5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【お絵描き落書き】色鉛筆を擬人化して萌えるスレ【師走】

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/29(土) 21:29:21.92 ID:zV599XlU0
ttp://pencil.s92.coreserver.jp/uploader/src/pencil_1050.jpg
ttp://pencil.s92.coreserver.jp/uploader/src/pencil_1051.jpg
ttp://pencil.s92.coreserver.jp/uploader/src/pencil_1052.jpg
ttp://pencil.s92.coreserver.jp/uploader/src/pencil_1072.jpg
ttp://pencil.s92.coreserver.jp/uploader/src/pencil_1073.jpg
ttp://pencil.s92.coreserver.jp/uploader/src/pencil_1074.jpg
ttp://pencil.s92.coreserver.jp/uploader/src/pencil_1075.gif
ttp://pencil.s92.coreserver.jp/uploader/src/pencil_1083.jpg
ttp://pencil.s92.coreserver.jp/uploader/src/pencil_1084.jpg
ttp://pencil.s92.coreserver.jp/uploader/src/pencil_1104.jpg
ttp://pencil.s92.coreserver.jp/uploader/src/pencil_1105.jpg
ttp://pencil.s92.coreserver.jp/uploader/src/pencil_1106.jpg
ttp://pencil.s92.coreserver.jp/uploader/src/pencil_1108.jpg
ttp://pencil.s92.coreserver.jp/uploader/src/pencil_1109.jpg
ttp://pencil.s92.coreserver.jp/uploader/src/pencil_1131.jpg

こんな絵師たちが色鉛筆を擬人化して絵を描いたり、SS書きが物語を綴ったりするスレです。>>2あたりに簡単なテンプレがあります。本当に簡単なので、一回は目を通してね。

※初めての方へ
ようこそ。このスレやまとめwikiで絵を見たり、SSを読んだりして萌えたら住人になってください。いつでも過疎気味なので、絵やSSの投下は大歓迎です。
毎週土曜日の21:00ごろにスレが立ちますが、たまに変動しますので、気に入ったらまとめwikiを必ずブックマークしておいてください。

◆色鉛筆を擬人化スレまとめwiki(旧まとめ死亡につき、新URLで暫定運営中です。ブックマークを忘れずに!)
 ttp://pencil.s92.coreserver.jp/
◆避難所
 ttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/11616/


2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/29(土) 21:29:41.13 ID:zV599XlU0
赤  活発でスポーツ万能。男女問わず友達が多い
青  気が強く姉御肌。人に厳しく自分にも厳しい
黄  お調子者で明るくムードメーカー
緑  口数少なく読書が好き。目つきが悪く、近寄りがたい
白  清楚なお嬢様。身体が弱い
橙  友達とワイワイ騒ぐのが好き。おしゃれ
桃  巨乳。悪気はないけど天然ボケを計算してる
紫  背が低くてちょっと生意気。寂しがり屋
水  気が弱く人見知り。いつも下を向いてる
黒  言いたいことは何でも言う。人から好かれるか嫌われるか両極端
茶  頑張り屋。落ち込みやすいけど元気
黄緑 母性本能が強く誰に対しても優しい

他にも朱色、群青、灰色、侍黒、焦茶、空色などがいます。さまざまな色鉛筆を、君のイメージで擬人化しよう!

◆前スレ:【お絵描き落書き】色鉛筆を擬人化して萌えるスレ【朱色に感謝?】
http://jfk.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1227357297/

◆専用うpろだ
ttp://pencil.s92.coreserver.jp/uploader/upload.html


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/29(土) 21:33:47.36 ID:8DWERiXy0
いちょつ!

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/29(土) 21:37:09.06 ID:foy93ox20
>>1

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/29(土) 21:38:51.44 ID:mjEf6Lw/0
>>1
今度は1000行くといいねえw

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/29(土) 21:55:11.40 ID:kCbDZhoQ0
ttp://pencil.s92.coreserver.jp/uploader/src/pencil_1241.gif
>>1乙黒子

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/29(土) 21:58:17.66 ID:lLDWnRWQ0
黄色「お〜い、みんな〜。晩ご飯できたよ♪」
一同「はぁ〜い」(どうせまたカレーなんだろうな)
黄色「今日はちょっと違うからねw」
一同「・・・」(でも、この匂いはどう考えてもカr(ry )
黄色「今晩はお肉もお魚も野菜もいろいろと入ったチャンコ鍋だよ〜♪」
一同「おおお!」(それじゃ、この独特の匂いは)
黄色「もちろん、スープのベースは黄色ちゃん特製カレーでぇす♪」
一同「やっぱり・・・」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/29(土) 22:00:58.81 ID:mjEf6Lw/0
>>6
黒いwwwたぶん俺たちの求めてるのはその黒さじゃないw
そしてシャツの柄が怖いw

>>7
カレー風味のちゃんこ鍋……それはカレーだろw

9 :1/4:2008/11/29(土) 22:10:50.88 ID:mjEf6Lw/0
勝手に黄緑さんちの平穏な日々

 とんとんとんとん……台所で包丁が小気味よいリズムを奏でている。その音に、居間で紫が遊んでいるテレビゲームの電子音が重なった。
「えい、この、この!」
「紫ちゃん、そろそろゲームやめて宿題やっちゃいなさい。平日は一日一時間までって、色無さんと約束したでしょ?」
 煮物の味を見て小さくうなずき、コンロの火を止めた黄緑は、後ろを振り返ると腰に両手を当てて娘のそばに立った。
「この、この! お母さん、あともうちょっとだけいいでしょ? このダンジョンの最後までいかないとセーブできないんだもん」
「しょうがないわねえ。せめて寝っ転がらずに座ってやりなさい。もう、このところずいぶん行儀が悪くなっちゃって……色無さんに叱ってもらいますからね」
「色無が怒ったって怖くないもーん」
 カーペットの上をごろごろと転がり、ことさらにだらしない格好でコントローラーを握る紫に、黄緑は意味深な笑みを浮かべた。
「あらあら、そんなこと言っちゃっていいの? 紫ちゃんは今年のクリスマス、なんにもいらないのね?」
 とたんに紫はバネではじかれたように身を起こした。
「ず、ずるいよお母さん! クリスマスは関係ないじゃん!」
「関係なくありません。クリスマスプレゼントはいい子しかもらえないんですからね。最近の紫ちゃんは――あら、電話」
「私が出る!」
 黄緑が本格的にお説教をはじめようとしたところを、電話のコール音がさえぎる。これ幸いと、紫は止める間もなく受話器に飛びついた。
「もしもし? あ、色無。うん……うん……ちゃんとやってたよお。お母さん? 今ご飯作ってる。うん……そうなんだ。分かった。じゃあねー」
 どうやらかけてきたのは色無らしい。代わりに出ようとする黄緑の腕を避け、紫はコードレスの子機を持ってコタツの周りを逃げ回った。
「今の色無さんから? 何か急用だったんじゃないの? 代わってくれなきゃダメじゃない」
「ちゃんと聞いたから大丈夫。えーっとね、今日はこっちの方に用事があったから、チョッキを着て帰ってくるって。でも何でチョッキ着るのかな。寒いから?」
 紫から謎の言葉を伝えられ、黄緑はしばし首をひねった。
「チョッキ? チョッキを着て帰るって言ってたの? チョッキ……ああ、『直帰』ね」
 今どき年配の人しか使わない言葉を紫が知っていたことに感心しつつ、暗号を解読した黄緑は胸の前でぽんと手を合わせた。
「まだ五時過ぎたばかりなのに、今日は早いのね。最近残業続きだったから、部長さんが気を遣って下さったのかしら。それで紫ちゃん、色無さんは何時ごろ帰ってくるか言ってた?」
「いま駅に着いたって」
「ええ!? もうそんなところにいるの!?」
 紫が最後に明かした衝撃の事実に、黄緑は仰天した。

10 :2/4:2008/11/29(土) 22:11:16.65 ID:mjEf6Lw/0
「大変、もうあと十五分もしたら帰って来ちゃうわ。急いでお風呂湧かさなくちゃ。お夕飯の支度も途中なのに……紫ちゃん、ちょっと手伝ってくれる?」
「色無はいっつもご飯先に食べるんだから、そのあいだにお風呂湧かせばいいじゃん……そうだ! ねえお母さん、今から色無迎えに行こうよ!」
 右往左往する黄緑をあきれ顔で眺めていた紫が、不意の思いつきに顔を輝かせた。
「迎えに? でも、お母さんまだ料理の途中だし、どこかですれ違っちゃうかもしれないし……」
「ご飯はあとちょっとでできるでしょ? 帰ってきてから作ればいいよ。今すぐ迎えに行って、あそこのたばこ屋さんのところで待ってれば間に合うよ。ね、行こう行こう!」
「ちょ、ちょっと紫ちゃん、引っ張らないで……そうねえ。それじゃ、色無さんをびっくりさせちゃおうか?」
「うん!」
 黄緑は火を止めた鍋を見ながらなおも逡巡していたが、早く早くと腕を引く紫に根負けし、困ったような笑顔を浮かべながらエプロンを脱いだ。

「うー、寒い!」
「ほんと、もう冬ねえ。でも今日はまだ暖かい方だから、歩いてればすぐぽかぽかしてくるわよ」
 寒気に身を縮こまらせる紫の襟元を整えてやり、黄緑は娘の手を取って歩きだした。
「ねえねえ、色無びっくりするかな?」
「そうねえ。きっとびっくりするわね。目をまん丸にして、お母さんと紫ちゃんの顔を二回ずつ見て、一回深呼吸してから『どうしたの、二人とも?』って言うわね」
「うんうん! それで私が『迎えに来たんだよ』って言ったら、ちょっと上を見て、それから下を見て、照れて鼻の頭をかきながらこう言うよ――」
「「『そっか。すっごいうれしい。ありがとう、黄緑さん、紫ちゃん』」」
 一言も違わず同じ台詞を口にし、顔を見合わせて笑い声を上げる二人を、すれ違う人たちが微笑みながら振り返った。

 駅までの道中のちょうど真ん中ほどにあるたばこ屋に到着したとき、色無は通りの向こうで過ぎゆく自動車の列を眺めていた。
「ぴったり! おーい、色無ー!」
 紫が声を張り上げるまでもなく、色無は二人に気づいていた。思わず一歩前に出たが、信号無視は教育上よくないと思い直し、青になるのを待って駆け出す。
 互いに目配せし合いながら待っている二人の前で、色無は目を丸くし、黄緑と紫のあいだで視線を二度往復させ、大きく息を吸い、吐いた。
「どうしたの、二人とも?」
 紫は吹き出しそうになるのを懸命にこらえ、その問いに答えた。
「む……ぷっ……む、迎えに来たんだよ」

11 :3/4:2008/11/29(土) 22:11:44.87 ID:mjEf6Lw/0
 色無は高い空を見上げ、足下の小石を意味もなく蹴り――寒さで赤みの増した顔をさらに朱に染めながら、人差し指で鼻の頭をこすった。
「そっか。すっごいうれしい。ありがとう、黄緑さん、紫ちゃん」
 とたんに爆笑した紫と、口元に手を当てて涙を浮かべながら笑う黄緑を、色無は少し憮然とした表情で見つめた。

「ねえ、そろそろ教えてよ、紫ちゃん。いったい何がそんなにおかしかったのさ」
「だから秘密だって言ってるでしょー。お母さんと私の、二人だけの秘密だもんねー」
「ねー」
「ちぇっ」
 大人げなくむくれる色無の手から、紫が鞄を奪い取った。
「私が鞄持ってあげるから、そんな顔するなー――うわ、重い。よ、いしょっと」
 ランドセルの倍はある重さに驚き、紫は両手でしっかりと抱え直した。
「大丈夫? 落とさないでね」
「平気平気。毎日こんな重いの持って行ってるなんて、お仕事って大変なんだね」
 荷物の重さだけで色無の仕事を評価すると、紫は自分でも持てることをアピールするかのように、その鞄を抱えて駆けだした。「紫ちゃん、気をつけるのよ! もう……すみません、色無さん。大事な書類とか入ってるんじゃないですか?」
「ええ、まあ。でもしっかり鍵もかけてあるし、落としたとしても問題ないですから。僕らは、ちょっとゆっくり歩いて帰りましょうか」
「はい」
 日没直前で真っ赤に染まった空の下を二人で歩く。一段と冷え込んできたが、色無はなんだか身体が火照ってきた気がして上着を脱いだ。
「……なんだか、怖いです」
「怖い?」
 沈黙を破った黄緑の言葉の意味を、色無は理解できなかった。
「はい。いま私、幸せで、とっても幸せで……この幸せを失うのが、怖いです」
 色無は返事を口にすることができなかった。それは最愛の人を失ったことのある者にしか理解できない気持ちだったから。
 代わりに色無は黄緑の手を取り、しっかりと握った。

12 :4/4:2008/11/29(土) 22:12:08.86 ID:mjEf6Lw/0
「色無さん?」
「こんな程度で、なくすのが怖いくらい幸せだなんて思われたら困りますよ。だって俺たち、これからもっともっと幸せになるんだから。そうでしょう?」
 黄緑は少し驚いて口をつぐみ、真っ直ぐ前を向いたままの色無の横顔を見つめ、そしてまつげを少し濡らして微笑んだ。
「そうですね……ほんとに、そうですね。ごめんなさい、変なこと言っちゃって」
「あーっ! 色無がお母さん泣かしたー!!」
 一人でかなり前の方まで行っていたものの、二人を待ちきれずに駆け戻ってきた紫が素っ頓狂な声をあげた。
ttp://pencil.s92.coreserver.jp/uploader/src/pencil_0736.jpg

「泣かしてないよ」
「そうよ。お母さん、ちょっとあくびしちゃっただけ」
 二人が喧嘩したわけではないと納得したらしい紫は、今度は繋がれた手に目をつけた。
「いい歳して手なんか繋いじゃってぇ。二人で何話してたの?」
「内緒だよ。黄緑さんと僕の、二人だけの秘密だもんね」
「ふふ、そうですね」
 とたんに紫はぷーっと頬をふくらませた。
「なにさー、私だけのけものにして! ずるいずるい!」
「ちょ、痛いって紫ちゃん! 紫ちゃんだって、さっき黄緑さんと隠しごとしてたでしょ!」
「私はいいの!」
「あら、私だけ両方知っててお得な感じね」
「そういう問題かなあ……そうだ! それじゃあ紫ちゃん、何か三人だけの秘密を作ろうよ。そしたらみんな平等じゃないかな?」 苦し紛れの色無の提案に、紫は思ったよりも乗り気で食いついてきた。
「それいいかも! 何かないかなあ……お母さん、鍵ちょうだい! おうちで何かないか探してくる!」
 黄緑の手から玄関の鍵を奪い取ると、紫は我が家を目指して一目散に走り出した。
「ふふふ。三人がみんな知ってたら秘密じゃないですよね」
「紫ちゃんが気づくまでは黙ってて下さいよ」
「はい。……三人の秘密、たくさん作りましょうね」
「もちろん、そのつもりですよ」
 寄り添いながら歩く二人の上で、飛行機雲が赤い空に真っ白な線を引いていた。

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/29(土) 22:13:51.94 ID:mjEf6Lw/0
おしまい。元設定の書き手と絵師に百の感謝を。
ヤマもオチもないが、いいんだよ! “平穏な”日々なんだからw

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/29(土) 22:21:52.43 ID:kCbDZhoQ0
ゲームは1日1時間制限が懐かしい響きだw
ウチは30分制限だったナァ。

「今ボスだから!!今ボスだから!!」

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/29(土) 22:33:54.86 ID:foy93ox20
>>13
うちはゲーム一日20分だった...
素敵なSSをつけていただいてありがとうございます!

座敷童子水編
ttp://pencil.s92.coreserver.jp/uploader/src/pencil_1242.jpg

これまでのお話は
ttp://pencil.s92.coreserver.jp/index.php?%A5%E2%A5%CE%A5%AF%A5%ED%A1%BC%A5%E0%A4%CE%BA%C2%C9%DF%C6%B8%BB%D2

注:水たんは未だに白黒を色無しの実子だと信じています

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/29(土) 22:39:58.71 ID:mjEf6Lw/0
>>15
お母さん扱いktkrwwwwww
色無はこの先一生隠し通す気だろうかw

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/29(土) 22:57:42.53 ID:mjEf6Lw/0
保朱

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/29(土) 23:17:59.16 ID:mjEf6Lw/0
保朱

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/29(土) 23:36:59.36 ID:mjEf6Lw/0
いまageとけば日付くらいはまたぐだろう……

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/29(土) 23:53:23.98 ID:f6AQiKmEO
ほし

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 00:10:11.78 ID:2m/s1kWTO
日付変わったほし

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 00:37:04.79 ID:gBUzX77s0
>>15
お母さんwwww「?」な水がかわいいwww

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 01:00:18.96 ID:KQ8Eq12A0


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 01:23:55.09 ID:gBUzX77s0


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 01:55:54.59 ID:gBUzX77s0


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 02:29:24.69 ID:loa3fLJW0
hosyu

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 02:47:26.19 ID:KkeqBZd+O
今北>>1乙!

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 03:22:23.36 ID:Dcrru8Qx0
ほ?

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 04:07:34.21 ID:Dcrru8Qx0
ほほ?

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 04:31:16.43 ID:j6blEXGlO
ねるほ

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 05:10:04.58 ID:Dcrru8Qx0
ほ?

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 05:31:01.89 ID:HX3c8AfS0
あげ

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 06:18:31.19 ID:UXyTuX2t0


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 06:36:00.47 ID:rxw3PpcV0
5分経過
無 「カ、カレーチャンコもけっこう美味いな。」(汗
青 「そ、そうね。」(汗
黄 「でしょ、でしょ!? タップリ食べてね!」(はぁと
10分経過
無 「概ね鍋の中も空いたことだし、ご飯も食べようかな?」(ヤレヤレ
青 「私もそうしよっと。お漬物でも持ってこようか?」(全く・・・
黄 「ちょっと待った!」
一同「?」
黄 「この鍋料理のシメはなんと言っても・・・」
一同(雑炊? それともウドンを入れる?)
黄 「葛を入れて、少し粘りを加えて・・・」
一同(ま、まさか!?)
黄 「はい、黄色ちゃん特製カレーの出来上がり♪」
一同(やっぱり・・・)

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 06:47:50.08 ID:rxw3PpcV0
コンコン
青「ちょっといいかしら?」
無「どうぞ。」
青「今夜のカレーチャンコには参ったわ。」
無「ああ、オマケにシメはカレーライスだからなぁ」
空「決して美味しくないわけじゃないんですけどね。」
青「口直しにオニギリ作ったんだけど食べる?」
無「いいねぇ。さすが青さん。わかってらっしゃる!」
青「べ、別にアンタのために作ったんじゃなくって(ry」(///)
無「はいはいw」
青「何、その言い方!」
空「でもお姉ちゃん、嬉々として作ってたよねw」
青「う、うるさい!」(///)

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 06:59:08.87 ID:rxw3PpcV0
コンコン
黄緑「ちょっとよろしいですか?」
無 「ええ、どうぞ。」
黄緑「(カレー攻めのお口直しに)糠漬け持ってきたんですけど。」
無 「そりゃいいや。いま青がオニギリ持ってきてくれたところなんですよ。」
黄緑「そうなんですか?」(危うく青ちゃんに抜け駆けされるところだったわ)
無 「俺、このキュウリの古漬けをショウガと醤油で食べるの好きなんですよ。」
黄緑「そう思って、ショウガもたくさんすり下ろしてきましたよ。」(うふふふ、計算通りね!)
無 「そうこなくっちゃ! さすがは黄緑さん!俺、もう感動しちゃった!」
青 「そ、そうね。さすがは黄緑ね。」(1番美味しいとこ持っていかれちゃったよぉ…)

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 07:12:58.06 ID:HX3c8AfS0
黄色が永遠の噛ませ犬なのが哀れでならないw

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 07:17:40.71 ID:rxw3PpcV0
こうして【 黄 緑 最 強 伝 説 】が構築されていくわけですよ。

ほんと、黄緑さんって最強wwwwwwwwwwwwwww
おや、こんな時間に誰だろう?

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 08:45:03.97 ID:mgiSVPbM0
おはようほす

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 09:41:52.36 ID:PE/0Tl1B0
GJ!


ttp://pencil.s92.coreserver.jp/uploader/src/pencil_1243.jpg

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 09:47:15.63 ID:HX3c8AfS0
ロリ天使な赤キターwwwww
だが最も重要なのはスパッツだよな、そうだよなwwwwww

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 10:13:38.39 ID:5g8Sj3YB0
スパッツと聞いて飛んできました

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 10:50:03.72 ID:2m/s1kWTO


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 11:29:19.60 ID:4jkRKMgvO
携帯から保
夜まで残っててくれ

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 11:59:36.55 ID:2m/s1kWTO
サムライブラック保守

男「よく来たな。まぁ座れ。」
色「お、おう。(何だあいつ座ってる玉座みたいなのは……?)」
男「侍黒。」
侍「はっ!(カチャン)」
男「静岡から取り寄せた茶だ。」
色「その、お茶はいいとしてその椅子は何?どっかの魔王が座ってそうなんだけど。」
侍「陛下に向かって魔王などと不遜な!(シャキン)」
男「(スゥ)控えよ。」
侍「(カチャン)」
色「侍黒はずっと立ってるの?」
侍「陛下を御守りするのが某の役目故。」
色「あっそ。」
男「ところで君が俺の元に来るとは珍しいな。」
色「この前貸したあれなんだけど。」
男「外してくれ。」
侍「(ス ガチャ)」
男「で、どうだった?」
色「ガーターベルトは男のロマン!」
男「やっぱ自然なエロを人為的に作ろうとするからやっつけ感が」
侍「(バァン)天誅ゥ!!!(パシ)」
男「あ!」
侍「(スパ バキン)打ち取ったりぃ!」
男「む、謀反……!(ワナワナワナワナ)」

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 12:27:04.38 ID:rxw3PpcV0
>>42
黄色ちゃんはやればできる子!

ただ、やり方がわかっていないだけ。
でもね、誰もやり方を教えてあげないんだよ。
みんな、「最後に勝ち残るのは自分!」だと信じているから。


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 12:54:03.18 ID:HX3c8AfS0
>>45
二人は何をやっとるんだw
正直、色無みたいな生活してたら性欲なくなって仙人みたいになると思うがなw
それとも逆にたまりまくって男と共にマニアック路線に走るのかw

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 13:44:03.59 ID:qi7kQpYvO
>>45
なんだかよくわからんがカオスwww

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 14:06:11.70 ID:HX3c8AfS0
昼寝するから投下で埋めつくしといてくれw

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 14:34:05.56 ID:KkeqBZd+O
保守

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 15:15:07.95 ID:qi7kQpYvO


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 15:45:42.48 ID:qi7kQpYvO
すまん保守で埋まりそうw

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 16:26:10.85 ID:qi7kQpYvO
保守

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 16:53:10.83 ID:k042Xslp0
今日は冷えますね
ttp://pencil.s92.coreserver.jp/uploader/src/pencil_1244.jpg

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 16:59:47.72 ID:gBUzX77s0
>>54
この娘は白でいいのかな?それとも水?
今すぐにその手をぎゅっと握りしめてあたためてあげたいwwww

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 17:22:36.46 ID:gBUzX77s0


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 17:38:11.20 ID:k042Xslp0
あまりにも寒いので一人マフラー祭


ttp://pencil.s92.coreserver.jp/uploader/src/pencil_1245.jpg


>>55
分かりづらくてすいませんorz
一応水だけど白でも問題無し!

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 17:54:21.93 ID:gBUzX77s0
>>57
水か、すまんかったwそんなこといわずにもしよかったら白も描いてくれるとうれしいw
あとこの青はいただいていきますね

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 18:15:16.87 ID:rxw3PpcV0
>>54
>>57
水ちゃん、お父さんと一緒にお家に帰ろうね。
黄緑さんが美味しいご飯作ってくれてるから。
なんと今晩は牡丹鍋だよ、すごいだろ!?
もちろんメインのイノシシは(ry

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 18:42:57.70 ID:j6blEXGlO
ほし

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 19:06:19.14 ID:gBUzX77s0


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 19:24:58.52 ID:Dcrru8Qx0
ほす

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 19:53:05.44 ID:Dcrru8Qx0
ほせ?

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 19:53:07.16 ID:I7/PNl5A0
ほっほー

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 20:04:48.70 ID:gBUzX77s0
薄黄
ttp://pencil.s92.coreserver.jp/uploader/src/pencil_1246.jpg

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 20:06:59.46 ID:I7/PNl5A0
あらゆる意味で食べたいwwww

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 20:08:45.51 ID:k042Xslp0
>>65
ニア お姫様抱っこでベッドイn(ターン

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 20:33:54.07 ID:k042Xslp0


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 20:53:36.23 ID:gBUzX77s0
保守

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 21:14:40.84 ID:HX3c8AfS0
寝て起きたら絵が3枚も投下されてるwどれも素晴らしいw

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 21:16:38.05 ID:k042Xslp0
>>70
寝すぎだろw

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 21:41:42.96 ID:Dcrru8Qx0
ほ?

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 21:43:56.37 ID:HX3c8AfS0
age

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 21:57:37.06 ID:mgiSVPbM0
hosu

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 21:58:40.44 ID:k042Xslp0
マフラー白黒
ttp://pencil.s92.coreserver.jp/uploader/src/pencil_1247.jpg

着色とシチュエーションは各自脳内補完で

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 22:02:43.44 ID:HX3c8AfS0
百合はいいねえ……心が洗われるwww
おそろいのマフラーして恥ずかしそうな二人とか最高ですw
でも長いマフラーで恋人繋ぎとかも大好物ですw

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 22:16:29.12 ID:Dcrru8Qx0
ほわってなった

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 22:32:48.05 ID:mgiSVPbM0

座敷童子水編
ttp://pencil.s92.coreserver.jp/uploader/src/pencil_1248.jpg
ttp://pencil.s92.coreserver.jp/uploader/src/pencil_1249.jpg


これまでのお話は
ttp://pencil.s92.coreserver.jp/index.php?%A5%E2%A5%CE%A5%AF%A5%ED%A1%BC%A5%E0%A4%CE%BA%C2%C9%DF%C6%B8%BB%D2

今まで長らくお付き合いありがとうございました。
グダグダ感あふれまくりですが、なし崩し同棲ENDということでひとつ。

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 22:37:01.56 ID:HX3c8AfS0
ついに完結か……長いあいだお疲れ様でした!
水の表情3連コマの表現が実にいいw気持ちの流れがよく分かるうえに激しく萌えるw
それに対して色無は手を抜きすぎワロタwまあ確かに男はどうでもいいけどなw

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 22:46:44.35 ID:j6blEXGlO
>>78
色無の手抜きっぷりに吹いて、水の表情3コマに萌えて、ハッピーエンドに目から汗が……


本当に長い間お疲れ様でした!
この座敷わらしマンガがスレに与えた影響は計り知れないものがあると思われますw
あと気が向いた時にでも、後日談的なものを描いて下さることを大いに期待しておりますw


81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 22:47:16.18 ID:HX3c8AfS0
よく考えると完結したのは座敷童子“水編”だよな
これからも末永くワラシーズをかき続けてくれ
なぜなら俺が大好きだからw

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 23:08:11.78 ID:Dcrru8Qx0
色無吹いたwww

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 23:19:51.10 ID:HX3c8AfS0
age進行でこの素晴らしいスレを世に広めようw

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/30(日) 23:27:56.04 ID:2m/s1kWTO
ほし

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/01(月) 00:01:27.73 ID:5BZKqSBb0
あっがれえええ

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/01(月) 00:01:46.09 ID:5BZKqSBb0
oh
miss

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/01(月) 00:02:18.37 ID:YS0GyygtO
サムライブラック保守

侍「遂に手に入れた……!『乳輪火山』『ドエロでござる』『バンブーソード』。あとはこれを仕込めば……。」
侍「今日はこの紙袋に隠しておるのか……。ククク、明日が楽しみだ。」

翌日
男「はい色無しさん。例のやつ。」
色「恩に着る。」
男「俺が選別した精鋭ばかりだから。」
その夜
色「なんじゃこりゃ?全部袴とか着物とか、バンブレのパロディか?まぁ、見てみるかとりあえず。」

翌日
男「そしたらコンニャクがさぁ」
侍(こやつ、まだ見ておらぬのか?)
男「聞いてる?」
侍「ん?あぁ。」
男「あ!色無しさん!おはよう!」
色「おはよう。」
侍「おはよう。」
色「(ビクン)!お、おはよう………。(///)」
侍「どうした?某の顔に何かついておるか?」
色「い、いや……。(///)」
侍「まさか……!男、貴様、色無しに何か貸してはおらぬよな………」
男「さ、さぁ?なな何の話かな?」
侍「きぃさまぁ〜!!!!!なんて、なんてことをしよるのだぁ!!!!」
男「お、落ちつけ!何も泣かなくていいだろ!男同士の貸し借りに」
色「男!俺はもうダメだ!殴ってくれ!頼むから俺の目を覚ましてくれ!」
男「二人して泣いてよってくるなよ!もうわけわからねぇよ!」

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/01(月) 00:18:54.14 ID:YS0GyygtO


89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/01(月) 00:34:11.15 ID:+Iz6h1hf0
なんだかカオスな三角関係(?)にwww

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/01(月) 00:50:31.75 ID:5BZKqSBb0
策士策に溺れるw

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/01(月) 00:54:18.05 ID:SZMHMbNzO
>>78
最後のコマ…
見えないとこでいちゃいちゃすんなよ二人!

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/01(月) 01:41:01.08 ID:YS0GyygtO
ほし

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/01(月) 02:10:26.76 ID:5BZKqSBb0
 

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/01(月) 02:10:54.98 ID:SZMHMbNzO
寝るほ

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/01(月) 02:44:08.06 ID:5BZKqSBb0
ほほぉ

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/01(月) 03:11:30.13 ID:5BZKqSBb0


97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/01(月) 03:37:07.13 ID:5BZKqSBb0


98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/01(月) 03:58:29.39 ID:ktBB+y2dO
ふぉ

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/01(月) 04:34:55.72 ID:ktBB+y2dO
らんら

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/01(月) 04:50:08.41 ID:xMXT3vGaO
仕事前ほ

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/01(月) 05:12:38.28 ID:YS0GyygtO


102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/01(月) 06:13:14.30 ID:5BZKqSBb0


103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/01(月) 06:44:36.79 ID:5BZKqSBb0


104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/01(月) 07:29:53.70 ID:SZMHMbNzO
おはよう

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/01(月) 07:47:48.62 ID:hiiLhVbG0
>>78
貴方が良質な座敷童子作品を提供して下さるから、それを栄養源として
優しいけど基本マヌケな色無+天然のしろ+ツンデレのくろという、
お決まりパターンの座敷童子ギャグ編を作ることができてるんですが。

真面目な座敷童子の文章作品のみをご希望なみなさんにはまことに申し訳な(ry

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/01(月) 08:57:17.28 ID:hiiLhVbG0
保守

107 :【紫と大吉】:2008/12/01(月) 10:00:14.48 ID:YdBXV3kA0
今月の運勢と嫁チェック

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/01(月) 11:28:32.24 ID:YS0GyygtO
ほし

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/01(月) 12:05:49.46 ID:xMXT3vGaO
>>105
早く投下の準備をするんだ!さぁ早く!!

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/01(月) 13:14:21.87 ID:I3j3gWVU0
ほしゅ

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/01(月) 14:13:35.46 ID:SZMHMbNzO
保守

112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/01(月) 15:16:01.90 ID:YdBXV3kA0
日差しが暖かいからちょっと縁側で猫と紫とひなたぼっこしてくるわ

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/01(月) 16:17:11.79 ID:Uqr07IpkO
保守

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/01(月) 16:55:06.52 ID:SZMHMbNzO
今だに注射が怖い紫

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/01(月) 17:33:15.14 ID:CEJ6hyBrO
ほほ

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/01(月) 18:05:58.11 ID:qhSZeyl30
保守だ

117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/01(月) 18:11:26.54 ID:YS0GyygtO
ほし

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/01(月) 18:32:29.11 ID:xMXT3vGaO
>>114
紫「色無ぃ、暇だからなんか面白い話してよー。」
色無「よしきた。この前さぁ、ちゅうしゃ――」
紫「(ビクンッ!!)」
色無「――禁止の場所に車がちゅうしゃ――」
紫「(((ガクガクブルブル)))」
色無「しててさ……って、何ふるえてんだよ?大丈夫か?」
紫「ん、んーん……なななんでもないかからつつつづけて!」
色無「いや、どうみても異常だから……なんでふるえてるのか、教えてくれよ。」
紫「……わ、笑わない?」
色無「うん。(……多分)」
紫「あ、いま心の中で多分って付け足したでしょ?」
色無「なにっ、心を読まれただと?!」
紫「へぇー、本当にそう思ってたんだ。」
色無「……紫にしてやられる日がくるとは夢にも思わなかった。」
紫「バカにしてる?してるよね?」
色無「いいえ、そんなことはありませんよ。それより早く理由を……」
紫「うっさい!もー知らないっ!」


ってとこまで妄想した。
続きの展開デレ多めで誰か頼んだ!

119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/01(月) 19:00:20.69 ID:qhSZeyl30
無「まぁまぁ、そう怒りなさんなって(がしっ)」
紫「うっさい!放してよ!」
無「……なんだかお前が怖がってるみたいだからさ、心配なんだよ。教えてくれないか?(ぎゅっ)」
紫「……誰にも言わない?」
無「言わない言わない」
紫「……注射が嫌いなの」
無「あー、なるほどね」
紫「笑わないの?」
無「俺も昔駄目だったからな、気持ちはわかるよ」
紫「色無がちゅうしゃちゅうしゃって言うから、思い出しちゃって……」
無「そりゃ俺が悪かったな。謝るよ」
紫「ううん……色無は悪くないよ。私が怖がりなだけだもん」
無「気にすんなって。人間少しは弱点が無いとかわいくないだろ?(ぐしぐし)」
紫「ん……(色無の手、あったかい……お父さんみたい……)」
無「(ぽんぽん)よし!もう大丈夫だろ。悪かったな、色々と。じゃあな」
紫「あ……待って!もう少し……一緒にいて?」
無「……仰せのままに、お姫様」

120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/01(月) 19:03:19.81 ID:qhSZeyl30
だめだこりゃ
やっぱり他に誰か書いて下さい

121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/01(月) 19:05:20.89 ID:rHUYRBTr0
>>118

無「でな?駐車違反の――」
紫「わぁーっ!」
無「……なんだよ」
紫「…なんでもない」
無「駐車…」
紫(ビクンッ!)
無「あー…注射?」
紫(ビクンッ!)
無「ちゅう…」
紫「ひっ…!」
無「………」
紫(((ガクガクブルブル)))
無「……チュー、しよっか?」
紫「……へっ?」
無「………」
紫「………」

朱「おー、気持ちのいいくらいもみじ形だなぁーそのほっぺた」
無「…いや、悪いと思ってます。本当です」


122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/01(月) 19:32:32.71 ID:rHUYRBTr0
ほしゅ

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/01(月) 19:36:38.00 ID:xMXT3vGaO
>>119
とろけた(*´д`)
紫は甘え上手だよなぁw

>>121
赤面してドキドキしてる紫想像したら悶えたwww

124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/01(月) 20:02:25.01 ID:rHUYRBTr0


125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/01(月) 20:08:19.63 ID:qhSZeyl30
>>121
さすがにチューは無理だったかw

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/01(月) 20:19:29.21 ID:rHUYRBTr0


127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/01(月) 20:52:38.99 ID:qhSZeyl30
保守

128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/01(月) 21:20:16.50 ID:xMXT3vGaO


129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/01(月) 21:34:35.81 ID:rHUYRBTr0
ほしゅ

130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/01(月) 22:02:23.73 ID:+Iz6h1hf0


131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/01(月) 22:27:10.31 ID:rHUYRBTr0
ほしゅ

132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/01(月) 22:55:07.07 ID:+Iz6h1hf0


133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/01(月) 23:26:32.26 ID:ShMLf2490
何故金色がいないんだ



134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/01(月) 23:26:37.82 ID:+Iz6h1hf0


135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/01(月) 23:32:37.87 ID:+Iz6h1hf0
その昔金色銀色のロリ姉妹が一応いたはず

136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/01(月) 23:36:31.66 ID:ShMLf2490
>その昔金色銀色のロリ姉妹が一応いたはず

なん・・・だと・・・?

過去ログ漁ってくる

137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/01(月) 23:47:05.67 ID:b60x2T/90
かなり昔だったような……w

138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/01(月) 23:59:49.37 ID:hiiLhVbG0
ダメだ!
ネタが思い浮かばない・・・orz

保守して寝る。ノシ

139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/02(火) 00:29:26.50 ID:BEk+W9b20
保守して寝る

140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/02(火) 00:39:51.44 ID:+M84UJdf0
じゃあ保守する!

141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/02(火) 00:58:54.85 ID:+M84UJdf0


142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/02(火) 01:29:06.42 ID:+M84UJdf0
ほす

143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/02(火) 01:52:08.13 ID:popnjbc3O
寝る保守

144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/02(火) 03:31:35.83 ID:jdERqyu4O


145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/02(火) 04:35:46.56 ID:RmfA+TPKP


146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/02(火) 05:30:38.32 ID:jdERqyu4O
ほほ

147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/02(火) 06:03:08.63 ID:dGYEifA0O
朝に弱い色娘は誰だろう?
灰を筆頭に、茶とかは寝惚け眼で色んな事してそう。
あと、意外に青とかも低血圧で弱そうだ。
逆に赤とか黄緑さんはめっぽう強そう。



歳を重ねると起きるのが早k

148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/02(火) 06:55:16.88 ID:u3a/wCyU0
しろ「色無さ〜ん。じゃがいも全部すり潰したよ♪」
くろ「ミンチ肉も野菜も荒熱取れてるぞ。」
色無「それじゃ、丸めてコロッケにするぞ!」
しろ「お〜!色無さんも俵型がいいよね!?」
くろ「何言ってるんだ、コロッケといえば小判型だろ?」
しろ「プププ。だからくろちゃんは『田舎者』って言われるんだよw」
くろ「失礼な、誰が田舎者だ!?」
しろ「くろちゃんw」
くろ「しろの方が年増のババアのくせにw」
しろ「歳の話をするんだったら、しろちゃんはもっと私に敬意払うべきよ!」
   ( 中  略 )
色無「どうやら腹が減るとイライラしてくるのは人間だけじゃないようだなw」

149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/02(火) 06:58:53.25 ID:u3a/wCyU0
>>147
147、後ろ! 後ろ!

連日の過労が重なる群青さんも朝は弱そう。
朱色さんも二日酔いで、やはり朝は辛いだろうな。
焦茶さんは、色無への早朝凸で養分を補給できるんだが・・・

150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/02(火) 07:26:44.42 ID:popnjbc3O


151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/02(火) 09:12:21.93 ID:EWISWJK4O


152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/02(火) 10:35:18.19 ID:jdERqyu4O


153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/02(火) 11:15:14.25 ID:6k0RMnBz0
>>148
最後のしろの台詞がおかしいぞw


154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/02(火) 12:23:41.14 ID:8lHjqJ88O


155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/02(火) 12:28:40.51 ID:r994i+ZH0
敬意を払え…そうすれば我々に敗北はない

156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/02(火) 12:30:30.51 ID:u3a/wCyU0
しろ「色無さ〜ん。じゃがいも全部すり潰したよ♪」
くろ「ミンチ肉も野菜も荒熱取れてるぞ。」
色無「それじゃ、丸めてコロッケにするぞ!」
しろ「お〜!色無さんも俵型がいいよね!?」
くろ「何言ってるんだ、コロッケといえば小判型だろ?」
しろ「プププ。だからくろちゃんは『田舎者』って言われるんだよw」
くろ「失礼な、誰が田舎者だ!?」
しろ「くろちゃんw」
くろ「しろの方が年増のババアのくせにw」
しろ「歳の話をするんだったら、くろちゃんはもっと私に敬意払うべきよ!」
   ( 中  略 )
色無「どうやら腹が減るとイライラしてくるのは人間だけじゃないようだなw」


157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/02(火) 12:31:38.39 ID:u3a/wCyU0
>>155
いかに敬意を払ったとしても、黄緑さんにそれは通じな(ry

158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/02(火) 13:18:31.46 ID:popnjbc3O
保守

41 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)