を見つけた。
だから、俺は正面から受けたつ。宣戦布告だ。
そういう内容の文章を見て、ショボンさんは顔をしかめだす。

(´・ω・`)「……ドクオ……この文、どう解釈する?」

(;'A`)「え、いや……」

突然話を振られて、俺は一瞬何も答えられなくなる。
一度冷静になり、じっくり考えた後、俺は自分の考えを口にし始めた。

('A`)「そうですね……。まず、この『ヒント』っていうのはこの小説のことじゃないでしょうか?
    タイミング的にも、俺が小説を見つけたのと同時ですし。
    宣戦布告っていうのは、間違いなくさっきの本庁爆破でしょう。
    正面から受けたつっていうのは……恐らく、これからも犯行は続けるってことかと」

(´・ω・`)「三つの内、ニつは俺と同じ考えだ」

俺が話し終わった後、ショボンさんは少し考えて答えた。
三つの内ニつというのは喜んでいいのか、悪いのか。
どちらにせよ、俺は、そのショボンさんも違う意見を聞くことにした。

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/15(土) 20:25:20.08 ID:nFuOfX8yO
待ってたよん

シエンタ

13 : ◆sHNGWXTAUA :2008/11/15(土) 20:25:24.23 ID:XcKF58og0
(´・ω・`)「宣戦布告、正面から受けるってのは恐らく、そのまんまだな」

(´・ω・`)「この小説が本当に事件の予告文なら、順番にも当てはまる。
      とりあえず、そのように考えていいだろう」

一つ間を置いて、ショボンさんは続ける。

(´・ω・`)「問題は、『ヒント』の解釈だ」

('A`)「ヒントって……明らかにこの小説じゃないでしょうか?
    その他にそれらしき手がかりは何もつかめていないわけですし……」

(´・ω・`)「もっとよく考えろ。
      その小説を知ったタイミングと、宣戦布告のタイミングを」

('A`)「タイミング……?」

電車の中で女子高生の話を聞いて、小説の存在を知る。
調べて、その小説を見つける。
読んだとほぼ同時に、本庁の爆破のニュース……。

(;'A`)「──あっ……」

俺は、一つの事実に、気づかずをえなかった。

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/15(土) 20:25:48.35 ID:TFYRPjnD0
支援す

15 : ◆sHNGWXTAUA :2008/11/15(土) 20:27:54.03 ID:XcKF58og0
(;'A`)「俺が小説を知ったのと、宣戦布告が同時に起こるのはおかしいんだ……!」

俺がこの小説を知ったのは、電車内でたまたま話を聞いたからだ。
その話を聞き逃していても、まったくおかしくはない。
もし俺が小説を知らなければ、この宣戦布告は、タイミングがおかしくなってしまうのだ。

(´・ω・`)「お前が小説を見つけたと同時に、宣戦布告……上手すぎだろ?」

(;'A`)「そうだとしたら……『ヒント』は小説じゃない……?」

もっと前に、俺たちは重要な何かを見つけていたというのだろうか。
だとしたら、その重要な物は何だ。
俺たちは、一体何を見落としているというのだ。

(´・ω・`)「……可能性としては、もう一つある」

('A`)「もう一つ……?」

俺が考えにふけっているとき、ショボンさんが言う。
相変わらずこの人は、俺の一歩先の思考をいっている。

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/15(土) 20:28:50.07 ID:FTqNWlBZO
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!
支援

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/15(土) 20:28:55.83 ID:TFYRPjnD0
支援す

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/15(土) 20:29:11.34 ID:b+yaa+hE0
支援する

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/15(土) 20:30:43.40 ID:hGxoc/n3O
SIEN☆

20 : ◆sHNGWXTAUA :2008/11/15(土) 20:31:03.89 ID:XcKF58og0
(´・ω・`)「本当に、『ヒント』=小説という考えだ」

(;'A`)「え、で、でも……それじゃ、めちゃくちゃ運が良かったんですか……?……」

(´・ω・`)「違う。もちろん運などではない」

ショボンさんが、俺の目をしっかりと見る。
そして、力強く、言った。

(´・ω・`)「俺たち警察の中に、犯人がいるという可能性だ」

もっと言えば、この署内に犯人がいる可能性だ、と、ショボンさんは付け加えた。
俺は同様を隠し切れずに、その理由をショボンさんに聞く。
彼は俺から目を離さずに、答えた。

(´・ω・`)「お前が小説の存在に気づいたということは、この署内の人間は知っている訳だ」

(´・ω・`)「それを聞いた犯人が、あらかじめ準備しておいた爆弾を爆破……」

(´・ω・`)「もしお前が小説の存在に気づいていないようならば、
     自分が見つけたかのように俺たちに報告すればいい」

(´・ω・`)「……まぁ、最初はそうする予定だったんだろうがな」

21 : ◆sHNGWXTAUA :2008/11/15(土) 20:32:59.33 ID:XcKF58og0
ショボンさんの意見は、確かに穴は無かった。
穴は無かったゆえに、俺はその推理を信じたくは無かった。
警察……それも署内に、犯人がいるなんてことは。

(´・ω・`)「……まぁ、あくまでも可能性だ。
      個人的には、ヒントは別にあるという可能性の方が高いと思うがな」

('A`)「そうですね……」

(´・ω・`)「っと。この話も大事だが、それよりも続きだ」

('A`)「あ、はい……」

この小説には、まだ続きがある。
俺はマウスを細かに動かしながら、その続きを見始めた。

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/15(土) 20:34:15.03 ID:oTMSeJqaO
ひて

23 : ◆sHNGWXTAUA :2008/11/15(土) 20:35:46.98 ID:XcKF58og0
『警察に見事な宣戦布告を果たした俺様。

馬鹿な奴らは気づいていないが

気づく奴は、気づいたようだ。

そう、これは本物の正義……JUSTICEを掛けての勝負。

俺様は絶対に負けられない!!



……だが、今回は、その俺の覇道を拒むものが現れた。

それは……本物の正義を貫くための心を揺さぶるには

十分すぎる試練だった……』

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/15(土) 20:35:51.25 ID:TFYRPjnD0
支援す

25 : ◆sHNGWXTAUA :2008/11/15(土) 20:38:05.01 ID:XcKF58og0
『俺様は知ってしまったのだ。

あいつが、まさか偽者の正義に落ちるなんて。

あいつだけは、俺様が唯一信頼を置いていたのに……。

だが、仕方がない。

偽者ならば……

消すだけだ。



本物の正義の前に

仲間という言葉は、

無力と化す』


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/15(土) 20:40:01.21 ID:oTMSeJqaO
愛国者のようです復活して下さい

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/15(土) 20:40:05.43 ID:TFYRPjnD0
支援す

28 : ◆sHNGWXTAUA :2008/11/15(土) 20:40:42.09 ID:XcKF58og0
('A`)「……ここで終わってます」

(´・ω・`)「最終投稿日は……1ヶ月前か」

最後にこの文章が投稿されたのは、確かに一ヶ月前。
それまでも、大体三週間に一回程度の投稿だったので、大して珍しくはない。
だが、この文だけでは、これから何がおきるのかは想像することが出来ない。

('A`)「この文からして……恐らく、警察の誰かがまた狙われますね」

(´・ω・`)「ああ。しかも、犯人の知り合いらしい言葉が書かれているな」

つまりは、だ。
今回、もしも、何かしら事件が起きた場合。
犯人は、その身近な人間だと言える。

('A`)(ま、そんな事言っても……事件が起きるのを期待しちゃ駄目なんだけどな)


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/15(土) 20:42:49.67 ID:TFYRPjnD0
支援す

30 : ◆sHNGWXTAUA :2008/11/15(土) 20:43:24.71 ID:XcKF58og0
(´・ω・`)「この作品がここで終わっている以上、別の手段で行くぞ」

ショボンさんは俺の目を見て、力強く言う。

(´・ω・`)「お前はこの小説が掲載されているサイトの会社に行って、
      この小説を書いている奴の情報を手に入れて来い」

('A`)「うっす」

いろいろと書類の手続きを通せば、個人情報も見れるようになる。
多少準備が面倒くさいが、これで一気に犯人に近づけるはずだ。

('A`)「ショボンさんは……?」

(´・ω・`)「今回は俺は別行動だ。
      ちょっと気になることがあってな……」

死亡フラグ乙。
と心の中では呟くが、まさか口に出すことはしない。
それに、このショボンさんに限って、犯人に下手な接触をするとも思えない。


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/15(土) 20:43:42.28 ID:F/J8NJZu0
最近ブーン系おおいなぁ

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/15(土) 20:47:23.42 ID:TFYRPjnD0
支援す

33 : ◆sHNGWXTAUA :2008/11/15(土) 20:47:43.62 ID:XcKF58og0
('A`)「いちおー言っときますけど、絶対に無理はしないで下さいね」

(´・ω・`)「お前に心配されるとは、俺も随分堕ちたもんだな」

(;'A`)「言ってみただけっすよ」

ショボンさんが、俺の顔を見て微笑する。
俺はそれの返事として、勢いよく椅子から立ち上がる。

('A`)「それじゃ、俺はモバパーティの方の書類をやってきます」

(´・ω・`)「おう、頼んだぞ」

座ったままのショボンさんを背に、俺は歩き出す。
少しでも早く、犯人を見つけ出すためにも。

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/15(土) 20:49:50.31 ID:TFYRPjnD0
支援す

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/15(土) 20:50:16.91 ID:nFuOfX8yO
シエンタ

36 : ◆sHNGWXTAUA :2008/11/15(土) 20:50:56.74 ID:XcKF58og0
──……・・
─…・・


三日が経った。
ようやく事務の方から、モバパーティに資料の提出をさせることの許可証が降りた。
俺はそれを手に、早速モバパーティの本社へと走り出す。

('A`)(やっと、あの小説の作者さんの正体が分かるな……)

会社へと向かう途中、俺はその作者の素性を自分なりに推理してみる。
今回は、答えが用意されているだけに、推理するほうも気が楽だった。

('A`)(あの文章力の無さから言って……恐らく学生。
   あのセンスの無いネーミングセンスから言って、戦隊物好きだな。
   ハリケンジャーとかそこらへん好きそうだ)

なんて、ふざけた考え方もして見る。

('A`)(学生で戦隊物好きってことは、オタクだな。
    キモオタだ、たぶん。
    キモオタと言ったらピザが定番だろ。
    キモオタピザ学生って所が妥当かな)


37 : ◆sHNGWXTAUA :2008/11/15(土) 20:52:50.12 ID:XcKF58og0
しばらく電車に揺られた後、俺はようやくモバパの本社へと到着した。
いかにも大手会社という雰囲気を漂わせている玄関。
俺は警察帳と書類があるのを確認し、その中へと足を踏み入れた。

('A`)「すいません、警察の物ですが……」

('、`*川 「警察……はい、話は伺っております。
      こちらへどうぞ」

受付嬢にもきちんと話は伝わっていたらしく、資料の提出はスムーズに行われた。
俺は嬢に連れられ、なにやら厳重な警備のついた部屋へと案内される。
その部屋の棚から、数枚の書類を取り出すと、彼女はそれを俺に渡した。

('、`*川 「これが、例の作品の作者の……登録時の情報です」

('、`*川 「そしてこちらが、登録後のアクセス記録です」

数枚の書類を渡すと、彼女は一つお辞儀をして部屋から立ち去る。
俺も一緒に付いて行かなければならないようで、
ろくに目を通すこともないまま、俺は部屋を後にした。


38 : ◆sHNGWXTAUA :2008/11/15(土) 20:55:29.31 ID:XcKF58og0
部屋を後にし、会社を出た後。
俺はようやくその書類にしっかりと目を通すことが出来た。

('A`)「何々……。内藤ホライゾン(18)って……高校生か」

俺の推理もあながち間違いではなかったようだ。
まぁ、デブオタかどうかは、分かったものではないが。

('A`)「住所も……意外と近いな」

ここから電車で一時間もあれば到着できる場所だ。
俺はとりあえず、資料が手に入ったことをショボンさんに連絡しようと、電話を掛けた。
ニ、三回のコール音の後に、ショボンさんが応答する。

『どうした』

('A`)『あ、ショボンさん。例の作品の作者の身元、判明しました。
   18歳の高校生、男です。また、住所も近いようですが……。どうしますか?』

『ああ、ご苦労だった。
 俺は……まだ少し掛かりそうだ。少し忙しい。
 悪いが、先にその高校生の元へ行ってくれないか?』


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/15(土) 20:55:45.07 ID:TFYRPjnD0
支援す

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/15(土) 20:57:18.50 ID:nFuOfX8yO
( ^ω^)シエンタ

41 : ◆sHNGWXTAUA :2008/11/15(土) 20:58:26.46 ID:XcKF58og0
(;'A`)『行くって……ひょっとしたら犯人かもしれない男ですよ?
    そんな簡単に接触してもいいんですか?』

『犯人だったら逮捕すればいいだろ、あほ』

(;'A`)『んな馬鹿な!相手は銃だって持ってるんですよ!』

『分かった分かった。俺も行く。住所はどこだ?』

('A`)『えっと──……』

俺はショボンさんにその住所を伝え、近くで待ち合わせをすることにした。
犯人である可能性も含めて、一旦署に戻ってから銃を手にする。
約束の時間にたどり着けるように、俺はもう一度電車へと乗り込んだ。

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/15(土) 21:00:25.42 ID:nFuOfX8yO
しえんた

43 : ◆sHNGWXTAUA :2008/11/15(土) 21:01:43.56 ID:XcKF58og0
──……・・
─…・・


(;'A`)「サーセン、ちと遅れました」

俺が待ち合わせ場所に行くと、ショボンさんは既にそこにいた。

(´・ω・`)「気にするな。俺も今着たばかりだ。早く行くぞ」

そう言うショボンさんの顔は、確かにあまり怒っているようには見えなかった。
俺は例の作者……内藤ホライゾンの自宅へと進み始める。
現在の時刻は夕方の6時。
高校生が家にいるかは微妙な時間だが、とりあえずは向かうことにしよう。

('A`)「それにしても、あの作者……やっぱり犯人でしょうか?」

(´・ω・`)「可能性はある。だが、違う可能性もある」

('A`)「って言っても、先に事件を予告していた訳ですしね……」

(´・ω・`)「あの小説を見た他人が、こいつに罪をかぶせようと利用しただけかもしれないだろ?」

('A`)「まぁ……」

44 : ◆sHNGWXTAUA :2008/11/15(土) 21:03:40.24 ID:XcKF58og0
会話をしていると、すぐにその家にはたどり着いた。
そこは周りの都会に比べると少し田舎に近いところで、多くの一軒家が並んでいる。
内藤ホライゾンの家は、その一軒家の一つだった。

(´・ω・`)「電気はついてるな」

('A`)「ええ」

どうします、と尋ねようとしたとき、ショボンさんはためらうことなくインターホンを押した。
ドタバタと足音がした後、男の声で、インターホンから声が流れた。

『……どちら様だお?』

(´・ω・`)「警察です。内藤ホライゾンさんはご在宅でしょうか?」

『け、警察!!』

ガチャン、という荒い音を立てて、接続が切られてしまう。
突然の警察の訪問に驚いた人は何人も見たことがあるが、ここまであからさまなのも珍しい。

('A`)「やっぱり怪しいですね。もう一度鳴らしますか?」

(´・ω・`)「……いや、その必要は無さそうだぞ」


45 : ◆sHNGWXTAUA :2008/11/15(土) 21:05:31.36 ID:XcKF58og0
突然、目の前の扉が開いた。
俺はぶつかりそうになるのを、すんでの所で回避する。

( ;ω;)「警察だおー!警察だおー!」

中から現れた男は、少しぽっちゃり目の涙目の男子。
見た目からして、高校生と言ったところだろうか。

( ;ω;)「待ってたおー!おーん!」

男は出てくるなり、泣きながら俺に抱きついてきた。
重たい体重に俺は倒れそうになるが、そこは何とか踏ん張りとおす。

(;'A`)「ぐ、ぐぇ……」

(´・ω・`)「えっと……君が、内藤ホライゾン君だね?」

そんなことより、こいつを離して下さい、ショボンさん。
俺の願いが通じたのか、ショボンさんはこの男子を俺から引き離してくれた。


46 : ◆sHNGWXTAUA :2008/11/15(土) 21:06:30.20 ID:XcKF58og0
( ;ω;)「おっおっ……僕が内藤ホライゾンだお」

(´・ω・`)「警察を待っていた、と言ったけど、それはどういう意味だい?」

いつもとは違う、優しい声で撫でるショボンさん。
さすがは伝説の刑事といったところだ。
いつもの短気ぶりはどこへ隠したのか、聞きたくなるくらいだった。

( ;ω;)「おーんおーん!きてくれてうれしいおー!おーん!」

(´・ω・`)「おう、おう。分かったから分かったから」

( ;ω;)「おおおー!!」

わんわんと泣き喚く男子。
そこへ、ショボンさんが慰めようとしたのか、男子の耳元に顔を近づけた。

(#´・ω・`)「いつまでも泣いてんじゃねーぞッ!男だろッ!」

(;^ω^)「おおっ!?」

(;'A`)(やっぱり短気だ……)

47 : ◆sHNGWXTAUA :2008/11/15(土) 21:08:05.76 ID:XcKF58og0
ショボンさんの一喝により、完全に泣き止んだ男、内藤ホライゾン。
彼は、ゆっくりと俺たちの質問に答え始めた。

(´・ω・`)「それで、警察を待っていたってのは、どういう事だ?」

( ^ω^)「おっおっ……そのまんまですお……。
      警察が来てくれるのを待ってたんですお」

(´・ω・`)「その理由は?一体何だい?」

僕が犯人だから。
なんて事は言わないだろうが、万が一にも備えて、俺は胸にある拳銃に手を当てた。

( ^ω^)「あの事件、あの小説……警察の方も知ってるお?」

(´・ω・`)「ああ。今日はそのことについて質問するために、ここに来た」

( ^ω^)「あの小説を書いたのは確かに僕だお……でも」

少年は、言葉に力を入れて言う。

( ^ω^)「僕は、あの事件の犯人何かじゃないんだお……」

48 : ◆sHNGWXTAUA :2008/11/15(土) 21:09:03.17 ID:XcKF58og0
( ^ω^)「だから、怖かったんだお!
      ひょっとしたら、僕も犯人から狙われるかもって……!
      それで警察を待ってたんだお……」

(´・ω・`)「自分から警察に行こうとは?」

( ^ω^)「そんな事したら、僕が作者だってみんなに知られるお。
      僕は文章力なんてないから……恥ずかしくて……」

言ってるいることは無茶苦茶だが、この少年の瞳を見ると信じたくなる。
びくびくと怯えているが、どことなく、感じのいい少年ではあった。

('A`)「だけど、明らかに君の小説は『青い花事件』の一連の予告になっている。
    それに関して、自分は何にも関係ないと?」

(;^ω^)「本当だおッ!僕はあの事件に関してはニュースを見るまで何も知らなかったんだお!」

('A`)「それにしても、青い花にしても偽者の正義にしても……上手い偶然か?」

(;^ω^)「小説を見た誰かが、きっと利用したんだお!
      それに……!!」


(;^ω^)「あの小説には、原作があるんだお!!」


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/15(土) 21:09:12.91 ID:YO3C4NO2O
キテタ―!!!!

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/15(土) 21:09:55.24 ID:1LGX3MFH0
支援

51 : ◆sHNGWXTAUA :2008/11/15(土) 21:10:35.60 ID:XcKF58og0

(´・ω・`)「……ほう。詳しく聞かせてもらおう」

(;^ω^)「僕が前に見た小説で……あまりに印象深かったから、それを覚えていたんだお!
       それで、それを携帯小説でリメイクしようと……」

こいつの言っていることが本当かどうかは分からない。
だが、この証言に、耳を傾けないわけにもいかなかった。

('A`)「いつごろの、誰の、何ていう名前の小説だ?探してくるから教えてくれ」

(;^ω^)「えっと……」

内藤の言葉が詰まる。
しばらく悩んだように見えると、彼は重々しく答えた。

(;^ω^)「その小説はもう……この世には存在しないんですお……」

ふざけるな、と怒鳴ろうとする俺を、ショボンさんが横で制止する。
内藤は少し驚いたようにし、慌てて続きを足した。

(;^ω^)「その小説は、個人の人が趣味で書いてて……
      今その人は、もう死んでしまってるんですお!」


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/15(土) 21:12:09.35 ID:YO3C4NO2O
支援

53 : ◆sHNGWXTAUA :2008/11/15(土) 21:12:29.41 ID:XcKF58og0
(;^ω^)「その人は僕の学校の先生で……中学の時の担任ですお。
      いろいろと悩んでいた僕に、相談に乗りながら見せてくれた小説なんですお……」

嘘にしては、ぽんぽんと言葉が続いている。
その彼に、ショボンさんは質問を投げかけた。

(´・ω・`)「相談に見せながら見せたと言うのは……?」

( ^ω^)「……僕は、不登校だったんですお」

不登校、という言葉に異常な反応を示す俺。
先ほどのように怒鳴ろうとすることはなく、彼の話を静かに聴き始めた。

( ^ω^)「夢も無い、学校に行っても面白くないって……。
      その時、相談に乗ってくれたのが、その先生なんですお」

( ^ω^)「その先生がめちゃくちゃ優しくて……家にも入れてくれたりしたんですお。
      それで、そこで先生が書いた自作の小説も読ませてもらったりして……」

(;'A`)(ッ!)

どくん、と、俺の鼓動が強くなるのが分かった。

54 : ◆sHNGWXTAUA :2008/11/15(土) 21:14:10.42 ID:XcKF58og0
(;'A`)(おい……待てよ……)


( ^ω^)「あまりに面白かったから、毎日のように読ませてもらってたんですお。
       原作の方は、僕みたいに稚拙な文章じゃなくて、きちんとした小説で……。
       しかも、めちゃくちゃ巧妙に作られた、事件のトリックまで書いてたんですお」


俺の脳が、刺激を受けたように素早く回転する。

(;'A`)(これって……)



(´・ω・`)「……その先生の名前は?」

(;'A`)(全部……ッ)




( ^ω^)「──荒巻先生、ですお」

(;'A`)(俺と一緒じゃねーかッッ!!)

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/15(土) 21:14:30.29 ID:1LGX3MFH0
支援

56 : ◆sHNGWXTAUA :2008/11/15(土) 21:15:42.26 ID:XcKF58og0
中学時代、俺は学校に行っていなくて。
荒巻先生が、俺に親身にしてくれて。
先生が書いた小説を見せてもらって……。

(;'A`)(あ……あ……)

段々と思い出してくる。
あのときの記憶、俺の気持ち、見せてもらった小説。

(;'A`)(主人公は……違った)

( ^ω^)「あ、先生の書いた小説は、警察側の視点で物語が進むんですけどNE!」


(;'A`)(その主人公がめちゃくちゃ格好良くて……俺は刑事になろうと決めて……)

( ^ω^)「その小説の主人公がめちゃくちゃ格好いいんですお!」


(;'A`)(俺は……)


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/15(土) 21:15:46.22 ID:oTMSeJqaO
支援

58 : ◆sHNGWXTAUA :2008/11/15(土) 21:16:30.84 ID:XcKF58og0


──この原作を



     ──この物語を



           ──この事件を





(;'A`)(中学時代から……知っていたんだ……)




第四話 終

59 : ◆sHNGWXTAUA :2008/11/15(土) 21:17:58.85 ID:XcKF58og0
支援ありがとうございました!
こんなに長く書き溜めしたのは初めてかもしれない!
次回の投下も……いつになるか分かりませんが、よろしくお願いします!

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/15(土) 21:18:57.22 ID:YO3C4NO2O
乙!!
相変わらず引きが上手いな

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/15(土) 21:20:38.64 ID:TFYRPjnD0
乙でした

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/15(土) 21:21:15.82 ID:M6dkq2460
乙!
こういうの大好きだ

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/15(土) 21:21:54.10 ID:1LGX3MFH0
おつー

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/15(土) 21:29:10.81 ID:/Ox02wfX0
乙! 大好物な感じですよ! まとめいってきます!

26 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)