5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

(,,゚Д゚)ギコと从 ゚∀从ハインと学園都市のようです

1 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 20:30:17.31 ID:jAu1zkOq0

     _, ,_
   ( `Д´) サスサス
   /つ つ ))
     ⊂⌒( ・∀・)
       `ヽ_つ ⊂ノ

     _, ,_
   ( `∀´)
   /つ つ   _, ,_
     ⊂⌒( ・Д・) < あぁぁぁぁあんんんんっふぉぉおおおおっほぇぇぇぇええあはあああぁぁぁぁっ
       `ヽ_つ ⊂ノ

     _, ,_
   ( `Д´) サスサス
   /つ つ ))
     ⊂⌒( ・∀・)
       `ヽ_つ ⊂ノ


そんな感じで第十四話。

まとめて下さっているのはオムライス様です
http://vipmain.sakura.ne.jp/559-top.html

2 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 20:31:14.63 ID:UwI1orqE0
来年からの携帯規制についてのお知らせ
http://2chplus.2ch.net/test/read.cgi/superfree/1209042535/3

3 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 20:33:15.95 ID:jAu1zkOq0

――――第十四話

              『白雷の疾風』――――――――――





                 走れ
                 走れ
              ひたすらに速く



4 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 20:33:29.14 ID:CP1z3AKmO
支援

5 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 20:33:44.82 ID:o6tJ8HLM0
だーーーーーらっしゃーーーーー支援

6 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 20:33:56.73 ID:xlyh1cQ3O
ktkr!

7 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 20:34:34.65 ID:C/1A823VO
お?

8 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 20:34:43.29 ID:hFOeVCr+O
きたー。わくわくてかてか
ハインつよいのかなー

9 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 20:34:51.87 ID:XWbDgxs2O
おー来てる来てる 支援

10 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 20:35:15.90 ID:jAu1zkOq0
ノパ听)「夜の見回り行ってきますッ!!」

ヒートの元気良い声が響いたのは、学園敷地内にある施設の一室、生徒会室だ。
電灯に照らされる室内には白色のデスクが規則正しく並び、
それらを統括するように、生徒会長用の大きな事務机が最奥に置かれている。

今、室内にはヒートを除いて3人の生徒がいた。

ミセ*゚ー゚)リ「あ、いってらっしゃーい」

デスクの一つで事務作業をこなすミセリと、

(゚、゚トソン「レクリエーションで生徒が少ない状態とはいえ、気を付けて行ってきて下さいね」

部屋の隅で銀弓の手入れをするトソンと、

川 ゚ -゚)「ふむ……私の言うことが無くなってしまったな」

最奥のデスクでPCのボードを叩くクーだ。
生徒会長である彼女がこの時間になっても残っているのは、真面目で責任感が強い証拠とも言えるだろう。
そんな彼女は、生徒会の仕事に出かけるヒートへ顔を向け、

川 ゚ -゚)「とにかく気を抜かずにな。 見回りとはいえ立派な仕事だ」

ノパ听)ゝ「はいッ! お任せあれッ!!」

11 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 20:37:02.45 ID:HitOnCodO
支援

12 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 20:37:05.67 ID:jAu1zkOq0
びしっ、と敬礼を決め、颯爽と生徒会室を出て行くヒート。
実直で素直で頭がちょっと緩い子だが、実力は確かだ。
そこらの悪漢など――この都市にいれば、の話だが――容易く制圧出来るだろう。

川 ゚ -゚)(ヒートにもルヴァロンの血が流れている、ということか)

思いながら、傍にある窓へ視線を移す。
黒色の鏡にも見える窓の表面、写る自分の姿を見ながら、

川 ゚ -゚)(……シューとは正逆だな。
     血の濃淡か、それともヒートがより濃く受け継いだか)

彼女達の姓である『ルヴァロン』。
西方に属する騎士家系の一つだが、『民衆守護』よりも『昇華伝承』に近い性質が特徴だ。
騎士というより、武家に近いのかもしれない。

使命は、己の技量を高め、それを子孫を通じて後世に伝え残すこと。
そのせいか、この家系に属する者は武芸の才能を持って生まれることが多い。

不確かな記録だが、祖先はかつての亜人戦争で『ミオアーレ』や『エイベ』などと肩を並べて戦ったらしい。

13 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 20:37:10.67 ID:8oW3+v8WO
支援

14 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 20:37:57.78 ID:8oW3+v8WO
wktk

15 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 20:38:43.66 ID:jAu1zkOq0
川 ゚ -゚)(不思議なものだが、レモナ=ミオアーレとは友好を超越した深い関係にあるんだよな。
     ……まぁ、あまり話したことはないが)

ヒートの友人と言うことで挨拶をしたことはあったが、彼女のテンションについていけなかった記憶がある。
今でも交友関係は続いているようで、あれはあれで良い子なのだろう、と思う。
イベントなどで名前が上位に入っているのを見たことがあるし、実力はあるはず――

(゚、゚トソン「会長?」

川 ゚ -゚)「……ん? どうした?」

(゚、゚トソン「いえ、ぼんやりしていたようなので……」

川 ゚ -゚)「あぁ、すまない。 考え事をしていた」

(゚、゚;トソン「あ、すみません。 邪魔をしてしまいましたか?」

川 ゚ -゚)「謝ることはない。 むしろ感謝するよ。
     時間的にも、そろそろ切り上げないといけないしな」

再び作業に没頭し始めるクーを見て、トソンは見えないよう小さく溜息を吐く。
ふと視線を逸らせば、こちらを見てニヤニヤしているミセリがいた。

16 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 20:40:01.21 ID:o6tJ8HLM0
しぇn

17 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 20:40:28.62 ID:jAu1zkOq0
ミセ*゚ー゚)リ「トソンって普段はセメントなのに、生徒会長のことになると乙女になるよね?
      目が女の子になるよね? ね?」

(゚、゚トソン「……尊敬の表れです。 他意はありません」

ミセ*゚ー゚)リ「えぇ〜そうかなぁ? 時々、視線がすごいうっとりして――」

(゚、゚トソン「尊敬の表れです。 他意はありません」

ミセ*゚ー゚)リ「またまたぁ、照れちゃっ――」

(゚、゚トソン「尊敬の表れです。 他意はありません」

ミセ*゚ー゚)リ「…………」

(゚、゚トソン「…………」

ミセ;゚ー゚)リ「……わ、私の勘違いだったかなぁっ」

(゚、゚トソン「誤解が解けたようで何よりです。
     さぁ、生徒会長が言うようにさっさと仕事を終わらせてしまいましょう」

自分の武器である機械仕掛けの銀弓を折り畳み、腰のホルダーに収納。
ミセリを手伝うため立ち上がったところで、外から音が響くのを聞いた。

地面を打撃する音だ。

大きく、そして根深い。
少し遅れて、わぁ、とか、おぉ、とかいう声が小さく聞こえた。

18 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 20:41:19.55 ID:HitOnCodO
シュールもいるのかwktk

19 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 20:42:10.75 ID:DxdQEPLcO
うっはー!

20 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 20:42:44.02 ID:eECkSy+rO
きたきたきた!!!

21 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 20:42:58.44 ID:jAu1zkOq0
(゚、゚トソン「そういえば1・2年生のレクリエーションは学園敷地内で行なわれていたのですね。
     去年と同じ舞台で、同じ状況、そして同じく、相手は渋澤先生ですか……」

川 ゚ -゚)「うむ。 そのようだな」

ミセ*゚ー゚)リ「さっきからドンドン音聞こえてたけど、気付かなかった?」

問うと、トソンは少し考え、

(゚、゚トソン「……作業に集中していたので。
     しかし、『鉄拳』の性能は相変わらずのようですね。
     アレの正体を見破らない限り、渋澤先生からヒットをとるのは難しいでしょう」

言いながら一昨年のことを思い出す。

今のギコ達と同じように、生徒達VS教師という状況で戦ったレクリエーション。
終盤の方まで生き残れたものの、結局あの『鉄拳』の正体を見破るまでは到達できなかった。
いくつかの得た情報から、どうにも腑に落ちない要素が見つかったのだが。

(゚、゚トソン「――!」

そこでトソンは我に返った。
視線を感じたのだ。

川 ゚ -゚)「…………」

振り向けば、クーがこちらを見ている。

22 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 20:42:59.24 ID:c1yMolydO
支援

23 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 20:43:39.11 ID:IXL5Lmh0O
支援!!!!

24 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 20:45:16.26 ID:t7QCE3VKO
シューは俺のよめ

25 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 20:46:28.05 ID:QeAexTa+O
今夜も来た!支援!

26 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 20:47:17.64 ID:jAu1zkOq0
川 ゚ -゚)「トソンは『鉄拳』について、何か推測しているか?」

(゚、゚トソン「え?」

川 ゚ -゚)「何か考えているのなら聞かせてほしい。
     突然だが、ここで君の洞察力をテストしようか」

言葉を聞いた時、一気に緊張が来た。
憧れのクーを前にして、しかも彼女から直々のテストとは。
心臓の鼓動が乱れそうなのを抑えつつ、トソンはゆっくりと言う。

(゚、゚トソン「……『鉄拳』とは、決して限定無しの自由な術式ではない、と思います」

川 ゚ -゚)「ふむ」

(゚、゚トソン「渋澤先生は巧妙に隠そうとしていますが、実は一定のルールがあるのが解っています。
     『鉄拳』で地面を叩くのは、もしかしたらインパクト重視なのかもしれませんね。
     派手な部分に目を引かせて他を見えなくする、というように」

ミセ*゚ー゚)リ「一定のルールって?」

ミセリの質問に、トソンは深く頷いた。

27 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 20:48:10.92 ID:Ux5UVlV/O
連日キタ━━(゚∀゚)━━!!!

28 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 20:48:55.16 ID:IXL5Lmh0O
支援!

29 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 20:50:09.12 ID:jAu1zkOq0
左手を掲げて、まず人差し指を立て、

(゚、゚トソン「一つ目は、連射が効かないこと」

中指を立て、

(゚、゚トソン「二つ目は、一度に一撃分しか発動出来ないこと」

薬指を立て、

(゚、゚トソン「三つ目は、下方打撃しか出来ないこと。
     まぁ、これらはしっかり観察していれば誰でも解ることですが」

川 ゚ -゚)「成程。 そして?」

(゚、゚トソン「つまり渋澤先生の攻撃は、一回凌げば少し安全が確保できるようになっているのです。
     わざとそういう風にプログラムしたのかどうかは知りませんが、
     これは生徒達にとって付け入る隙となるのは、まず間違いありません」

そこでクーが、トソンの言葉を制するように首を振った。

川 ゚ -゚)「だが、渋澤先生は『鉄拳』以外にもナイフを持ってる。 そこをどう説明する?」

30 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 20:50:12.63 ID:QeAexTa+O
百合少女がいっぱい支援

31 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 20:53:42.36 ID:jAu1zkOq0
(゚、゚トソン「そう、それです。 それもヒントなのです」

あれだけ便利で強力な『鉄拳』を扱いながらも、ナイフを持っている理由。

例えば相手が複数で襲ってきたり、隙を突いて懐に入られた時など、
確かに防御用として携帯しておく理由はいくらでも存在するだろう。

だが、今行われているのはレクリエーションだ。
そんな『普通の理由』でわざわざナイフを持つだろうか。
何より、彼は格闘もこなせる戦士なのだ。

メッセージがある、とトソンは判断していた。
敢えてナイフを持つことで、何かに気付かせるヒントとしているのだ、と。

川 ゚ -゚)「…………」

目の前、クーがこちらを見ている。
無表情とも微笑ともとれる表情は、何かを期待しているような色だ。

誘導されているな、と思いながら、トソンは言う。

(゚、゚トソン「――つまり『鉄拳』は、術者の周囲に落とすことが出来ないんですよ」

32 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 20:58:34.00 ID:KtDX2LqF0
二日連続でtktkしてます支援

33 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 20:58:46.65 ID:QeAexTa+O
支援

34 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 20:59:32.90 ID:jAu1zkOq0
首を傾げたのはミセリだ。
彼女は、え、と前置きした上で、

ミセ*゚ー゚)リ「……どういうこと? どうして周りに落とすことが出来ないの?」

(゚、゚トソン「ここからは推測に過ぎませんが、
     その見た目の反して、『鉄拳』とは不安定な術式なのだと思います。
     おそらく、指定した地点に落とす時、多少のブレが生まれるほどの」

だから自分の周囲に落とせない。
狙いからブレた『鉄拳』の範囲に、自分が入ってしまう可能性があるからだ。

言い切ると、応じるようにクーの質問が来る。

川 ゚ -゚)「では、仮にそうだとして、それがどうしてナイフを持つ理由になる?」

(゚、゚トソン「おそらく……・ナイフはアピールです。
     防御用とは口で言っていますが、本当のところは
     『自分の周囲に「鉄拳」が落とせないからナイフでカバーする』と言いたいのではないかと」

ということは、

(゚、゚トソン「渋澤先生攻略のカギは接近戦です。
     しかも密接するほどの。 クロスレンジが理想でしょう」

35 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:01:01.74 ID:QeAexTa+O
ミルナは……ミルナはちゃんと読んでた!支援

36 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:01:38.28 ID:IXL5Lmh0O
支援

37 :ブーン系アンチ108中44人目の刺客:2008/12/07(日) 21:02:13.44 ID:DlfDe/6xO
全力でしえん

38 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:03:51.73 ID:KtDX2LqF0
こうもすっきり種明かされると爽快だな
しえん

39 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:04:09.35 ID:xEnIwxFZO
支援

40 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 21:05:06.57 ID:jAu1zkOq0
川 ゚ -゚)「…………」

(゚、゚トソン「…………」

トソンの出した答えを聞き、クーは沈黙した。
浅く腕を組み、何かを考えるように俯く。

川 ゚ -゚)「…………」

(゚、゚;トソン「……あの?」

川 ゚ -゚)「成程。 成程な」

(゚、゚トソン「?」

川 ゚ -゚)「良い答えだ、トソン。 今のは渋沢先生好みの答えだと言える。
     ここに渋澤先生がいれば、そうだな……」

うん、と頷き、

川 ゚ -゚)「40点はもらえただろう」

(゚、゚;トソン「よ、40点ですか……?」

当たってはいないものの、さりとて完全に外れているわけでもないだろう、と思っていただけにショックだった。
どういうことか、と表情で問えば、クーは少し笑い、

川 ゚ー゚)「それ以上は言えないな。
     あまり言い過ぎると、トソンの成長を妨げてしまう」

41 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:06:19.65 ID:xEnIwxFZO
実はナイフを用いた術式と見た

42 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:06:45.37 ID:DxdQEPLcO
ドーナツみたいなものか

43 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:07:39.59 ID:Ux5UVlV/O
wktk

44 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 21:08:03.11 ID:jAu1zkOq0
(゚、゚トソン「むぅ」

そう言われてしまうと、こちらも何も言えなくなる。


……しかし40点ですか。


半分とは言えないが、しかしそれに近い割合で正解だ、ということだ。
何か大切なことを見落としているのかもしれない。
渋澤先生が巧妙に隠し、しかし見せびらかしているヒントか何かを。

そこまで考え至った時、ミセリが窓の外を見ながら問うてきた。

ミセ*゚ー゚)リ「ところでトソンはレクリエーション、出なくて良かったの?
      3、4年生のは学園外でやってるよね?」

(゚、゚トソン「生徒会優先で動きたいので。
     それに、私は彼らほど教師打倒に執着しているわけではありません」

ミセ*゚ー゚)リ「去年は手酷くやられたのにねぇ。
      憶えてる? 介抱したの私だよ?」

45 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:08:05.75 ID:QeAexTa+O
ずっと至近距離には打てないからその範囲をナイフで補ってると思ってたのに…
釣られたよ支援!!

46 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:08:13.69 ID:KtDX2LqF0
えええこれで40点…だと…?
ここは黙って支援しよう

47 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 21:08:56.06 ID:jAu1zkOq0
(゚、゚トソン「むぅ」

そう言われてしまうと、こちらも何も言えなくなる。


……しかし40点ですか。


半分とは言えないが、しかしそれに近い割合で正解だ、ということだ。
何か大切なことを見落としているのかもしれない。
渋澤先生が巧妙に隠し、しかし見せびらかしているヒントか何かを。

そこまで考え至った時、ミセリが窓の外を見ながら問うてきた。

ミセ*゚ー゚)リ「ところでトソンはレクリエーション、出なくて良かったの?
      3、4年生のは学園外でやってるよね?」

(゚、゚トソン「生徒会優先で動きたいので。
     それに、私は彼らほど教師打倒に執着しているわけではありません」

ミセ*゚ー゚)リ「一昨年は手酷くやられたのにねぇ。
      憶えてる? 介抱したの私だよ?」

48 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 21:10:34.48 ID:jAu1zkOq0
憶えているに決まっている。
そこから二人の関係が始まったのだから。

懐かしい過去を思いつつ、そして頷きながら、

(゚、゚トソン「悔しいとは思いますが……今は、それよりもやりたいことがあります。
     それは貴女も同じでしょう?」

うん、とミセリが笑みを作った。
その表情には嬉しそうな色が見え隠れしている。

ミセ*゚ー゚)リ「あ、そういえば生徒会長は渋澤先生からクリーンヒットを獲ったんですよね?
      じゃあ、あの時には既に『鉄拳』の正体を暴いていたんですか?」

ミセリの声に、クーは首を振った。

川 ゚ -゚)「……当時は、不可視の攻撃が来ること以外は何も解らなかった。
     15、6歳程度の知識と経験で見破れるレベルのものではないよ、アレは」

ミセ*゚ー゚)リ「え……? じゃあ、どうやってクリーンヒットを?」

川 ゚ -゚)「共に戦った者がいる。
     二人で立ち向かい、練習してきたコンビネーションで翻弄した。
     奇跡的に私がクリーンヒットを奪えた時、同時に、そして結果的に隙を作ったことで――」

一度言葉を切り、

川 ゚ -゚)「――もう一人がダウンを獲ったのだ」


49 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:10:48.16 ID:XH/G+hc6O
保守

50 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:11:23.44 ID:LES3pj1K0
うわぁ、2夜連続とは油断した

51 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:11:29.41 ID:GN/QQcbd0
支援

52 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 21:12:29.58 ID:jAu1zkOq0
ミセ;゚ー゚)リ「「……!」」(゚、゚;トソン

トソンとミセリが息を呑んだ。
過去5年ほどで渋澤教師からダウンを獲った生徒は、たった一人しかいないことを知っていたからだ。


ダイオード=ヴェルウッド。


かつてはクー=ルヴァロンの好敵手であり、そして相棒だった生徒。
今はもう、肩を並べることすら出来ない戦友。

だから、というように、二人は申し訳なさそうに俯いた。

(゚、゚;トソン「あ、あの……すみません。 思い出させるつもりでは……」

川 ゚ -゚)「別に問題はない。
     いつまでも過去から目を背けるわけにはいかないからな。
     そろそろ決別しなければならない、とすら思っている」

(゚、゚トソン「……!」

53 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:12:47.56 ID:lhVFl5mZO
ダイオードはここの出か

54 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:13:26.63 ID:o6tJ8HLM0
トソンって何年なんだ?
一昨年というと去年はレクリエーションでてないのか?

55 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 21:14:20.23 ID:jAu1zkOq0
それはどういう意味での決別なのだろうか。
思うが、流石に正面から問うことなど出来ない。


……そこまで踏み込めるような関係では、ありませんよね。


トソンは自負している。
自分が、誰よりもクー=ルヴァロンを尊敬していることを。

生徒会に入ったのも、彼女の助けになりたかったからに他ならない。
ミセリもギコもヒートも似たような理由だろうが、その『深さ』で劣ることはない、と確信していた。
フォックスは知らない。

そして、だからこそ痛感する。
自分はそれ以上になれない、と。

(゚、゚トソン「…………」

トソンの表情が暗くなったことを知ってか知らずか、クーは口元に小さく笑みを作り、

川 ゚ー゚)「さて、今年はどんな結果が報告されるのだろうか。
     今から渋澤教師から聞く愚痴が楽しみだよ、私は」

窓に反射して見える彼女の顔は、
どこまでも楽しそうで、しかしどこか悲しそうな表情が張り付いていた。


56 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 21:16:24.77 ID:jAu1zkOq0
月下に戦場がある。

学園敷地内を使用した、場所的にも時間的にも限定的な戦場だ。
普段は純白の色を持つ校舎の壁は、月の光に照らされて青白く染まっていた。
敷地の北部にあたる、ここ『北中庭』も例外ではない。

从 ゚∀从「…………」

そこに、一人の少女が立っている。
華奢な右手には大型ナイフが一本。
ハインリッヒという名を持つ彼女は、これから敵対する人物を見つめていた。
 _、_
( ,_ノ` )「…………」

渋澤。
圧倒的な戦闘力を持つ中年。
そして、レクリエーションと称して生徒達に物理的な説教をかます打撃型教師だ。

彼に挑んだギコ達は、しかし返り討ちとなっている。
既にエクスト、クックル、ブーン、ミルナという前衛メンバーの大半がリタイアし、
残るメンバーは正面衝突を苦手とする後衛型の生徒達と、そして、

(;゚Д゚)「…………」

右手に怪我、腹部にダメージを負うギコ。

これから一人で渋澤に立ち向かうはずだった彼は、
いきなり戦闘の意思を見せたハインに、驚きの視線を向けていた。


57 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:16:38.18 ID:xEnIwxFZO
ダイオード過去話楽しみ支援

58 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:16:49.96 ID:wDjnrZVS0
しえん

59 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:17:24.55 ID:DxdQEPLcO
あ、ご臨終してマフラーになったんですね
しえん

60 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 21:18:18.36 ID:jAu1zkOq0
从 ゚∀从「んじゃ、始めますか」
 _、_
( ,_ノ` )「別に構わん……が、怪我をしてもしらんぞ?
    俺は女だからと手加減するような男じゃないんでな」

从 ゚∀从「だいじょぶだいじょぶ。
      こっちもペラペラの素人ってわけじゃないですし」

右手に持ったナイフをひらひらさせて見せつけてくる。
確かに、素人があんな大きな刃物を使うとは思えない。

从 ゚∀从「えーっと、モララーだっけ?」

( ・∀・)「?」

从 ゚∀从「サポート頼んでいい? 見てるだけってのもつまんないだろうし」

( ・∀・)「あ、うん、いいよ。
     どうせ君とギコがやられたら僕達には為す術ないからね」

さんきゅ、と頷くハイン。
するとモララーの隣に立つツンが、指輪をはめた左手を掲げた。

ξ゚听)ξ「ブーンがすぐリタイアしちゃったから魔力が残ってるんだけど。
      何か御所望の強化はあるかしら?」

从 ゚∀从「あー……最適化とかある?」

ξ゚听)ξ「運が良いわね。 最近になって形になってきたのが一つあるわ」

61 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:19:09.62 ID:GN/QQcbd0
支援

62 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:19:27.25 ID:Ux5UVlV/O
支援

63 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 21:20:02.18 ID:jAu1zkOq0
小さく笑みを浮かべて術式を発動させる。
ウインドウが展開し、

《 Get Set――――――――術式プログラム選択=干渉系魔法類【フィアレンス・アーツ】。
  Code【Opt-Lv3-120】―― 身体能力最適化/付加レベル3/接続時間2分。
  ……Target? 》

ξ゚听)ξ「ハインリッヒ=ハイヒール。 リスト新規登録も同時に」

《All Ready――Execution=【身体能力最適化テストVer】――》

淡い光が来た。
ハインの身体を包み込み、徐々に吸収されていく。
全ての光が集束し、身体が少し軽くなったような感覚を得た。

ξ゚听)ξ「120秒限定よ。 それが尽きたらおしまいだからね?」

从 ゚∀从「OK、ありがと」

言い、歩き始めるハイン。
離れた位置に立つ渋澤との距離を詰める過程で、彼女は右手を動かす。
順手に握った大型ナイフを目の前に、横に倒して構え、

从 -∀从「――――」


術式を起動した。




64 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:22:17.81 ID:KtDX2LqF0
dkdk支援

65 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 21:23:05.08 ID:jAu1zkOq0
 _、_
( ,_ノ` )「! 何ィ……?」

てっきり近接用の武器とばかり思っていた渋澤は、術式特有の甲高い音に眉をひそめた。

確かに教導境界線《ガイドライン》などでは、
術式機構を組み込んだ武具などが開発されてはいるが、
近接、しかも何度も敵や武器にぶつける装備には、基本的に不向きだったはず。

銃器や弓などに組み込む方式は知っている。
しかし、大型とはいえナイフに仕込まれているのは見たことがなかった。

从 -∀从「――――」

ハインの周囲にウインドウが展開。
赤色をベースとした表示枠が、高速で文字を流していく。

《 Get Set ―――――――術式プログラム選択=現象系魔法類【フェノメノン・アーツ】。
  Code【ReSu-120】―――複製召喚/現界時間2分。
  All Ready ――――――Execution=【Gale of White Thunder】――》

66 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:23:23.10 ID:KMqyQXT1O
支援

67 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 21:24:48.36 ID:jAu1zkOq0
魔力の奔流が走った。
渦巻く幻想の力が生まれ、とある形を生む。
予め登録されているプログラム通りに動き、変わり、結合し、確定していき、

从 ゚∀从「……OK、いい感じだ」

と、ハインは足元へ声を向けた。
そこにあるのは、

(;゚Д゚)「機械……?」

膝から下を完全に包み込む機械。
機械のブーツとも言えるそれの足裏には、見慣れないものが付属していた。


一列に並んだ、四連車輪だ。

 _、_
( ,_ノ` )「ローラーブレード、か?」

少し前に流行った玩具、という記憶がある。

両足裏にある車輪によって『地面を滑るように走る』ことの出来るブーツだ。
連続する複数のローラーが、下から見た時にブレード状に見えることからついた名だったはず。

68 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:26:18.82 ID:b7mjUZjUO
これだいすきしえん

69 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 21:26:30.27 ID:jAu1zkOq0
从 ゚∀从「俺は昔からコレが大好きでな。
      まぁ、戦う時も滑れたら便利だよな、って思った結果さ。
      そして――」

服の中に手を入れ、何かを引っ張り出す。
それはイヤホンのついたコードで、それを左の耳だけに装着した。

音楽は良い。
聴力という五感の一つを制限してしまうが、代わりとして得られる高揚感は貴重だ。
血が熱くなり、程よく汗が流れ、頬に緩みが出来る感覚が好きだ。

流れ始めた音楽に、熱が身体の内側から生まれていく。
オーバーヒートを避けるために息を吐いたハインは、その動きで構えを作り、

从 ゚∀从「行くぜ」

行った。

ローラーブレード背部にある排出口から、光が噴出する。

押し出されるようにスタート。
ハインの身体が、いきなり爆発的な速度を得たのだ。

背後に土と草が舞い上がったのは、その推力の程を見せつけるような光景だった。

70 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:27:18.45 ID:xEnIwxFZO
いい演出

71 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:27:43.39 ID:r4je+LeNO
支援

72 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 21:28:01.83 ID:jAu1zkOq0
 _、_
( ,_ノ` )「なかなか面白いな。 いいぞ、来てみろ」

从#゚∀从「――!!」

四連から成る車輪が地面を噛み、更に前へと回転を掛ける。
土も草も石も砂も関係なく、何もかもを前進の力へと変換していった。
応じるように姿勢を下げ、空気抵抗を減らし、右手に持った大型ナイフを構え、

从#゚∀从「ってぁ!!」

跳んだ。
折っていた膝を一気に伸ばし、身を空中へ投げる。
高速で来るハインを待ち構えていた渋澤を跳び越え、

从 -∀从「っ」

着地。
更にステップを二つ。
がきゅ、というグライドの音を絡ませながら、更に旋回。

速い。

両足を使った疾駆とは違い、機械駆動に任せた無機質な加速だ。
揺れや疲労とは無縁の動作が、冷たい鉄を連想させる。

息をつく暇もなく走る彼女の身体は、しかし姿勢を崩さない。

73 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:28:12.40 ID:2SJd92dH0
支援

74 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 21:29:41.10 ID:jAu1zkOq0
その時だ。
渋澤の周囲を走り、ナイフを持っていない右腕側に至った瞬間、方向転換を掛ける。

从#゚∀从「――はぁぁぁぁぁッ!!」

獲物に食らいつく猛獣の勢い。
大型ナイフを右手に握り締め、一気に行く。
 _、_
( ,_ノ` )「速い! だが――」

硬い感触。
防がれた。

从 ゚∀从「ちィっ……! やっぱこの程度じゃ駄目か!
      けど!!」

左耳に飛び込んでくる音楽がリリーズに入った。
途端、身体に震えが来て、更に更にと骨肉が熱を持ち、

从#゚∀从「――!!」
 _、_
( ,_ノ` )「!?」

渋澤の表情が変わった。
理由を聞くまでもない。

ハインの速度が、更に上昇したのだ。

75 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:30:52.31 ID:xEnIwxFZO
非戦闘用の道具が戦闘に使われる描写っていいよな
支援

76 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 21:31:02.56 ID:jAu1zkOq0
ナイフを細かく振り回して発するのは、速度に任せた連撃。
更にローラーブレードが唸りを上げ、呼応するように速度も上がる。

四連車輪独特の歩調が刻まれることで回転と前進が連続し、滑り、跳ね、時に停止しながら攻めていく。

通常では考えられない駆動である。
急停止と急加速を織り交ぜた、変則連撃だ。
 _、_
( ,_ノ` )(成程……ローラーブレードの車輪回転を自在に操ってんのか。
    だからこんな無茶苦茶な動きを……!)

驚くべきは、渋澤の技量である。
あまり経験したことがないであろう動きに、しっかりとついていっているのだ。
様々な角度、速度で繰り出される攻撃を、紙一重で捌いていくテクニックには驚愕するしかない。

金属同士がぶつかる音。
連続し、その数だけ大気が切り裂かれていく。

从;゚∀从「くっ……」

結局、先に諦めてしまったのはハインだった。
一気に決めるつもりだったのか、しかしまったく崩せない防御に焦りの表情を見せる。
ローラーブレードに速度を任せているとはいえ、乗りこなしていれば体力も消費するのだろう。

地面を蹴り飛ばし、互いの攻撃が届かない距離まで後退。
荒い息を整えるように一回だけ大きく息を吐いた時、ようやく周囲が沈黙していることに気付いた。

77 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:31:50.93 ID:daG0NlLT0
支援

78 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:31:59.25 ID:lCMzVJwhO
なんか、よく分からない…

79 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 21:32:29.73 ID:jAu1zkOq0
(;゚Д゚)「…………」

ギコも含めて誰も声を発しない。
というよりも、目の前で展開する動きに声が出なかった。

(;・∀・)「……驚いたな」

ぽつり、と漏れ出た言葉に皆が頷く。

爪;゚〜゚)「これじゃあ私達がサポートする必要も隙もないであります。
     っていうか、ぶっちゃけ速過ぎて下手な援護は邪魔になると思うでありますよ」

ハハ ロ -ロ)ハ「にしても……気になることがあるわね」

ξ゚听)ξ「どうして今まで戦おうとしなかったのか。
      そして、どうして今になって戦おうと思ったのか、でしょ?」

ハハ ロ -ロ)ハ「ふふ、よく解ってるじゃないツン。
       あとでそのツインテールを指に絡めて遊んであげるわ、たっぷりねっとりとね」

嫌そうな顔をするツンの隣、モララーが腕を組んで考えた。

あれほどの技量と装備を持っているのなら、多少の自信は持っていてもおかしくはない。
得てしてそういう輩は己の力を誇示したがるものだが、ハインは違うというのか、と。


80 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 21:34:33.81 ID:jAu1zkOq0
もし自分が彼女の立場なら、
レクリエーションのルールを理解すれば動きたくなるだろう。
まだ誰も知らない自分の技量を発揮して、驚かせたい気持ちが多少なりともあるからだ。

そうでないとするなら、何か考えがあって力を見せたくないではないか、という線も考えられる。
しかし、


……では何故、今になって動いたのか。


別に大きな理由はないのかもしれない。
ただ単に、ここにきて覚悟が決まっただけなのかもしれない。

( ・∀・)(けど……どうも違うように思えるんだよなぁ)

そして何より、

( ・∀・)(『借りを返す』って言ってたよね。
     彼女がこの学園都市へ来て数日の間に、何かあったのか?)

戦闘で借りを返すとは、よほどのことではないだろうか。
記憶の限りでは変人達が小さな事件を起こしたこと以外、特に大きな出来事はなかったはず。
ということは、

( ・∀・)(ギコとハインの間に個人的な……?)

81 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:35:59.46 ID:o6tJ8HLM0
しえーーーーーーーーーーn

82 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:36:09.43 ID:KMqyQXT1O
お尻臭い虫

83 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 21:36:18.81 ID:jAu1zkOq0
思えば、ギコとハインは編入してからずっと一緒に行動している。
自分達が見ていないところで何かあってもおかしくはない。

ギコを見る。
彼は、ダメージを少しでも回復するために膝をついていた。
しかしその目は、じっとハインを見つめ続けている。

(,,゚Д゚)「…………」

( ・∀・)「むむむ、あの熱い視線は絶対に何かあるね。 気になるなぁ」

ハハ ロ -ロ)ハ「明日にでも問い詰めてあげましょうか。
       私の術式なら色々なことが出来るわよ?」

そう言って術式を起動。
ツンの後ろの地面から無機質な質感を持つ触手が生え、スカートに伸び、

ξ;゚听)ξ「止めなさい」

ツンの足蹴によって、仰け反りながら消える。

ハハ ロ -ロ)ハ「相変わらずGuardが硬いわね。
       ふふふ、でもそれを溶きほぐすのが女としてカ・イ・カ――」

爪;゚〜゚)「――! 動くでありますよ」

妖艶な笑みを見せてのハローの発言を遮ってスズキが言った。
普段はおっちょこちょいで知られる彼女だが、戦闘に関しての空気を察知する能力は高い。
そのことを知っているモララーは、全面的に信じた上で戦いの場へ視線を戻した。

84 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 21:37:50.04 ID:jAu1zkOq0
从 ゚∀从「…………」

ハインが腰を深く落とし、再び攻撃の構えを作っている。
対する渋澤は、変わることなく適当に突っ立っている状況だ。
強化術式の限界時間から考えて、次が最後の攻防となるだろう。
 _、_
( ,_ノ` )「…………」

成程、と渋澤は納得を思う。

センスはある。
技術もある。

しかし、強く警戒するレベルには至っていない、と。

ローラーブレードという奇異な装備に加え、いきなり発せられた速度に驚きはしたものの、
ハイン自身の戦闘力はさほど高いとは言えないことを先の防御で理解した。
トリッキーな動きによって相手を惑わすことで、自分の力量の穴を埋めようとしている、と渋澤は予測する。
 _、_
( ,_ノ` )(下半身の動きは無視して、とにかく上半身……特に腕を見てりゃ防げるな。
    問題はどうやって叩くか……)

起動までのタイムがほぼゼロの『鉄拳』だが、
そこから地面に落ちて打撃するまでに少しの間がある。

ハインのローラーブレードなら、瞬間的な離脱も難しくないはずだ。

85 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:38:13.29 ID:BkJEPqhG0
しかし登場キャラ多いなおい
支援

86 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:38:28.79 ID:DxdQEPLcO
お前ら戦えよw

87 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 21:39:25.41 ID:jAu1zkOq0
 _、_
( ,_ノ` )(奴のローラーブレードは、現象系魔法で作り上げた一時的なレプリカ……。
    消えるまで待つのも手だが、しかしこれはレクリエーションだしな。
    MAXの状態で叩き潰してやるのが理想、として――)

どちらにしろ正面からやるしかない。
当たるかはハインの反応次第だが、同時に教師としての技量も問われるだろう。
 _、_
( ,_ノ` )(――まぁ、当ててやるさ。 それが教師だからな)

从#゚∀从(これで決める!!)

状況が動いた。
改造ローラーブレードで一気に加速を得たハインが、正面から行く。
右腕、順手に握るナイフが月の光を反射し、一瞬だけ輝き、


从#゚∀从「おぉぉぁぁぁぁ!!」


その閃光に乗るようにして、

 _、_
( ,_ノ` )「根性は認めよう! だがなぁ!」


しかし、それよりも早く『鉄拳』が発動した。


88 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:40:38.93 ID:wDjnrZVS0
しえん

89 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 21:41:05.12 ID:jAu1zkOq0
一瞬がペースト状に引き伸ばされる。
緩やかになった時間の中、ハインは己の速度と『鉄拳』の速度を比較し、


――間に合わねぇか?


だが、それでいい、とも思う。
最初から勝つ気も、クリーンヒットやダウンを獲る気もなかった。
ただ、後々のために少しだけ力を見せることが出来れば良かった。

从 ゚∀从(もう充分に力は見せたし、ここで終わるのがベストだよな)

一瞬でも渋澤を驚かせた力は、ギコ達にも確かに伝わったはず。
これでハインリッヒの評価は『か弱い編入生』から、『実力のある編入生』となるだろう。

从 -∀从(そうなりゃ、あとはこの都市に慣れることさえ出来れば……俺は自由に動けるようになる)

打算的な考えの元で起こした行動だった。
いつまでも守られていては、動くことが出来ない。
この都市において一人で行動出来るようにする、というのが、今のハインの目標であった。

だからここでやられるのは、むしろベストと言える。
そう思い、ハインは上から来る重圧を感じながら、身体の力を抜いていった。

だが、

(#゚Д゚)「――おぉぉぉぉぉッ!!」

90 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:41:52.25 ID:QDJt4Z63O
エアギアのエアトレックみたいなもんか?

91 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 21:42:51.70 ID:jAu1zkOq0
 _、_
( ,_ノ` )「む!?」

从;゚∀从「なっ……ギコ!?」

直前、ギコが目の前に飛び出してきた。
砂埃の付いた背中を見せての登場に、ハインの目が見開かれる。

从;゚∀从(何で!?)

思うと同時、『鉄拳』が落ちた。
 _、_
( ,_ノ` )「……!」

しかし、響いたのは鈍い音だった。

地面を殴る音ではない。
舞い上がることのなかった土の上に、渋澤は結果を見る。

(#゚Д゚)「ぬぐぉぉぉぁぁぁぁぁあああ……ッ!!」
 _、_
( ,_ノ` )「……こりゃあ驚いた」

驚くべきことにギコは、あの『鉄拳』に真っ向から立ち向かっていた。
上から降ってきた不可視の重圧を、下から力任せに支えたのだ。

92 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:43:10.24 ID:2SJd92dH0
支援

93 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:44:06.16 ID:vmCJNg7+O
紫煙

94 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 21:44:12.27 ID:jAu1zkOq0
从;゚∀从「ッ……」

一体何をしているんだ。

怪我をしているのに。
自分はもう負けようとしていたのに。
その思いが届かずとも、自分と渋澤との戦いに割り込んでくるとは。

無意識に速度を落としていた。
ローラーブレードから発せられる唸りが低くなり、視界が少しずつ止まっていく。
興奮のせいか余計ゆっくりに感じられる光景の中、

(#゚Д゚)「今だ、行け……!!」

確かに、ギコの声を聞いた。

从;゚∀从(あ、れ?)

おかしい。
何故だろう。
どうして今、声を聞いた途端――

从;゚∀从「――って、うぁっちゃああああああああ!?」

いきなり速度がハネ上がった。
誤作動か、ローラーブレードが元の高い唸りを取り戻している。

そのまま『鉄拳』を支えるギコの傍を掠め、ハインの身体は渋澤へと突っ込んでいった。

95 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 21:46:10.59 ID:jAu1zkOq0
慌てて体勢を立て直し、状況を把握。
よく解らないが、止まろうと思ったのに加速してしまったらしい。

正面では、こちらを迎え撃つために渋澤がナイフを構えていた。

从;゚∀从(くそっ、こうなりゃ……!)

やるしかない。
ここで止まろうものなら不自然の疑惑を受けてしまう。
今後のことを考えても、それだけは避けなければならなかった。

腹を決めたハインは、右手の大型ナイフを握り直し、それを大きく構え、

从#゚∀从「タマァ獲ったるわぁぁぁぁぁぁっ!!」

ぎゃ、という削りの音を立てながら突撃した。
四連車輪が地面を抉り、破片をブチ撒けながらも身体を前へ運んでいく。

どうせ片付けるのは科学技術、錬石専攻学部の連中だ。
あとは知らん。

96 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 21:47:16.63 ID:jAu1zkOq0
 _、_
( ,_ノ` )「即興のコンビネーションにしちゃあ合格点だお前ら! だがなぁ!」

そうだ。
『鉄拳』無しでも充分に強いのが渋澤教師である。
たとえギコが『鉄拳』を抑えたとしても、それが勝機に直接繋がるわけではない。

あとは自分の頑張り次第、と自覚した時、ハインの目に炎が灯った。
理由など解らないが、とにかく灯った。

从#゚∀从「っだらぁッ!!」

加速に任せた一撃。
ローラーブレードの利点は、その加速の割に姿勢が崩れにくいこと。
しっかり接地しているため、段差がない限りは上半身が安定し続ける。

そこから放たれる攻撃は速く、鋭く、確実なものだ。


斬線が迸り、しかし硬い感触が返り、そして甲高い音が響いた。




97 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:48:24.30 ID:GN/QQcbd0
待て、もしや今ハインは制服か?
だとしたら渋沢先生を飛び越えた時に・・・

98 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:48:27.34 ID:fu+JdXMMO
再現か

99 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 21:49:09.68 ID:jAu1zkOq0
从#゚∀从「っ!!」
 _、_
( ,_ノ` )「惜しかった。 惜しかったが……ちょっと足りなかったなぁ?」

またもや防がれた。
今の自分に出来る、最速の攻撃が。
渋澤の戦闘力に呆れると同時、畏怖の念も生まれる。

しかし、予想済みであった。
この程度の攻撃で渋澤にダメージが与えられるのなら、先にエクストが勝っていただろう。

だから、再び動いた。
防御をした渋澤よりも速く。
その強さを超えようとするように。

手に来る痺れを無視して両膝を折った。
そこから一気に伸ばせば、当然、ハインの痩躯が空へ跳び上がることになる。
 _、_
( ,_ノ` )「!?」

攻撃を捌いた渋澤は、それでも動いたハインに片目だけを軽く見開く。
その目に自分が写っていることを確信しながらも、右手に持った大型ナイフの切っ先を向け、

从#゚∀从「Fire……!!」

『射撃』した。

100 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:49:12.44 ID:t7QCE3VKO
感情でスピードが変わるのね

101 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:49:15.64 ID:b7mjUZjUO
>>97
オイオイ……良いことを教えてくださってありがとうございます

102 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:50:30.96 ID:LES3pj1K0
追いついた支援

103 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:50:49.07 ID:lCMzVJwhO
最適化ってなんだ?

104 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 21:50:53.81 ID:jAu1zkOq0
右手に握る大型ナイフ、その中に仕込まれたもう一つの機構が作動。
回転式弾倉が音立ててロールし、全ての弾薬を続けて吐き出したのだ。


六連の射撃音。


切っ先から発射された六つの光弾が走る。
ここへきて姿を見せた新たな武装に、渋澤の身体は完全に出遅れてしまっていた。
咄嗟にナイフを構えるも、
  _、_
(;,_ノ` )「冗談キツくないか、おい……!!」

まともに迎撃する間もなく、光弾の連射に曝される。
瞬く間に土煙が上がり、渋澤の身体を覆い尽くすことで結果が隠されてしまった。

从;゚∀从「――っと」

ハインが着地したのは直後。
続くように、ローラーブレードが光粒を散らしながら消滅した。
術式によって定められた時間をオーバーしたためである。

ふぅ、と溜息を深く吐いたハインは、しかし油断なく渋澤の方へ視線を向けた。


105 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:51:16.04 ID:CP1z3AKmO
渋沢スカートの中見えたな

106 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:51:19.46 ID:xEnIwxFZO
切り札だすなら更に奥の手持てってね

107 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:52:13.27 ID:YLrbo9ED0
ハインかっけええええ支援

108 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:52:44.34 ID:0ojkgsA30
>>106
くらまおつです

109 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 21:52:46.60 ID:jAu1zkOq0
爪;゚〜゚);゚听)ξ「「――――」」ハ(ロ- ロ(・∀・ )

皆も息を呑んで、結果を見つめていた。
意識と視線は、舞い上がった砂煙へと向けられており、そこから動かない。
誰よりも早く結果を見届けるため、瞬きの時間すら惜しむように見つめ続ける。
そして更には、

(;゚Д゚)「はぁ、はぁ……ど、どうなった?」

『鉄拳』の重さが消え、自由の身となったギコが呟く。
ずっしりとした疲労とダメージに喘ぎ、膝をつきながらも、倒れようとはしない。
彼もまた、ハインや他の者達と同じように渋澤の方を見た。

射撃によって生まれた砂煙が段々と晴れていく。
うっすらと見え始めた渋澤の影は、彼が地面に倒れていないことを示しており、

 _、_
( ,_ノ` )「――っくはぁ。 流石に驚いた」


実際、被弾した様子もなくそこに立っていた。

110 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:53:14.21 ID:IXL5Lmh0O
ナイフチートすぎ支援

111 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:53:20.04 ID:HitOnCodO
支援

112 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 21:54:09.42 ID:jAu1zkOq0
ξ;゚听)ξ「……っ」

爪;゚〜゚)「や、やっぱり駄目でありましたか……」

悔しそうに俯くツンと、落胆した様子で言うスズキの反応は真っ当なものだ。
予想以上だったハインの戦闘力に期待した部分が大きいのだろう。
それは本人であるハインも同じだった。

从;゚∀从「ちッ、そうは簡単にいくわけねぇよな。 ちょっとは自信あったんだけど――」

諦めた口調で言うハインだが、そこで、

ハハ ロ -ロ)ハ「――待って」

というハローの言葉に遮られる。
彼女の言葉を続けるのは、隣に立っているモララーだ。
彼はおもむろに、何を言うでもなく立ちすくむ渋澤を指差した。

( ・∀・)「皆、よく見てみなよ。 渋澤先生の右肩を」

皆が見る。
渋澤の右肩。

その部分の衣服が破れ、薄く白い煙を上げているのを。

爪;゚〜゚)「え……? え? モララー君、つ、つまりこれは――」

あぁ、とモララーが笑みを浮かべ、

( ・∀・)「――クリーンヒット、だ」

113 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:54:11.25 ID:daG0NlLT0
片目を見開きパンツ見てたな

114 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:54:40.60 ID:LES3pj1K0
おお……

115 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:55:09.47 ID:hFOeVCr+O
くーとだいおーど
はいんとぎこ
の対比ですね。わかります

116 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:55:12.11 ID:0ojkgsA30
パンツ・・・

117 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:55:39.49 ID:xEnIwxFZO
都合良く武積を稼いだ……だと……

118 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 21:55:41.39 ID:jAu1zkOq0
从;゚∀从「おいおいマジか……?」

しっかりと付いてしまっている攻撃の痕を見れば、誰もが頷くしかないだろう。
それは攻撃を受けた本人である渋澤が一番解っているはずだ。
黙って動かない彼は、やがて両肩の力を抜き、
 _、_
( ,_ノ` )「……こりゃ一本とられたな。
     速度と意外性の組み合わせに、俺の老いた身体がついていかなかったようだ」

は、と自嘲気味に笑う。
まるで『もう少し若ければ避けられた』と言いたげな言葉に、ギコが眉を立てた。
身体も頭もフラフラなはずなのに、強かな笑みを浮かべる。

(,,゚Д゚)「先生、大人気ないぜ……どう言い訳しようとも当たったのは事実だろ?」
 _、_
( ,_ノ` )「あぁ、そうだな。
    まさかお前らじゃなくハインにやられるとは思っていなかったから、ちょっと驚いただけだ。
    でもまぁ――」

戦闘態勢を解除した渋澤は、ギコやモララー達を見渡す。
右肩に出来た傷を撫でながら、
 _、_
( ,_ノ` )「……これはハインだけの力によるモノじゃねぇよな。
    エクストから始まり、クックルが繋げ、モララーが統率し、お前らが頑張った結果だ。
    よくやった、と言っておこう」

119 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:55:57.44 ID:LES3pj1K0
お前ら、パンツパンツうるせぇw

120 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 21:57:11.54 ID:jAu1zkOq0
ハハ ロ -ロ)ハ「あら、随分と素直に称賛するのね」
 _、_
( ,_ノ` )「馬鹿野郎、俺は教師だぞ?
     生徒の出した結果に対し、私情を挟んだ間違いのある評価なんか出したりしないさ。
     っつーかお前、俺の足をとった以外に何もしてねぇだろ」

ハハ ロ -ロ)ハ「私みたいな低レベルの術式使いが、
       貴方のような問答無用打撃系教師を止められるわけがないわ。
       今回は前衛タイプの仲間に出番を譲ってあげたのよ」
 _、_
( ,_ノ` )「そうかい。 そりゃあ次が楽しみだ」

確かに、術式使いにとって渋澤とは相性の悪い相手である。
思うように活躍出来ないのは当然で、サポートに徹したハローの判断は最善と言えた。
今回は、と言った様に、力を発揮出来る状況になれば、彼女は貪欲に活躍を狙うだろう。
 _、_
( ,_ノ` )「そしてハイン」

从;゚∀从「お、おう?」
 _、_
( ,_ノ` )「どこで鍛えたのかは知らんが、その『速度』は評価に値する。
     きっとお前の良い武器になるだろうさ」

がくがくと頷くハインに、渋澤は愉快そうな笑みを浮かべた。

121 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:57:29.67 ID:StzvqjZwO
携帯から失礼
作者愛してるよ
(*´Д`)ハァハァ
http://kjm.kir.jp/?p=203408

122 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:58:44.43 ID:X9xcl+bHO
ハインは人造魔導師で、姉がいるんだろうな

123 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 21:59:06.19 ID:jAu1zkOq0
 _、_
( ,_ノ` )「しかし、その武器は一体何なんだ?
    近距離、遠距離、術式に対応した複合型武具なんぞ滅多に見たことないが。
    しかも武器として有用なものなんてな」

从 ゚∀从「あ、えと……これ、実は『Apple Star』の製品なんすよ」

爪*゚〜゚)「? あっぷるすたー?」

( ・∀・)「武具系メーカーの一つだよ。
     知る人ぞ知る……っていう言い方もおかしいけど、あんまり愛用者は多くないメーカーだね」

(,,゚Д゚)「あんまり聞いたことないな。 何で愛用者が多くないんだ?」

( ・∀・)「いわゆるキワモノ系の開発メーカーなんだ。
     あんまり深く考えず、突発的に作ったようなモノが多くてね。
     例えば『日常と非日常の架け橋、手提げ鞄型銃』とか、
     銃器を仕込んだせいでバックの中に何も入らなくて、あんまり売れなかったっけなぁ」

しかしモララーが言うには、たまに良性能の武具が開発されることもあるとか。
そしてそれが、ハインの持つ複合型ナイフではないか、ということだ。

124 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:59:35.87 ID:wfP5wnd5O
しえん


>>121
ふむ、このスカートなら……

125 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:59:40.24 ID:0ojkgsA30
 _、_
( ,_ノ` )「どこで鍛えたのかは知らんが、その『パンツ』は評価に値する。
     きっとお前の良い武器になるだろうさ」


126 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 21:59:56.30 ID:lCMzVJwhO
ギコが鉄拳を止められたのに違和感がある

127 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 22:00:37.39 ID:jAu1zkOq0
从 ゚∀从「何年か前に『マルチファンクション(多機能)』ブームってあったじゃん。
      あの発想から偶然生まれた武器でな。
      一部では、Apple Star最高傑作じゃねーかって言われてる」

でも、と言い、

从;-∀从「言う割には高機能ってわけじゃないんだけどな。
       回転式弾倉のせいでリロードは弾一つ一つ手で籠めなきゃならないし、
       術式機構だって、オマケみてぇなもんだから容量少ないし」

それを補うための速度――ローラーブレードらしい。
選択としては、今の戦いを見ていれば正解なのだと解る。
 _、_
( ,_ノ` )「だが良い武器だ……というより、お前の使い方が良いのか。
    ともあれ大切にしろよ」

从 ゚∀从「あ、はい」
 _、_
( ,_ノ` )「……さて」

頷く。
更には身体を回し、モララー達へ向けた。
肩に出来た傷などまったく意に介す様子もなく、

( ・∀・)「?」
 _、_
( ,_ノ` )「今さっきも言った通り、このクリーンヒットはお前らが捻り出した結果だ。
     だから、ちょっとした御褒美をやろう」

128 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:00:39.64 ID:xlyh1cQ3O
絵師さん、パンチラの絵頼む。

129 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:01:35.97 ID:QFyU7iIK0
鉄拳ですね

130 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:01:53.80 ID:lCMzVJwhO
初めにパンツ言い出したのは誰だwww

131 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 22:01:55.30 ID:jAu1zkOq0
爪*゚〜゚)「御褒美……でありますか?」

ハハ ロ -ロ)ハ「怪しいわね。 渋澤先生はあんな甘いこと言わないわ。
       もしかしたらあの教師、偽物かもしれない。
       だってほら、エクストは善戦したし、ギコ達も良い勝負をしたし、ハインリッヒがクリーンヒット獲ったし」
 _、_
( ,_ノ` )「……お前、今あらゆるモノを否定してるよな?」

( ・∀・)「ハローの言うことを真に受けると汚染されますよ、先生。
     耳に入れつつ、反対側の耳から流すのがコツです」
 _、_
( ,_ノ` )「……まぁいい。 それにハローの言うことも間違っちゃいないぞ」

それは、
 _、_
( ,_ノ` )「俺はそんなに甘くないってことだ」

瞬間、空気が大きく動いた。

132 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:01:58.76 ID:HitOnCodO
( ,_ノ` )「くまさんパンツか・・・20点だ」

133 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:02:25.42 ID:xEnIwxFZO
逃げてー

134 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:02:42.74 ID:daG0NlLT0
鉄拳フラグたちまくり

135 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 22:06:16.55 ID:jAu1zkOq0
(;・∀・)「!」

(;゚Д゚)「なっ!?」

『鉄拳』に似た、しかし決定的に違う気配。
そして次の瞬間、

(; Д )「――っが!?」

从; ∀从「――ぐぁ!?」

ギコとハインが、吹き飛ばされた。


『真横』から、『同時』に。


構える暇もなく受けた打撃力に、ギコは地面に叩きつけられ、更に転がされた。
元々危なかった意思が、この衝撃で一気に消えていく。
黒色に染まっていく意識の中、渋澤の声を聞いた。

「褒美の名は『否定』だ。
 お前らの積み重ねてきた推論を、ここで俺は否定する。
 もし俺の『鉄拳』を、連射不可、一撃のみ、下方打撃、と思っていた奴がいたら――」

一息。

「――そうだな。 40点くらいはやっても良いかもしれん」

その言葉を最後に、ギコの意識は闇へ落ちていった。

136 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:06:35.81 ID:QeAexTa+O
支援支援

137 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:07:18.36 ID:0ojkgsA30
かっけえええええええええ

138 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:07:31.28 ID:o6tJ8HLM0
渋すぎる・・・!

139 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:07:41.70 ID:lCMzVJwhO
結局鉄拳は何なんだ、わけがわからなくなってきた

140 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:07:55.04 ID:0ojkgsA30
私は否定する

141 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 22:08:30.78 ID:jAu1zkOq0
目を開けてみれば、まず白い景色が飛び込んできた。

それが救護用テントを下から見上げる光景だと気付いたのは、しばらく微睡んでからだ。
やがて意識が鮮明になっていき、身体の感触から自分が布の上に寝ているのを理解する。

(,,-Д゚)「……んぁ」

呻きとも欠伸ともとれる間抜けな声。
寝起きであるため、頭が上手く働かない。


……えーっと、俺は何やってたんだっけ?


思うと、ようやく脳が回転し始めたのか記憶が断片的に蘇ってきた。

レクリエーション。
渋澤との対戦。
ハインの活躍。

(;゚Д゚)「そして……って、おわぁ!?」

いきなり額に冷たい感触が来た。
ひやりとした痛みに、ギコは慌てて上半身を起こす。
何事かと周囲を見ていると、すぐ背後から笑い声が聞こえた。

<_プー゚)フ「はっは! こっちだこっち。 よーし、起きたな?」

142 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:08:38.39 ID:daG0NlLT0
鉄拳便利すぎ吹いた

143 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:08:40.93 ID:Ux5UVlV/O
哲犬

哲学する犬?

144 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:09:02.41 ID:QeAexTa+O
渋いなー!マジかっけーっす!!

145 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:09:14.95 ID:IXL5Lmh0O
ええええええええええええ

146 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:09:16.45 ID:lCMzVJwhO
でも空飛んでたから横の攻撃もあることは読めたんじゃ?

147 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:09:17.67 ID:b7mjUZjUO
渋い……渋すぎるぜ

148 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 22:09:49.26 ID:jAu1zkOq0
(;゚Д゚)「エクスト……?」

<_プー゚)フ「クルックー、ギコ坊が起きたぜー」

( ゚∋゚)「そのようだ。 あと私をクルックと呼ぶな馬鹿者」

水の入ったボトルを手に、クックルの巨体がこちらに来る。
それを見る過程で、周囲に自分と同じように横になっている生徒達がいるのが解った。
どうやらここは、一般教養学部の生徒が用意した救護テントらしい。

<_プー゚)フ「いいじゃねぇか。 クルックークルックーってn――っぐぉっ」

( ゚∋゚)「馬鹿は殴って黙らせるに限る。
     ギコ、気分はどうだ? とりあえず水でも飲むといい」

(,,゚Д゚)「あぁ……ありがとう」

受け取ったボトルに口をつける。
程よく冷やされた液体が喉を通る感覚を得ていると、
それを見つめていたクックルがおもむろに口を開いた。

( ゚∋゚)「状況は解るか?」

(,,゚Д゚)「ん。 渋澤先生に叩き潰され、ここまで運ばれたんだろ?
    他の皆は? あれからどうなった?」

149 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:10:27.27 ID:Ux5UVlV/O
徹見

そうか、徹してパンツをm(ry

150 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 22:11:27.97 ID:jAu1zkOq0
自分が知っているのは、
ハインがクリーンヒットを獲り、そして御褒美と称して打撃を食らったところまでだ。
クックルもそれを承知しているのか、その続きを話してくれた。

( ゚∋゚)「一応、残ったメンバーも先生と戦ったらしい……が、一分も持たずに全滅だ。
     女子は別のテントだから解らんが、モララーやブーンはまだ寝ている。
     そして、先ほどレクリエーションが終了した」

(;-Д゚)「あー……アイツらは仕方ない。
     っていうか、よく立ち向かったなぁ」

<_プー゚)フ「おいおい、挑まずに何を得られるっていうんだぜ?
        モララー達だって学園の生徒。 やるこたぁやってんぜ」

(,,-Д-)「……正論だな。 悔しいが」

( -∋-)「うむ、正論だな。 腹立たしいが」

んだよー、と不満そうに頬を膨らませたエクストだが、すぐに元の表情に戻り、言う。

<_プー゚)フ「ところでヘンリーがクリーンヒット獲ったんだって? マジなの?」

151 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:11:29.33 ID:xlyh1cQ3O
どんな方向にも無動作で連写できる透明の鼻くそ…?

152 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:12:45.36 ID:DxdQEPLcO
透明なデッカいクレティウスってことか

153 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 22:13:04.76 ID:jAu1zkOq0
(,,゚Д゚)「ヘンリー……って、あぁ、ハインか。
    本当だよ。 ナイフと術式と射撃を使ってな」

<_プー゚)フ「何だそりゃ?」

エクストが首を捻った。
確かに、いきなりそんなことを言われても解るわけがない。
ギコはハインが言っていた言葉を思い出しながら、続ける。

(,,゚Д゚)「複合型の武器らしい。
    ナイフに術式機構と回転式弾装を組み込んだ、って感じかな。
    近接攻撃が主だったみたいだが、不意打ちとして射撃を見舞ってクリーンヒット」

( ゚∋゚)「……となると、クラスは『無制限複合(アンリストリクト・コンポジション)』といったところか」

<_プー゚)フ「なんだそのかっちょいい名前。 めちゃくちゃレアじゃね?」

( ゚∋゚)「うむ。 なかなか聞かないクラス名だな。
    そして射程問わずに戦えるのは強力であり、厄介だろう」

厄介、とクックルは言った。
つまりそれは、ハインが敵になった時のことも想定しているということだろう。
三年生に上がってから導入されるパーティ制によっては、強力なライバルになるのかもしれない。


154 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:13:36.90 ID:xlyh1cQ3O
>>152
なるほど!

155 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:15:04.22 ID:hFOeVCr+O
へんり あんり えんりけ はいんりひ
これらって全部同じ名前なんだよな

156 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 22:15:26.23 ID:jAu1zkOq0
<_プー゚)フ「いいないいなー。 俺もそんなカッコいいクラス名が欲しいもんだぜ。
        例えば……『無敗刀剣(アンディフィーデット・ブレード)』とかどうよ!?」

( ゚∋゚)「しかし、ハインリッヒがそこまでの実力を備えていたとはな。
    どうして今まで隠してたのか、というのに疑問が残るが……」

(,,゚Д゚)「あぁ。 俺もそこら辺が気になる」

<_;プー゚)フ「ち、ちくしょう! お前ら実は俺のこと嫌いだな!? そうだな!?」

( ゚∋゚)「救護テントで大声を出すな馬鹿。
     それにお前……無敗とか言っていたが、さっき負けたばかりじゃないか」

<_;プー゚)フ「あ」

馬鹿だ。
馬鹿がいる。
一年前から解っていたことだが。


157 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:15:37.42 ID:lCMzVJwhO
空飛んでたのは鉄拳に乗って移動してたんだよな?
横の攻撃も読めたと思うのは違うのか?

158 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:17:27.88 ID:DxdQEPLcO
>>157
ものすっごいジャンプかと思ってたけどそーゆーことか

159 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:18:21.99 ID:t7QCE3VKO
やっぱあれだな
ネギまの居合拳だな

160 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:18:33.79 ID:0ojkgsA30
クラスって何?

161 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:18:57.64 ID:GN/QQcbd0
>>157
一応クックルが感付いてたけどやられちゃったし他の二人も逃げるのに必死だったんじゃね

162 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 22:19:07.02 ID:jAu1zkOq0
そうしてしばらく話していていたら、クックルがモララー達の様子を見に行ってしまった。
当然、傍にはエクストが残ることになる。

(,,゚Д゚)「面倒なことだ」

<_;プー゚)フ「お、お前な。 色々抜かして語ってんじゃねぇ!」

ギコの適当な返事に、気を取り直すエクスト。
落胆したかのように肩を落とし、

<_プー゚)フ「あー、しっかしお前らでも駄目だったかー」

(,,゚Д゚)「何だ? 期待でもしてたのか?」

<_プー゚)フ「そりゃあなぁ……なんだかんだ言って、お前ら俺の次くらいに強いし。
         俺の頑張りで渋澤先生も疲労してただろーし」

(;゚Д゚)「お前、ホント自信過剰だよな……」

<_プー゚)フ「まぁまぁ。 だって本当だしぃ?」

(,,-Д-)「あーはいはい、そーですね」


163 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:19:22.25 ID:D+FNDV2fO
つまりタオパイパイ式移動法というわけか!

164 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:20:12.24 ID:DxdQEPLcO
なにこのカービィ

165 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:22:57.55 ID:2SJd92dH0
渋沢かっこいいぜ支援

166 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 22:23:16.02 ID:jAu1zkOq0
これで学年最強でなければ、本当にただの自信過剰なのだが。
下手に強いので、正面から文句も言えない。

面倒なことだ、と再び思っていると、

<_プー゚)フ「……なぁ」

(,,゚Д゚)「ん? 今度は何だよ」

<_プー゚)フ「んー、何つーかさ、まぁ、アレだ」

歯切れの悪い言い方に、首をひねっていると、

<_プー゚)フ「――悔しくね?」

(,,゚Д゚)「…………」

<_プー゚)フ「俺も充分に強いとは思ってたが、まだまだなんだよなー。
         まぁ、オプションパーツに頼ってるようじゃタカが知れるってやつか」

(,,゚Д゚)「……まぁ、鍛錬していきゃ伸びるだろうよ」

<_プー゚)フ「そうだといいがな。 あー悔しい! 言葉にするともっと悔しいっ!
         強くなりてぇよなぁー!」

きー、と唸るエクスト。
その大きな声に、クックルが拳を構えて歩いてくるのを見ながら、思う。

(,,-Д-)(……強く、か)

167 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:23:34.42 ID:xEnIwxFZO
支援

168 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:25:34.32 ID:IXL5Lmh0O
支援

169 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:25:40.02 ID:J0ILbi9CO
支援

170 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:26:18.19 ID:CP1z3AKmO
何この携帯率

171 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:26:55.85 ID:xlyh1cQ3O
>>170
お前もな

172 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:27:50.12 ID:BQzTMGl6O
鉄拳って重力場形成じゃね?

173 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:28:18.81 ID:hFOeVCr+O
ひとつのクライマックスすぎたからまたしばらくは低空飛行だろうなああ

174 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:28:21.86 ID:DxdQEPLcO
>>171
お前こそ

175 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 22:28:36.28 ID:jAu1zkOq0
中庭に広げられた、生徒達が介抱される救護テントの群。

そこから少し離れたところに、小さなテントがある。
入口を閉めれば外からは見えなくなるタイプのもので、
当然のように、その入口はしっかりと閉じられていた。

その中では、
 _、_
( ,_ノ` )「あー、疲れた」

渋澤が立っていた。
汗と土に汚れた服を脱ぎ捨て、上半身を晒す。
水を一口飲んでから、右肩を見た。

傷がある。

皮膚に少し焦げたような痕があった。
血は出ていないものの、それなりの痛みが響いてくる。
 _、_
( ,_ノ` )「……油断したか。
     それともそろそろ老いたのかねぇ」

前者であってほしい、と願う。
前者なら努力で何とか出来るが、もし後者であればどうしようもない。
いくら体を鍛えていても、老いから来る身体の故障だけには勝つことが出来なかった。


176 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:29:57.86 ID:hFOeVCr+O
重力場の生成によって砂ぼこりたったりはしないだろ

177 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:30:31.69 ID:QeAexTa+O
重力場が支えられるかよと言いたいとこだがギコはグローブ装備でブーンは多分ただの靴だから
オーバーソウルはオーバーソウルでしか破れないの法則的にある気もする。
とりあえず支援

178 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:31:20.06 ID:LES3pj1K0
とりあえずお前らうるさい

支援

179 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:32:54.20 ID:vOXJ8Ix6O
持ち上げられたってことは透明な何かだよな

180 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:32:55.79 ID:hFOeVCr+O
おーばーぺにすならしってるけどおーばーそうるは知らん

181 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 22:33:46.24 ID:jAu1zkOq0
と、そこでテントの入り口が開かれる。
顔を出したのは、

川 ゚ -゚)「先生、いますか?」
 _、_
( ,_ノ` )「いやんエッチ!」

間髪入れずに閉じられる入口。
去っていく足音からマジ帰宅だと判断した渋澤は、慌ててクーを呼び止めた。

川 ゚ -゚)「まったく……冗談も程々にしてほしいものです」
 _、_
( ,_ノ` )「まったく冗談の通じないお前に言われたくない」

また帰ろうとするクーを、慌てて呼び止める渋澤。
 _、_
( ,_ノ` )「……で、何か用か? 冷やかしにでも来たか?」

川 ゚ -゚)「それもありますが、感想を聞こうと思いまして。
     今年の1、2年生……特に2年生の戦いについて」
 _、_
( ,_ノ` )「成程。 お前も気になる奴がいるんだな?」

川 ゚ -゚)「その言い方から判断するに、随分と手を焼いたようですね」
 _、_
( ,_ノ` )「んー……いや、それほど。
    まだまだ原石な奴がほとんどだった」



182 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:33:55.36 ID:hFOeVCr+O
うっさくてなんぼだと思ってる


183 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:34:46.92 ID:BQzTMGl6O
>>176
重力場によって部分的に気圧が変化するとしたら?

184 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:36:01.76 ID:Ux5UVlV/O
渋沢には似合わな過ぎるwww

185 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:36:35.15 ID:0iu8GHMaO
初遭遇 支援

186 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:37:41.36 ID:DxdQEPLcO
あーデッカい空気砲か

187 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:38:10.92 ID:hFOeVCr+O
>>183
わからん

188 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:38:22.72 ID:xEnIwxFZO
効果も単純だし魔粒子の属性に当てて考えればわかんじゃね?

189 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:39:14.94 ID:daG0NlLT0
あーだこーだ推論するより、本編での種明かしを待とうぜ。

190 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:39:37.33 ID:DxdQEPLcO
渋ちゃんほれちゃうよ

191 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 22:40:18.85 ID:jAu1zkOq0
川 ゚ -゚)「…………」

クーは返事をしなかった。
視線が渋澤の目を貫いており、内心を見透かされた気分になる。
本当にコイツは『生徒』か、と思いながら、
 _、_
( ,_ノ` )「ま、その原石ってのが、これまた大きそうでたまらんかったがね。
     お前の才能に比べりゃまだまだだが?」

川 ゚ -゚)「成程」
 _、_
( ,_ノ` )「お前は今年卒業だったな。 奴らの成長を見られないのは悔しいだろう?」

川 ゚ -゚)「えぇ、その通りです。 出来れば1年、2年前に生まれておきたかった」
 _、_
( ,_ノ` )「それじゃあダイオードと組むこたぁなくなってたなぁ。
     俺は今でも思ってるぞ? お前とアイツのコンビが学園都市最強だ、と」

クーの表情は変わらない。
ただ、渋澤を見ている。
 _、_
( ,_ノ` )「まぁ、心配することもないさ。 アイツらは俺がちゃあんと育ててみせる。
     いつかお前ほどの位置に届くほどな」

言うと、クーの表情がここへきて初めて変化した。
口端を小さく吊り上げたのだ。

川 ゚ー゚)「……楽しみにしています」

そう述べる彼女の声色には、安堵と期待に満ちていた。

192 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:40:28.23 ID:xEnIwxFZO
推論した方が楽しいですし
支援

193 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:41:12.03 ID:hFOeVCr+O
そういえば抗護とかとの関係も気になる

194 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:41:41.75 ID:D+FNDV2fO
実はもう一人いて、どっかから狙撃しているに100ペリカ

195 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:41:45.69 ID:iEDTYc2q0
>>192
邪魔

196 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:42:16.24 ID:LES3pj1K0
>>192
ぶっちゃけなくてもうざい

197 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:42:46.15 ID:HNg90A5xO
ここはアルファスレかよ

198 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 22:42:57.37 ID:jAu1zkOq0
以上で終わりです
ありがとうございました

んで、この話にて、
『(,,゚Д゚)ギコと从 ゚∀从ハインと学園都市のようです@ 上巻』
が終わったような感じですたい

次回から色々と動いたり、跳ねたり、ぶっ飛んだり・・・たぶん

199 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:43:25.38 ID:X9xcl+bHO
一年二年後じゃないのか

200 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:43:32.23 ID:LES3pj1K0


201 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:43:58.38 ID:xEnIwxFZO
乙!
やっぱり川上系の書き方な訳ねw

202 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:44:08.35 ID:iEDTYc2q0
乙!

203 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:44:26.18 ID:GN/QQcbd0
おつー

204 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:44:29.38 ID:daG0NlLT0
乙。

205 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:44:47.61 ID:YLrbo9ED0
乙!

206 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:44:52.49 ID:hFOeVCr+O
排他的だなwww
作者乙
楽しかった

207 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:45:06.97 ID:DxdQEPLcO
乙乙

208 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:45:08.64 ID:o6tJ8HLM0
おっつー

209 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:45:12.36 ID:+KW1+VHhO
乙!

出来ればクラスの名前を全て教えて欲しい。
無理なら今出てるのだけでも。

210 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:45:12.76 ID:c1yMolydO
おつかれ

211 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:45:13.15 ID:LES3pj1K0
前々から言おうと思ってたけど、作者って「ひ、と言う音が……」って形好きだよねw

212 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:45:23.24 ID:Ux5UVlV/O

これって抗い護るの一個前な感じ?
生き続けるが二個前だったし

213 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:45:44.75 ID:IXL5Lmh0O
乙!!!!

214 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:46:16.55 ID:lCMzVJwhO
最適化って何?
てかギコが鉄拳を止められるなら、クックルとか普通に止められるんじゃ?

215 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 22:46:18.58 ID:jAu1zkOq0
>>54
3年生です
去年のレクリエーション時には、既に生徒会に入っていたので不参加でした

>>121
うっひょーありがとう!
たまんねぇなぁこの絵柄・・・!

>>146
どちらかと言えば読者向けのヒントのつもりだったり
むーずかしいぜー

>>221
風を切る音が大好きなんです

>>212
クー生きの一つ前ってな感じです



んじゃ、オマケを二つほど
まずは登場人物紹介から

216 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:46:59.92 ID:0ojkgsA30
>>199
もっともだ

217 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:47:41.91 ID:QeAexTa+O
乙!!

218 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:48:00.95 ID:IXL5Lmh0O
うおおお支援!

219 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:48:08.07 ID:0ojkgsA30
クラスって二つ名みたいなもん?

220 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 22:48:33.12 ID:jAu1zkOq0
あ、やべー訂正

>>211
風を切る音が大好きなんです

>>212
クー生きの一つ前ってな感じです

>>214
人間の動作ってけっこー無駄だらけなのですね
それをこの術式で封じ込めるわけで、
結果的に色々とイイ感じに

221 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:48:46.68 ID:o6tJ8HLM0
>>215
返事サンクス
納得したぜ

222 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 22:49:55.90 ID:jAu1zkOq0
んじゃ、登場人物紹介から


(,,゚Д゚) ギコ=レコイド
年齢:17歳
所属:武術専攻学部2年、学園生徒会(実働隊員)
クラス:1stクラス『近接格闘(ショート・コンバット)』

・『理由がない限りは拳を振るわない』という理由(ワケ)ありの生徒。
・任務や授業以外の戦闘では反撃すらしないため、マゾ疑惑もある。
・正々堂々が好みで、基本的に正面からガシガシ殴り合うタイプ。

武器: 『黒色のブローブ』
    長く使い込まれているのが解る。 メーカーは不明。
    手の甲部分を鉄板が覆っているので、刃を持つ敵を相手することも可能。
    特殊な機能などは一切無い。

    『???』
    ギコのもう一つの武器。
    詳細不明。

223 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:50:13.05 ID:xEnIwxFZO
ハインの銃inナイフは元ネタあり?

224 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:50:22.79 ID:BQzTMGl6O


225 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:50:42.60 ID:vho+hs07O
ぶーん系長編の中で今一番話の筋がしっかりしてて読者を引き込む力があると思う

乙!

226 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:51:10.65 ID:StzvqjZwO
>>215
121ですが
どうもありがとう!!
機会があればまた描きます

227 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 22:51:20.42 ID:jAu1zkOq0
从 ゚∀从 ハインリッヒ=ハイヒール
年齢:17歳
所属:武術専攻学部2年
クラス:1stクラス『無制限複合(アンリストリクト・コンポジション)』

・本国である『チャンネル・チャンネル』からの編入生。
・性格は明るく、楽しいことが大好きだが、学園都市の変人達には多少引いている。
・何か秘密を抱えているらしい。

武器: 『Silver Sweet Edge』
    Apple Star製の数少ない傑作。
    リボルバーと術式機構を内蔵した複合近接用武具。
    刃として実用的なのはレシーバー下部のみで、一見すると大型ナイフにしか見えない。
    本来は近接用武器に組み込むには向かない術式機構だが、
    通常のものと比べて高い剛性を示す素材を使用することで、この問題をクリアしている。

    しかし傑作とはいえ、所詮は多機能ブームに乗った結果に生まれた偶然の産物。
    ナイフとしての機能以外はレベルが低く、よほどカスタムしない限りは気休め程度にしかならない。
    メンテナンス性にも多少の難がある他、ナイフに見せかけるためにトリガーが厳しい位置にあるなど、
    複合型の武具として見れば完璧とは程遠いと言える。
    (余談だが、抗い護るの渡辺が持っていたアレと形状が酷似していたりする)

    『ローラーブレード』
    ハインが子供の頃から好きだった玩具。 術式によって召喚することも可能。
    市販されているものを戦闘用に改造したものだと思われる。
    魔力を放出して加速を得るため、助走せずとも速度を出すことが出来、
    その最高速度は魔道列車に追いつける程だとか。

228 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 22:53:37.65 ID:jAu1zkOq0
( ^ω^) ホライゾン=インサイドウィステリア
年齢:17歳
所属:武術専攻学部2年
クラス:1stクラス『近接格闘(ショート・コンバット)』

・名前が長いことで知られる足技使いのお馬鹿さん。
・いつも幼馴染のツンと一緒に行動している。
・学園都市では数少ない草食動物タイプ・・・?


ξ゚听)ξ ツン=デレイド
年齢:17歳
所属:術式専攻学部2年
クラス:1stクラス『干渉系魔法(フィアレンス・アーツ)』

・調子に乗りがちなブーン、及び皆のストッパー役。
・能力強化系の術式を得意とする。
・今日もツインテールが輝いてるぜ。

デバイス: 『ホワイトリング Ver8.32』
       スピードスター製の指輪型デバイス。
       術式を習い始めた初心者がよく使うものだが、
       魔力容量を除けば全てにおいて平均的なので、そのまま使い続ける者も多い。
       その歴史は古く、多くの術式使いに愛され続けた結果、
       今も尚、バージョンアップを繰り返している信頼性の高い一品。


229 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:54:32.18 ID:LES3pj1K0
ギコの名前の元ネタがわからん……

230 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:55:11.09 ID:lCMzVJwhO
>>219
第十話読めばわかる

231 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:55:37.28 ID:t7QCE3VKO
で、この作品は全何巻の予定だい?

232 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 22:55:50.44 ID:jAu1zkOq0
ノパ听) ヒート=ルヴァロン
年齢:17歳
所属:武術専攻学部2年、学園生徒会(実働隊員)
クラス:1stクラス『近接打棍(ショート・インパクト)』

・突撃馬鹿1号。
・赤い長髪が眩しい、性格も眩しい。
・クー=ルヴァロンを姉に持ち、心の底から尊敬している。

武器: 『炎噛(エンカミ)』
    炎を想起させるレッドカラーが眩しいトンファー。 DQN製。
    その色彩は夜間でも目立つほどで、迷子になっても安心である。
    特に目を引く機能はないが、術式の補正を受け付けやすい特徴を持つ。


( ・∀・) モララー=カダラナ
年齢:17歳
所属:術式専攻学部2年
クラス:1stクラス『概念系魔法(フェノメノン・アーツ)』

・優等生。
・防御、防衛、守護に関しての術式に秀でている。
・致命的に不運なスズキと行動を共にしているが、正確な理由は不明。

武器: 『ウルトレス』
    教導境界線《ガイドライン》製の杖型デバイス。 白色が美しい。
    武具一体型として開発されたが、構造上の問題もあって格闘戦に使うのは推奨されていない。
    スピードスターに対抗してか、術式起動速度に優れている側面もあり、
    防御系術式を扱うモララーにとっては理想に近いデバイスとなっている。

233 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:56:19.43 ID:xEnIwxFZO
40数年で古いは言いすぎじゃね?

234 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:56:21.31 ID:vmCJNg7+O
指輪のデバイス→ウエポンなのかな…

てか@の上ってどゆこと?w

235 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:56:23.09 ID:LES3pj1K0
ああ、ルヴァロンもわからんな……

236 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:57:09.80 ID:xEnIwxFZO
>>235
生徒会長の名前を言ってみろ

237 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:57:09.30 ID:StzvqjZwO
抗い護るの渡辺が持ってたアレ
ってどんなん?

238 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:57:22.37 ID:IXL5Lmh0O
ブローブwww
支援

239 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:58:06.41 ID:vmCJNg7+O
>>237

読もっか

240 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 22:58:19.31 ID:LES3pj1K0
>>236
クー=ルヴァロン……
クール ヴァロン……
クール バロン……

クール男爵か! ねーよ

241 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 22:58:35.70 ID:jAu1zkOq0
爪*゚〜゚) スズキ=タムラ
年齢:17歳
所属:武術専攻学部2年、ミリタリー研究同好会
クラス:1stクラス『遠距離銃器(ロング・ガン)』

・自爆系トラブルメーカー。
・呪われているんじゃないかと疑われるほどの不運の持ち主。
・銃器の扱いに秀でており、そっち方面の知識もあるとかないとか。

武器: 『SR-2「ランサー」』
    命中精度、低反発機能を重視した軽量スナイパーライフル。 今北産業製。
    信頼性を上げるためボルトアクション方式を採用しており、
    しかし実戦には向かない練習用ライフルとして、訓練兵や学園生徒が使うことが多い。
    魔力を調合した弾薬を使うことで、特殊な効果をターゲットに与えられる。


<_プー゚)フ エクスト=プラズマン
年齢:17歳
所属:武術専攻学部2年
クラス:2ndクラス『近接刀剣(ショート・ブレード)』

・突撃馬鹿2号。
・自信に満ち溢れてしまった馬鹿。
・その戦闘力は学年トップクラスと言われている馬鹿。

武器: 『オフェンスキープ』
    DQN製の両刃大剣。
    エクストの性格を示すように歪みなく真っ直ぐな刀身を持つ。
    グリップに工夫が施されており、手の平に吸い付くようなフィット感がある。
    材質上、術式の効果を若干薄めてしまう欠点があるが、それを補って余りあるほど扱いやすい。

242 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 23:00:26.73 ID:jAu1zkOq0
ハハ ロ -ロ)ハ ハロー=エステル
年齢:17歳
所属:術式専攻学部2年
クラス:1stクラス『現象系魔法(フェノメノン・アーツ)』

・長身!眼鏡!金髪!巨乳!
・異国の言葉を織り交ぜて喋る癖があり、顔に似合わず毒舌家。
・女の子が好きって本当ですかハローさ亜qwせdrftgyふじこlp;

デバイス: 『レッド・スティック』
       一見するとペンか、ただの棒にしか見えないデバイス。 Jane Style製。
       ポリゴンテクスチャー的無機質な触手を召喚する術式が登録されており、
       他にも色違いのスティックが胸ポケットから頭を覗かせている。


( ゚д゚ ) ミルナ=コッチオー
年齢:17歳
所属:武術専攻学部2年
クラス:1stクラス『近接刀剣(ショート・ブレード)』

・生真面目系隠れオタクサムライ。
・最近は『百合少女マルガ&マルゴ』にハマっており、商業区画にある『すぷらうと☆』に通っている。
・北方の出でありながら姓がカタカナなのには理由があるらしい。

武器: 『不見』
    嘆き清流鋼の作る刀の中でも特に良質な業物で、その小式。
    大式や極式に比べれば名も質も落ちるが、何にせよ一介の学生が持てるような代物ではない。
    柄には、ミルナの好みである萌え系書物のキャラ人形がぶら下がっている。


243 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 23:00:29.04 ID:IXL5Lmh0O
>>237 ゲシュタルトブラスト 


244 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 23:00:38.90 ID:lCMzVJwhO
>>235
作者ブログの11/17の記事へgo

245 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 23:02:02.66 ID:hFOeVCr+O
JANESTYLEwwwwwwwW

246 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 23:02:41.73 ID:LES3pj1K0
>>244
おお、把握した

247 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 23:02:49.94 ID:jAu1zkOq0
( ゚∋゚) クックル=スドゥリー
年齢:17歳
所属:武術専攻学部2年
武器:『黒翼(コクヨウ)』
クラス:1stクラス『近接格闘(ショート・コンバット)』

・半鳥系の亜人で、人の身体を持ちながら鳥並の筋力を持つ大男。
・性格は冷静沈着かつ誇り高い。
・戦闘時は『黒翼』を召喚、装着して戦う。

武器: 『黒翼《コクヨウ》』
    クックルが科学技術学部の友人と協力して作り上げた機械翼。 未完成。
    召喚時は本体、接続部、ウイングの三タイプのパーツから成り、それらは一瞬で合致して完成される。
    ひたすらに速く飛ぶことを目的に調整されており、クックルの巨躯もあって、とてつもない威力を生み出すことが出来、
    単純な速度と破壊力ならギコ達の中ではナンバー1を誇る。


|゚ノ ^∀^) レモナ=ミオアーレ
年齢:17歳
所属:術式専攻学部2年
クラス:1stダブルクラス『概念系魔法(イデア・アーツ)』、『制御系魔法(コントロール・アーツ)』

・ミオアーレという西方の国々で有名な家系の御嬢様。
・恥も外聞もどこかに置き忘れてしまったようで、自分に正直過ぎる。
・時々シリアスになるが、どちらが素なのかは誰にも解らない。

デバイス: 『???』

248 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 23:03:12.58 ID:IXL5Lmh0O
DQNwwwwwwwww

249 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 23:05:14.46 ID:jAu1zkOq0
( ´∀`) モナー=ツーネル
年齢:17歳
所属:錬石専攻学部2年
クラス:無し

・ギコと親しい生徒。
・いつもニコニコ顔で性格も温厚だが、たまに怖いことを言う。
・っつーか錬石って何よ。


( ´_ゝ`) 兄者=流石
年齢:18歳
所属:科学技術学部2年
クラス:無し

・留年してしまった18歳。
・過去においては優秀な生徒だったらしいが、今では奇行を繰り返す変人となっている。
・顔がそっくりな双子の弟が、別の学部にいるらしいが……。


250 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 23:06:21.04 ID:IXL5Lmh0O
支援

251 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 23:06:41.10 ID:jAu1zkOq0
(*゚∀゚) ツー=メイル
年齢:18歳
所属:武術専攻学部2年生
クラス:?クラス『???』

・ハインと同室の明るいお気楽おねーさん。
・武術専攻学部に在籍しながら、戦いを放棄している。
・『2年前の事故』に何か関係があるとかないとか。


( ゚∀゚) ジョルジュ=ロングヒル
年齢:18歳
所属:武術専攻学部2年生
クラス:?クラス『???』

・エロ先輩と呼ばれるほどエロでエロ。
・とりあえずエロから入らないと気が済まないらしいエロ。
・ツーと何か因縁があるのか、顔を合わせるのを嫌うエロ。

252 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 23:07:12.18 ID:QeAexTa+O
あれ……?ってことは弟者3年…?

253 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 23:08:07.24 ID:0ojkgsA30
>・っつーか錬石って何よ。


254 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 23:08:26.87 ID:jAu1zkOq0
(゚、゚トソン トソン=シティビレッジ
年齢:18歳
所属:武術専攻学部3年、学園生徒会(実働隊員)
クラス:2ndクラス『遠距離弓(ロング・アーチ)』

・丁寧系セメント先輩。
・クーを崇拝しており、生意気な後輩であるギコは適当に扱う。
・弓の使い手で、その技能は弓自体の性能もあって非常に強力。

武器: 『銀天弓』
    銀のフレームが特徴的な機械仕掛けの弓。 分類は長弓。 今北産業製。
    狙撃モードになると専用ウインドウが展開して補助が行われる。
    弦、矢などは魔力で構成されたものを使い、更には折りたためるため、持ち運びや携帯に便利。



ミセ*゚ー゚)リ ミセリ=デュエル
年齢:18歳
所属:一般教養学部3年、学園生徒会(内務隊員)
クラス:無し

・学園生徒会の清涼剤。
・PCや端末の扱いを得意としており、有事の際は情報収集役として活躍する。
・実は裏表が激しいらしい。

255 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 23:10:39.12 ID:jAu1zkOq0
爪'ー`)y- フォックス=ヴェルヘルン
年齢:19歳
所属:術式専攻学部4年、学園生徒会(副会長)
クラス:3rdクラス『干渉系魔法(フィアレンス・アーツ)』

・脱力系適当おにーさん。
・口にくわえているのは煙草などではなく飴玉。
・普段は飄々としてるのにやる時はやる男、って言われたいよねぇ、という発言報告あり。

デバイス: 『???』
       腕輪型のデバイス。 詳細不明。


川 ゚ -゚) クー=ルヴァロン
年齢:20歳
所属:武術専攻学部5年、学園生徒会(生徒会長)
クラス:4thクラス『近接長柄(ショート・シャフト)』、3rdクラス『概念系魔法(イデア・アーツ)』。

・3rdと4thのダブルクラスという前代未聞の成績を誇る生徒。
・戦闘系の生徒達にとっては憧れの存在だが、本人はまだまだだと思っている。
・ダイオード=ヴェルウッドという人物と何か関係があるらしい。

武器: 突撃槍『Df/サーヴァ』
    教導境界線《ガイドライン》が開発した武器。
    武器に術式機構を組み込む『術式機構一体化』計画の初期作品。
    真っ直ぐに伸びるロングサイズの黒色槍身が特徴で、
    初期型の性能バランスの荒さを補うため、クー自身が色々と手を加えてカスタムしている。



256 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 23:11:45.88 ID:GN/QQcbd0
ツーとジョルジュって2年なの?

257 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 23:12:23.89 ID:jAu1zkOq0
(*゚∀゚) ツー=メイル
年齢:18歳
所属:武術専攻学部3年
クラス:?クラス『???』

・ハインと同室の明るいお気楽おねーさん。
・武術専攻学部に在籍しながら、戦いを放棄している。
・『2年前の事故』に何か関係があるとかないとか。


( ゚∀゚) ジョルジュ=ロングヒル
年齢:18歳
所属:武術専攻学部3年
クラス:?クラス『???』

・エロ先輩と呼ばれるほどエロでエロ。
・とりあえずエロから入らないと気が済まないらしいエロ。
・ツーと何か因縁があるのか、顔を合わせるのを嫌うエロ。

258 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 23:12:57.31 ID:xEnIwxFZO
>>256
留年じゃね?

259 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 23:13:30.48 ID:jAu1zkOq0
 _、_
( ,_ノ` ) 渋澤
年齢:43歳
所属:武装学園都市VIP(教職員)

・打撃系教師。 本名不明。 妻帯者。
・過去も謎に包まれているが、その戦闘能力は非常に高い。
・『鉄拳』という謎の攻撃方法を持っており、言うことを聞かない生徒をよく打撃している。

武器?: 『鉄拳』
      狙った位置の頭上に『不可視の圧』を落とす技。
      起動から発動までのタイムラグが無いに等しく、更には威力も高い。
      術式として見れば破格の性能を誇っており、その力の出所に疑問を持つ生徒も少なくない。
      この技を解明することが、戦闘系生徒の間では一つの目標となっている。


260 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 23:13:48.70 ID:IXL5Lmh0O
>>257 え、ジョルジュって出てきた?

261 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 23:14:55.54 ID:jAu1zkOq0
( `ハ´) シナー
年齢:???
所属:???

・怖くて怪しい人。
・武装学園都市VIPの隣の都市にて機を窺っている。
・『プロフェッサーK』という人物の部下らしい。


N| "゚'` {"゚`lリ 阿部
年齢:???
所属:???

・シナーに手を貸している奇人。
・『魔王を探している』とか『救世の血筋』とか意味不明。
・普段は作業衣っぽい服を着ているが、テンションが上がるとおもむろに脱ぎ始める。


(   ) ???
年齢:???
所属:???

・学園都市商業区画のビル屋上で襲ってきたナイフ使い。
・なんか『ホルホルホル』とか言って笑う。
・中身は誰なんだろうマジ解んない。

262 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 23:15:49.71 ID:LES3pj1K0
どうみてもニry

263 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 23:15:53.30 ID:UdBsc3K80
そういえばこの作品の一つ前のクーと同じっぽい武器だな

264 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 23:16:43.02 ID:xEnIwxFZO
>・中身は誰なんだろうマジ解んない。
おいwww

265 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 23:17:18.65 ID:vmCJNg7+O
>>263

クーが槍使ってるのとかあったっけ?

266 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 23:17:22.73 ID:J0ILbi9CO
>>260
5話位でおっぱい揉もうとしてた

267 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 23:17:24.76 ID:f0l4Dq/fO
♪  ∧,_∧
   (´・ω・`) ))
 (( ( つ ヽ、  ♪
   〉 とノ ) ))
  (__ノ^(_)

268 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 23:17:40.61 ID:jAu1zkOq0
続いてメーカー。
これが全てではないですが、とりあえず出てくるのをリストアップ。



武具系

・嘆き清流鋼
刀を主に製造する老舗メーカー。
ここで作られる業物の性能は凄過ぎます奥さん。

・DQN
その武器自体の戦闘力を重視した研究・開発を行なう。
チャンネル・チャンネルの軍部と繋がりがあるため、実戦データには事欠かない。
様々な種類の武具を取り扱うが、どれもこれも重いし危ないし高い。

・Apple Star
キワモノ系の武具を作ることで知られるブランド。
その独特な性能を好む若者も多いが、肝心な戦闘力等がイマイチなのが実情。
たまに高性能なモノが生まれることもあるが・・・。

・今北産業
堅実、安定、安価の三拍子。
とにかく信頼性が高く、なかなか壊れない頑丈な武器作りが有名。
それ以外に特筆すべき点はない。

269 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 23:19:36.76 ID:jAu1zkOq0
続き


・VIP STAR
学園都市VIPの工業区画にある生徒用装備を作るメーカー。
ここで作られた武具は、日々の授業・鍛練に使われる。
科学技術学部の卒業生が就職するため、実質はOBの集まりでもある。

・かちゅ〜しゃ
14歳以下の子供向け武具を製造している。
流石にこのメーカーの武具を持つ生徒はいない。

・AA(Absolute Anchor)
一人の武器職人と数人の弟子のみで経営しており、仕事は全てオーダーメイド。
『Absolute(絶対)』の名を冠している通り、客の要望を絶対とし、余計なアレンジは一切加えない。
常連の紹介がないと依頼を受け付けてくれません。 マジ厳しい。

270 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 23:19:43.15 ID:0ojkgsA30
トソンの台詞からすると、3,4年は違う場所で他の先生と戦ってるの?

271 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 23:21:24.14 ID:jAu1zkOq0


デバイス系

・スピードマスター
術式の連続・高速起動を求める高機動シリーズで有名なブランド。
指輪などの小さなアクセサリータイプで売り出している。
形状故に容量が少なく、カスタムする余地がほとんどないのが難点。


・教導境界線(ガイドライン)
術式戦闘の新境地を目指し、現在は武具一体型のデバイスの開発を行なうメーカー。
過去に製造したデバイスが現代術式戦の基礎を作ったことから、
このメーカーによって作られた新デバイスが時代の境界線になる、と言われている。
デバイス選択に迷った時は、まずここを選んでおけば間違いはない。


・無責任煩悩拡散
有名デザイナーが数多く在籍するブランド。
性能よりも外見重視のデバイスを作ることで一部の若者の人気を博している。
流行書物とのコラボレーションも積極的に行なっており、良い感じで暴走中。
社長がロリコン。



272 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 23:23:42.20 ID:xEnIwxFZO
>>265
棺桶系槍があった
突撃機構槍のなんたらラスだったか

273 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 23:23:58.03 ID:jAu1zkOq0
続き


・南無1000
北方を中心として展開するブランド。
本拠地が本拠地だけあって、数珠・札・扇子など他にない形状を持つデバイスが多い。
その独特な形状を『ダサい』と評する者も多いが、
一方で『この渋さが解らんとは・・・』と嘆く教師もいるらしい。


・Jane Style
リア充に人気なスタイリッシュブランド。
『無責任煩悩拡散』とは別の意味で有名なデザイナーが在籍しており、
飾っておきたくなるほどに洗練された形状が人気の秘密。
非リア充の方へは、入店すらオススメできない。


・禁断の壺
触るな危険。 逃げてー!




とまぁ、こんな感じで
オマケ終わり

274 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 23:24:11.95 ID:LES3pj1K0
Janewww

275 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 23:24:31.42 ID:UdBsc3K80
>>265
生き続けるようですの棺桶型突撃機構槍?だっけあれ
そんな感じのなかった?

276 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 23:24:44.31 ID:LES3pj1K0
おっと。乙

277 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 23:25:33.16 ID:0ojkgsA30
壷ワロス

278 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 23:25:44.65 ID:0kAEXzBvO
ID:ICMzVJwhO
こいつアホだろ

279 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 23:26:09.17 ID:T32DZGtu0
>>1
初めて遭遇したけどやっぱ面白かった

280 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 23:26:22.50 ID:QeAexTa+O
おつー

281 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 23:26:38.66 ID:StzvqjZwO


282 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 23:27:21.96 ID:nI9kg5cn0


283 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 23:27:54.29 ID:mFI8ryAv0


284 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 23:28:17.07 ID:d7HLVUOT0
乙かれー

285 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 23:29:45.42 ID:KtDX2LqF0
乙乙。いい週末をありがとう。

286 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 23:30:19.19 ID:IXL5Lmh0O


287 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 23:31:57.25 ID:QGPXLolIO
マララーはイデア・アーツだよね?

288 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 23:33:59.22 ID:jAu1zkOq0
訂正じゃクルァー!!


(,,゚Д゚) ギコ=レコイド
年齢:17歳
所属:武術専攻学部2年、学園生徒会(実働隊員)
クラス:1stクラス『近接格闘(ショート・コンバット)』

・『理由がない限りは拳を振るわない』という理由(ワケ)ありの生徒。
・任務や授業以外の戦闘では反撃すらしないため、マゾ疑惑もある。
・正々堂々が好みで、基本的に正面からガシガシ殴り合うタイプ。

武器: 『黒色のグローブ』
    長く使い込まれているのが解る。 メーカーは不明。
    手の甲部分を鉄板が覆っているので、刃を持つ敵を相手することも可能。
    特殊な機能などは一切無い。

    『???』
    ギコのもう一つの武器。
    詳細不明。


289 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 23:34:00.70 ID:vmCJNg7+O
>>272 >>275

そーいやクー生きのアレ槍だったな
ありがとう

290 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 23:34:44.28 ID:jAu1zkOq0
訂正じゃコノヤロー!!


( ・∀・) モララー=カダラナ
年齢:17歳
所属:術式専攻学部2年
クラス:1stクラス『概念系魔法(イデア・アーツ)』

・優等生。
・防御、防衛、守護に関しての術式に秀でている。
・致命的に不運なスズキと行動を共にしているが、正確な理由は不明。

武器: 『ウルトレス』
    教導境界線《ガイドライン》製の杖型デバイス。 白色が美しい。
    武具一体型として開発されたが、構造上の問題もあって格闘戦に使うのは推奨されていない。
    スピードスターに対抗してか、術式起動速度に優れている側面もあり、
    防御系術式を扱うモララーにとっては理想に近いデバイスとなっている。

291 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 23:35:18.22 ID:eECkSy+rO
乙!!

292 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 23:36:05.46 ID:jAu1zkOq0
>>209
基本的には、『クラス+射程+武具』の組み合わせです。

クラスを第一階級、
射程を第二制限、
武具を第三属性と区分けしていたり。

で、種類は、

第一階級・・・1st、2nd、3rd、4th

第二制限・・・近接(ショート)、中距離(ミドル)、遠距離(ロング)、無制限(アンリストリクト)
        概念系(イデア)、現象系(フェノメノン)、干渉系(フィアレンス)、精神系(マインド)、制御系(コントロール)

第三属性・・・刀剣(ブレード)、長柄(シャフト)、打棍(インパクト)、格闘(コンバット)、弓(アーチ)、銃器(ガン)、魔法(アーツ)

こんな感じで。
第三属性は他にもあるのかもしれませんが、今のところということで


>>223
FF8のガンブレードとか

>>231
まったく解りません
考えながら書いてる部分もあるので


他に質問とかあればどぞー

293 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 23:37:31.54 ID:xEnIwxFZO
>>292
予想外したぜ

キノの人を喰った話かと思った

294 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 23:39:58.67 ID:lCMzVJwhO
抗いの質問でもいいですか?

295 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 23:41:46.10 ID:QGPXLolIO
今回はハインだけが武績を貰えるのか?

割と意表を突いた武器ならクリーンヒット簡単に取れそうな希ガス

296 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 23:41:52.09 ID:vmCJNg7+O
抗い終わった後に投下するって言ってた、
抗いの一個前の中編ってのは?

297 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 23:42:07.71 ID:rLEB5le3O
むひょ〜、乙でありんす!!

298 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 23:43:10.01 ID:jAu1zkOq0
>>270
そーですね
どんな先生なのか、どんなレクリエーションなのか、
とかは不明ですが

>>294
どぞー

>>295
そこへんは次あたりで

>>296
あ・と・ま・わ・し(ハート

299 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 23:44:31.99 ID:vmCJNg7+O
>>298

そうなのかww
ありがとう

300 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 23:44:40.45 ID:LES3pj1K0
抗い護るでルヴァロンの名前が出てきたのってどの辺だったか……

301 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 23:45:30.66 ID:xEnIwxFZO
学園都市終わったら『ぼくのかんがえたつよさじゅん』を編纂うpしてくれ

302 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 23:45:35.55 ID:lCMzVJwhO
ミルナがブロスティークを拾った時ブロスティークとミルナは意識共有してたんだよね?
ならブロスティークはクレティウスのことわかったんじゃない?
内藤のアレに似てるなとかミルナ考えてるし…

303 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 23:47:46.00 ID:xEnIwxFZO
>>300
ダイオード死亡話
39話

304 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 23:49:13.69 ID:JyhdoUX+0
学園都市ってインデックスじゃないのか…

305 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 23:49:23.86 ID:LES3pj1K0
>>303
把握……


もうまとめられているだとっ……!?

306 : ◆BYUt189CYA :2008/12/07(日) 23:51:05.64 ID:jAu1zkOq0
>>300
えーっと、4・・・4・・・39話あたりだったはず

>>301
やってみたいけど数が半端ない気が・・・

>>302
アレ、としか表現していない上、
久々の解放に上機嫌だったブロスさんが聞き逃した
という苦しい言い訳

>>304
むしろレギオスかと



こんな感じかな
んでは、出来ればまた次週

307 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 23:51:17.56 ID:StzvqjZwO
>>304
お前消されるぞ…

308 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 23:52:35.61 ID:ZwDUaezZO
乙乙

309 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 23:52:43.73 ID:LES3pj1K0
あ、いや。あれ……かんちが……あれ……

310 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 23:53:05.53 ID:Mn5uygSsO

いやー面白かった
さすがだ

311 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 23:55:37.52 ID:f0l4Dq/fO
乙。

312 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 23:56:32.15 ID:xEnIwxFZO


ハインが聴いてた音楽なんだったんだろな

313 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 23:58:00.78 ID:jAu1zkOq0
コソーリ

>>312
AHEADの『白雷の疾風』


今度こそ
ではでは

314 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 23:58:19.60 ID:vmCJNg7+O
そういやダイオード死ぬときハインって口にしてたね…

何故だろ

315 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/07(日) 23:58:26.53 ID:e/DhDnz6O
乙ー!

316 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/08(月) 00:01:33.78 ID:82VHsW370
そういや亜人戦争?だっけあれってなんたら21種に関係あんの?
ていうかむしろ敵さんのほうに関係あんの?

317 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/08(月) 00:02:05.58 ID:CnVXrJtZ0
おつ

318 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/08(月) 00:03:05.79 ID:82VHsW370
まぁ乙!

319 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/08(月) 00:05:40.34 ID:kezXGmftO
>>313
これはトンクス

>>314
きちんと考えてるか考えなしに名前出しちゃったかのどっちか
でもハインが名前聞いた時の反応的に知り合いではないっぽい

どうとりつくるブタクマ……!

320 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/08(月) 00:10:05.35 ID:KIDFjdDvO
この作者の作品って繋がってんの?
だれかおしえてくり

321 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/08(月) 00:10:14.69 ID:0HgTs6AC0
>>319
ダイオードは実は生きてました、とかじゃないの?

322 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/08(月) 00:11:30.63 ID:iPRimj/gO
>>321

てことはこれから出てくる……?

323 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/08(月) 00:13:32.48 ID:kezXGmftO
>>321
成る程、後で繋がるのか?

>>320
時系列的には
学園都市→クー生き→戦い護る→抗い護る

あと学園都市の前とクー生きの後に一つづつあるらしい

324 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/08(月) 00:18:50.91 ID:KIDFjdDvO
>>323
とんくす
発表順に読むのでまあ間違いはないか?

325 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/08(月) 00:36:40.83 ID:lGWuDJ2GO
なんかクロスオーバーが枷になってないか
ダイオードのラストが分かってるのはこの作品にとってはどうなんだろう

326 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/08(月) 00:39:07.40 ID:kezXGmftO
>>324
戦い護る→抗い護るならおk
クー生きは世界観が良く描かれてる
学園都市は他の作品よりラノベっぽい

オススメの読み順は戦い護る→クー生きor抗い護る
あと戦い護るには抗い護るに繋がる短編が幾つかあるよ

327 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/08(月) 00:41:55.59 ID:kezXGmftO
>>325
商業でもなし
やりたいようにやればよくね?

328 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/08(月) 00:47:39.49 ID:lGWuDJ2GO
>>327
それはもちろんそうなんだけど
完璧な作品を期待しちゃうのもファンの心理なのだよ

329 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/08(月) 01:20:06.11 ID:KSbXKY8B0
クックルの武器って『こくよく』でなくて『こくよう』なの?
辞書ひいても出ないんだが

330 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/08(月) 01:38:24.01 ID:S4aLBahS0
>>325
むしろそのシーンとそこまでの展開を早く知りたくて仕方が無い
簡単に欠点と言い切るのはちょっと了見が狭いと思うぜ

331 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/08(月) 02:05:20.22 ID:xoJXx9z0O
キリバは誰だかわかるが、ミリアがいまいちわかんね

332 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/08(月) 02:45:19.51 ID:gRd0JTwhO


333 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/08(月) 03:15:02.54 ID:VRhUkAWFO
なんかこういう自分で戦闘スタイルをカスタマイズするゲームあったら面白そうだな

334 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/08(月) 03:17:34.88 ID:kezXGmftO
寧ろそう言う世界に行きたい

335 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/08(月) 05:14:29.04 ID:AmVlcupgO
きてたぁ

336 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/08(月) 08:11:09.38 ID:VI0SJfzrO
読む前保守

337 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/08(月) 08:39:49.17 ID:iPRimj/gO
>>331

言われて気付いたけど…
そうなのか!?

338 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/08(月) 09:54:22.82 ID:KcbtWm7iO
エイベ=あべさん

339 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/08(月) 10:32:34.88 ID:+71r7wOkO
よむほ

340 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/08(月) 11:48:23.28 ID:2BGHVFFTO
今回は伸びてんねー!

341 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/08(月) 12:32:37.90 ID:DcxEOlrrO
読む補

342 :愛のVIP戦士@ローカルルール7日・9日投票:2008/12/08(月) 12:42:43.30 ID:GlmQeFbCO
>膝から下を完全に包み込む機械。
 機械のブーツとも言えるそれの足裏には、見慣れないものが付属していた。

>ローラーブレード背部にある排出口から、光が噴出する。
  押し出されるようにスタート。
 ハインの身体が、いきなり爆発的な速度を得たのだ。


ラディカルグッドスピード脚部限定かと思ったwwwwww

111 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)